怪しい人の特徴10選【こんな奴には気をつけろ!】

あなたは人生で、「あっこの人怪しい…とか、「なんか胡散臭くて信用できないなぁ…」なんて人と遭遇したことはあるでしょうか。

怪しい人というのは、はっきり言えば警戒心を持つべき相手であり、簡単に信用してしまうと、あなたが痛い目にあってしまう可能性はないとは言い切れません。

そこでこの記事では、絶対に警戒心を強めるべき相手の特徴を10にまとめ、怪しい人の見分け方を紹介していきます。

スポンサードリンク

情報商材を売る人/自称コンサルタント

情報商材を売る人=100%詐欺師というわけではありませんし、実際に情報商材を購入して人生が変わったという人も世の中にはたくさんいます。

しかしながら情報を買うことは、あなた自身が何らかの行動を起こさなければ稼げないということなので、相手にもそれなりの言い訳ができます。

さらに実際に稼いだ人が一人でもいるとすれば?

相手はそれをいいことに、あなたが行動しないから稼げないとか、センスがないから稼げないなど、様々な言い逃れをすることでしょう。

コンサルタントなんて肩書きは、誰でも簡単に作ることができるために、ネットで検索しても名前すら出て来ない人物であった場合、まず怪しい人かもしれないという警戒心を持つべきです。

また、あなた自身も情報商材を購入する際には、安全かどうかを事前に調べ尽くした上で、購入することを心がけておきましょう。

 

壮絶な過去をアピール

壮絶な過去とは、「刑務所に入り、借金1000万円から一年で1億稼いだ」など、壮絶な過去をアピールすることで、憧れを抱かせようとする人は怪しい人かもしれないと、警戒心を持つ必要があります。

これは相手に憧れを抱かせ、グループに勧誘したり、物を買わせるための心理テクニックであり、情報商材詐欺師と言われた人が実際に使っていたテクニックです。

特に若い人ほどこうした壮絶な過去を乗り越え、成功者になったというエピソードに食いつきやすく、「自分も成功者になれる可能性がある」なんてことを言われると、コロッと騙されてしまったりするものです。

本当に壮絶な過去を乗り越えた人には、共感できたり、感じる何かがあるはずなので、どこか薄っぺらいと思ったのであれば、それは怪しい人かもしれないと思うべきです。

 

豪遊っぷりをアピール

こちらも憧れを抱かせ、何かを買わせたり、グループに勧誘するためによく使われる方法の1つです。

例えば、話をする際にタワーマンションに呼び出し、スーツを着た人に話を聞かされるとすれば?

多くの人は、タワーマンションを買えるほどの収入があり、成功者だと思い込んでしまいます。

しかし実際には、タワーマンションは15人で家賃を払い、どうにか生活ができているとか、実は本当に稼いでいる人に場所だけ借りているなど、自分が成功者だと思わせこむことによって、怪しい話を契約させようとする人もいます。

本当にお金がある人は、その生活が普通なので自慢したり必死にアピールする必要もないので、豪遊っぷりを必死にアピールしてくる人ほど、怪しい人の特徴であると言えます。

 

芸能人や凄い人と友達アピール

怪しい人は、芸能人や凄いお金持ちとの繋がりをアピールし、自分の価値を上げようとします。

これは詐欺師などもよく使う方法であり、芸能人の○○と知り合いなど、仲が良いと信じ込ませることによって、自分は信頼できる人間であるという証明に使う人がいます。

もちろん知り合いと言われた芸能人は、全く知らない人であるケースが多く、加工された写真を見せられて信じ込んでしまう人が後を絶ちません。

自分語りだけにとどまらず、友達自慢をたくさんする人は、自分の価値を少しでもあげたい心理が見られるため、何か怪しい臭いがした時には、すぐにイエスと言ってしまわないように心がけてください。

 

根拠がなく、浅い知識

根拠がなく浅い知恵で自分を知的に見せる人は、見栄っ張りであり、嘘つきである確率が高いです。

このタイプはとにかく難しい言葉や、カタカナを使うことで自分を知的にみせ、優位な位置に立とうとする心理が働くことが多く、見栄っ張りの大嘘つきであることも珍しくありません。

自分が優位な位置に立つということは、結局のところ相手をコントロールできたり、騙すことをより簡単にすることに繋がるため、根拠のない薄っぺらい言葉ばかりを並べる人は、怪しい人の特徴であると覚えておきましょう。

 

年収/月収を公開している

年収が1000万円とか、月収100万など、自らの年収を公開している人ほど怪しむことを忘れないでください。

なぜなら、芸能人や大企業の社長などは、あまり年収を公開するようなことをしませんよね。

これは、稼いだ額で相手を釣る作戦であり、からくりが存在している場合があります。

例えば、1000万円かけて物を買い、それを1000万円で売ったとしましょう。

すると年商1000万となるわけですが、これを「たった1ヶ月で1000万稼いだ男」や「1ヶ月で1000万売り上げた伝説の男」などと紹介されると、多くの人が言葉の綾に騙されてしまうのです。

もちろん年収を公開して、チーム生を募集するなどのまともな人もいますが、年収を簡単に公開する上に、そこから怪しい話などに持ち込む人がいた場合、特に警戒心を持って話を聞くことが大切です。

 

自慢話が多く、大げさに話す

怪しい人は自分の評価を高め、凄い人だと思わせると何度もお伝えしてきましたが、自慢話を大げさに話したり、何でも話を盛って話す人は、怪しいと疑いの目を向けてみましょう。

そもそもその話が大げさな時点で、その人が口にすることはあまり信用ならず、どこまでが信じていいのかすら分かりません。

何でも大げさに話す人の場合は、常に自慢話に疑問を持ち、簡単に信じ込まないことを心がけましょう。

 

美女を横につけたがる

美女を横につけたがることも、同じく自分の評価を上げるための方法の1つであり、特に毎回のように美女を横につけたがる人は、男性に憧れをイメージさせやすくなることからも、仕事の話などを持ちかけられた場合には、少し警戒心を持ちましょう。

怪しい雑誌を目にすると、よく美女が横について大金持ちの男性が立っている、なんて光景を目にしたことがあるのも、実は男性に興味を持たせるための戦略なのです。

 

メリットばかりで、デメリットを言わない

甘い話には罠があるとか、ただほど高いものはないと言いますが、これは実際に多くの人が納得する言葉でもあります。

いかにもメリットばかりで、試してみてもあなたは損することがないと言われ、何かを勧められたのであれば、そこは一旦冷静になり、デメリットの部分や矛盾点を探してみる必要があります。

世の中簡単に稼げる仕事が転がっていれば、アルバイトで働く人は今よりずっと少ないことでしょう。

 

権利収入/未来の話ばかりする人

権利収入という言葉自体がまず怪しい言葉であり、あの大富豪で有名なトランプ大統領でさえ、しっかりと仕事をこなしてお金を稼いでいます。

もしもあなたが権利収入で一生暮らしていかないか?と言われたのであれば、本当に定年までお金が入り続け、楽ができる仕組みなのか?疑問を持ってください。

その仕組みがたった一日で崩壊し、すぐにまた仕組みを作る必要があったり、そもそも会社が1年以内に潰れる可能性はないのか?などの部分に目を向けてみることで、怪しい話なのかどうかの見極めができる確率を上げることができます。

また、未来の話ばかりする人も同じく怪しく、未来のことなんて誰にも分からないため、「将来的に100万円が1000万円になる」なんてことを言われても、それは全く信用ならない話であると思っておくと、自分の身を守ることにも繋がることでしょう。

 

話を持ち帰りましょう

いかがだったでしょうか。

怪しい人に仕事の依頼を受けたり、一緒仕事をしようと誘われた時には、必ず一旦話を家に持ち帰って、冷静になる時間を確保するようにしましょう。

冷静になるとおかしな話であると気付いたり、友達や先輩、家族などに相談する時間を確保できるため、様々な視点から物事を見ることができます。

その場ですぐにサインするのではなく、相手が今しかチャンスがないと急かしたとしても、必ず冷静になる時間を作るようにすれば、怪しい話に乗っかることを回避できるのです。

次のページでは、「詐欺師の特徴は顔だけで見分けれる?」について、詐欺師の特徴を勉強してみませんか?

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP