深酒の心理と対策方法7選〜多幸感に逃げない方法とは?

「分かっていても止められない…」「お酒が入ると幸せで幸せで…」など、深酒がやめられないことによる失敗や、暇さえあればお酒を手にしている人は、今の状況が凄く深刻であるという現実に気づき、一刻も早く対処法を実行すべきであるとまずは伝えておきます。

一方で、深酒をすることは悪いことばかりではなく、しっかりとメリットも存在しますし、何よりお酒を飲むことで得る幸せも存在するのです。

この1ページでは、深酒の心理をまず知ることで自分の心理状況を知り、多幸感に逃げない最も効果的な対処法をまとめていきます。

スポンサードリンク

深酒する人の心理とは?

防衛機制が働いた結果

人は嫌なことや困難が続くと、やがて「そこから逃げ出したい」という心理が働くようになり、何かにすがることで現実逃避を行おうとする働きが見られるようになります。

これを”防衛機制”と呼び、つい深酒してしまったり、翌日の朝が早いのにも関わらず深酒をしてしまう理由は、「絶対に起こりうる現実から少しでも離れたり、忘れたい」という本心が隠れています。

ちなみに、防衛機制の逃避が働きやすい人は以下の特徴が見られる人であります。

  1. ストレスが溜まっている
  2. 不安な状態である
  3. 緊張や不安が絶えない
  4. 嫌な現実と向き合わなければならない

上記のような心理状況にある人は、現実逃避を行うことで自分自身を守ろうとした結果、深酒に走ることで目の前にある嫌な現実を忘れ、アルコールの作用でもある「多幸感」に浸ることでストレス解消を行なっています。

この多幸感こそアルコールの最もメリットであると考えられる作用であり、ストレス解消を行うことは本来良いことであると断言することができます。

 

お酒が人をコントロールする

もう1つ考えられる心理としては、「自分の意思ではコントロールできない」心理状態にあり、毎回のようについ深酒してしまう人は「分かっていても止められない」「手を出さないと決めても手を出してしまう」などの悩みを抱えているのではないでしょうか。

こうした悩みに当てはまる場合は、アルコール依存症を疑う必要があり、アルコールを通して現実から逃げることで健康に害を与え、やがて生活を狂わせてしまうことも珍しくありません。

お酒なしでは生きていけない…という悩みを持つ人は、自分をコントロールする術を身に付けることで、摂取量や日常化するアルコール対策が可能となります。

次の項目では、深酒することが日常化してしまうデメリットとメリットについてまとめるので、あなたの現実に起こりうる可能性が高い現実をしっかりと覚えておきましょう。

 

深酒が日常化するデメリット

最優先がお酒になる

人には誰しも優先順位が存在し、例えば家族を持つ家庭であれば子供や嫁の優先順位が高く、独身であれば趣味や恋人の優先順位が高くなることは普通です。

深酒がやめられない、深酒をついしてしまう人の場合は、最優先がお酒となってしまうケースが非常に目立つため、本来しなければならないことよりもお酒を優先した結果、大きなミスに繋がることがあります。

例えば、家族と楽しい時間を過ごすよりもお酒を優先するなどの具合に、最優先がお酒になることで仕事や信頼関係に大きな穴を空けてしまうことがあるのです。

 

つい本音が出てしまう

“酒は飲んでも飲まれるな”と言いますが、摂取量が増えることで普段の感情や欲求が制御できなくなると、やがて「不満や不安」が言葉に出てしまうことになります。

他にも、お酒を飲むと暴言を吐く酒癖が悪い人がいますが、こうした人は普段抱く不安や不満を言葉に出している、いわば本音を口にしているだけであり、こうした本音を口にすることは人間関係や信頼関係に大きな傷をつけることになってしまいます。

他人の悪口や批判、さらには周囲に迷惑をかける行動を起こしてしまうのは、人が離れていく原因となりがちです。

 

アルコール依存症

心理でも少し紹介したように、深酒がやめられない、お酒が入ると自分がコントロールできないなどの症状が見られる場合は、アルコール依存症を疑う必要があります。

アルコール依存症は進行プロセスが存在し、以下のような症状が見られるようになるため、あなた自身は当てはまっていないのか?一度チェックしてみるといいでしょう。

初期症状:精神面の変化

お酒の摂取量が増え、ほろ酔いでは気が済まない。

お酒の優先順位が高くなり、嫌なことがあればすぐ酒に走る。

初期症状:身体面の変化

お酒がないとイライラする、落ち着かない。

お酒によるミスやトラブルが続き、節酒を試みる。

中期症状:精神、身体面

お酒によるミスとトラブルが頻繁に見られるようになる。

人間関係や家族に支障をもたらし、攻撃的になることが多くなる。

お酒を飲むために嘘をついたり、使ってはいけないお金に手を出す。

後期症状:精神、身体面

お酒に支配され、もはやコントロール不可能に。

私生活が乱れ、食事よりもアルコールばかりの日々。

アルコールがなければ不安で仕方ない、うつ状態などが見られる。

アルコール依存症が疑われた場合は、専門家や他人に悩みを相談してみることから始めていきましょう。

 

