モラハラ夫の特徴と改善方法

付き合っていた頃はそんな特徴を微塵も見せなかったのに、結婚して新生活が始まったら全く違っていた…なんてことは珍しいことではありません。

人は誰でも好意がある人の前では、自分をいい人のように見せるものです。

しかし、モラハラ夫だった場合は妻からすれば最悪といえるでしょう。

なぜなら妻は家にいても、心の底からくつろぐことができないからです。

もしあなたがモラハラ夫で悩んでいるなら、一度チェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

生きていられるのは俺のおかげ

芸能活動を続けている高橋ジョージさんが、モラハラだと言われた理由はこれですね。

これと同じく、例えば夫だけの稼ぎで生計を立てている家庭は、お前が飯を食えるのは俺のおかげだと言わんばかりの、行動や言動をしがちです。

「俺がいなければ〇〇だから」とか、「じゃあお前が食わせてくれ」とか、「ここは俺の家」など、モラハラ夫は常に妻に対しては上から目線です。

毎回毎回そんな言葉を罰せられている妻は、もちろん夫が帰ってくると常に気を遣わなくてはいけません。

そんな夫と妻の関係性が原因で、モラハラ夫が誕生してしまうということなんですね。

また、モラハラ夫はプライドが非常に高い人が多いので、常に夫を立てなければいけない妻は大変です。

 

オレは被害者だ!全て妻が悪い!

モラハラ夫は、明らかに夫が悪いところで妻にせめられると、「オレにそうさせるお前が悪い」というような特徴的な言い訳をします。

モラハラ夫は自分がいつでも被害者であり、相手(妻)が悪いのであって、謝るのは妻であると思っています。

それがいつもいつもなのです。

例え誰が見ても夫が悪い場合でも、妻が悪者になってしまっています。

ですから妻が泣いても、何故泣くのか意味が分からないというようになってしまうんですね。

 

食事で分かるモラハラ夫の行動

一番分かりやすいモラハラ夫の行動的特徴といえば、食事中です。

例えばモラハラ夫には、食事中にこんな言動や行動パターンがあると言われています。

1.いちいち味にうるさい

2.温度は自分が思うベスト温度以外認めない

3.料理を作り直させる

4.料理に参加しないくせに、イライラと待っている

5.先にこれを出せあれを出せとうるさい

モラハラ夫には、このような言動や行動パターンが確認されています。

もし、あなたがモラハラ夫に頭を悩ませているのであれば、上記の項目の3つほどは当てはまっているのではないでしょうか?

 

頑固で逆らうものは許さない

また、モラハラ夫は頑固者で妻の意見に耳を傾けようとはしません。

もしも意見を言おうものなら、怒鳴られたり、頭越しに自分ルールを押し付けられたりと、とにかく意見されるのを嫌います。

こんな意見されるのを嫌う理由の1つに、心のどこかで、妻だから離れないという安心感が原因の1つに考えられます。

おそらくですが、あなたはいつも言ってもしょうがないからと、諦めているのではないでしょうか?

それではモラハラ夫を改善することは難しいでしょう。

 

表向きは良い

モラハラ夫には厄介な特徴があり、表向きが良いという面があります。

ですからご近所付き合いなどはそつなくこなします。

妻に怒鳴ったり、蹴ったりしても、外ではぺこぺこと頭を下げているのです。

なのであそこの旦那さんは優しそうだ、という印象を周囲から受けてしまうのです。

ですから妻側としては、周囲に実は自分の夫は…と打ち明けることがなかなかできません。

何故なら周囲には良い夫としか映っていないのですから。

そして何より、自分の家庭事情を話してしまうと、存在もしない作り話まで出来上がってしまい、それがどこまでも噂話で広まっていくという点にあります。

 

高学歴or高収入

高学歴や高収入ほど、プライドが高く、自分のやっていることが正しいと思い込んでいる人が多いのは有名です。

常に自分が優秀だと思い込んでいるのが原因で、自分ルールに反する行動や言動は全て悪者です。

このような夫が求めるのは、自分に服従してくれるような妻です。

家に帰っても自分が主であるから、妻は俺のルールに従ってればいい。

そんな少し残酷な心理状況が、モラハラ夫へと夫を変えてしまうのです。

 

自分に都合の悪いことは妻に押し付ける

またモラハラ夫の特徴として、自分に都合の悪いことは妻に押し付けるというものがあります。

特に感情面でこれらが見られ、感情的に相手から言われたことに対しては受け答えがうまくできないため、妻に全て押し付けてしまうのです。

厄介なことは妻まかせ、それでうまくいかなければまた妻を罵倒する、そんなモラハラ夫の特徴が如実に現れていますね。

そんなモラハラ夫にストレスがたまらない妻など存在しないのです。

 

改善方法はあるのでしょうか?

自分の夫がモラハラ夫だと判明した瞬間、あなたは決断を迫られることになります。

改善方法を探して一緒にいるか、それとも別れるか、どちらかです。

夫の傍にいるのであれば、精神的にさいなまれ続ける可能性もあります。

夫にどうにか改善方法を探して改善してほしいと思うのなら、まず妻が変わらねばなりません。

モラハラ夫に対する抵抗力、強い精神力を身につけることです。

自分ではお手上げの状態であれば、専門のカウンセラーを見つけて、カウンセリングに一緒に通うという方法が、最もスピーディな改善方法でしょう。

モラハラは受けている最中も、その後もなんとも気まずいものです。

一度好きになった相手なんだから…と我慢せず、自分は自分の人生を歩むことも大切です。

また、「いじめっ子の特徴」もセットで読んでみましょう。

そもそもモラハラとは、言葉の暴力であり、いじめと同じです。

そんないじめっ子の特徴を知れば、あなたの夫がなぜモラハラに走ってしまったのか?原因が分かってくるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP