DQNが嫌いな理由〜共感できる10の特徴とは?

DQNと呼ばれる人に対して、私自身もあまり良い思い出がありませんが、世の中には自ら好んでDQNに成り下がる人もいます。

その証拠に、なんとグーグルでは年間だけでも1200件以上の「DQNになりたい」という検索がされており、今の自分に満足できたいない人が多いことが分かりますね。

この1ページでは、そんなDQNになりたい人に特に見て欲しい、嫌われてしまう理由について10の特徴をお伝えしていきます。

マナー違反

DQNはマナー違反がかっこいいと感じているのか、故意的にマナー違反を犯したり、意図的にマナー違反を犯し、さらにSNSで自慢する人も中にはいます。

こうした人の心理を確認すると、「自分は他人とは違うことをアピールし、その違いを強調したい」心理が働いており、こうした心理を独自性欲求と呼びます。

簡単に説明すると、悪いことをしてでも注目されることで、「多くの人から憧れを抱かれたり、褒められたりしているんだ!」という気持ちとなり、迷惑行為を繰り返してしまった結果、事件などに発展してしまうわけです。

 

ダサい、痛い

DQNのファッションセンスや言葉遣いは、かっこいいと感じる人もいるでしょうが、多くの人からすれば「ダサくて、痛い」と評価されがちです。

なぜなら大人になもなれば、DQNに見られがちな服装や言葉遣い、車選びなどはとてもダサく、到底かっこいいと思えるものではないからです。

中には大人になっても、DQNと呼ばれる特徴に当てはまる人がいますが、こうした人には同じような人しか集まらず、同じタイプと群れることで批判を回避する行動パターンが目立ちます。

 

威嚇が面倒

DQNは外に出ると気を張り、自分が勝てそうな相手に対して威嚇しがちです。

例えば、横を通っただけでも睨むような行動に出たり、自分の存在を大きく見せるために肩で風を切ったり、大きな声を出して威嚇するなど、とにかく威嚇された側は良い思いはしません。

このタイプが都会に出てしまえば大変なこととなり、たくさんの人とすれ違う度に頑張らないといけないため、DQNさんもきっと精神的に疲れてしまうことでしょう。

 

集団になると強い

集団になると強くなるのは人の性でありますが、集団になった途端に威嚇的な態度に出たり、自分が強くなったかのように感じている姿に、あまり好意を持てない人もいます。

また、集団になった途端にイジメや暴力的になる人に対して、嫌いになってしまうのは当然です。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」という言葉があるように、個々では弱くとも、みんなで強がれば怖い気持ちは薄れ、さらに自分たちの中では目立つことやマナー違反=正義であるという認識になってしまうため、DQNは集団で迷惑行為をしがちです。

 

型落ちでのドヤ顔

DQNあるあるでよく言われるのは、型落ちのクラウンなどでどや顔をして運転したり、軽自動車を煽ってしまうことです。

少し冷静に考えると、型落ちクラウンと最新型の軽自動車では、値段的には明らかに軽自動車の方が高いのですが、DQNはその事実を理解していないのでしょうか。

このタイプの心理としては、ミドルクラスにも分類されるクラウンに乗ることで、自分がまるで強くなったかのように感じ、気が大きくなってしまっているのです。

さらに大きな型落ちクラウンをコントロールするのですから、より気が大きくなった結果、型落ちのボロボロクラウンで煽ってしまうわけです。

 

なぜかモテる

学生時代にヤンキーがモテたように、DQNの中でもモテる人がたくさんいて、「自分が嫌いなタイプなのにモテるなんて、なんかムカつく!」と嫉妬してしまう人もいます。

DQNと言っても、顔がイケメンだったり、可愛かったり、強い一面を持つと、やはり異性の心を射止めやすいですし、経験豊富な人は異性の落とし方を知っています。

こうした事実があるとすれば、受け入れることであなたの気持ちは楽になり、気持ちに余裕ができるはずです。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP