ドジな人の特徴や共通点10選

ドジな人のことを、ドジっ子などと呼ぶことがありますが、基本的にドジな人は二種類に分けることができます。

1つは天然なドジっ子と呼ばれる人と、もう1つは作りキャラであると呼ばれる人であり、前者と後者では特徴や共通点が少し異なる部分があります。

そうした細かな違いについてもここでは触れていきます。

一つのことしかできない人

一つのことしかできない人の特徴としては、男性であると表現することが正しく、男性は脳の構造上一つのことにしか集中できず、他のことを考える余裕がありません。

だからこそ、何か一つのことを真剣に考えている時ほど、男性はドジを踏みやすくなります。

また、男性は悩みを心に秘めたまま自ら解決策を打ち出すまでは、隠し続ける傾向があるため、心に秘めた悩みに意識が向く日が続くほど、失敗を繰り返すダメな日が続いてしまうわけです。

 

援助を求めている人

援助を求めている人とは、ドジっ子を演じることで支援を求めたり、同情を求める狙いがある人のことを差し、悲劇のヒロインを演じることで、多くの男性に同情を求める女性を例に挙げると分かりやすいかと思います。

あざとい、計算高い人だと評価される人が当てはまりやすく、ドジであることをアピールすることで、男性の守ってあげたい気持ちをくすぐったり、自分に自信がない人を依存させる効果もあります。

こうした効果を得ることで、最終的に恋人に貢がせることができるなどのメリットがあるため、演技でドジを狙っている人には警戒心を強く持つ必要がありそうです。

 

注意力散漫である

集中力が欠陥している人は注意力散漫となりがちであり、特徴としては、コツがつかめていない、飽き性である、興味がないなどの原因が挙げられます。

普段はドジでないにもかかわらず、仕事のみでドジを踏んでしまう人は、上記の3つの原因を疑ってみるといいでしょう。

また、先天的な障害がある可能性も考えられ、ADHS・ADDの可能性も視野に入れて、心配な人はお医者さんに相談してみるといいです。

 

周りが保護者になりがち

本当にドジな人と付き合いが長い人の心理としては、「こういう人間であるから、ミスは仕方ない」となりがちなので、そういう人間であると認めている周りの人は、保護者のようにドジな人を支える傾向が目立ちます。

ダメ男やダメ女の周りには、保護者のように支えるダメ人間好きが集まるのが良い例です。

支配欲が強かったり、母性本能が強い人ほど、ドジな人との相性が良いとも心理学の世界では言われています。

 

周りをイライラさせがち

一方で、ドジな人とあまり付き合いが長くなかったり、それほど好意的に思っていない人にとっては、ドジな人ほど他人をイラつかせることはないと言っても過言ではありません。

ドジを踏むことで、時間や労力のロスは避けられないため、完璧主義者やせっかちほどイラつき、一緒にいることが苦痛に思う確率も高くなることでしょう。

“こういう人間である”という理解がまだ浅い人ほど、ドジな人に苛立ちを感じやすいのです。

 

アザや怪我をよくする

ドジな人は転ぶことや体を打ち付けることが多いことから、知らないうちに大きなアザができていたり、大怪我をすることもしばしば。

これは注意力が散漫であることが原因であり、違うことに気を取られているうちに、アザや怪我に結びついてしまうわけです。

 

いじられキャラになりやすい

ドジな人は時として周りを笑顔にさせ、思いもしないようなミスを犯したりもするものですが、そうした愛らしい姿が好感を作り出し、いじられキャラとして愛される地位を確立する人もいます。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP