万能感の意味〜心理学者が伝える怖い欲とは?

万能という言葉を聞くと、すごく便利で非常に使い勝手が良いなんてイメージを浮かべがちですが、万能感の意味はこれと似ています。

この欲は実は非常に厄介な欲でもあり、誰でも一度くらいは経験したことがあろう欲であるだけに、ここにどれだけ万能感が怖い欲であるのかを伝えることにします。

スポンサードリンク

万能感の意味とは?

万能感の意味は、「自分が何でもできるかのような気分に陥ること」であり、「普段できないことができるように思えたりする」のは、まさに万能感であり、全能感とも呼びます。

天狗になる人がより例であり、天狗になることで「自分は特別な人間だから何だって出来る気がする」と思い込んでしまうわけですが、現実はそれほど甘くありません。

ビジネスで一度成功を収めた人も万能感に陥りやすく、「ビジネスで成功を収めた自分は次も成功できる」と甘く見積もった結果、株の投資などに失敗し、自己破綻してしまう人もいるほどです。

ここまで述べただけでも、万能感が非常に厄介な欲だということが分かったかと思いますが、人の命を脅かす事件にも万能感は深く関係しています。

そこについては次のタイトルで詳しく説明していくことにしましょう。

 

万能感が命を落とす?

万能感が最も身近に感じられるのは、車の運転をしている時であり、ハンドルを握ると人が変ったようにスピード狂になったり、気が強くなってしまうのは、万能感による錯覚です。

車は大きくて硬い乗り物であるため、まるで自分が大きくなって強くなったかのような気分となり、何でも自分ならできると気が大きくなってしまった結果、危険な運転や過剰にスピードを出してしまうわけです。

そして事故や違反がバレない日々が続くことによって、コントロール幻想と呼ばれる、「自分はこれまで無事故無違反だから、危険な運転やスピードを出しても大丈夫だ」という気持ちとなり、悲惨な大事故に繋がることも。

ハンドルを握ると気が強くなったり、車線変更を無駄にたくさんしてしまう人などは、万能感による錯覚が「自分は強く大きくなった」気分にさせているのです。

 

躁鬱状態の人に見られる

躁鬱病の躁鬱状態となれば、「自分は何でもできる」という万能感に溢れ、競馬で大金をかけてしまったり、宝くじを大量購入してしまったり、一日中動き回るなどの症状が見られるようになります。

そして気づいた時には大金を失った苦しさや、体力的な辛さに気づき、苦労することとなります。

エネルギッシュで凄く気分が良いため、躁鬱病だと気づかない人も多く、「自分は特別な存在である」と思い込んだ結果、躁鬱病が治ったと思い込み、通院をやめてしまう人も珍しくありません。

もしもあなたが、自分に対して過剰な自信を持っていたり、定期的に徹夜できる日が訪れる、自分を制御できない日が見られる、などの症状が見られる場合は、躁鬱病である可能性を疑う必要が出てきます。

 

自己愛性パーソナリティ障害

健全な人間関係を築けないなどの悩みを持ち、さらに万能感が見られる人は、自己愛性パーソナリティ障害である可能性を疑う必要があります。

こちらの場合、本当に自分が万能で、何でもできる人間ではないという事実に気づいていて、それを周りに隠すために虚勢をはることで、自分を大きく見せようとします。

自己愛性パーソナリティ障害の人は、なぜ自分が有能であるのか?という思い込みに根拠がなく、周りから見れば強がっているだけに見えてしまうため、人間関係がなかなか上手くいきません。

こうして万能感から解放されない苦しみを抱えながら生活を続けた結果、仕事や結婚生活に支障をきたすこととなります。

自己評価が異常に高く、万能感に溢れている人がいる場合は、特徴や症状に当てはまっているのかを調べてみるといいでしょう。

 

あなたも気をつけよう!

いかがだったでしょうか。

人間はしばしば自分より他者に厳しくなってしまうことがあり、自分の評価を少し高く見積もってしまう傾向にあるため、都合の悪い記憶を忘れてしまいがちです。

万能感に溢れることによる怖さは、この1ページを通して理解できたかと思います。

実は私も躁鬱症状で大金を使った挙句、後に精神的ダメージを負った経験があるだけに、自信に溢れて周りが見えない時ほど、より慎重に行動できればベストですね。

次のページでは、「栄光浴の心理学〜特徴や性格傾向4選」を紹介していき、人は誰でも他人の栄光を浴びている面白い事実を伝えていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP