メンヘラ男の特徴と見分け方10選

メンヘラ男といわれると、どのようなイメージを想像するでしょうか。

精神的な病を抱えているだけに、やはり内面的に問題が多いようです。

外見は普通なだけに見分けることは難しいようにも思えますが、付き合いが長くなっていくほど厄介者として扱われることが多く、同性からも異性からも理解を得られずに一人ぼっちになってしまうこともしばしば。

今回はそんなメンヘラ男の特徴と見分け方について、特によく見られる傾向にある10選にしぼってみました。

自分に自信がない・人のせいにする

とにかくメンヘラ男は駄目男です。

自信もなければ、自己主張もありません。

自信がないから意見も言わなければ、だからといって肯定もしません。

そして何かあれば人のせいにしたり、世の中のせいにして、自分がこうなったのは親のせいだ!等と言っているのがメンヘラ男の特徴です。

アドバイスに乗ってあげても正論が通じない相手ですし、精神を病んでいますから、「何が分かるんだ!」とキレておしまいというケースが多いです。

 

人付き合いが下手

人付き合いが下手で、友達ができにくいというのも非常に多い特徴の1つです。

そもそも一人が好きという理由で友達付き合いを怠っている人が多く、誘ってもらっても断るケースもよくあることです。

誘ってもらっているということに気づいていない、または誘ってもらうのが当たり前という考え方をしている人も多く、愛想を尽かされてしまうのです。

誘われているうちが華ということを分かっておらず、その後連絡すらもらえなくなるケースが目立ちます。

 

気持ちが重い

非常に気持ちが重たく、恋人でないのにも関わらず「もう少し一緒にいたい」などの発言をしがちです。

もちろんその発言に下心は無いのですが、勘違いされてしまっても仕方ないですよね。

さらに恋人となれば束縛も激しくなり、毎日のように好きや愛しているという言葉を使うので、疲れてしまう人も多いようです。

 

基本的に否定から入る

メンヘラ男の特徴としてもう1つ言えるのが、基本的に否定的なことから入るというものがあります。

話し始めも、いや…でも…から始まるケースが多いです。

そして、「それって違うんじゃない?」と一言入れると、すぐにだんまりになって、それ以降もうその話に触れないというデリケートさを持っています。

 

仕事が続かない

精神的な病を抱えているということもあり、仕事が続きにくいです。

容量が悪い人や社会人の生活習慣についていけない人も多く、1つの職場で続けていくことが難しいのも特徴的です。

また失敗してしまうと人生が終わりかのような反応をしてしまいがちで、その反応に周りが引いてしまうこともしばしば。

周りが思っている以上に凹んだりすることは珍しくは無く、さらに周りが励ましても、励まされていることに対して恨みを持つような人も中にはいるようです。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP