深酒の心理と対策方法7選〜多幸感に逃げない方法とは?

お酒の摂取量が増え、ほろ酔いでは気が済まない。

お酒の優先順位が高くなり、嫌なことがあればすぐ酒に走る。

初期症状:身体面の変化

お酒がないとイライラする、落ち着かない。

お酒によるミスやトラブルが続き、節酒を試みる。

中期症状:精神、身体面

お酒によるミスとトラブルが頻繁に見られるようになる。

人間関係や家族に支障をもたらし、攻撃的になることが多くなる。

お酒を飲むために嘘をついたり、使ってはいけないお金に手を出す。

後期症状:精神、身体面

お酒に支配され、もはやコントロール不可能に。

私生活が乱れ、食事よりもアルコールばかりの日々。

アルコールがなければ不安で仕方ない、うつ状態などが見られる。

アルコール依存症が疑われた場合は、専門家や他人に悩みを相談してみることから始めていきましょう。

 

適度に深酒するメリット

リラックス効果

現実逃避やストレス解消となるように、適度なお酒は精神面での高揚が見られたり、元気が出るなどの効果があります。

他にも、ビールに含まれるホップの香りは気分を落ち着かせるアロマの効果があったり、ワインやウィスキーの香りにもリラックス効果があることが分かっています。

1日の終わりにアルコールを飲むと、ホッとしたりするのが良い例であり、適度なアルコール摂取はメリットが大きいです。

 

食欲、睡眠、血行促進など

食事前に少しアルコールを摂取することで、胃の活動が活発化されることが分かっており、分泌量が増えることは消化を促すことに繋がります。

睡眠については、眠ることができない時や寝つきが悪い日にアルコールを摂取することで、興奮を抑えてリラックス状態に陥ることで、質の高い睡眠を取ることができます。

血行促進については、お酒を飲むと体が温まることに加え、血管を拡張し血液の循環を促してくれます。

適度なアルコール摂取は冷え性や疲労回復にも役立ちます。

 

人間関係が良好に

お酒の席や本音を打ち明けるなど、ほろ酔い状態ともなれば暗い雰囲気さえも吹き飛ばしてしまう環境が成り立ち、素面では言いづらい本音なども打ち明けることができます。

積極に自己開示をすることは人間関係を良好に保つ秘訣でありますから、適度なアルコールは人間関係にメリットをもたらすのです。

 

最も効果的な対処法とは?

目標を明確にし、8割クリアでOK

深酒やアルコール摂取量を抑えたいのであれば、まず目標を明確にすることが大事であり、一週間のうちにどれだけのアルコールを摂取するのか?または深酒する回数は何回までOKなのか?という目標を明確にしましょう。

例えば、一週間でビールは7本以上飲まないこと。深酒は金曜日と土曜日のみOKとすること。などの目標が明確になれば、あとはそれに向けて行動を起こすのみです。

固定ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP