動物好きな人の心理と性格傾向まとめ

「動物が嫌いなんてどうかしてる!」と思えるのは、あなたが動物好きである証拠とともに、動物は素晴らしいと思えている証拠とも言えるでしょう。

「動物好きな人に悪い人はいない」なんて言う人もいますが、確かに動物好きな人の多くは良い人であるのかもしれませんが、動物を好きになる心理には様々な形があるため、一概に良い人ばかりとは言えません。

ペットを飼ってる割合は3世帯に1世帯との報道もあるほど、動物好きな人が多い世の中でありますが、深層心理から性格を読み取り、動物好きな人の素晴らしさを伝えていく1ページとなります。

動物好きな人の心理とは?

動物好きな人の心理にて、まず考えられるのは「癒される」ことにあり、パンダの赤ちゃんやライオンの赤ちゃんなどは、動物園で生まれると行列ができるほど人が観察に来る理由は、癒されることが一番の理由となります。

大人同士のデートであったり、一人で動物園に訪れる人もしばし見られますが、こうした人の心理には「癒されたい」という欲求が隠れており、社会でのびのびと生きれないストレスやプレッシャーを発散するためにも、動物園に訪れることはオススメです。

これは動物好きな人に限らず、動物に対して恐怖心を持っている人も同じく「見る分には癒される」と感じている人が多く、動物嫌いである=動物が憎いと全員が思っているわけではありませんので、動物嫌いな人でも見る分には癒されると感じる人はいます。

動物の場合、裏表がない可愛さがあるのに加えて、愛らしい仕草などが人を癒すことに繋がり、老若男女関係なく多くの人を癒す力を持っているのです。

最近ではユーチューブの発展とともに、動物の動画を見て癒されている人も多いのではないでしょうか。

 

養護欲求を満たす

こちらはペットを飼っている人、または飼ったことがある人に当てはまりやすい心理となり、人間にとってペットは手軽に愛情を注ぎやすい存在であります。

養護欲求とは、「他人を守る、助けたい欲求」のことであり、自分に懐いてくれるペットに対して情が湧いて来ると同時に、「自分がこの子を守ってあげないと」という気持ちになってしまえば、もう動物好きの仲間入りと言えます。

最近では結婚願望がない人や、晩婚化が進んだこともあり、ペットで養護欲求を満たす人が非常に多くなったと考えられ、ペットを我が子のように可愛がることは、今では普通のことになりつつあります。

もしも、動物好きで自分が何のために生きているのか?何のために働いているのか?といった存在意義が分からない人は、ペットを飼うことで養護欲求を満たし、存在意義を感じさせてくれるので、一度考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、養護欲求が強い傾向にあるのは女性であるため、ペットを我が子のように愛して育て、溺愛しやすいのも女性です。

 

孤独感を癒す

ペットを飼うことは孤独感を癒し、自分は一人ではないことに気づかせてくれたり、家に帰るといつも迎えてくれたりすることは、動物が大好きになる理由の1つとなります。

これはペットを飼っている人だけに限らず、友達の家に行くといつも元気に犬が迎えてくれるとか、猫が膝に乗ってきてくれるなど、どこかポツンと空いた心の穴を埋めてくれるのが、動物であることは決して珍しいことではありません。

他にも、動物の愛くるしい姿を見ることで感情移入してしまうことから、動物園の特定の動物のファンとなってしまい、毎日のように足を運ぶ人も世の中に入るほどです。

こうした人も同じく、動物を目にすることで孤独感を癒したり、寂しさを癒してくれる存在こそが動物なのでしょう。

動物好きな人にとっては、孤独感や寂しさを埋めてくれる動物が、人生において欠かせないと考える人もいるほど、動物に対する愛情が満ち溢れている人もいます。

 

接触行動による安心感

恋人や親の肌の温もりを感じた時に、ホッとした気分に浸ることができるのは、何も人間だけに限ったことではありません。

動物だって体温がありますし、温かみのある動物に触れることは癒しとなったり、安らぎや安心感を与えてくれる効果があります。

こうした接触行動を繰り返していくうちに、動物に対して情が移り、動物が大好きになったという人もいます。

スピード社会とも言われる現在を生き延びるためには、とてもストレスが溜まり疲れてしまうものですが、この疲れを感じた時に人肌恋しさを感じてしまうのは、多くの人が経験済みなことでしょう。

この人肌寂しい気持ちを癒してくれる存在こそ動物であり、触れることで幸せな気持ちにさせてくれたり、心を鎮めてくれるのはいつも動物であると答える人は、世界中にたくさんいることでしょう。

動物好きな人にとっては、動物は様々なメリットともに、数々の安らぎを与えてくれるのです。

 

動物は裏切らない

動物は人と違って裏切ることもないですし、顔で好き嫌いを決めつけることもありません。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP