感じ悪い人や店員の特徴〜最悪の共通点20選

利己的な人はもっとタチが悪く、自分の利益のみを追求しようと行動に移すため、詐欺で大金を騙し取って逃げる人や洗脳者など、相手にとって利益となる提案をしないのが、利己的な人の特徴となります。

どんな手を使ってでも自分の利益ばかりに夢中になる人は、感じが悪くて警戒されるべき人間と言っても過言ではありません。

 

内緒話やこそこそ話が好きな人

内緒話やことこそ話が好きな人ほど感じ悪いと思われる理由は、「自分のことを言われてるのではないだろうか…」と不安になったり、「仲間外れにされているかも…」などとネガティブに捉えてしまうことにあります。

確かに、こちらを見た後にコソコソと内緒話を続けられたり、笑い声が聞こえてくると、「何だろう」と気になってしまうものです。

また、自分が近くに来ると急に話をやめたりする行動も、「自分のことだろう」と思ってしまう最悪のパターンとなってしまうので、こうした行動を取る人は他人に嫌な気持ちをさせてしまっているのです。

感じ悪く、他人を敏感にさせてしまう人とも言えます。

 

他人を見下しバカにする人

感じ悪いどころか付き合いたくない、または付き合っていて嫌な気分にさせられるのが、他人を見下しバカにする人であり、このタイプと付き合いを続けてもろくなことがありません。

常に他人を見下すということは、あなた自身も見下されている可能性がありますし、何よりバカにした発言に共感できない時には、どこか嫌な思いをするだけです。

こうした人は、自分に自信がなかったりコンプレックスが強いことから、自分が優位に立つことで安心感を覚えたり、自分の意見を認めさせようと強引な手を使って来ることもあるため、弱者が大好きという特徴が見られます。

理由は、弱者を横につけておくことは、自分が常に優位に立つことができるためです。

 

横柄な態度をとる人

横柄な態度とは、店員に対して強気で攻撃的な態度を続けたり、初対面の人にも平気でタメ口を使うなど、相手を見下したかのような態度をとる人のことにあり、いかにも「自分は偉いんだぞ」と言わんばかりの態度をとる人が当てはまります。

見ていて感じが悪かったり、実際に接した人はもっと感じが悪いと捉えているでしょうし、店員に対して偉そうに接する人を見ていると、美味しいはずのご飯が不味く感じてしまうことも。

自分は関係なくとも、見ているだけで他人を不愉快にさせる人の特徴であり、クレーマー気質であるとも言われています。

 

口が悪かったり、口下手な人

口が悪い人は「ウザい」とか「ヤバい」などの下品な言葉を使ったり、「あいつはバカだ」などと見下す発言をしがちです。

キツイ言葉や荒々しい言葉を使うことは、たとえ根は良い人であっても勘違いされてしまう原因となりますし、一度ついたイメージを復旧させることは簡単なことではありません。

口下手な人も同じく、伝えたいことを遠回しに伝えてしまったり、優しすぎるが故に余計な一言を口にすることで、言葉を受け取る側に勘違いされることが多いです。

口は災いの元とも言いますから、言葉が原因で感じ悪い人になってしまうことも良くあることです。

 

見た目がダメな人

メラビアンの法則で説明可能であり、人は会って3秒〜5秒の間に第一印象が決まってしまう法則のメラビアンは、見た目/仕草/表情などの視覚情報で55%の印象が決まってしまうとされています。

つまり、不潔であったり怖い顔をしている人は、見た目だけで感じが悪いと非常に思われやすく、第一印象が決して良くないのもこのためです。

人は見た目が9割とも言われますので、不潔感漂う人がどれだけ良い人であっても、第一印象では感じ良く思ってくれにくいのが現実です。

 

マナー違反やルールを守らない人

マナー違反をされることで、ついイラっとした気持ちになってしまい、許せないと感じた経験があなたにもあることでしょう。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP