危なっかしい女性の特徴10選〜恋愛傾向とは?

危なっかしい女性とは、「信用や信頼できない女性」のことを意味し、他にも「なぜか放って置けない」という意味に対して使うこともあります。

ネットでは、危なっかしい女性ほどモテるとか、放って置けない一面があると言われがちですが、これは本当なのか?

その事実について、特徴と恋愛傾向を知ることによって、その答えが自ずと出てくることでしょう。

素直で疑わない性格

素直で疑わない性格の女性は、つい男性が監視したくなる女性であり、詐欺のような話に乗っかり洗脳されてしまったり、最低男に口上手く騙されてしまったりと、何かと心配せずにはいられない性格です。

さらに素直なことが幸いし、どうしても憎めない性格であったり、応援したくなる性格であるため、危なっかしいからこそ意識してしまうという結果を招きます。

言われたことをそのままやったり、反論をされないことは、自分にとっては敵になり得ない存在であるため、お気に入りの存在として可愛がられやすいとも考えられます。

ここから分かることは、危なっかしい女性はお気に入りとされやすく、特に年上男性からチヤホヤされやすいと言えます。

 

天然ドジっ子である

作られた天然ではなく、本当に天然であるからこそ男性の多くが「守ってあげたい」という気持ちにさせる庇護欲をそそり、危なっかしいけどかわいげがあると評価することになります。

天然な女性には、おっとりしていたり柔らかい雰囲気が特徴となりますが、こうした雰囲気がミスをしても憎いという気持ちにさせず、ドジでかわいげがある女性だと思わす要因となるため、天然ドジっ子は若いうちは何かと得しやすい性格であると言われがちです。

天然でミスをするかもしれないという不安な姿が、「危なっかしい」という評価に繋がり、手のかかる子ほど可愛く見えるのは、子供だけでなく女性も同じなのです。

また、先ほど”若いうちは何かと得をする”とお伝えしましたが、男女ともに若い人のミスはかわいげがあると評価されやすいですが、いい大人が天然でドジばかりすることは、悪い評価に繋がりやすくなるためです。

 

計画性がない

計画性がない人は楽観主義であったり、失敗に対して反省がないため、何度も同じミスを犯してしまいがちですが、この何度も同じミスを犯してしまう頼りなさが、「危なっかしい女性である」との評価に繋がります。

特に計画性がある男性からすれば、「なぜその時間で間に合うと思ったのか…」と疑問を感じたり、「それじゃあこの先続かないだろう」との不安を抱くこととなりがちですが、これが好意的な人からすれば、危なっかしい部分が魅力的であると都合の良いように考えてしまうのです。

嫌いな人が計画性がない時には、嫌いになれる理由を正当化できたり、鬱陶しいと感じることになりますが、好意的な人は相手の欠点さえも魅力的に受け取ってしまうため、それが個性であると良い評価をすることになるのです。

故に計画性がない女性に対して、そこを評価してもらっていることは、相手が好意的である可能性が高まるという豆知識を覚えておくといいでしょう。

 

人の話を聞かず頑固

人の話を聞かず頑固な女性ほど、自分が正しいと思ったことに全力疾走してしまうため、周りが見えずに大きなミスを犯してしまいがちです。

それほど一生懸命であるとの評価もできますが、周りの声が耳に入らない状態になることは、洗脳などのリスクも大きくなってしまいます。

もう1つお伝えしなければいけないことは、普段からかわいげがある女性が頑固である必要があることであり、周りから愛される女性が暴走してしまうことは、多くの人が心配してしまう種となりがちです。

「良い人なのに危なっかしい現状がどうも放って置けないなぁ〜」と思われることは、危なっかしい女性である証拠であり、手のかかる子と同じで頑固で自分が決めたことを覆さないため、放って置けない魅力がそこには隠れています。

 

愛想を振りまき、NOが言えない

いつも愛想を振りまく女性はかわいげがあり、女は愛嬌と言われるほど男心をくすぐる仕草となるわけですが、良い人を演じすぎてNOが言えない性格である場合、男が「いけそうだ」と思い込むため、比較的近寄りやすい女であるとの評価をすることになります。

そうなれば、「体目的の男」や「若い女が好きなおじさん」がたくさん寄ってくることになり、結果的にデートやご飯にたくさん誘われる人気者となります。

これが好意的な男からすれば、「危なっかしい女である」との評価に結びつき、いつ違う男と付き合うかもわからない女性は、いつもハラハラドキドキさせてくれる女性との評価に繋がります。

まさに男が放って置けない、危なっかしい女性の特徴に挙げることができるでしょう。

 

注意力散漫で慌ててしまう

注意力散漫な人はミスが多い人の特徴であり、さらに冷静に対処できないことは、新たなミスを招いてしまう原因となります。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP