ショートスリーパーの特徴や性格

ショートスリーパー、ロングスリーパーという二つの言葉を聞いたことはありませんか?

短時間で深くぐっと眠れるために長い時間眠る必要のない人のことです。

ロングスリーパーはそれとは異なり、10時間以上寝ても寝たりない、と思うような人のことです。

このショートスリーパーやロングスリーパーの人にはどんな特徴があるのでしょうか?

今回の記事では、ショートスリーパーの特徴や性格を細かくご紹介したいと思います。

ショートスリーパーは楽天家で自信満々?

睡眠時間が6時間未満、もしくは5時間未満であるという人は、ショートスリーパーです。

性格的には明るく楽天的であることが多いようです。

さらに自分を肯定する気持ちがあり、相当な自信家でもあるようですね。

失敗しても、まぁいいかレベルのもので、軽く受け流すというありがたい資質を持っています。

 

短期で勝気である

またショートスリーパーの特徴として短期で勝気であるということがあります。

脳卒中や心筋梗塞など、循環器系の病気にかかりやすいとも言われています。

また意見、目標をはっきりもっており、せっかちに自分の道をどんどん進んでいく短期さがあります。

活動家であり、じっとしていると欲求不満になってしまうこともたびたびあります。

このような性格上、実業家に向いており、自分で会社を立ち上げるなど、積極性が見られます。

 

ショートスリーパーはカッとなりやすく負けん気が強い

またショートスリーパーは負けん気が強いです。

勝気であるということと同じ意味だと思われそうですが、負けん気が強いということは少しでも意見の食い違いがあると瞬間湯沸かし器のように沸騰するというポイントがあります。

カッとなりやすいので、周囲も気遣ってはいるのですが、何かくだらないことでもお店で飲んでいる場合、ちょっとしたことが原因で店員を捕まえて、長々と文句を言うお客様のことでもあります。

 

外交的で明るい

またショートスリーパーの人は概ね外交的で明るい傾向にあります。

ですから友人もたくさんいるでしょう。

その反面、敵も相当多いはずです。

何故眠りが深く短い人と、そうでない人に分けられるのかと言うと、ストレスが関係してきていると言われています。

ストレスを日々強く感じている人は長く眠るようになり、ストレスをなんとも感じない、思わない人は短期間の睡眠でも活動できるのです。

くよくよ悩まないことが、ショートスリーパーの特徴であり性格です。

これらは全て統計学的なものですので、全てが全て当てはまるとは言えませんが、大方このような傾向がショートスリーパーの特徴や性格であると言えるでしょう。

 

短命と勘違いされやすい

ショートスリーパーは睡眠時間が短いので、周りから心配されがちで短命と思われがちですが、それは違います。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 8月 06日

PAGE TOP