適度に深酒するメリット

リラックス効果

現実逃避やストレス解消となるように、適度なお酒は精神面での高揚が見られたり、元気が出るなどの効果があります。

他にも、ビールに含まれるホップの香りは気分を落ち着かせるアロマの効果があったり、ワインやウィスキーの香りにもリラックス効果があることが分かっています。

1日の終わりにアルコールを飲むと、ホッとしたりするのが良い例であり、適度なアルコール摂取はメリットが大きいです。

 

食欲、睡眠、血行促進など

食事前に少しアルコールを摂取することで、胃の活動が活発化されることが分かっており、分泌量が増えることは消化を促すことに繋がります。

睡眠については、眠ることができない時や寝つきが悪い日にアルコールを摂取することで、興奮を抑えてリラックス状態に陥ることで、質の高い睡眠を取ることができます。

血行促進については、お酒を飲むと体が温まることに加え、血管を拡張し血液の循環を促してくれます。

適度なアルコール摂取は冷え性や疲労回復にも役立ちます。

 

人間関係が良好に

お酒の席や本音を打ち明けるなど、ほろ酔い状態ともなれば暗い雰囲気さえも吹き飛ばしてしまう環境が成り立ち、素面では言いづらい本音なども打ち明けることができます。

積極に自己開示をすることは人間関係を良好に保つ秘訣でありますから、適度なアルコールは人間関係にメリットをもたらすのです。

 

最も効果的な対処法とは?

目標を明確にし、8割クリアでOK

深酒やアルコール摂取量を抑えたいのであれば、まず目標を明確にすることが大事であり、一週間のうちにどれだけのアルコールを摂取するのか?または深酒する回数は何回までOKなのか?という目標を明確にしましょう。

例えば、一週間でビールは7本以上飲まないこと。深酒は金曜日と土曜日のみOKとすること。などの目標が明確になれば、あとはそれに向けて行動を起こすのみです。

と言いたいところですが、それだけでは実際に目標を達成できる人は少ないことでしょう。

目標を確実に達成するためには、「自分がどうなりたいのか?」「目標達成することで、何か得るものがあるのか?」という先の部分を見ることが大事であり、深酒しないことであなたがどう変わるのか?または幸せになれるのかどうか?という未来をリアルに想像することが重要となります。

深酒が続くことでアルコール依存症や、仕事に支障が出るかもしれないという不安がある人は、自分がこの生活を続けることの未来をリアルに想像できている証拠であり、「あなたが明るい未来を歩むためにはどのような未来が明るいのか?」ということを一度リアルに想像してみてください。

また、目標が明確にできたのであれば、それを完璧にこなすことばかりにこだわるのではなく、8割達成できればOKくらいの気持ちで取り組むことで、自分自身を楽にする環境作りが可能となります。

 

お酒以外の付き合いを考える

深酒してしまう人は「自分がコントロールできていない」現状があるわけですから、お酒以外の付き合いを考えてみる必要があります。

例えば、ジムに通ってみる、ランニングを始めてみる、お酒を飲まない人との付き合いを深めるなど、お酒以外の付き合いを一度真剣に考えてみることで、深酒してしまう生活習慣を変えることができます。

深酒を繰り返すことは、人間関係や身体的健康、精神的健康に害が及びやすいことは明らかなので、自分のためにも付き合いを考え直し、他の楽しみも知ることで深酒の回数を減らすことができるはずです。

 

他の現実逃避を実行する

深酒は現実逃避の一種なわけですから、他の現実逃避を行い、不安や緊張から逃れれば良いのです。

簡単に誰でもできる現実逃避としては、以下の方法を参考にしてください。

  1. 旅行に出かけてみる
  2. 派手に遊ぶ日を週の間に1日だけ決める
  3. 体を動かす。スポーツなどがおすすめ
  4. カラオケやナイトクラブに通う
  5. 映画鑑賞やアニメ鑑賞で別世界を楽しむ
  6. お酒以外にお金を使う

基本的に現実逃避は一人で行うものであり、一人で別世界に入り込むことがポイントとなります。

最初は誰でも不安が伴うものですから、慣れるまで知人と行動を共にするのも良いですし、知人の趣味に誘ってもらうのもありです。

マイペースに現実逃避ができる何かを見つけることができれば、あなたは深酒だけに依存することなく、頼れる逃避方法を選択することができるわけですから、自然とアルコール摂取量を減らす結果が得られるのです。

 

無理に止めない、自分を責めないこと

「お酒をキッパリやめよう!」という、出来もしない目標を立てることはNGであり、今まで頼ってきたお酒をキッパリやめることはリスクが伴いますし、何よりそう簡単に止められるわけがないのです。

上記でお伝えした3つの対処法を実行することで、自然とお酒に依存する自分を変えていくことができるので、お酒をいきなり止めようなんて無謀なチャレンジはおすすめできません。

そしてもう1つ重要なことは、「深酒してしまう自分を責めないこと」であり、目標を明確にして7割クリアできた週があったとしても、「自分は情けない人間だ」なんてネガティブ思考になってはいけません。

そんなことよりも、「どこがいけなかったのか?」という反省をしっかりとすることが重要であり、「なぜ自分は目標をクリアできなかったのか?」という原因をしっかりと追求してください。

何度も同じミスをしてしまう人や、計画性がない人の特徴でもある「反省をしないこと」は、同じミスを犯してして成長できない人であります。

ネガティブ思考に陥ることは、自己嫌悪が強くなる原因であるため、自己嫌悪が強くなると深酒が止められなくなったり、止めようと思えなくなる悪循環に陥ってしまいやすくなるリスクを上げるので、何事も良い方向に捉える意識を持ちましょう。

 

アルコール依存症のヤバさを知る

ここでは、アルコール依存症により家庭が崩壊した人のリアルな声や、1000人以上の患者を見てきた医師の声を届けていきます。

“アルコール依存症の本当の怖さ”を知ることができれば、深酒への対処法を実行しようという気持ちも強くなることでしょう。

41歳、人生が絶望に感じ、全てが消えるさん。

深酒を止めることができなくなってからというもの、家族との時間は減っていく一方であって、どんどんと家族に攻撃的となってしまったり、お酒を飲むことを優先する自分が出来ていきました。

そしてついに「お酒を止めれる自分が想像できない」くらいに、自分の人生に明るい兆しが見えないようになり、「こんな魅力のない自分は妻に嫌われているはずだ」という思い込みから、妻の愛情や不倫を疑うようになりました。

これはアルコール依存症の男性陣に見られる症状ならしく、嫉妬妄想という症状が原因で妻に暴力を振るい、当然ならが家族は自分の元を去っていきました。

深酒が止めれない人は、症状が軽いうちにしっかりと対処しておかなければ、軽い気持ちで考えていると人生絶望しか見えなくなりますよ。

メンタルクリニック院長、奥村克行さんの声。

メンタルクリニック院長として、アルコール依存症患者を1000人以上見てきたかと思います。

そんな私が伝えたいことは、深酒が止めれない人は軽い依存症を疑う必要があるということであり、全く止める気がない人は、どんどんと症状は悪化していきます。

例えば、自分の健康を気遣うようになる→上手くいかずに自分が嫌になる→お酒優先の生活が続き、暴力等のトラブルが見られるようになる、といった流れは完全にアルコール依存症の末期へと進んでいる証拠でありますから、こうした人が対策を怠ることは後々に地獄を見ると警告しておきます。

私が見てきた患者の多くは、生きている意味すら分からない状況に陥ったり、周りが離れて孤独に一人依存症と戦うような人ばかりでした。

つまり深酒が止めれないあなたも、こうした道を辿っていく可能性は十分に考えられると言えます。

 

適度に計画的に飲むことが大事です

深酒をしてしまうあなたは、適度に計画的にお酒を飲むことさえできれば、悩みを抱えることもなくなります。

これが難しい人がたくさんいることは承知の上ですが、自分自身が変わろうと行動しなければ、誰もあなたを変えてくれる人はいないのです。

よく耳にする断酒のきっかけには、「両親の他界」や「最愛の人の病」などが挙げられますが、こうした自分が変わるきっかけを見つけることができたり、変わらなければいけない環境に身を置くことができれば、自ずと深酒を止めることができることでしょう。

アルコール依存症が怖いのであれば、是非1つでいいので対処法を実行してみる勇気を持ってみましょう。

もしも、アルコールに頼る以外に頼れる方法がないという悩みがある人がいれば、「頼れる人がいない時にあなたを助ける6の魔法」を参考に、頼れる人の作り方を学んでみませんか?

実は頼れる人を作る方法は、心理学を駆使すれば決して難しいことではないのです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP