一緒にいて落ち着く人の特徴や魅力15選【完全版】

これにプラスで、非言語コミュニケーションが高い人は、相手にとても良い印象を与える他、相手に嫌われにくい人であることが分かっていて、非言語コミュニケーションとは、「笑顔や頷き」などの仕草のことであり、特に今あげた「笑顔や頷き」の2つは、相手に好意を持たれやすい仕草となります。

いつもニコニコと対応してくれながら、話をきちんと聞いて感情的にならない人は、多くの人が求める優しい人となることでしょう。

 

無意識のうちに仕草や話し方を真似する人

「夫婦になると顔が似てくる」と言いますが、似てくるのは顔だけになく、「仕草まで似てくる」と表現することが正しいです。

人は心通じる相手とは仕草が徐々に似てきて、口癖や趣味なども似てくるものですが、こうした無意識のうちに仕草を真似てしまうことを、「シンクロニー現状」と心理学では呼びます。

これは好意的な人に対して、無意識のうちに同じ仕草をしてしまう潜在心理からくるもので、一緒にいて落ち着く人はあなたにとって好意的であるはずですから、徐々に仕草が似てくるはずです。

試しに一度、あなたが好意的に思う落ち着く人の仕草を思い出し、あなたが同じ仕草をしていないのか、思い出してみましょう。

言葉遣いや足を組む癖など、落ち着く人に徐々に近づいてきているはずです。

 

ソフレ以上の関係が落ち着く

人は触ることによって様々な不安から解き放たれ、安心感を得ることができます。

よくあるのが、不安を感じた時に自分自身の体を触ってしまうことで、これは体を触ることで安心感を得ようとしています。

故に、多くの人が恋人や親友の肌の温もりを感じると、一緒にいて落ち着く心理に陥りやすく、これは直接肌が触れることのできる、ソフレ以上の関係で落ち着きを感じやすいと言えます。

もっとも、本当に心許す人でなければ、ただの寂しさ紛れにソフレ以上の関係を望む人もいるため、全員が当てはまっているとは言い難いですが、心許している人ほど肌の温もりを感じた瞬間に、一緒にいて落ち着く人だなと感じやすい瞬間となるはずです。

 

思いやりがあり、頼れる存在だと思われやすい

思いやりがある人とは、対人感受性が高い人や素直な人が当てはまり、思いやりがある行動とは、「相手にとってベストな対応ができる」ことも、相手を思いやった行動となります。

つまり、相手がそっと優しくして欲しい時には、そっとしておく優しさを持っている人でもあるため、こうした瞬間に多くの人が「この人の側は落ち着く」と思うことになります。

さらに思いやりがある人は、ただ上辺だけの優しいとは違い、自分の考えもしっかりとしていることから、頼りになる存在として心許されやすいのです。

例えば、思いやりがある人は、心の痛みや辛い気持ちに敏感で、その気持ちをそっと共感することができます。

こうした心の痛みが分かるからこそ、「ありのままの自分を見せても、きっと受け入れてくれるだろう」と人は評価し、いつまでも頼れる人として尊敬されやすいです。

 

余裕があって、自分に自信を持ってる人

余裕がある人はどんな時も冷静で感情的にならず、ゆったりと構えて余裕があることから、相談相手選びにはぴったりです。

心に余裕がある人は、ポジティブで暗い話はしませんし、視野が広いことから様々な角度で物事を見れる魅力などども、一緒にいて落ち着くと思われやすいポイントです。

ネガティブな話ばかりの人は気持ちが暗くなりますし、視野が狭い人は本当の共感を得ることが難しいです。

さらに心の余裕が雰囲気や仕草にも出て、一緒にいても無理する必要が一切なく、どこか落ち着ける人こそが、余裕がある自信を持つ人物となります。

 

懐が深く、来るもの拒まずに当てはまる

懐が深い人は、他人を必要以上に攻めることもなく、いつも穏やかで困っている人を見捨てない強さがあります。

さらに来るもの拒まず、来るものの良さを受け入れる懐の深さがあるため、一緒にいて心地よいと感じることは当然のこと、人格者という最高級の褒め言葉が似合う人物でもあります。

このタイプはとにかく尊敬されやすく、小さなことではイライラせずに物事の本質を見分けて行動できるため、頼れる人としても社会で成功を収めます。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP