繊細な人の特徴9つ

そこまでどうしてこだわるのか、傷つくのか、ちょっと分からない…というような、繊細な人が世の中にはいます。

繊細な人は非常にデリケートで、何らかの言葉によって深く傷ついたり、少しのことで大げさに喜んだりします。

そのために料理人には欠かせない繊細な味が出せたり、きめ細かな演出をすることが得意です。

今回の記事では、そんな繊細な人の特徴をチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

心で感じ取れる人

繊細な人は、物事を心で感じ取る力を持っています。

家族のことや友人のことを自分のことのように思い、感じることで深く受け止めることができるのです。

さらに細かいことによく気が付くので、周りに起こっていることを瞬時に察することができます。

繊細な人は他人にも優しく、自分より他人を優先する人が多いのが特徴的です。

 

優しく思いやりがある

地味で控えめ、と言ってしまえばそれまでなのですが、繊細な人は優しく思いやりがあります。

思慮深く、物静かなので他人からよく性格が分からないと言われることも多いようですね。

ただ、自分にとって大切な人には忠実で、真面目に責任を果たしてくれますから、繊細な人を旦那さんにもらった人は、尽くしてくれることでしょう。

 

気を遣いすぎる

心で感じ取れたり、優しく思いやりがある一方で、気を遣いすぎるという短所も存在します。

繊細な人は気を遣いすぎるので、非常に気疲れしてしまうというのが特徴の1つです。

またその気遣いが相手にも伝染した時には、お互いに気疲れしてしまうので、繊細な人との初対面の場では、非常に疲れてしまうこともしばしば。

気を遣いすぎることは悪ということも、知らなければいけません。

 

大勢の人と付き合うことができる

また繊細な人は辛抱強いところもありますし、他人の気持ちを察することもできますから、多くの人と仲良しになることができます。

ただ本人としては多くの人より、少数の人で親密な関係を作りたいと望んでいることが多いも事実。

大勢の人との付き合いが、重みになっていることも少なくありません。

 

優柔不断でショックは大きい

繊細な人は、まず何をするにもありとあらゆる可能性を考えてから行動するので、優柔不断だと思われることも多いようです。

決断するまでに時間がかかり、居酒屋のメニュー1つにもじっくり時間をかけて考えてしまう、若干迷惑なお客です。

しかし熟考した結果、間違っていたらそのショックは大きく、あとに引きます。

他の人なら笑い飛ばせる失敗ごとも、繊細な人にしてみれば、大きな問題となってしまいます。

笑われると余計にショックに思いますから、繊細な人のショックを受け止める際には支えてあげるような状態でいることが大切です。

 

細かい部分にまでこだわる

これぞ繊細と言われる作品を完成させることができる繊細な人ですが、どんなことにも細かなこだわりを追究するので、めんどくさい人だと思われてしまう傾向にあります。

特にせっかちやめんどくさがり屋との相性はあまりよくなく、お互いに気持ちを理解し合えません。

一方で仕事を頼まれると、しっかりと細かい部分までこだわり完成させるので、依頼人からは非常に感謝される一方で、利用されやすいというデメリットも存在します。

 

言いたいことが言えない

繊細な人は言いたいことがなかなか言えず、心の中に溜め込んでしまうことが多いのが特徴的です。

ですからストレスをため込んでしまい、精神的な病にかかってしまう可能性が高いです。

自己主張が控えめな分目立つことは少ないですが、稀に言いたいことをはっきりと言う時があり、それは心の疲れが限界まで来た時なのです。

 

マイナス思考に考えてしまう

繊細な人はどうしてもマイナス思考に考えてしまうことが多く、常に不安と向き合っているともいえます。

繊細なだけに、余計なことをたくさん考えてしまって、一人で疲れてしまうというパターンです。

もちろんこの気持ちを外に出すことは無いので、ストレスとなってしまいますし、人に話したところで共感してくれる人が少ないのが現状です。

ですから結果的に、一人ぼっちという勘違いを起こしてしまうことも、稀にあります。

 

生きづらいと感じている

繊細すぎる性格が原因で生きづらいと感じている人は多く、それは気を遣いすぎていることが原因の1つに挙げられます。

心で感じ取れ、敏感な反面、どうしても気を遣いすぎるという短所がついてくるのです。

ですから非常に生きづらいと感じてしまい、生きることに疲れてしまうという特徴的な一面が見られることも。

そうならないためにも、しっかりと社会にもまれて免疫力をつける必要があるでしょう。

 

傷つきやすい自分を受け入れてあげよう

このように繊細な人には繊細な人の特徴があります。

繊細な人の最大の短所と言えば、傷つきやすいことですから、そんな自分を惨めに思うのではなく、愛してあげましょう。

さらに豆知識ですが、繊細な人をパートナーとして選ぶのであれば、男性の場合、女性がしっかりしなければなりませんし、女性の場合、男性がしっかりリーダーシップを取っていくと、円満に長続きすると言われています。

しっかりと自分に自信を持ち、繊細な性格の長所を伸ばしていけば、社会に出ても輝かしい成績を残せるはずです。

また、「神経質な人の特徴8つ」もセットで読んでみましょう。

繊細な人ほど神経質になりがちであり、多くの特徴に共感できるかと思います。

スポンサードリンク

コメント

    • 繊細な俺。
    • 2017年 6月 11日

    ありがとうございます。まずそれが言いたい。
    この文の9割一致してるので、私は繊細なんだと、改めて実感した次第です。
    ただ私はストレスを溜めないで、吐き出すので余計厄介な性格ですかもしれません笑

    いやぁ、どこの誰だか知りませんが、
    なんかありがとうございます。

    • HSP
    • 2017年 8月 22日

    この文を見てほとんど一致いていました。
    自分の性格がわかり少し気が楽になりました。
    ありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP