誤解されやすい人の性格とは?原因と対処法について

「なにこの人…」と、よく誤解を招いてしまう人がいますが、こうした人は誤解されやすい性格であったり、外見上での原因があるはずです。

誤解されてしまうことは、良い意味で誤解されることもあれば、悪い意味で誤解されることもありますが、頭を抱えてる人の多くは、悪い意味で誤解されてしまう人であるはずです。

この1ページでは主に、悪い意味で誤解されてしまう人の性格や特徴を述べ、そして良い意味で誤解される人についても触れていきます。

誤解されやすい人の性格とは?

コミュニケーション能力に乏しい

誤解されやすい人は、コミュニケーション能力に乏しく、相手と話すことが苦手であったり、自分の意見をきちんと伝えることができないことが、相手を誤解させてしまう最悪の結果を招きます。

例えば、「〇〇君の服装素敵だね」と言われたとして、誤解されやすい人は視線を合わさず返事を返したり、いかにも相手に興味がないようなそっけない返事をすることで、自分は嫌われているのかもしれない等の、誤解を招いてしまいます。

このタイプは相手の話をきちんと聞けなかったり、自分の考えが全て正しいと思っている、相手を拒絶してしまう、相手に関心がないなどの原因が隠れていて、コミュニケーション能力が乏しいことを自覚していない人も、しばし見られるほどです。

誤解されない人とは、相手の話を最後まできちんと聞くことができて、自分の意見もきちんと伝えることができる人であるため、コミュニケーション能力が低い人ほど、意味を取り違える問題が起こりがちです。

あなたも、相手を思って何か励ましの言葉をかけた時に、相手がそっけない態度で対応してきたり、表情が浮かないまま対応されてしまえば、相手に嫌悪感を抱いてしまったり、自分は決して好かれていない人物だと疑うきっかけとなるはずです。

 

パーソナルスペースが狭い/広い

パーソナルスペースとは、「他人に近付かれると不快に感じる空間のこと」で、見知らぬ人が真横に立たれることは凄く不愉快だけど、一定の距離を取れば何とも思わないのも、パーソナルスペースの違いが関係しています。

このパーソナルスペースは一人一人が違い、狭い人は初対面でも比較的近い距離感で話すことができたり、勘違いしてしまうような距離感でい続けれるのは、パーソナルスペースが狭いことによる、誤解を招く原因となります。

また、逆に広すぎることも誤解させてしまう原因となりがちで、あまりにも距離感をとっての会話を望むなどの、距離感が遠すぎることも「嫌われているのかな?」などと、相手にネガティブな思いをさせてしまうことに繋がりやすいです。

距離感が近ければ、「なにこの人…気持ち悪い」と思われやすいですし、距離感が遠すぎれば、「何でこんなに警戒されているの?」と疑問を抱かれやすくなります。

もう一度言いますが、パーソナルスペースは一人一人が違うので、警戒心が強い人ほど広く、薄い人ほど狭い傾向にありますが、そうした相手を観察する能力に乏しい人も、こちらが原因で誤解されている可能性が高いと言えます。

 

人見知りである

人見知りな人も警戒心が強い特徴がありますが、このタイプは3つのタイプに分けることができ、ここではタイプ別に詳しく紹介していきます。

まず1つ目は、「自意識過剰系」であり、周りの視線ばかりを気にして生きていくことで、生きずらさを日々感じていたり、相手に嫌われないような言動を積極的に探す、何とも無難で無害な人物です。

常に相手にどう思われているのか?を気にしているため、相手のちょっとした仕草でネガティブな考えを起こし、自分は嫌われているかもしれないなどの無駄な悩みを持つことで、自ら相手に誤解されるようなトラブルを持ちかけることが多いです。

2つ目は、「自信過失系」であり、自信を完全に失ってしまうことで、相手と接するたびに不安や不満が心に溜まりやすく、少しのことで「どうせ私なんて嫌われ者だし…」などと、諦めてしまう性格です。

こちらも相手の好意をネガティブに受け取ることで、誤解されるようなトラブルを作ってしまう、トラブルメーカーとなりやすいです。

3つ目は、「自己愛強い系」であり、プライドが高すぎたり、相手を見下すことで自ら相手を避けてしまい、「自分は人見知りだから」と理由を告げることで、相手に心を開こうとしません。

このタイプも、見下す行為や高すぎるプライドが邪魔をして、素直になれずに相手に誤解されてしまうことが多く、「ごめん」の一言が言えない頑固者となります。

 

思わせぶりな態度が多い

思わせぶりな態度とは、「ボディタッチが無駄に多い」「次を連想させる言動をとる」「好きかどうか微妙な発言をする」人のことであり、相手を無駄に期待させるだけさせておいて、その期待を裏切ってしまう行動のことです。

このタイプは自ら相手に期待させているのですから、誤解されてしまうのは当然で、計算高い性格であると評価されたり、腹黒い性格であるとの噂を流されやすく、自分が良ければそれで良しという本音を持っています。

特徴的なのは、恋愛を遊びやゲーム感覚で楽しむことができることにあり、相手を落とすまでを楽しんでいたり、キュンキュンさせることを楽しむなど、相手の気持ちを考えようとしない結果、相手を深く傷つけてしまうことも。

中には「誤解されやすいんです」などと、被害者ヅラする人もいますが、これも全て作戦で、被害者ヅラすることで味方を作ろうとする腹黒さに、多くの異性が騙される結果となります。

思わせぶりな態度を計画的にとる人は、誤解されやすい性格と言うよりかは、誤解されやすいと相手に思わせることが上手で、全て計算の上で相手を転がしているタイプと言えるでしょう。

 

自分の立場で物事を考える

誤解されやすい人は、どんな時でも常に自分の立場で物事を考えているため、相手の気持ちを無視した言動をとり、相手に嫌気をさしたり、時には空気が読めない行動に出てしまう人です。

例えば、相手はそれほど好意的でない本音を持っていたとして、自分の立場で物事を考える人は、相手の仕草や言葉をポジティブな方向に捉えることで、「相手は自分に脈ありなんだ」などと、勝手に相手の気持ちを決めつけてしまいます。

その結果、ストーカーと誤解されてしまいかねない行動に出たり、恋人扱いのような態度をとってしまうことで、嫌われてしまうことも珍しくありません。

他にも、相手の気持ちを代弁しようと勝手に周りに対して、自分が思う本人の気持ちを伝えたところ、ありがた迷惑となってしまい、「あの人は自分の敵となる存在だ」と、誤解されてしまうことも。

相手に感謝されるためには、相手が望むことを読み取り、ベストな行動をする必要があるため、自分の立場で物事を常に考えてしまう人は、親切のはずが誤解を生む行動をとりがちです。

また、中には相手がレベルが低いことに合わせることができず、自分のレベルで物事を進めた結果、「言わなくてもわかるだろ!」と誤解を招く伝え方をする人もいるので、自分の立場で物事を考えることは、友人や部下に嫌われる原因となりかねません。

 

余計な一言が多い

余計な一言が誤解を生むことは、日常生活でも目にする光景の1つで、相手を不愉快にさせたり、嫌悪感を抱かせる瞬間となりがちです。

相手を褒めたかと思えば、「バカっぽい顔がまたいいね!」と余計な一言を口にしたり、「まあ私にはどうでもいいんだけど」などと、相手に伝える必要がない情報を伝えることは、「こいつ喧嘩売ってるのか?」などの誤解を招きます。

こうした人は無神経な一面を持ち、自分の立場で物事を考えることも多いですが、何より相手の感情に鈍感で、不愉快な気持ちを抱いている事実に気づくことができません。

それを指摘したとしても、「これは冗談じゃん」とか「これくらいが面白い」などと、自分を正当化することで非を認めないので、厄介者として嫌われやすい性格となります。

余計な一言は本人が気づいていないケースがほとんどなので、その場で指摘することが最も有効な方法となるはずです。

 

外見上での原因は?

愛想や愛嬌がない

愛想や愛嬌がない人とは、いつも真顔で真剣な表情をしていたり、笑顔で対応することが少ない、表情が暗くて話しかけづらいオーラがあるなど、仕草や表情、または態度で勘違いされてしまう人であり、第一印象が悪い特徴が見られます。

こうした人はよく、「怒っているの?」とか、「話しかけづらい」「怖そう」などの印象を持たれがちで、人を寄せ付けない雰囲気を醸し出しています。

逆に愛想や愛嬌が良いと評価される人は、多くの人から頼られたり話しかけられやすく、いつもニコニコと楽しい雰囲気を作れる人なので、見た目だけで誤解されることは非常に珍しいです。

いつも真顔でブスッとしている人に対して、「あの人は付き合いが悪い」と思い込んでしまったり、「人を拒絶している」などの噂を立てられることは、普段の仕草から連想されたネガティブなイメージが、怖い人であるなどの誤解を招くことになります。

社会に出るとある程度の愛想や愛嬌は必要で、そこを無視する人は孤立してしまったり、噂話のターゲットとされることも。

 

目つきが悪い

もともと目つきが悪い顔つきの人や、目が悪い人も誤解されてしまうことが多く、その目つきからは「睨まれている」とか「喧嘩を売られた」などの、ネガティブな捉え方に繋がります。

特に初対面であったり、お互いをあまり知らない人からすれば、元々目つきが悪いことを理解していなかったり、目が悪いことで細めてしまう癖を知らないわけですから、睨まれたと誤解を招くことは当然です。

何らかの対応が必要で、印象を和らげる顔立ちを目指すことが、誤解されない自分を作る否決となることは間違いありません。

 

活気がなく眠たそうに見える

「眠たそうな顔だね」とか、「だるそうにしてる」など、本人は全くそうした感情を抱いていないのに、表情からそうした捉え方をされる人も、誤解されやすい人の特徴です。

芸能界で例えると、嵐の大野智さんが眠たそうな顔だと言われがちであり、どこかだるそうに答えたり、やる気がなさそうに見える人の中でも、最も有名人であるかもしれません。

活気がないということは、相手からすれば「嫌そうだ」とか「だるそうだ」などの、ネガティブな評価と繋がりやすいので、どんな時にも誤解される原因となりかねません。

目つきが悪いもそうですが、どちらも本人の本音とは全く違った捉え方をされるので、それを理由に自分が嫌いになってしまうこともしばしば。

 

最も有効な対処法を厳選紹介

勝手に自分で決めつけない

誤解されないためには、まずは自分をしっかりと知ってもらう必要があり、さらには相手をしっかりと知る必要があるため、他人に無関心なままでは、誤解されやすい自分を変えることはできません。

お互いをしっかりと理解し合えた関係なのであれば、誤解されないためにも話を最後まできちんと聞くことを徹底しましょう。

誤解を招く行動をしてしまう人は、相手が求めていない言動をするからこそ、変な方向に捉えてしまうことが、結果的にあなたの評価を大きく変えてしまうので、それを防ぐためにも相手の話はきちんと聞くことを、実行していきましょう。

話を最後まで聞くことは、相手に敬意を持っていることや、好意的であることを示すこともできるため、誤解されやすいことを解消するに加えて、相手に好意的に思われやすい相互効果が生まれます。

誤解されやすい性格に頭を悩ます時には、しっかりと相手を理解しようと心がけ、さらに相手が何を求めているのか?を知ろうとすることで、早とちりな行動やお節介な行動を回避することができます。

 

相手から見た自分を知る/客観視

外見上で誤解されやすい原因がある場合は、周りから見たあなたの評価を素直に受け入れ、どこが誤解されてしまう部分なのか?をしっかりと追求しましょう。

無意識のうちに真顔になってしまったり、人の目を見て会話をしない、いつもクールぶっていて近寄りがたいなど、あなたが思う自分の印象よりも、大きく違った評価を知ることができるはずです。

自分では「私はクールなキャラ!」なんて思っていても、周りから見たあなたの評価が本当の評価であるため、まずは周りの意見を素直に受け入れ、否定しないことを心がけてください。

例えば、いつも笑顔でニコニコと明るい人は、見た目からして良い性格であると誤解されやすいように、仕草やキャラを変えてみるだけでも、あなたのイメージはガラリと変わることは間違いありません。

誤解され続ける人生を送る人とは、周りが指摘したことを素直に受け入れられない人でありますから、プライドなど捨てて素直になってみると、あなたの悩みは意図も簡単に解決されることでしょう。

 

相手に興味を持つこと

誤解されやすい人は、相手に興味がないので、無意識にそっけない態度を取ってしまったり、心を傷つける冷酷な一言を放つなど、自分の立場で物事を決めつけてしまうことが多いです。

だからこそ相手に興味を持つことで、相手の視線に立って物事を考えることができますし、相手を知ることは自分も知ってもらえるチャンスですから、勘違いから誤解されるようなことを避けることにも繋がります。

相手に興味がない人は、「どう思われてもいい」とか、「自分以外どうなっても構わない」といった薄情な一面を持つので、そうした態度が誤解を招いてしまう原因となってしまいます。

もしもあなたが、「自分以外の人間はどうなろうが構わない」という本音を持っていた場合は、相手に興味を持ってください。

自分以外に興味がないことは、時として薄情者となったり、時として警戒心の強い面倒な人となってしまうだけなので、自分ばかりを守ろうと必死になるのではなく、相手に心を開く勇気を持つべきです。

 

☑️人の捉え方はそれぞれ

大事なことは、人の捉え方はそれぞれであることを理解し、「言わなくてもわかるでしょ!」と決めつけたり、「自分のレベルで話を進めない」ことです。

自分が上手に伝えたつもりも、相手に理解させることができていなければ、互いの捉え方は違ってしまうので、間違った方向に進むこととなります。

“人の捉え方はそれぞれ”であることを理解し、本当に理解しているのかの確認をすることで、意見の食い違い等の誤解を防ぐことができます。

 

【結論】誤解は悪いことばかりじゃない!

いかがだったでしょうか。

誤解されやすい性格といっても、ポジティブな誤解であれば楽に生きることができますし、本来の自分より高く評価されやすいので、こちらの場合はとてもラッキーですよね。

故に、誤解されることは悪いことばかりではなく、ネガティブな誤解に繋がってしまうのは、あなたの普段の仕草や言動に問題があると捉えるのが、最も正しい理解となるでしょう。

“なぜ誤解されてしまうのか?”の原因をはっきりさせなければ、本当の原因を無くすことにはならないので、自分自身に疑いの目を持って、どこが悪い部分なのかを明確にすることで、誤解人間から解き放たれる日がグッと近づくことでしょう。

また、「親切な人の特徴〜押し売りとの違いとは?」もセットで読みませんか?

親切な行為も誤解を招くことがありますが、感謝される親切と、押し売りと思われる親切の違いを、あなたはご存知でしょうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP