課金中毒者の特徴

課金中毒者が年々増加傾向にあり、小中高生が数十万円の課金をしてしまったという事例も発生しています。

また大人であっても歯止めがかからず、多くの大金をゲームにつぎ込んでしまう人も今や珍しくありません。

最悪の場合、離婚に陥ってしまった人もいるそうです。

スマホゲームにハマっている人の大半は課金中毒者だと思っておいても良いかもしれませんね。

そんな課金中毒と呼ばれる人には、一体どのような特徴が見られるのでしょうか。

スポンサードリンク

そもそも中毒性のあるゲームを作っている

課金中毒者の特徴をご紹介する前に、なぜゲームに課金してしまう人が後を絶たないのか、理由を探ってみましょう。

幼稚園児でも充分楽しめるスマホゲームなのですが、新たなものを試す場合にかかる脳内の負荷を軽減し、最適な初回体験を促すような作りになっていますから、達成感のドーパミンが放出され、同じ行動を繰り返したくなる衝動に駆られてしまうようです。

最初は簡単にステージをクリアできていくのですが、徐々に難しくなっていくのがスマホゲームの特徴です。

難易度が増せば増すほど達成感を得る回数は減ってきますよね。

ゲームを簡単にしてしまうと結果的にユーザーを逃すことになりますから、中毒症状をキープさせるためにも負かし続けるのも勝たせ続けるのもダメなんです。

プレイヤーのスキルというより運により勝敗が左右されることが多く、運に恵まれた時に中毒性は一気に高まります。

これらはパチスロと全く同じ原理です。

 

課金中毒者の始まりはここから

さて、ここからは課金中毒者の特徴について触れていきましょう。

スマホゲームは昔のゲームと異なり、終わりがないのが特徴です。

課金中毒者の場合、終わりないゲームを延々と続けることになります。

難しいミッションをクリアしても時間が経てばアップデートされ、新しいミッションが待っています。

課金中毒者は課金してでもそのミッションをクリアしたいと思い、お金をかけてしまいます。

期間限定アイテムなども出てきますから、使わないだろうと思っていてもレア度が高いため、課金中毒者の性である課金をしてしまうという結果になってしまうのです。

また友達に追いつくため、勝ちたいために行うこともあげられます。

ここから恐ろしい課金中毒者が誕生するというわけです。

 

ストーリー性を求めない

課金中毒者がスマホゲームにのめりこむのは、別にストーリー性があってのめりこんでいるわけではありません。

ストーリーはそっちのけで、メインはキャラを強くしたり、武装させたりするほうがずっと優先となっています。

その武装するためのアイテムなどに課金することになりますから、他人より強くなりたいと思っている人は課金しまくってアイテムを集め、いつの間にか課金中毒者となってしまうのです。

もしあなたが自覚があるのであれば、今すぐスマホゲームをやめるべきでしょう。

課金した分何かが帰ってくるわけでもありませんし、得することは何もありません。

 

ギャンブル依存症や浪費家

ギャンブル依存症の人は、まず課金でちまちま使うお金があまり大金に感じたりしません。

金銭感覚がマヒしていることもあり、1000円くらいギャンブルで簡単に負けるし…と課金してしまうのです。

また浪費家の人も同じです。

浪費家は何にでも浪費してしまい、とにかく浪費することがストレス解消になっています。

今はお金があまりない学生さんも、ゲームにたくさんのお金を使っている人は、将来的に浪費家になる可能性が高いと言えるでしょう。

 

趣味がない人

趣味がない人ほどギャンブル依存症や課金依存症になりやすいようです。

課金することが趣味になってしまって、それによりストレスを解消し、満足感を得ていると考えられます。

逆に趣味がある人は例えイベントがあろうと、趣味を優先して趣味でストレスを解消しているので、課金せずに適度にゲームを楽しむことができます。

体力が少しでも回復するとすぐにアプリを起動するような人は、まさに課金をよくする人の特徴でしょう。

 

計画性がない人

計画性がない人というのは、今月は〇万円は貯金する、数か月後には旅行に行くという明確な目標がない人のことです。

逆に計画性がある人は課金してしまったとしても、貯金するお金や今月やりくりする残金が分かっているため、無理をして課金をしません。

また、計画性のない人は浪費家が非常に多いというデータが出ています。

 

お金持ち・時間が有り余っている人

お金持ちの人はちまちまと時間をかけることを嫌います。

そんなめんどくさいことをしなくても、一気に課金してしまえば強くなるという簡単な結論があるからです。

お金持ちほどケチといいますが、実はお金持ちほど浪費家な人も多いのです。

また時間が有り余っている人も同じです。

時間が有り余っているので、いろんなゲームに手を出してしまいます。

そして挙句の果てに、1つだけ課金するゲームを決めてそれにどんどんとつぎ込んでしまうようです。

 

見栄っ張り

見栄っ張りほど人から凄いと言われることに快感を覚えていて、課金中毒者ほど見栄を張りたがります。

課金はあまりしていないと言いながらも、強いキャラクターをたくさん持っていたり、たまたま無料で出たと言って嘘を偽ります。

また見栄っ張りほど負けず嫌いな人も多いので、そこも関係しているでしょう。

とにかく注目されたい目立ちたがりほど、ゲームでもいいアイテムが出ると自慢しまくったり、勝負して勝ったことを誇りに思っている傾向にあるようです。

 

課金中毒の慣れの果てを知っておこう

21歳大学生さん

スマホゲームにはまってしまい、課金中毒者になってしまいました。初めは500円程度の課金でしたが、強くなるにつれて課金の額が増えていきました。そして禁断のクレジットカードに手を出してしまい、50万円の負債を抱えてしまいました。毎月最低返済額を返していますが、完全に返済するのにかなりの時間がかかります。返済して少しでも借りれたらまた借りる。これの繰り返しで地獄のような生活を送っています。皆さんも私のようにはならないように。

23歳気づけば100万越えさん

やってしまった。そう感じたのはゲームに飽きてきたころです。常に最強を目指していたので給料の6割程度は毎月課金していました。そして気づけば課金総額100万超え。先月車で事故を起こしてしまい、談判の結果40万円を支払うことになりました。しかし貯金は0で結局は銀行のカードローンを作り、借金生活の始まり。課金した100万があれば談判のお金+海外旅行に行ってもおつりが来たんだろうなと心の底から思います。

18歳助けてさん

給料のほぼ全額を課金しています。今では課金額を減らすことに成功しましたが、以前までは全額課金しないと気が済みませんでした。金額を減らすと結果的にストレスになってしまい、常にイライラしていました。家族にもあたってばかりで、課金の金額を増やすとそれがなくなります。課金中毒者の副作用といってもいいでしょう。性格も醜い性格になったと自分で思います。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
PAGE TOP