関わってはいけない人の特徴20選〜これには絶対近づくな!

世の中には絶対に関わるべきではない危険な人物がいて、関わることで「あなたに悲劇をもたらす」最悪の人間が存在します。

これは大げさに言ってるのではなく、関わることで人生を台無しにした人が世の中にはたくさんいて、そうした人はあなたの身近にもいるかもしれません。

まずはっきり言っておきますが、付き合うことでメリットが全く見られない人とは付き合うべきではなく、そうした人は性格に難ありな人が多い傾向にあります。

関わってはいけない人の特徴と具体的に述べることで、「どんな一面を持つ人が危険なのか?」という事実を知ることができます。

関わってはいけない人の特徴と具体例

他人を貶める批判/悪口人間

世の中には他人を貶めることで、自分の有能さをアピールしたり、人の悪口を言うことで相手を攻撃する人がいますが、こうした人は関わってはいけない人に当てはまり、あなたも被害者となる確率が高いです。

特徴とポイントとしては、集団で悪口を言ったり共感するだけの人とは違い、他人が失敗や少しのミスを犯すことで、待ってましたとばかりに攻撃的な態度に出る人であり、このタイプは普段から欲求が溜まっていることから、あなたのミスを許すことができません。

さらに、自分が有能であることをアピールしたり、優越感に浸りたい気持ちが強いために、あなたをターゲットとした時には、揚げ足をとる形であなたを貶めることでしょう。

こうした人は、日頃から自分が有能であることに浸りたい厄介人物であり、情緒不安定な抑うつ状態が見られやすく、攻撃的になることで相手に敵意を抱かれやすい人なので、距離感をとっておくことが攻撃のターゲットから逃れ、自分自身を守る選択となるはずです。

 

動物や子供を虐待する人

動物や子供を虐待する人は、虐待して殺してしまうことがあるだけでもヤバいことが分かりますが、虐待を平気で繰り返す人にはシリアルキラーである特徴が見られ、大量殺人を犯す人の可能性が高まります。

殺害事件を起こす人は、事前に動物などで殺し方を学んで実行することが多く、暴力的な行為を経験したことがある割合が非常に高いことが分かっています。

また、虐待を受けて大人になった人も同じくシリアルキラーになりやすいために、こちらも攻撃的で道を外れた人の場合は、近づかない方がいいのかもしれません。

虐待を繰り返す人は、やがて行動がエスカレートして人を殺してしまいかねないので、そうした過去を持つ人は関わってはいけない人物と覚えておきましょう。

 

ご都合主義人間

ご都合主義とは、「発言に一貫性がなく、その場その場で意見や態度を変えてしまう」人のことです。

このタイプは自分に甘くて他人に厳しい性格が特徴的で、自分が成功を収めると自分を褒める一方で、失敗すると他人のせいにしてしまう最低人間であり、仕事などのミスをあなたの責任だと言い放すタイプは、まさにご都合主義人間です。

他にも関わってはいけない理由が存在して、こうした人は失敗を受け入れない人でありますから、どれだけ自分に非があろうとも、その非を認めようとはしないのです。

つまり、なんでも自分を正当化しようとする自信家で、有能であると思い込んでいる自分が失敗することはあり得ないと思えても、あなたなら失敗しても仕方がないと内心見下しているような、クズ人間であるとも考えられるのです。

 

変態/覗きや窃盗/痴漢魔

性的な事件を起こす人がいますが、こうした人も関わってはいけない人物であることは間違いなく、特に異性として知り合いがいる人は、警戒心をかなり強める必要があると警戒しておきます。

具体的なことを言えば、覗き行為や下着の窃盗、痴漢魔は興奮する行為がこれらに当てはまり、性的倒錯者であるために、興奮を覚えることを目的に犯行に及んでいるわけです。

先ほどの虐待でもお伝えしたように、それでは満足できなくなった性的倒錯者は、どんどんと行動がエスカレートしていき、やがて相手を襲うような最低の行為に及んでしまいます。

もしあなたの近くに、こうした噂や過去がある人物がいる場合は、安心できない人として認識するのがベストです。

 

面倒を押し付ける人

学校や職場でも、自分が嫌なことになれば、媚びるように近づき面倒を押し付けてくる人がいますが、こうした人も関わるべきではなく、自分にとって都合のいいようにしか解釈ができないこのタイプは、あなたの気持ちなど全く考えようともしません。

そもそも面倒を平気で押し付けてくる人は、あなたの気持ちが分からないからこそ、平気な顔をして面倒を押し付けてくるわけです。

いわば、無神経で相手の立場に立って物事を考えれない人であり、面倒を押し付けている事実にさえ気づけないことも、十分に考えれる性格がこちらとなります。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP