孤独な人の特徴20選〜人生寂しい人は集まれ!

孤独で生きてるのが辛いとか、なぜ生きているのか意味が分からないと思う人は、実は世の中にたくさんいて、孤独であると感じるあなたはその中の一人であることは間違いありません。

この1ページにて、本当に孤独な人のみが深く共感できる20の特徴をまとめることで、辛いのは自分だけではないんだという認識ができ、ホッとしてもらえるのであれば光栄です。

スポンサードリンク

ぼっちで無趣味

孤独な人はぼっちで無趣味に慣れており、長年一人ぼっちで孤独な日々を送っていることも珍しくありません。

何か趣味があれば、それを通じて様々な交流関係を持つことができるものの、無趣味であり続けるが故に、孤独な人は交流関係を広げるのも難しいのです。

つまり、孤独な人はインドア派が多いと言えます。

 

誰かに必要とされたい

誰かに必要とされたり、または頼れる人が欲しいと願うものの、誰からも必要とされていないと思い込んでいるのは、孤独になっていく人の典型的特徴であります。

まだ家族が近くにいる人であれば、必要とされることもあるかもしれませんが、家族とも遠く離れてしまい、友達も恋人も作ることが難しいという人にとっては、誰かに必要とされることを強く願っていることもしばしば。

また、必要とされたい気持ちや寂しい気持ちを抑えきれず、出会い系やクラブなどで相手を求めてしまう経験がある人もいることでしょう。

 

リア充を見るのが辛い

孤独な人は家族で買い物にきている現場や、カップルで仲良く歩く姿を目撃すると辛い気持ちとなり、なんで自分はいつも一人なんだろう…と、病むほどに考えてしまいがちです。

自分は孤独であると思う人の中には、恋人が一度もできたことがなかったり、10年以上恋人がいない、友達すら10年以上いないという現状の人も多いため、リア充にどこか苦手意識が働いてしまいがちです。

 

未婚である

孤独な人は未婚である確率が高いのは当然であり、若い頃は友達がたくさんいたとしても、やがて多くの友達が結婚を機に子供を授かり、家庭を持つのです。

未婚で40にもなれば、そもそも結婚願望もなく、一人で死んでいくことを覚悟してしまう年齢でもあるため、孤独な現状に妥協してしまう心理が働きやすいです。

もしも、「何だか最近凄く孤独だなぁ〜」と感じる人は、周りが結婚し始めたり、仕事で仲間が遠くに出てしまったりと、何かと環境の変化が見られるのはないでしょうか。

 

友達が欲しいと心から思う

誰かに必要とされたい気持ちが強いとお伝えしましたが、孤独な人はそもそも友達作りが下手であったり、昔から数自体が少ないケースが目立ちます。

また、友達が少ない自分と友達が多い周りを比べてしまい、より孤独感を強めてしまいやすいのが、孤独な人の心理面での特徴となるため、極力周りと比べることをしない工夫をすることが必要となります。

 

スマホが鳴らない

孤独な人はスマホや携帯を持っていても、電話やラインが鳴ることはありません。

日々のラインのやり取りや、グループラインという機能すら使ったことがなく、「何のためにスマホや携帯を持っているのやら…」と、何だか悲しい気持ちに陥ってしまうことになりがちです。

また、スマホや携帯が鳴ったと思えば、メルマガや何かの通知であった…という悲しい気持ちになることは、孤独な人あるあると言えます。

 

眼精疲労が酷い

上記の続きとなりますが、孤独な人はスマホやラインが鳴らないことに加え、ぼっちで無趣味である傾向が見られるため、スマホが唯一の友達であるという特徴が見られます。

スマホが唯一の友達ということは、画面をずっと見続けることになるので、眼球疲労を凄く感じやすい環境で生き続けることになります。

故に、孤独な人はPCやスマホ依存症になってしまいやすいと考えることができます。

 

一人遊びが上手である

長年孤独な環境に身を置いたり、寂しさを紛らわせてきた孤独な人にとっては、一人遊びはお手の物であり、一人で時間を潰すことに慣れてしまっています。

寂しい人であると言われるとそれまでですが、何とか今を楽しもうと工夫している姿が、こうした姿勢に出ているのでしょう。

 

無表情になりがちである

孤独な人ほど無表情な時間が長い理由は、スマホが唯一の友達であることや、話し相手がいないこと、笑える生活を送れていないことなどが原因であり、無表情な生活が続くと、やがてブス顔になるとも言われています。

口角が下がったり、眉にシワがよりやすくなってしまう無表情な日々は、できるだけ避けた方が老け防止には有効となります。

 

孤独死を心配する

本当に孤独だからこそ孤独死に対して不安や恐怖心を持ち、自分の老後を考えれば考えるほど、「どうすればいいのだろう…」というネガティブ思考に陥りがちです。

近年では若者の孤独死が注目されるようになり、ニッセイ基礎研究所が行なった調査によると、なんと1時間に3人の割合で孤独死が起こっているとの発表がありました。

孤独死は老人に限ったことではないので、本当に孤独な日々を送っているのであれば、他人事ではなく自分事に捉え、真剣に対策を考える必要があります。

 

休日が退屈すぎて辛い

やりたいこと、やることがない孤独な人は休日が退屈で仕方なく、大型連休でもひたすら引きこもるだけの休日を過ごすことも珍しくありません。

「大型連休って一体何をして時間を潰せば…」と悩んでしまうほど、退屈なことが苦痛となってしまうのです。

 

自己開示が下手である

自分に関する様々な情報を相手にうまく伝えれない人は、友達ができにくかったり、表情から勘違いされやすかったり、すぐに友達ができにくい人の特徴であります。

例えば、打ち解けやすいと言われる人は、自分はどのような人間であるのかを自然と伝えることができますが、自己開示が下手な人はこれができていません。

結果的に、周りからはどこか話しかけづらかったり、仲良くなるために一歩踏み出せにくい人であると思われ、孤独を招いてしまうのです。

 

容姿を気にしないようになる

イケメンや美人と言われる人ほど注目度が高いので、周りや人目を気にするのに対し、いつも影で目立たない人ほど注目度が低いので、周りや人目をあまり気にしない心理傾向が見られ、これは孤独な人にも当てはまります。

孤独な人は注目されることもなく、外に出る回数も少ないため、徐々に美意識が薄れていき、容姿を気にしないようになるのです。

女性であってもすね毛を放置していたり、男性であっても髪の毛がボサボサであるのは、孤独が招いた結果と言えるでしょう。

 

給料日でも欲しいものがない

羨ましいと思う人もいるかもしれませんが、仕事が安定している孤独な人にとっては、給料日でも特に買いたいものや欲しいものがないため、いつもと変わらない日常を過ごすことになります。

貯金が増えるので生活には困らない一方で、ある程度の浪費をしなければ、やはり人生を楽しむことが難しくなってしまいます。

 

人間関係や仕事が上手くいかない

人間関係や仕事が上手くいきにくい人は、過去の育った環境や自己評価が低いなどが原因として考えられますが、人間関係と仕事が上手くいかなければ、孤独になっていくことは当たり前です。

孤独な人の中には、仕事も決まらず一人ぼっちで、これから不安で仕方ないという漠然とした不安を持つ人がいて、これがより一層孤独感や焦りを生み出してしまうのです。

 

人を好きになれない

「孤独なのは人を好きになれないからである」と自覚している人も多いことでしょうが、こうした人は「友達と言っても何を考えてるか分からないし、いまいち信用できない」とか、「唯一の親友なのに誘ってくれないし、相手にしてくれない」などと思い込みやすく、自ら人を避けてしまっています。

人を信用できなかったり、相手にされないことが悲しいなど、人を好きになれない理由は様々なものがあるでしょうが、一概に「人を好きになれない」と決めてつけてしまえば、友人や恋人ができるわけがないのです。

人は誰しも相性がありますし、あなたと同じような弱い部分が似ている人もたくさんいるのですから、頭ごなしに「人を好きになれないから無理」と決めつけないように、これから心がけていくことが重要です。

 

妄想上手or回数が多い

孤独な人にとって妄想は楽しい時間を過ごす方法の1つであり、妄想恋愛などの非現実的な妄想をすることで、妄想癖がついてしまうことがあります。

誰しも一度くらいは妄想に浸ったことがあるはずですが、孤独な人は妄想の回数やリアルな妄想ができる技術に長けているのかもしれません。

 

自信がなく自己評価が低い

自信がなく自己評価が低い人は、自分の意見を言えなかったり、自慢話が多い、自分に素直になれないなどの特徴が見られ、これらは人間関係を壊してしまう原因となりかねません。

意見が言えないことは利用される確率を上げ、自慢話が多いことは避けられてしまいやすく、素直になれないことは他人に理解されにくいです。

こちらに当てはまる性格の人は、自信がなく自己評価が低いという自分を受け入れ、変わっていかなければ孤独を避けることは難しいです。

 

人生に疲れ、希望を見出せない

人生に疲れてしまい、希望を見出せない人は自殺を考えたり、自殺できる人が少し羨ましいなど、多くの人には理解しづらい価値観を持っています。

これは自分のことを「どうでも良い」と低い評価をつけている証拠であり、未来を想像したところで明るい未来はなく、ネガティブな未来を想像してしまうことで、生きるのがもう嫌だと瞬間的に思ってしまうのです。

こんな時には無理をせず、ただ体を休めることを優先しましょう。

 

自分の存在に否定的である

自己評価が低い人は自分に否定的で、褒め言葉を素直に受け入れることができなかったり、他人にも批判的になってしまう傾向が特徴的です。

例えば、孤独である自分は生きている価値がないとか、自分はなぜ存在しているのだろうなど、自分の存在を否定的に受け入れてしまうことが多々見られます。

孤独な人生を変えるためには、自己評価を上げることも有効となるはずです。

 

自己開示を意識すべし

いかがだったでしょうか。

孤独を打ちはらう方法は、やはり友人関係を広げたり、恋人を作ることが最も有効であり、愛情の対象をたくさん増やすことで、孤独な気持ちを無くすことに近づきます。

そのためには自己開示を積極的におこなうことであり、「誰も自分をわかってくれない」と投げやりにならないことです。

人間関係や恋人を作るためには、必ず自分という人間を知ってもらう必要があり、プライベートな情報を互いに知り合う必要があるのです。

だからこそ、積極的に自己開示をしていき、どんどんと親密になれる関係を作っていくことで、孤独な人生を変えることに大きく繋がると断言しておきます。

次のページでは、「頼れる人がいない時にあなたを助ける6の魔法」にて、孤独を感じさせない方法や、頼れる人を作るのに最も有効な方法を述べていきます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP