義父が嫌い!うざい理由と付き合い方まとめ

「もう我慢の限界だ!」と義父に怒りの限界を感じたり、「会いたくない!存在が鬱陶しい!」と感じるほど義父を嫌いになるなど、義父に対してこうした感情を抱くことは珍しくありません。

実際に義父が原因で離婚する夫婦もいれば、義父が原因で愛する地元を離れることになる人がいるなど、何かと夫婦間の妨げとなる存在こそが義父と言えるでしょう。

もしもあなたが義父に対して「会いたくない」とか「うざい」という感情を抱いているのであれば、どうかこの1ページでうざい気持ちを共感するとともに、付き合い方を考えてみましょう。

義父は読んどけ!これがうざい理由だよ!

酔っ払うとうざい。説教じみてる

昔は男=酒が飲めて当たり前の時代であり、酒が飲めないことは恥ずかしいという風潮さえもあったため、昔の人ほどお酒好きが多く、さらに酔うと説教じみた行動に出る酒癖が悪い人をよく飲み屋でも見かけます。

酒が入ると説教じみた話ばかり進める義父に対して、「長々と話を聞くのが辛い」とか「同じ話ばかりでつまらない」と感じることは当然であり、説教じみたつまらない話ばかり聞かされる側は、被害者そのものです。

さらに義父ということもあり、なかなか反論できないことや、はいはいと良い子を演じていなければならないことも、理不尽な話に長々と付き合わされる原因となりがちです。

世の中説教じみた話が好きな人などいませんし、酒が入った席での言葉は本音である確率も高いため、つい本音が出てしまい、気分を害したという人も多いのではないでしょうか。

ここでははっきりと伝えておきますが、酒が入ると本音が出やすい=酒の席で伝えられた感情は、普段からあなたに抱く本音であると捉えると良いでしょう。

 

高圧的な態度が苦手

高圧的な義父の心理には、「自分の思い通りに動かしたい」「プライド高くて、なめられるのを恐れている」などの本音が隠れており、高圧的に接することで自分が優位な位置に立ちたいと考えることが、最も多い高圧的な義父の心理と考えられます。

男はプライドが高いことに加えて、人の上に立ちたがる性質を持ちますから、上下関係を決めて優越感に浸ることは気持ちがよく、どちらが上かをはっきりと決めたがる傾向にあります。

こうした高圧的な態度が原因で、離婚や辞職に追い込まれるケースは昔から非常に多く、特にモラハラだと訴えることができにくい義父という立場は、逃げることも辞めさせることも簡単にはできません。

このタイプは強そうに見えて実は臆病であったり、自分の意見を主張したい自己中心的な性格であることから、そもそもが嫌われやすい性格であると言えます。

高圧的な態度で自分を大きく見せたり、自信がないことを隠すことは、気が小さくて臆病者ほど見られる小心者にも当てはまります。

 

無神経で冗談も笑えない

そもそも無神経な人が苦手な人が多いことは言うまでもなく、無神経な義父ほど「太った?」とか「老けたね」などの、笑えず周りが凍り付いてしまう冗談を口にしやすいです。

理由としては、無神経な人は自覚がなく、自分は相手の気持ちを理解できていると思い込んでいますから、「自分は笑える冗談を口にできている」と本気で思い込んでいることが、なかなか無神経を改善できない原因となりがちです。

もう1つ、無神経な人は無意識のうちに失言をしてしまうことからも、普段は気をつけていても、何気ないホッとした瞬間などに、無神経で余計な一言を放ってしまうものです。

最近では、不妊治療に関する言葉で傷つけられる夫婦も多く見られ、子供ができない悩みを理解しようともせずに、「早く孫を見せた欲しい」とか「子供できないの?」などの余計な一言が原因で、嫌われてしまうこともしばしば。

人は一度嫌な思いをすれば、そこから良い方向に捉えるのが難しいため、あなた自身も気をつけていきたいものです。

 

口出しが多く、何の役にも立たない

夫婦間のことにいちいち口出しをする義父の心理には、「自分が正しい」と主張したい気持ちや、「思い通りに動かしたい」という気持ちが隠れていて、このタイプは自分の価値観を押し付けるとっても鬱陶しい性格と言えます。

どんなことにおいてもいちいち口出しをする性格は、束縛が激しかったり、モラハラに見られやすい傾向にあり、夫婦間のストレスを溜めてしまう一方です。

さらにこのタイプの厄介な点は、こうした口出しが多い義父に限って、何の役にも立たない当たり前の情報を口にしているだけなことから、ただ口うるさくてストレスが溜まるだけの部分にあります。

口出しが多少多くとも、役に立ったり助かる情報ばかりであれば、聞く側のストレスも大きく変わってくるでしょうが、昔の古い考えを押し付けられたり、誰でも分かる当たり前を口に出されても、ただストレスが溜まるだけなのです。

 

頑固で短気、とにかく面倒だ

キレる老人が続出しており、突然キレる老人もいれば、頑固で短気な老人もいるわけですが、どちらにしても扱うのが面倒でありますし、頑固で男の考えが絶対だという考えは、随分古い考えです。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP