【世の中顔が全て】それらを証明する16の現実

「世の中は顔が全てだ!」と訴える人の多くは、自分が顔で損したと感じた経験を持ち、イケメンや美人ほど得することが多い現実を目の当たりにしています。

記事始めにはっきりと断言しますが、「世の中は顔が全てと言えるほど、とても重要なポイント」となることは間違いなく、顔がよければ様々な分野で大きな得をし、人生有利に進めることは間違いありません。

この1ページでは顔が非常に重要な理由を、科学的根拠や心理学の知識を使って証明し、残酷すぎる顔の違いで起こる対応の大きな差を暴露していきます。

世の中顔が全てな理由と科学的証拠

人は優秀な遺伝子を求める

人は優秀な遺伝子を求めており、イケメンや美人との子孫を残すことで、誰もが「子供の顔が整いやすい」と思うことは当然のこと、実際にブサイク同士の間から生まれる子供よりも、イケメン美人から生まれる子供の方が、目が大きかったり鼻が高い確率は高いわけです。

これは心理学でも説明可能であり、女性がイケメンを選ぶ理由や男性が美人を選ぶ理由は、より優秀は遺伝子を残したいという人の本能が残っていて、顔が整っていれば社会的に有利になることが多いことを理解している人は、自ずと顔が整っている人を選んでしまいます。

悲しい現実でもあり、過去にテレビでブサイクと自称する女性が結婚しない理由について、「ブサイクな遺伝子を残したくない」と発言したことがありましたが、これも子供に自分のブサイクな遺伝子を残したくない、と発言しているようなものです。

実際にイケメンや美人は相手を選ぶこともできますし、相手に選ばれる確率も高く、理想が高いと言われる人には「イケメン、美人」という条件がつきものです。

また、昔から権力者である人ほど多くの女性との子孫を残したり、または自ら子孫を残したいと願う人までいたことからも、大昔から人は優秀な遺伝子を求めていて、優秀であるかどうかの判断基準1つが、顔であることは間違いのない事実です。

 

健康である証拠は顔で判断

イケメンや美人であることは、実は健康の証とも考えられ、こちらも心理学の知識にて説明可能です。

健康と世の中顔が全てが、どう関係するのかを先に説明しておくと、人が優秀な遺伝子かどうかを決める基準の1つが健康かどうかであり、体が弱い人はストレスや病気に弱いと判断されることから、優秀な遺伝子ではないと判断されてしまうのです。

イケメンや美人の場合、様々なパーツが整っていることが条件となりますが、これらのパーツが整っている人は、目が大きかったり鼻が高い、高身長で足が長いなどの特徴が見られ、左右のバランスが取れた顔立ちであることも、顔が整っている人の条件です。

こうした左右のバランスが取れた顔立ちな人は、シンメトリーに限りなく近い顔立ちで、シンメトリーは顔のバランスや左右対称であることを意味します。

過去の様々な実験によって、よりシンメトリーな顔立ちである異性ほど人は魅力的に感じやすいことが分かっており、世の中顔が全てであることを証明した実験結果とも言えます。

理由としては、人は劣化していくごとに左右のバランスが崩れていき、しわくちゃな顔となっていくことや、体が弱い人はひ弱で肌色が悪いなどの一方で、シンメトリーな顔立ちな人ほど免疫力が強く、強い遺伝子であると本能的に捉えることで、多くの人が顔で恋人選びをする理由にも繋がるのです。

 

好印象なのはイケメンや美人

顔のレベルが高いと評価される人は、目が大きい人が多いですが、これもアメリカの心理学者ヘスによって謎が証明されており、目が大きい人は好印象な印象を与えやすく、様々な良い評価を得やすいです。

これを証明するように、女性はメイクの際に目に力を入れて、どれだけ目が大きく見せれるかを日々研究したり、男性でもアイプチやカラコンなどで目を大きく見せようとする人も多く、とにかく目に力を入れることが、自分をより魅力的に見せるポイントなのです。

目が大きいと好印象に見える理由は、「表情が明るく見える」「目で感情を伝えることができる」「赤ちゃんの表情と異なる」など、目が大きいだけで得られるメリットはかなり大きいものとなります。

基本的に目が大きい人は顔の評価が高く、少し話しただけでも「絶対いい人だ!」と思われたり、「優しくて器の広そうな人だ」などと高評価を得やすいのは、目が大きいことによる好印象なイメージが大きく関係しています。

また、次に紹介する刑が軽くなる理由を読むと、顔一つでとんでもない違いが発生する現実を知ることでしょう。

 

顔一つで刑が軽くなる

とても興味深い実験結果が報告されており、アメリカの心理学者が行った外見と罪による実験では、学生に対して犯罪事件を犯した女性の記事を読ませて、様々な犯罪者の顔を見ながら、自分が適切だと思った懲役期間を回答してもらいました。

すると、美人や可愛い女性の方が懲役期間を短くする傾向が見られ、ブサイクだと思われる女性と比べると、大きな違いが見られることが明確になったのです。

この実験で明らかとなった1つの事実は、顔がいいほど罪に対する刑罰も軽くなり、美人であればあるほど犯罪をも許してもらえる確率が高いということです。

これは女性だけに限らず、男性であっても同じことが言え、外見がいいほど悪いことをしてもカッとなったり、怒りが冷めてしまいやすいのは、おそらくあなたも同じことです。

例えば、あなたがイライラした時に、美人が悪ふざけで驚かすのと、ブサイクが悪ふざけで脅かすのでは、どちらが怒りをぶちまけやすいのか?を考えると、多くの男性がブサイクである方だと答えることは想定内の答えであるはずです。

※「憎めない人の特徴10選〜具体的な性格とは?」←こちらで憎い人との違いも知れます。

 

能力や実力も高く見られる

刑が軽くなるだけでなく、能力や実力も高く見られるのは顔がいい人であり、これが実験でも証明されているとすれば、世の中顔が全てだと絶望感を感じる人もいることでしょう。

こちらもアメリカの心理学者の実験で明らかとなり、学生に対してたくさんのレポートを評価してもらう時に、一枚一枚顔つき写真が貼ってあるレポートを用意し、それを学生らに評価してもらいました。

すると美人であればあるほどレポートの評価も高くなり、逆にブサイクであればあるほどレポートの評価は高くなりにくいことが明らかとなり、顔がいいことは実力以上に能力を高く見られたり、様々な分野で高く評価されやすいことが分かったのです。

つまり、就職活動であっても顔レベルが高い人の方が能力を高く見られやすく、採用されやすいとも言えますし、仕事ができる人だと思われやすいのも、顔レベルが高い人であることにも繋がります。

社長の秘書などを例にすると、秘書=美人というイメージが強いかと思いますが、これも美人であるため実力を高く買われ、秘書という昇級に繋がるとも考えられるほどです。

 

お洒落でも顔には勝てない

いくらブサイクがお洒落をしようとも、それと全く同じファッションをされると勝ち目がありませんし、ブサイクがお洒落をしたところで、結局注目となるのは顔の評価が高い人であり、こうした人はダサい服を着ても良く見えてしまうために、ファッション面でも得することが多いです。

そもそも雑誌等ですごくカッコよく見えるファッションは、顔が整っているからこそ着こなせるとも言えますし、ブサイクが着ると全く違う雰囲気を作り、「なんか違うなぁ」とガッカリすることは、ファッションあるあるです。

これらは以下の画像を見ると一目瞭然で、驚くほどの違いが確認できます。

他にも、ブサイクがどれだけ高い服を着たところで安っぽく見られたり、イケメンが安い服を着ると高く見られたり、凄く評価が高くなったりすることも、現実世界ではよくある話です。

これも世の中顔が全てであることを証明しており、イケメンや美人はそれほどファッションにこだわらなくとも、高い評価を得ることができるのです。

 

人はイケメン/美人を横につけたい

昔からそうですが、成功者ほど横に美人をつけたがったり、秘書に美人を選ぶ、またはイケメンと食事することを選ぶ光景をイメージできるのは、実際に人はイケメンや美人を横につけたい気持ちが強く、これは特に男性ほど強く見られるある心理が関係します。

男性は競争心が強く負けず嫌いな性質を持つため、美人を横につけることで周りよりも自分が有能であることを証明したり、優位に立つことで優越感に浸りたい気持ちが強いので、とにかく異性に対しては外見重視で異性を横につける人を選びがちです。

これは女性も同じく、イケメンばかりを横につけておけば、周りから「羨ましい」とか「凄い」と注目の的となるために、イケメンをたくさん横につけれることは、自分のステータスともなります。

こうした効果をハロー効果と呼び、実験結果によると魅力的な人を横につけておく方が、自分の評価が上がることだけに終わらず、自分自身も魅力的で価値が上がったかのように感じれるのも、世の中顔が重要である理由となります。

見栄っ張りほど外見重視でデート相手を選んだり、時としてドヤ顔で美人を横につけて歩く人を見かけますが、こうした人は目立つことと美人によるハロー効果を得ることにより、自分の存在を存分にアピールしている人と言えるでしょう。

 

自信を持ちやすいのは要因は顔

イケメンや美人だからこそ自信を持てるのは当然のように思えがちですが、上記で紹介したハロー効果は年齢を重ねるごとに強くなる傾向があり、それだけ自分の能力を証明できるチャンスも多くなるため、どんどんと場数を踏むことで自信に繋がりやすいのも、顔が与える大きなメリットです。

そもそもハロー効果により仕事の評価が上がりやすかったり、能力を高く見てもらいやすい顔レベルが高い人は、期待の新人社員として一目置かれたり、待遇が良い会社に就職できることも。

こうしたメリットが重なることにより、歳を取っても「デキるやつだ」と思われやすいイケメンや美人は、出世したい気持ちが強い人にとっては何とも羨ましい、嫉妬するほどの効果を発揮するのです。

これはもちろん私生活が潤ったり、より評価の高い異性の目につきやすいことになるため、天は二物を与えないとは嘘であるとの捉え方もできます。

さらに豆知識となりますが、小学生の頃からハロー効果により成績に良い影響を及ぼす顔レベルが高い人は、成績が良くなることも就職に有利に働くため、小さな頃から得することがたくさんあることは間違いありません。

※「ぞんざいに扱う人の特徴や扱われる原因20選」←こちらで自信を持てず、雑に扱われる人の特徴も知れます。

 

年収も高くなりやすい

年収が高くなりやすいのは上記の説明でも納得できそうですが、これはコーネル大学が調査した研究結果によっても、やはり見た目が良い人の方がおよそ10%〜15%も年収が高かったことを発表し、話題を呼びました。

これらはまさに見た目による贔屓がある可能性を想像させ、世の中顔が全てであることは、恋愛だけに限らず金銭面においても大きなメリットをもたらし、得する人生を歩めることを証明しています。

また、人は相手がイメージする人物像を演じようとする心理が働くため、ハロー効果により有能だと思われやすい顔レベルが高い人は、本当に有能である自分を演じることからも、どんどんと出世しやすくなるとも言われています。

例えば、あの人は有能だからもっと実績を残すだろうと周りに期待されると、その期待に応えようと全力で取り組むことで、より結果を出しやすい環境となってしまうのも、年収が高くなりやすい理由と考えられます。

ちなみにこの傾向は、美人であればあるほど高く見られるとの報告が多く、数々の研究結果で証明されています。

 

成功者や地位が高い人に選ばれやすい

上記に続き、顔レベルが高いことは成功者や社会的地位が高い人との結婚に結びつきやすく、こうした人たちは美人やイケメンを横につけたいわけですから、出会うチャンスもたくさんあると考えられます。

芸能人を参考にすれば一目瞭然で、成功者と呼ばれる人たちは高確率と言ってもいいほど容姿が整っていたり、一般人美女やイケメンと表現され、玉の輿に乗ることができやすいのは、断然顔レベルが高い人なのです。

世の中顔が全てと言いますが、ブサイクであればこうした成功者に相手にしてもらえるかも分からず、もっと言えば一般人の平凡な年収な人にすら相手にしたもらえるか分からないのが、今の残酷な世の中です。

また、優秀な遺伝子でも述べたように、子供に容姿が遺伝することからも、玉の輿に乗れるのは美人やイケメンであると言えます。

 

性格よければいいは全くの嘘

「性格良ければそれでよし」というセリフは全くの嘘で、人は誰でも見た目で相手を判断し、イケメンや美人が特別扱いされやすいのに対して、ブサイクはいつも蚊帳の外であるかのように、注目されません。

人はまず外見で好みかどうか?を判断するものですし、そこで絶対にないと判断されてしまうと、性格を見てもらえるほど仲良くなれなかったり、そもそも嫌悪感を抱かれてしまうことにも繋がりかねません。

特に女性は感情的に物事を捉えやすく、デブで不潔な男性に対して「生理的に無理!」などと思いやすく、一度そう思われてしまうと良い部分を見ることができない心理が働くことで、悪い部分ばかりが見えてしまうようになります。

するとブサイクは顔も中身もない人だと判断されかねず、少しのミスですら厳しくチェックされてしまうのは、悪い部分ばかりが見えている証拠です。

これは、世の中顔が全てだとも言えますし、世の中性格は二の次だと分かる現実的な話で、人は魅力的な好みのタイプが現れると良い部分ばかりが見え、何もかもが完璧に見えてしまう盲目状態に陥ることにより、非常に高い評価をされやすいことも、顔が与える相手への影響となります。

恋は盲目と言いますが、顔が良ければ一目惚れもされやすいので、顔も性格も全てが完璧に見られやすいのです。

※嫌悪感を抱かれやすい人は、「近寄りがたいオーラとは?共通する10の特徴を紹介。」にて、自分の悪い一面を確認しておきましょう。

 

性格悪くともチヤホヤ/どうにかなる

上記に続き、性格悪くとも周りにチヤホヤされたり、そもそも顔が良ければ性格を気にしないと思われることは、誰もが思う羨ましい一面ですし、どれだけ性格が悪くとも許されてしまいがちな雰囲気となるのも、イケメンや美人である特権です。

世の中顔が全てと思い始めるきっかけがこれである人も多く、第一印象で圧倒的に有利な顔がいい人はチヤホヤされ、性格が悪いことがバレても次から次へと異性が現れるので、積極的になれば異性に困ることもありません。

これはモテない人が世の中不幸だと感じたり、自分に自信をなくしてしまう原因ともなりがちで、いくらモテない人がニコニコと優しい接し方をしても、結局は顔で選ぶ人が世の中溢れていることは紛れもない事実なのです。

他にも、イケメンや美人であれば浮気をしても「そりゃあモテるからなぁ」と許されがちですが、ブサイクが浮気をしようものなら、「その顔で身の程をわきまえろ!」と批判され、許されないことも私生活で目にする光景です。

性格が悪いことを指摘すれば、あなたが性格が悪いと思われる世の中ですから、顔がいいことは大正義であると言っても過言でないほど、世の中顔が全てなのです。

 

収入や地位関係なく顔があればいい

顔レベルが高いほど玉の輿に乗りやすいと伝えましたが、逆に顔さえあれば収入や地位がそれほどなくとも選ばれやすく、または特別扱いされやすいのも、世の中顔が全てである理由となります。

特に今の時代は、三高と呼ばれる時代から大きく変わり、価値観や優しさを重視する時代となっていますから、異性に対して収入や社会的地位よりも価値観を優先する結果、より世の中顔が全てに当てはまりやすくなっています。

雑誌やネット情報によれば、恋人に求める条件の上位は常に優しさがランクインしていますが、これはあくまで上辺だけの話にあり、イケメンや美人で優しい人の方が付き合いたい人も多いですし、そう願う人もたくさんいます。

逆にブサイクの場合は、ある程度の収入や社会的地位がなければ、振り向いてすらもらえない人や、それでも顔レベルが高い人に負けてしまう人もいるなど、やはり顔レベルが高いことに越したことはありません。

特に、収入や社会的地位を気にしない思春期〜20代前半くらいまでは、顔を重要視する割合が非常に高い年齢層であるので、苦労せず様々な異性を落とせるなど、大人になるまでに多くのメリットを生かすことができやすいです。

 

ミスが許されバカにされにくい

職場や学校でも、美人がミスすれば異性がニコニコと笑って許したり、イケメンがミスすれば”いいよ”と優しい言葉をかけてもらえますが、全く同じタイミングでブサイクがミスしたとすれば、それは厳しい意見が飛び交うことでしょう。

「使えないなぁ」とか「何してるんだよ!」など、ブサイクがミスすることは足手まといだと思われ、ブサイクは周りに迷惑をかけるな!と思われることも、決して珍しいことではありません。

それだけに止まらず、顔がいい人はミスした後に補助してもらえる確率も高く、仕事を手伝ってもらえたり、分からない部分を優しく教えてくれたりと、何かと対処が違ってくることも多いです。

これは印象操作による取り入れが行われており、人は好意的な相手ほど好印象を持ってもらえる行動をすることで、自分のイメージアップを図り、評価を上げようとします。

顔がいい人ほど好意的に思われやすく、好きになってもらえやすいわけですから、特に異性が取り入れによって優しく対応しやすく、世の中顔で異性の対応が大きく変わる理由の1つともなります。

 

嫌がることを進んでしてもらえる

人が嫌がることさえも進んでしてもらえるのも、イケメンや美人の特権で、基本的に嫌なことを進んでするのはブサイクであり、嫌なことを進んでしてもらえるのは顔がいい人であることは、恋愛であっても同じです。

ブサイクで自分に自信がない人は、相手から好かれるために嫌なことを進んですることで評価を上げたり、自分が嫌われないための防衛策としますが、そんなことを気にする必要もないのが、顔がいい人です。

むしろ性格が悪い場合は、遠回しに嫌なことを他人に押し付けて、自分の評価を上げようとする人がいたり、他人の功績を横取りしようとする人までいるので、こうした人は他人を利用する悪魔として、多くの人が騙されることでしょう。

逆にブサイクな性格が悪い場合は、こんなことをすればフクロ叩きにあったり、それが嘘でも信じられやすいのが、顔の違いで分かれる大きな対応の差です。

これは何も大げさに言ってるのではなく、現実世界で比較的よく目にする顔の差で起こる対応の違いでありますから、世の中顔が全てだなと実感させられる現実的な差なのです。

 

偉そうであるか/褒められるかの違い

イケメンや美人が少しカッコつけて話をした場合、周りは「凄いなぁ。君なら実現できそう!」とか、「頑張ってね!絶対将来良い旦那(嫁になる)」など、比較的ポジティブな対応をされがちですが、ブサイクとなれば対応が全く違ってきます。

ブサイクが同じセリフを言えば、「はぁ?何偉そうに夢語ってるの?」とか、「お前何様のつもりだよ!」などと、否定的な意見も多くなり、見下されていることがよく分かる対応の違いとなります。

こちらもとっても悲しい現実ですし、世の中顔が全てと言わざるおえない対応の違いですが、顔がいい人はナルシストであっても許される傾向があるのに対して、ブサイクがナルシストなのは許されない傾向があるのも、同じく世の中顔が全てであると感じる瞬間です。

他にも、飲食店の店員が全く違う対応を見せることや、ゲームをすればオタクっぽと評価されるか否かの違いであったりなど、顔一つで捉え方が180度変わってしまうことは、ブサイクであるとの意識が強い人ほど共感できることではないでしょうか。

もう一度言いますが、顔レベルが高いことは大正義なのです。

 

【まとめ】デメリット以前にメリットが凄すぎる

いかがだったでしょうか。

上記で伝えた16の事実全てを知れば、顔の評判が高ければ高いほど人生得することが多いことが分かり、人は生まれながらにして必ず平等でない現実も、はっきりと理解できたはずです。

よく雑誌やネットでも、「イケメンや美人であることのデメリット!」なんてことを紹介する記事がありますが、はっきり言って、メリットが凄すぎてデメリットなど気にする必要もないくらいに、人生得することが多いと言えます。

世の中顔が全てかどうか?と聞かれると、顔で評価されないこともたくさんありますが、こうした事実を比喩するとすれば、世の中顔が全てが最もしっくりくる言葉かもしれません。

本当にブサイクで人生悩みだらけの人が、整形することで人生楽しめるようになるという話も、あながち嘘ではないと思えるほど、顔は人生において重要なポイントを占めます。

また、「一緒にいて落ち着く人の特徴や魅力15選【完全版】」もセットで読むことで、顔以外で勝負できる人の特徴や魅力を知れ、どういう人が求められているのか?を知ることができます。

世の中顔が全てでないとすれば、包容力などを身につけることで、自分の評価や魅力をワンランクアップさせ、必要とされる中身をつけることが重要です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP