人間性を疑う行動19選【言われる理由がこれです。】

「あいつは頭がおかしい」とか、「常識外れすぎてドン引きだわ…」など、人間性を疑う行動を目の当たりにすると、そのイメージがいつまでも消えず、良い評価に結びつくことはまずありません。

この1ページでは、日常生活において人間性を疑う瞬間について、より多くの人が共感できる行動パターンを19個にまとめています。

スポンサードリンク

自分に非があるのに逆ギレ

自分に非があるのに逆ギレする人は、自分を正当化しようと必死に言い訳を並べ、自分は間違っていないという理由を新たに作っていきます。

そして最終的に言い逃れすることもできずに、逆ギレをしてその場をどうにかしようとした結果、周りからは人間性を疑われ、どんどんと人が離れていってしまうのです。

 

自分さえよければ良い

このタイプは自己中心的な性格に加えて、利己的で自分の利益にしか興味がないため、損得勘定で動くことが多いです。

また、自分の利益ばかりを追求した結果、周りが見えていないような行動を起こすことも多く、友達を簡単に裏切ってしまうこともしばしば。

 

我が物顔で道を譲らない

最近ではユーチューブなどにも投稿されることが多くなりましたが、我が物顔で道を譲らない人は攻撃的であることが多く、自分が逆走しているのにもかかわらず、相手を威嚇する動画などが、まとめサイトやユーチューブで注目されることが本当に多くなりました。

その人物の本当の姿は運転中に現れるとも言われており、相手の本来の姿を確かめたいのであれば、運転中の言動に注目すると良いでしょう。

 

友達の恋人を略奪

略奪愛のことであり、特に多いのは友達に相談した結果裏切られ、恋人と友達二人に捨てられてしまったという最悪の結果です。

こうしたトラウマが人間不信の原因となり、捨てられた側が苦しい思いばかりをすることは、どこか納得がいかない悲しい事実なのです。

 

モンスターペアレント

理不尽なことを要求する親のことであり、実際にあった実例としては、「学校に対して、自分は朝忙しいので子供の朝食を用意してほしい(J-CASTニュース)」や「学校に行かない生徒の親が、義務教育だからお前から家に来い(フジテレビノンストップ)」などが紹介されており、まさに発言がモンスター級です。

子供を育てるはずの親が人間性を疑われるようでは、子供が立派に育つのかどうかも心配となる部分です。

 

悪質クレーマー

クレーマーの中でも悪質なクレーマーが存在し、毎回のように商品を返品させ、タダで商品をもらっていた人物が逮捕された実例も存在します。

こうしたクレーマーに対しては、きちんとした対処法を身につけておく必要があり、カモにされないように気をつけなければなりません。

 

遅刻魔

毎回のように遅刻する人は時間泥棒であり、待たされる側の気持ちを考えようともしない、自己中心的な性格です。

さらに遅刻魔の心理としては、自分は特別な人間だから許されるとか、こんな人間だと知ってるんだから許してもらえるだろう、などと内心思っていることも珍しくないため、人間性を疑われても仕方ありません。

 

恫喝行為をする人

昔であればオヤジ狩りなんて言葉をよく耳にしたものですが、恫喝行為によって金品を巻き上げたり、そのまま暴行を加えて怪我をさせることもあります。

これは私の実体験となりますが、地元の幼馴染の同級生に恫喝行為を受け、金品を巻き上げられたことがあり、もう二度と顔も見たくないと思えるほどおかしな人間であると今でも思っています。

 

挨拶をしない、無理する

挨拶は社会人としての最低限の常識であるため、挨拶ができない人や無視をする人は、少しおかしな人であると思われることに繋がりやすいです。

例えば新社会人が初日に挨拶を無視したとすれば、社内で一気に噂となってしまうきっかけを作ってしまうことでしょう。

 

騒音や悪臭を出す

朝から大音量で音楽を聴いたり、汚い部屋を放置したまま悪臭を漂わせる人のことであり、周りの住民はとにかく大迷惑。

このタイプは注意をしてもなかなか言うことを聞かないため、警察沙汰になったり、裁判沙汰へと発展することもしばしば。

 

マナー違反を平気でする

ゴミのポイ捨てや順番抜かしなど、マナーを守らない人に対して人間性を疑うのは当たり前であり、相手を見下すことで優越感に浸り、自分はこんなマナーのかけらもない人間とは違うことを、心の中で証明しようとするからです。

また、マナー違反する人は見ていて気持ちのいいものでもないため、非常にストレスが溜まってしまう瞬間でもあります。

 

絶対に謝らないやつ

例えば、謝れば済むことをいつまでも謝らずに、自分が悪くない理由を新たにどんどんと作っていく人がいますが、こうした人はありもしない事実を新たに作ることや、極端すぎる例を出すことで、意地でも自分を正当化しようとします。

このタイプに頭を下げさせようとすることはデメリットが多いため、ストレスを極力溜めないようにすぐにその場から離れ、別のことを考える時間を作ることで、イライラを最小限に抑えることができます。

 

相手を平気で傷つける行為

家庭内で見られる例であれば、DVやモラハラは相手を精神的にも肉体的にも傷つけますし、学校内や職場でのいじめも同じく相手に苦痛を与えます。

暴力や暴言で相手をコントロールしようとする行為は、相手に人間性を疑われて当然の行為なのです。

また、これは動物虐待なども同じく言えることです。

 

加害者なのに被害者面

自分は加害者であるにもかかわらず被害者面する人がいますが、こうした人は信頼できない人です。

なぜなら発言が二転三転と変わったり、自分の味方を探す行為に出るので、非常にめんどくさい人間であることが多く、腹黒い性格であると女性から呼ばれてしまうタイプとなります。

 

命を軽くみてる人

こちらの例を挙げるとすれば、猫を車で踏んだことを笑って話す人や、飽きたという理由で平気で動物を捨てる人などが良い例であり、「お前には人情のかけらもないのか!」と、人間性を疑ってしまう瞬間でもあります。

ペット以外にも、赤ちゃんを平気で下ろす人も命を軽く見ている証拠です。

 

ありえない愚行

東日本大震災が起こったことに対して、「日本の大震災をお祝いします」と書かれた横断幕に日本中が怒りを覚えたことでしょう。

こうしたありえない愚行は、時として相手を傷つけることになったり、人生を終わらせるような大失敗にも繋がりかねません。

 

子供を捨てたり、愛情がない親

子供を捨ててどこかに飛ぶ親や、妊娠発覚で飛ぶ男など、世の中には都合の悪いことが起こると逃げ出す人がいます。

また、子供を授かったにもかかわらず、愛情がないことを理由に放置する親や、自分楽しむことや遊ぶことを優先する親なども、同じ親として人間性を疑われてしまうことになりかねません。

 

依存症

薬物依存症やホスト依存症など、様々な依存症が存在しますが、ここから抜け出すことは非常に難しく、依存しながら生活しなければ本人たちは苦しい思いをします。

そもそも薬物をしている時点で人間性を疑う人もいますし、ホストやギャンブルなどに大金をつぎ込んで大借金してしまう人なども、バカだなぁ〜と、見下されてしまうきっかけとなります。

 

思いもよらない言動をする人

例えば、車椅子の人に向かって惨めだなどの言葉を発したり、事故を目の当たりにして喜んでいる姿など、こうした発言は冗談でも口にしてはいけない言葉であり、イメージが一気に変わってしまうこととなります。

その場を盛り上げるつもりが、冗談交じりに口にすることで人間性を疑われ、恋人に振られてしまったなどの経験を持つ人もいることでしょう。

 

悪いイメージは消えない

いかがだったでしょうか。

人は一度悪いイメージがつくと、悪い部分ばかりに目がいくという習性があるため、そこから大きくイメージを回復することは非常に難しいこととなります。

これは信頼関係と同じであり、信頼は築くまでにかなりの時間を必要としますが、崩れるのは一瞬です。

イメージも同じく崩れるのは一瞬であるため、私たちも心無い言葉などには気をつけなければなりません。

次のページでは「自分本位な人の特徴10選」について、自分を中心とした考えばかりする嫌な奴の特徴を暴露していきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP