潔癖症の特徴と心理

最近の男女は皆清潔感を意識しています。

夏場の暑い電車の中でも、ワキ汗を気にして専用のインナーを着ている女性や、汗をハンカチでマメにふいている男性など、男女問わず清潔を気にするようになってきました。

しかし清潔なことと、潔癖なことは似ているようで異なります。

身なり身だしなみを気にするのは良いことですが、いきすぎると潔癖になり、いずれ症状が出てしまいます。

そうなる前に知識をつけておきましょう。

スポンサードリンク

何度も手を洗う

定番ですが、潔癖症の人は何度も手を洗いに立ちます。

不潔恐怖症などにかかっているとますます何度も何度も手を洗うことになってしまいます。

手をあらった傍からまた汚く見えてきて、手を洗うのがやめられない、という症状になってしまうのです。

いずれ乾燥し、皮がめくれても洗うのをやめないので、家族が止めるほかないのですが、社会に出るには支障をきたしますので、精神科などで治療を受けるようにします。

 

アルコール除菌は欠かせない

食べる前と食べた後には必ず手を洗い必ずアルコール除菌。

これは潔癖症の人には欠かせない行動であり、綺麗好きな人でもこれをする人は多いですね。

とにかく菌が大っ嫌いな潔癖症の人ですが、カバンにアルコール除菌のウェットティッシュを入れているのは必須なので、そこで見極めることも可能でしょう。

何度も言いますが、これは綺麗好きな人にも多いので、この人は潔癖症だと決めつけないことが大事ですよ。

しかし潔癖症ともなると、鉛筆やノートなど、普通の人では全く気にならないような物に対しても”汚い”という意識が芽生えてきます。

ノートなどに触って怒鳴られた場合、間違いなくその人は潔癖症でしょう。

 

たとえ恋人でも接触できない

キスや夜の営みなど、恋人でも除菌しないとキスや夜の営みができない人も、潔癖症あるあるの1つです。

これが原因で別れてしまう人は後を絶ちません。

ですがそれは当たり前といえば当たり前のことです。

唯一心を許せる、愛する相手に除菌しないと触れられないなんて…きっと恋人は心の奥底で傷ついていることでしょう。

恋が上手くいかないというのも、多くの潔癖症の人が抱える悩みの1つですね。

 

回しのみNG

また、回しのみができないという潔癖症の特徴もありますね。

人が口にした部分をわざわざ拭いてから飲む、ということもあるようです。

料理を直箸で取ることにも抵抗があるようです。

鍋料理など皆でとり箸で取っても、その後の雑炊やうどんなどは恐怖だ、と感じる潔癖症の人も多いようですよ。

そんな人はマイコップやマイ箸を常に携帯しているので、それを使ってご飯を食べたり、飲み物を飲んだりしているようです。

 

ドアのノブが怖い

潔癖症の特徴として言えるのがドアノブです。

ドアノブは会社の場合、多数の人間が触っている箇所ですから、このドアノブが恐怖なんですね。

ですからハンカチを使ってドアノブをあけたり、洋服のすそで回したり押したりしてドアを開けるようになってしまいます。

 

においが気になる

手を洗った後などによく見られる特徴ですが、潔癖症の人は洗った後に何度もニオイをかぎます。

そこに汚れは残っていないか、ニオイは残っていないか、徹底しているようです。

その心理は洗濯物にも通じるものがあり、生乾きではないだろうか、タオルは常に清潔だろうかと、日常生活の中でも逐一チェックをやめません。

 

攻撃的になってしまうこともしばしば…

また、潔癖症の人は周りに考えが理解されにくいので、相手に対して攻撃的になってしまうこともよくあることです。

自分の物に触れてほしくないという思いに対し、潔癖症でない人はそんな感情は抱かないので、潔癖症の人の考えを分かってあげることが出来ません。

これが原因で、トラブルになってしまった経験がある人は、間違いなく潔癖症です。

自分の物には触れられたくない、誰にも触れてほしくないという思いは、潔癖症の人以外は共感できない思いですから、そこは理解して慎重に行動や言動に出るべきなのです。

 

そんな潔癖症の人の心理は一体どうなっているのでしょう?

それは、ばい菌がつくことへの恐れというものがあります。

基本的には、この菌への恐怖心が原因で潔癖症になってしまうのですが、もっと細かく心理状況を見ていくと、潔癖症の人には、このような心理状況の人が多いということが確認されています。

その潔癖症の人に多い心理状況とは、以下のような心理状況です。

1.自分以外信じれない。他人を汚いと思い込んでいる

2.一つのことへの執着心が強い

3.完璧主義者

4.几帳面な性格

5.他人の意見を聞かない頑固者

6.異常なくらいの心配性

もしかすると、過去に何かのトラブルが起きて、それ依頼潔癖症になってしまったという人もいるかもしれませんね。

もしも本当に深刻な症状が現れてきたら、早急に精神科を受診することをオススメします。

つり革に掴まれない、ドアノブに触れられないくらいはまだ良いのですが、手を洗っても洗っても汚れがとれなくて洗面所の前から離れられなくなると重症です。

一度心療内科もしくは精神科で診てもらうほうがよいでしょう。

基本的に潔癖症を自分一人の力で治すことは非常に難しいことですから、専門家の力を借りるという選択肢が一番かと思います。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP