孤独な人の特徴20選〜人生寂しい人は集まれ!

孤独で生きてるのが辛いとか、なぜ生きているのか意味が分からないと思う人は、実は世の中にたくさんいて、孤独であると感じるあなたはその中の一人であることは間違いありません。

この1ページにて、本当に孤独な人のみが深く共感できる20の特徴をまとめることで、辛いのは自分だけではないんだという認識ができ、ホッとしてもらえるのであれば光栄です。

ぼっちで無趣味

孤独な人はぼっちで無趣味に慣れており、長年一人ぼっちで孤独な日々を送っていることも珍しくありません。

何か趣味があれば、それを通じて様々な交流関係を持つことができるものの、無趣味であり続けるが故に、孤独な人は交流関係を広げるのも難しいのです。

つまり、孤独な人はインドア派が多いと言えます。

 

誰かに必要とされたい

誰かに必要とされたり、または頼れる人が欲しいと願うものの、誰からも必要とされていないと思い込んでいるのは、孤独になっていく人の典型的特徴であります。

まだ家族が近くにいる人であれば、必要とされることもあるかもしれませんが、家族とも遠く離れてしまい、友達も恋人も作ることが難しいという人にとっては、誰かに必要とされることを強く願っていることもしばしば。

また、必要とされたい気持ちや寂しい気持ちを抑えきれず、出会い系やクラブなどで相手を求めてしまう経験がある人もいることでしょう。

 

リア充を見るのが辛い

孤独な人は家族で買い物にきている現場や、カップルで仲良く歩く姿を目撃すると辛い気持ちとなり、なんで自分はいつも一人なんだろう…と、病むほどに考えてしまいがちです。

自分は孤独であると思う人の中には、恋人が一度もできたことがなかったり、10年以上恋人がいない、友達すら10年以上いないという現状の人も多いため、リア充にどこか苦手意識が働いてしまいがちです。

 

未婚である

孤独な人は未婚である確率が高いのは当然であり、若い頃は友達がたくさんいたとしても、やがて多くの友達が結婚を機に子供を授かり、家庭を持つのです。

未婚で40にもなれば、そもそも結婚願望もなく、一人で死んでいくことを覚悟してしまう年齢でもあるため、孤独な現状に妥協してしまう心理が働きやすいです。

もしも、「何だか最近凄く孤独だなぁ〜」と感じる人は、周りが結婚し始めたり、仕事で仲間が遠くに出てしまったりと、何かと環境の変化が見られるのはないでしょうか。

 

友達が欲しいと心から思う

誰かに必要とされたい気持ちが強いとお伝えしましたが、孤独な人はそもそも友達作りが下手であったり、昔から数自体が少ないケースが目立ちます。

また、友達が少ない自分と友達が多い周りを比べてしまい、より孤独感を強めてしまいやすいのが、孤独な人の心理面での特徴となるため、極力周りと比べることをしない工夫をすることが必要となります。

 

スマホが鳴らない

孤独な人はスマホや携帯を持っていても、電話やラインが鳴ることはありません。

日々のラインのやり取りや、グループラインという機能すら使ったことがなく、「何のためにスマホや携帯を持っているのやら…」と、何だか悲しい気持ちに陥ってしまうことになりがちです。

また、スマホや携帯が鳴ったと思えば、メルマガや何かの通知であった…という悲しい気持ちになることは、孤独な人あるあると言えます。

 

眼精疲労が酷い

上記の続きとなりますが、孤独な人はスマホやラインが鳴らないことに加え、ぼっちで無趣味である傾向が見られるため、スマホが唯一の友達であるという特徴が見られます。

スマホが唯一の友達ということは、画面をずっと見続けることになるので、眼球疲労を凄く感じやすい環境で生き続けることになります。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP