ぞんざいに扱う人の特徴や扱われる原因20選

ぞんざいに扱われることで腹を立てたり、冷酷な人間であるかもしれないなどの悩みを抱き、恋人に別れを告げた経験がある人は多いかと思います。

誰だって大切に扱われたい気持ちが強い一方で、その気持ちを踏みにじるような行為に、腹を立ててしまうことは当然と言えば当然です。

この1ページでは、ぞんざいに扱う人の特徴に止まることなく、扱われてしまう原因についても細かく触れていくので、自分がなめられてしまう原因についても、しっかりと目を通しておきたいものです。

スポンサードリンク

思いやりがなく、情に欠ける

ぞんざいに扱う人は思いやりがなく、口先だけで思いやりがあるふりをしたり、他人にことを気にせずに自分のことしか考えないため、冷たい態度や冷静に扱うことを忘れてしまいがちです。

さらに情に欠ける一面が見られるため、人間らしいあたたかみや人からの恩を忘れてしまい、失望されやすい性格であるとも言えるでしょう。

また、情に欠けるということは家族や恋人を大事に扱えない、動物や子供にすら冷たく接してしまうなどの傾向が見られるため、冷酷であるとの評価にも繋がりやすい性格であると言えます。

 

自己愛が強い

自己愛が強い人は特別扱いされたい気持ちが強く、自分は特別な人間であるとの思い込みも強いため、人をぞんざいに扱うことは許されると思い込んでいたり、自分自身を守るために適当にあしらうことも珍しくありません。

このタイプは自分が大好きであり、自分に関する自慢や知識が豊富なことをアピールする一方で、他人の話はサラりと受け流してしまう悪い一面が見られやすいために、相手はぞんざいに扱われていると感じてしまいやすいです。

さらに恥をかくことが許せないため、恥ずかしい思いや間違いを指摘されると感情的になってしまうことからも、ぞんざいに扱いやすい人の特徴に当てはまります。

 

心の痛みが分からない

心の痛みが分からないからこそ雑に扱ったり、冷たい態度で接することができると言っても過言ではありません。

心の痛みに敏感な人は、「こんな態度で接すると嫌な思いをするだろう」という優しさが隠れていますが、ぞんざいに扱う人はそんなことを気にも留めないため、ズバズバと厳しい指摘をしてしまいがちです。

故に無神経であると評価されたり、同じような立場を経験して、「あ〜あの人は悲しい思いをしたのだろう」と、ようやく気づかされることが多いと考えることができます。

 

自分さえよければそれで良し

自分さえよければそれで良しという考えは、弱い自分を守ることや、情がない人、自己愛が強い人に見られる傾向にあり、自分が良い思いをすればそれで良しと思い込むことは、ぞんざいに扱う結果を招きます。

こうした考えは一見得すると思われがちですが、信頼関係を築くことが難しかったり、人が離れていきやすい、孤立を生むといった環境を生み出す原因となるので、長い目で見ると損をしてしまうことになりかねません。

冷たい態度や荒々しい態度で接することは、最終的に自分に返ってくると覚えておきましょう。

 

基本的に他人を見下している

社長などの権力者に向かって、ぞんざいに扱うとも取れる態度で接する人は、世の中にどれくらいいるでしょうか?

そう考えると、ぞんざいに扱う人は基本的に他人を見下していると考えることができ、あなたにだけそのような態度を取られ続けている場合は、完全にあなたはなめられていると捉えてください。

もしもあなたが権力者で大きな力を持っているとすれば、ぞんざいに扱う人は態度を改め、嫌われないような接し方をしてくるはずです。

 

鼻で笑う癖がある

鼻で笑う人の心理には「見下している」「バカにしている」という本心が隠れているため、「なめた態度を取っても大丈夫だろう」という思い込みをしています。

ぞんざいに扱う人に鼻で笑われたり、目すら合わしてくれないという状況なのであれば、なめられている現状を変えるための打開策が必要となるでしょう。

また、近づかないことも有効な対処となります。

 

時間泥棒である

ぞんざいに扱うとは、「粗末にするや適当に扱う」などの意味としても使われますが、こちらに当てはまる特徴こそが時間泥棒であり、毎回のように遅刻をしてきたり、他人を待たせる行為を平気でする人は、まさに時間泥棒そのものです。

恋愛で例えると分かりやすく、ぞんざいに扱われる人はデートに平気で遅刻されたり、家まで送ってくれない、自分だけが満足するプレイをされるなどの共通点が見られます。

こちらも完全になめられている証拠となるでしょう。

 

打算的で計算高い

自分が納得した利益を出せれば関係を切ってしまったり、最初から何かの利益目的で近づいてくる人は、それが達成できれば親切に扱う理由や大事にする理由がなくなってしまいます。

つまり、打算的な性格に加えて利己的である人は、ぞんざいに扱うことで自分だけの利益を確保する傾向があることから、特徴に当てはまると考えることができます。

人は誰でも打算的な一面を持っていますが、だからと言ってぞんざいに扱うわけではありませんし、相手の利益も確保できるようなwin-winの関係ができる人こそ、信頼されたり憧れを抱かれる人であると言えるでしょう。

 

責任転嫁することで自分を守る

ぞんざいに扱われる人は責任転嫁をされる立場であり、ぞんざいに扱う人は責任転嫁をする側でありますが、こうした行為はいじめであるとの捉え方もできます。

基本的に責任転嫁する人は「自分は悪くないと思い込む」「責任逃れすることで評価を維持したい」「何とか誤魔化せるだろう」などの心理が働き、自分よりも格下だと思い込んでいる相手に責任を押し付けてしまうという特徴が見られます。

また、新たな認知を加えることで自分が正しい理由を作るこのタイプは、ピンチともなれば屁理屈が多くなると考えることができます。

 

本音や弱みを見せない

ぞんざいに扱う人はぞんざいに扱われることに恐怖心を持っているため、本音や弱みを見せることで劣位な位置に立たされることを恐れています。

冷たい態度や雑に扱うということは、一歩間違えると自分が窮地に立たされるリスクが高い行為でもあるため、自分の弱みを握られることを恐れるのです。

故にこのタイプの中には、詮索することで情報を握り続け優位に立つ者や、自分のプライベートな情報を伝えないことで自分を守り続ける、厄介者が多いです。

 

共感せず、否定的になりがち

共感してあげると相手がホッとする場面や、受け入れてあげることで相手が助かる場面であっても、ぞんざいな人は否定的で自分の意見を押し付けてしまうため、相手の弱さを受け入れる優しさがみられません。

真剣な話であっても適当にやり過ごされたり、ただ共感して欲しいだけの話を否定される、自分が悪いとはなから決めつけられるなど、突き放したような態度で接してしまう人には、ぞんざいに扱ってしまう悪い癖が見られがちです。

特に女性はこうした何気ないとも思える態度に敏感であるため、冷たい男だとの刻印を押され、別れの原因となることも珍しくありません。

 

割り切りが極端である

仕事は割り切りが大事であるとか、人間関係も割り切りが必要なのは間違いありませんが、割り切りがあまりにも極端すぎると、冷酷で冷たい人であると思われることに繋がります。

例えば、仕事のみでプライベートでは一切付き合わない程度の割り切りであれば、ストレスや疲れを感じることもなく、日々社会で活躍することができるでしょう。

一方で、仕事は仕事、仲間は仲間と極端すぎる割り切りをしている人は、職場で困った人を見かけても仲間ではないとの思い込みから、助けることを怠る結果を招いてしまうため、ぞんざいに扱う人の特徴に当てはまります。

 

顔色を伺わない

いちいち顔色を伺っていては、ぞんざいに扱うことなどできませんし、自分は酷い人間であるかもしれないという不安を抱えてしまうだけです。

これは意地悪な人に当てはまりやすい特徴であり、人に対して強く当たってしまう、弱い立場の人間をターゲットにするなどの共通点が見られ、冷酷に扱うことで優越感に浸ることができます。

まさに自己中心的であり、自分さえよければ他人が傷つこうとどうでも良いと思い込んでいる証拠ともなるでしょう。

 

他人に興味がない

自分以外に興味がない人は共感しようとしませんし、好かれる必要もないために冷たい態度で接したり、雑な扱いをしても胸が痛みません。

このタイプは自分の計画を邪魔されることが許せない、妙に冷めている、他人の情報を覚えようとしないなどの特徴が見られることから、冷たく他人を受け入れようとする姿勢が見られません。

自分が興味がある人以外は、ぞんざいに扱うことが普通であるのがこのタイプとなります。

 

ぞんざいに扱われる原因一覧

機能不全家族に育てられた

アダルトチルドレンのことであり、幼少期の環境が原因で負った心の傷を大人になっても癒すことができず、心に闇を抱えたまま社会で生き続けるのが、アダルトチルドレンとなります。

暴力や愛情のない家庭で育った人が典型的特徴となり、他人に攻撃的な態度を取られると自分自身を責めてしまうため、「自分は情けない」とか「自分は嫌われている」などと思い込むことで、どんどんと意地悪な人になめられてしまいます。

ぞんざいに扱われたとしても、アダルトチルドレンは自分が悪いと思い込んだり、自分は生きている価値がないと思い込んでしまうことから、自分を責めてしまうのです。

また、暴力や愛情のない家庭で育った人は、見捨てられることへの不安が強いことから、相手に合わせようとした結果、見下されてぞんざいに扱われてしまうというわけです。

診断方法としては、

  1. 両親に愛情があったか?
  2. 片親や両親の不在はなかったか?
  3. 過保護や過干渉で育ったか?
  4. DVや性的虐待はなかったか?
  5. 親が否定的で暴言が多かったか?

という上記の5つの項目を確認することで、自分がアダルトチルドレンであるかどうかの想定が可能です。

 

当たり前ができない

周りが当たり前のようにできることができなかったり、いつまでも教えられる立場である、指示待ちで自ら動こうとしない人は、職場や学校で見下される人の特徴に当てはまります。

自分よりも能力が低かったり、当たり前ができない人に対して、「内心バカにしてしまう」ことは当然と言えば当然ですし、これが人の汚い部分であるとも言えます。

ぞんざいに扱われないためには、最低限でも周りと同じくらいのことができる必要があり、ミスばかりで周りの足を引っ張ってしまうことは、仕事や人間関係に支障をきたすのです。

こちらの対処法としては、影の努力で何とか周りと同じレベルまで能力を上げるしか方法はないでしょう。

 

意見が言えない、ビクビクしてる

自分の意見がはっきりと言えなかったり、常に怒られるのではないだろうか…とビクビクしている人は、いじめのターゲットとなりやすく、弱い人間であると判断されやすいです。

ぞんざいに扱われることは見下されている証拠でありますから、自分が思う意見を相手にしっかりと伝えたり、怒られてもペコペコとせずに堂々と話を聞く姿勢など見せれば、頭越しに怒られたとしても相手の理想通りに物事を進めることができません。

また、顔色を伺いすぎる必要もないので、「相手が機嫌が悪いのは他人のせい」くらいの気持ちで、あなたがどうにかしようとする必要はないということを覚えておきましょう。

 

ネガティブ思考である

ネガティブ思考であることは、自分は弱い人間であるとアピールしていることと同じであり、ネガティブ思考な人は自分を責めてしまう、すぐに他人に頼ってしまうなどの特徴が見られがちです。

さらにぞんざいに扱われることで、ネガティブの負の連鎖に陥った結果、ぞんざいに扱われたことを相談したつもりが、これが次は嫌われる原因となるのではないか…との不安が頭をよぎり、被害妄想で自分は嫌われているとの思い込みに繋がっていきます。

捉え方を変えて、「ぞんざいに扱われる今が変われるチャンスである」とか、「違うグループでは受け入れられている」などの捉え方をすることで、ネガティブ思考でぞんざいに扱われる自分を変えていくことができます。

 

自己開示が苦手

自己開示とは、自分のありのままの情報を伝えることであり、無口で喋らない人が遠巻きの対象となったり、警戒心が強く自分の情報を伝えない人ほど好かれにくいのは、自己開示が苦手なことが原因であります。

ぞんざいに扱われることが嫌なのであれば、しっかりと自分という人間を相手に伝え、最近あった出来事などを伝えることができれば、相手も自然と自己開示をすることで、距離感が縮まるという法則が見られるようになります。

人気者であったりモテる人ほど、自分という人間を相手に伝えることが上手であるのは、こうした心理学を使ったテクニックを使えているからこそ、信頼できて近づきやすい人として認識されやすいのです。

 

断ることができない

お願いされると断ることができない性格は、利用する側の格好のカモでありますし、やり逃げや都合の良い人で終わってしまう典型的特徴となります。

NOを突きつけることは、嫌われたり見捨てられる原因となるとの思い込みは嘘であり、自分の意見をはっきりと伝えることができる人は、信頼されたり頼りになる人であるため、嫌なことは嫌とはっきり伝えれば良いのです。

もちろんそれができないことが悩みとなるわけですが、ぞんざいに扱われる原因がそこにあると気づいたのであれば、一歩踏み出して話を遮る、遠回りに嫌だと伝えることから始めてみると、徐々に断ることに慣れる他、断ることが悪いことではないという事実に気づくはずです。

 

扱う側も、扱われる側にも原因がある

いかがだったでしょうか。

ぞんざいに扱う人は基本的に避けることを意識し、扱われる原因をはっきりとさせることで、自分が見下される原因を無くすことに繋がります。

もしもあなたがぞんざいに扱われたのであれば、自分を責めるのではなく、原因を解決するいくつかの方法を見つけることで、ぞんざいに扱われない人に変わることができ、生きる辛さから逃れることができるでしょう。

その方法については、「【死んでほしい人がいる】あなたへ贈る9の対処法」にて、細かくお伝えしているので、そちらで一度確認してみてください。

見下されるばかりではなく、自らそうならない方法を知ることが大事です。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP