不器用な人の特徴8つ

あなたは不器用でしょうか、それとも逆でしょうか?

恋愛に関しても、人間関係に関しても、不器用かどうかというだけで結果が大きく変わることがあります。

器用な人なら友達はたくさんできますが、不器用だとあまり友達ができにくい、または理解されにくいという特徴が存在します。

しかし不器用な人は不器用なりに努力もしていますし、悩みを隠さずに明るく接しようと頑張っている人も多くいるでしょう。

今回はそんな不器用な人の特徴をチェックしてみましょう。

何事も考えすぎる

不器用な人は特徴として考えすぎるという傾向があります。

一人で何かをしようという場合は、自分だけで思案して行動に移せるので簡単なのですが、誰かと一緒の共同作業になると、決定するまでの時間がかかりすぎて相手に迷惑をかけてしまいます。

だからこそ一人でコツコツとできる作業を好む傾向にあり、逆に複雑な作業は頭がパニックになってしまう人が多いようです。

不器用な人は考えすぎるのもほどほどにしましょう。

 

感情を表に出すのが苦手

感情を表に出すのが苦手なため、家族に褒められたりする事が苦手だったりもします。

ツンデレになりやすいという傾向にありますが、一方で人間関係では苦戦を強いられることも。

感情を表に出すのが苦手ということは、相手に勘違いされやすい人でもあるので、楽しい時くらいは笑顔を見せたいものです。

また感謝の気持ちを伝えることが苦手ということもあり、理解者が近くにいてくれると非常に人間関係が上手くいきやすいという特徴も存在します。

 

無口な人が多い

不器用な人の特徴として、無口であることが多いです。

不器用だからこそ口を閉ざしてしまうのでありますが、けして人嫌いというわけではありません。

中には無駄な話しをしてしまって、印象が悪くなったらどうしようと考えるような人もいます。

そんな人ほどメールではよく喋り、おもしろおかしいメールをするなどのギャップがある人が多いですから、第一印象さえクリアすればギャップぼれされやすいタイプともいるでしょう。

 

融通が利かない

融通が利かないので、とにかくマイルールで物事を判断しがちです。

教えてもらった事が全て正しいと思い込み、時と場合によっての判断をするのが難しいです。

逆を言えば自分に合った仕事をさせると、不器用な人にとっては天職といえるでしょう。

ミスも少なく、自分にとっても非常にストレスの少ない職場となるはずです。

 

自分に憶病になりがち

不器用な事が原因で過去にうまくいかなかった事に対して臆病になりがちであり、特に恋愛恐怖症になりやすいです。

出会って3ヶ月で全く進展しないということも珍しくは無く、自分なりに必死でアピールしたつもりが、遊ばれて終わりという結果から恋愛恐怖症になってしまうケースが多いです。

これは恋愛以外でも同じであり、自分に憶病になりがちです。

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP