神経質な人の特徴8つ

神経質という言葉を聞くと、何故だか細かなことにチェックを入れたり、付き合っていると1日に何度も確認のメールを送ってきたりと、色々と想像することは多いですが、神経質=めんどくさいというレッテルを張るのは良くありません。

また神経質な人ほど自分が神経質だと気づいていない人も多く、頑固な人ほど自分を神経質だとは認めない傾向にあります。

今回はそんな神経質な人の特徴8つをチェックしたいと思います。

スポンサードリンク

神経質な人ほど責任感が強い

神経質な人ほど責任感が非常に強い傾向にあり、そのために周囲を神経質な目で見てしまうのです。

不都合や不具合があるのは自分のせいではないか?と非常に気にしやすいタイプなんですね。

責任を取るのが嫌なわけではなくて、責任を感じているというあたりは立派な人格だと言えるでしょう。

 

マイルールを押し付けがちである

神経質過ぎるが故に、他人が気にしないようなことに対しても無性に気になってしまい、結果的にそれを注意してしまうパターンが良くあります。

もちろん注意された側としては気持ちが理解できませんし、人によってはこれがきっかけで嫌いになる人もいるでしょう。

マイルールを押し付けるというのは、嫌われやすい人の特徴ともいえます。

特にマイルールを押し付ける親ほど子供から嫌われやすく、理不尽な事でキレられることが多いと言います。

 

真面目で完璧主義

間違っていたり、問題がある場合、神経質な人はきちんと反省し、その後の経験に活かすことができます。

しかし神経質な人の特徴として、真面目なのは良いのですが、とても完璧主義なんですね。

そのため非常に精神的に疲労しています。

完璧主義を貫こうとして頑張りすぎて、精神が疲労してしまうのです。

また自分流の完璧主義が理解されなかった場合や、間違っていた場合のショックは大きく、神経質な人は大きなショックで精神的に病んでしまうこともあるのです。

女性の場合、育児で鬱になりやすいのはこのようなタイプの人です。

 

他人の評価を気にしている

神経質な人ほど他人の評価に敏感で、またそれをネガティブに考えてしまう一面があります。

何気ない一言が原因で、自分は嫌われているんだと思い込んでしまい、結果的に人間関係がうなくいかないこともあります。

神経質とは物事に対してだけでなく、人間関係に対してもかなり敏感であり、何気ない一言で人間関係がダメになってしまうことも多いのです。

 

心配性である

神経質な人は心配性という特徴も持っています。

家族のことでも妹や弟がいれば、いつもいじめにあっていないかとか、嫌がらせされていないかなど、細かい部分もしっかりと気にかけてくれます。

しかし、心配しすぎて多少そわそわする傾向があり、落ち着きの無い人と思われることも多いようですね。

心配するだけしても無駄だと分かっていても、それがやめられないのが神経質な人なんです。

 

叱られることが怖い

子供は小学校などに通っていて、叱られていくうちに慣れてきて、受け流しが上手くなっていきますが、どうしてもそれが許せないタイプの子もいるでしょう。

それが神経質な人の特徴として現れています。

社会に出て、問題や叱られたことを軽く受け流すことができなかった経験しか持たない人が、上司などに怒られるとショックを受けますし、そうならないために努力をします。

また叱られることを恐れており、そうなった自分を怖く思っています。

このように神経質な人は上司とうまく付き合うことができなくなってしまいます。

二人きりで飲みに行くということはまずありえませんし、仕事上の付き合いでもまず相手と打ち解けることはないでしょう。

仕事での報連相でも最低限のことしか行われない可能性があります。

 

冗談が通じにくい

真面目で正義感が強い人が多い=冗談が通じにくい人であるといえます。

冗談が通じにくいということは、プライドが高い人ともいえそうです。

また冗談なんのか本気なのか?という区別ができない人も多く、冗談で言ったつもりの一言を一生根に持つ人もいますので、神経質な人との付き合いに冗談は禁句です。

お互いにどういった人間なのかをしっかりと分かり合えた関係になるまで、冗談は極力控えておいた方がいいでしょう。

 

悩み事が尽きない

責任感が強かったり、心配性、怒られるのが怖い、ということは当然それだけ悩み事が多くなるということです。

人によっては小さなことでクヨクヨしてしまったり、投げやりな気持ちになり、揉め事を起こしてしまう人もいます。

また悩み事が尽きないということは、鬱病になりやすい人の特徴でもあります。

神経質な人ほど鬱病な人が多く、こういった人の多くはマイナス思考な人が多いと言われています。

 

デメリットもしっかりと自覚しておこう

神経質な人のデメリットといえば、やはりなんでも真面目に考えてしまうこと、そして完璧主義であることです。

恋愛においてはこのような性格の人は重い人と思われがちですし、楽観主義者からすればめんどくさい人間だと思われる可能性が非常に高くなるでしょう。

そういった点から見ると、神経質な人は若干損をしているようにも見えます。

もちろんメリットも存在するので一概には言えませんが、あまり完璧主義に執着しすぎずに、多少は心に余裕を持った生き方をしてもよいのではないでしょうか?

また、「無神経な人の特徴8つ」もセットで読んでみましょう。

神経質な人と無神経な人というは相性が最悪であり、お互いが理解し合えない関係に陥ることが多いです。

しかしそんな無神経な人の特徴を知り、少しは無神経な人の気持ちも理解してあげれるような自分になってみませんか?

スポンサードリンク

コメント

    • 堤美智子
    • 2017年 1月 19日

    すぐキレる上司が私の傍にいるのがとても辛いキツいんです。
    ドラウマが消える事もありません。

    • 堤美智子
    • 2017年 4月 01日

    坂上さんに口を聞くのは怖くて怖くて話さなくなって黙るようになっています。
    どうしたらいいのか分からないんです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP