ふてくされる心理「子供や大人の違い/対処法とは?」

「何だその不貞腐れた態度は!」と、まだ小さな子供が反抗的な態度を示すこともあれば、いい歳をした大人であっても反抗的は態度を示すこともあり、どちらにしても取り扱いは厄介であることに変わりありません。

実は、大人と子供ではふてくされる意味が大きく違っており、大人になってもふてくされた態度をとり続ける人は、ある意味やばい人であると言えるでしょう。

“なぜ相手は反抗的な態度をとるのか?”の本音を知れば、笑ってしまうほど馬鹿げた理由であることが理解できるはずです。

ふてくされる心理とは?

矛盾を解消しようとしている

相手に何かを指摘されて、ふてくされる人の心理には、「新しい真実を否定しようとする」心の葛藤が見られ、自分にとっては「これが正解である」と思っていた事実とは裏腹に、正論を述べられてしまうことで、新しい事実ができるわけですが、この矛盾を解消しようとした結果が、ふてくされた態度となります。

例えば、「歩きタバコをしている人に注意をした」とすると、長年歩きタバコが当たり前だと思っていた人にとっては、「周りの迷惑となっている」事実を突きつけられることで、自分の中の正論と新たな正論が混じり合い、心の中はパニック状態となるわけです。

こうした心理状態になれば、人は新たな事実を追加することで自分を正当化しようとし、上記のケースでは「歩きタバコと言っても、すぐに癌になるわけではない」などと開き直ることで、心の中の矛盾を解消しようとします。

その本音を口に出さず態度に表した時に、ふてくされることに繋がってしまうことがあり、子供であれば両親に逆らうことは面倒であるとか、怒られることであるなどのリスクを考えることで、ふてくされた態度で自分の正当性を主張しているのです。

心理学ではこれを「認知的不協和」と呼び、子供がお菓子ばかり食べることを指摘したとして、子供が急に「でも芸能人の〇〇さんもお菓子ばかり食べてるし健康だよ」と主張した後に、ふてくされた態度をとることは、「新しい認知を否定するために、今までの自分を肯定している」証拠です。

自分が周りも納得する正論を述べているにも関わらず、ふてくされることで反省の色を見せないのであれば、それは自分の中で新たな認知を加えることで、「自分は正しいんだ」とする心理が隠れていると考えられます。

 

☑️どんな人が当てはまるの?

こうした理由でふてくされる人は、信念が強い人ほど当てはまりやすく、簡単に言えば老人ほど当てはまりやすいです。

歳をとると頑固になると言われますが、その通りで、人は今まで信じて生きてきたことを否定することが嫌で、それをすれば自分の人生さえも否定してしまうように感じることから、新たな認知を加えることで自分の考えを貫き通します。

若くても頑固な人であったり、素直になれない人にも当てはまりやすく、「ごめんなさい」と素直に言えない人や、マイルールが絶対であると思い込んでいる人ほど、ふてくされた態度をとることで、自分の主張を通そうとします。

 

わがままを通そうとしている

ふてくされる人の性格の特徴として、自分が特別な存在であるとの思いが強かったり、自分のことが大好きな人にも当てはまりやすく、「自分は特別な存在である」との思いが強いほど、ふてくされることで、「どうにかしろよ」とも言わんばかりの態度をとることがります。

自己愛が強すぎる人が良い例で、このタイプはわがままであることに加えて、ふてくされることで自分の意見を通そうとします。

例えば、自分が常に中心の存在としてい続けたい自己愛が強い人は、話題の中心になれないことが気にくわないことを理由に、ふてくされることで、周りに合わさせようとする狙いがあります。

他にも、ふてくされることで、自分のわがままを通そうとする狙いなども考えられ、子供がふてくされることで、わがままが通ることを理解している場合は、こちらに要因があると思っておいてください。

子供は大人が思っている以上に賢く、一度ふてくされることでわがままが通ることを知れば、何度も同じ手を使うことでわがままを通し、自分の欲望を満たそうとします。

故に、子供の性格は育った環境によって、ふてくされる態度を取りやすいかどうかが決めると言っても過言ではありません。

 

☑️どんな人が当てはまるの?

こちらはナルシスト人間が当てはまりやすく、自分のことを過大評価してしまう人ほど、自分は偉大な人間であるとの思い込みから、特別扱いを求めるようになります。

とても面倒な性格が特徴的で、「周りは全く努力していない。自分だけが頑張っている」と本気で思い込んでいたり、「この俺様に恥をかかせるな!」とも取れる態度を取り続けるタイプなので、第一印象では一見凄く魅力的に見えても、化けの皮が剥がれるほどに周りが離れていきやすいです。

子供の場合は、ふてくされることでいつも許してしまうような、優しすぎる環境で育った場合は、大きくなっても同じ手法でわがままを通し、自分勝手な性格になってしまう恐れもあります。

 

自分の本音を察してほしい

自分の本音を察してほしいことと、わがままを通そうとしていることは少し違い、こちらは愛する人に対して見せることが多く、両親であったり恋人に対して見せやすい心理です。

よくあるのが、「構って欲しいのに構ってくれない…」ことを態度で表すことであり、あなたにとっては不満な態度を示しているようには見えても、相手の内心は「構って欲しいことを察して欲しい」であるケースも、十分に考えられます。

子供であっても、両親が構ってくれないことで不機嫌な態度を演じることで、自分に注目を集めようとすることはよくあることです。

ネットでも、かまってちゃんと呼ばれる人が悲劇のヒロインを演じたり、機嫌が悪いことをアピールすることで、たくさんのコメントを狙っている人がいますが、こうした人の心理と同じようなものであると言えるでしょう。

何でもないことから、拗ねたりいじける態度をよく見せる人は、構って欲しい気持ちが強い人であることを覚えておきましょう。

 

☑️どんな人が当てはまるの?

恋人や両親に依存しやすい人ほど、構って欲しことをアピールしやすく、自分の優先順位を上げないことには満足できない、手のかかる性格である人も多く見られます。

原因としては、自己肯定感が低いことが問題だと言われており、「自分の存在は価値がある」と思える感情が低い人ほど、構ってもらうことでその価値を上げようと心がけ、自分が優れていることを実感することで、優越感を得ようとしています。

他にも、SNSで自分が有能であることをアピールするタイプや、病んでるアピール、ぶりっ子により注目を集める人など、自分が周りと違うことをアピールすることで、注目を集めることが多いのが特徴的です。

 

利益を損なった/労力が増えた

相手にとってはありがた迷惑とも取れる一言で、自分の利益が大きく減ってしまったり、逆に労力が大きく増えてしまった時にも、人はふてくされることで相手にアピールし、自分が不機嫌であることを伝えようとします。

例えば、相手に嘘をついて利益を得ようとしていたところ、「えっ!それって〇〇の方がいいよ!」と横から口を挟み、自分の利益とならなかった時に、「無関係なくせに迷惑なやつだ!」と、ふてくされた態度を取りやすいです。

他にも、自分がとっても面倒であると思っていた公園の掃除に対して、「あっ!明日公園の掃除よろしくね!」と言われることで、サボるつもり満々だった本人にとっては、「知らなかった」の言い訳を使えなくなってしまうわけです。

こうした利益や労力が増えた時にも、「余計なことするなバカ!」という気持ちを込めて、ふてくされた態度を貫き通すことは、決してずらしいことではありません。

自分の中では、どうやって利益を得るのか?または労力を減らすのか?を計算していたはずが、邪魔者が入ることで計画が台無しになれば、ずるい性格の人が機嫌を損なうことは、誰でも想像できることかと思います。

 

☑️どんな人が当てはまるの?

性格悪い人が当てはまる!とも言えますし、細かなタイプで述べると損得勘定が強い人や、打算的な性格な人ほど当てはまりやすいです。

損得勘定が強い人は、常に物事に対して得をするのか?損をするのかで行動に移すため、自分にとっては何の利益にもならない公園の掃除などは、特に嫌ってしまう傾向が強いです。

打算的な人も同じく、何か得することを期待して人に接触するこのタイプは、その得することが得られなければ機嫌を損なってしまったり、または態度が急変したことで、相手にとってはふてくされていると感じることに繋がります。

 

無言の反抗/反論である

こちらはあなたが間違いを犯し、相手が不愉快に思った時の心理に当てはまり、パワハラやセクハラ上司に対して見せる態度こそが、ふてくされることによる無言の犯行となるのが、分かりやすい例です。

子供がDVなどの被害を受けている時に、せめての思いで、ふてくされることで反抗心を見せるのと同じで、相手に非が大きいことが特徴となります。

立場を利用して圧力をかけ、相手に精神的プレッシャーやストレスを与えているのでは、犯行的な態度を取られるのも納得です。

 

☑️どんな人が当てはまるの?

上記で述べた通りで、立場が強い人が当てはまりやすく、自分にとって都合のいいことやマイルールを押し付けることで、立場が弱い人が反抗できない環境である人が当てはまります。

こちらの場合は本人に原因があり、まずは自分に非があることを認めることができなければ、多くの人にふてくされる経験をすることでしょう。

自分に原因があることに気づけず、素直になれない人ほど当てはまりやすいとも言えます。

 

大人と子供の大きな違いは?

子供は綺麗/大人は汚い

こんな表現をすれば、どこか不信感を覚える人もいるかもしれませんが、子供にふてくされることは、まだ立場が弱くて何もできない子供なりの、必死の抵抗であるかもしれませんし、そもそも子供は体だけになく、まだ心も幼く未熟であるわけです。

大人の場合は、社会を経験することで十分に心も育っている人や、ふてくされることは気持ちがいいことではないことを理解しているはずですが、それを理解した上で態度に表しているのです。

これは言わば、相手のことを気にせず自分のことだけを考えている証拠であり、大人になってもふてくされた態度をとることが多い人は、心が子供のままであると言っても過言ではありません。

なぜなら、小さな子供は大人の気持ちなど理解せずに、おもちゃが欲しいなどの駄々をこねることが多いですが、これは相手の立場に立って物事を考える力が、まだ身についていないからなのです。

それを大人になっても、自分のことばかり考えてふてくされた態度をとることは、小さな子供と同じようなものであると表現できるのです。

正当化、わがままを押し通す、損得勘定などの心理を見ていても、大人になってこうした狙いを持っている人は、汚い大人であると言えるのではないでしょうか。

 

「効果抜群!」効果的な対処法は?

ザイアンスの法則を利用する

ザイアンスの法則とは、米国の心理学者ロバート・ザイアンスが提唱した法則で、あなたに反抗的な態度をとらせずに、好意的に思ってもらえる効果が期待できます。

そんなザイアンスの法則とは、まず以下の3つを理解することから始まります。

  • 人間は知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする
  • 人間は会えば会うほど好意をもつようになる
  • 人間は相手の人間的な側面を知ったとき、より強く相手に好意をもつようになる

これは単純接触効果とも呼ばれ、人は接触する回数が多くなればなるほど、相手に好意的な印象を持つようになり、ふてくされることが少なくなることに繋がります。

ここで重要なのが、ただ顔を見せるだけではなくて、相手にしっかりと好意があることを示す必要があり、しっかりと相手の話を最後まで聞いてあげることや、頭越しに自分の意見を押し付けないことが大切です。

相手を理解しようと最後まで話を聞ける人は、相手を理解しようとする人であり、決して他人に興味がないような人ではありません。

自分にしか興味がない人は、相手の立場に立って物事を考えることができなかったり、相手を知ろうとしない人であるので、まずは相手をしっかりと理解しようとすることが、ふてくされる原因をなくしたり、あなたが好意的に思われる要因を作っていくきっかけとなるはずです。

 

自分の意思を伝え、提案する

ふてくされる原因はあなたの伝え方に原因があったり、相手が気に入らない何かがあるのかもしれません。

そんな時には、相手に意見を伝える時に「私は〇〇だと思う」という風に、自分を主語にして相手に本音を伝え、「あなたが〇〇だ」という伝え方をしないことが重要です。

「あなたがあの時〇〇したから!」と伝えるよりも、「あの時私は〇〇だと思った」と伝えた方が、相手も自分の行動を否定した気持ちにはなりませんし、あくまで自分の本音を伝えていることになります。

それに加えて、「〇〇な部分がダメだ」とか、「〇〇しなさい」と伝えるのではなく、「〇〇してもらえませんか?」という提案方式の伝え方をしていきましょう。

例えば、「〇〇なメリットもあるし、次から〇〇していこうか?」と伝えることで、相手は自分の言動を批判されているのではなく、自分のためになる提案をしてくれたと感じることができます。

ふてくされる原因が自分にもないのか?と疑い、相手ばかりが問題児であると決めつけないことも、相手といい関係を保つ秘訣となるはずです。

 

期待の意を示す

もしもあなたに上司がいたとして、「やっぱりダメだったか。思った通り」と、最初から期待されていないかのような言葉をかけられるのか、「期待してるからね。これからも頑張ろう!」と声をかけるのかでは、その場の態度が大きく変わることは言うまでもありません。

人は誰しも「認められたい」とか、「自分の存在を示したい」欲求を持ち、こうした欲求をくすぐる言葉を投げかけることで、ふてくされるのではなく、むしろモチベーションを上げることが可能です。

子供であっても、「あんたは勉強しない悪い子だ」と伝えるよりかは、「やろうと思えばやれるのは知っている」と伝える方が、今後のモチベーションも大きく変わってくることと同じです。

期待されることでプレッシャーを感じる人も確かにいますが、ふてくされることを防ぎたいのであれば、まずは相手に期待の意と敬意を持って接することが、反抗的な態度を止めさせる気持ちに繋がります。

仕事ができる人や、尊敬される人に期待されると嬉しい気持ちとなったり、やる気がグンと上がるのはあなただけになく、相手も同じことであるため、この作戦を使わない手はないと言えるのではないでしょうか。

 

「まとめ」決めつけないこと

いかがだったでしょうか。

ふてくされる心理を読んだ人はもうお分かりでしょうが、ふてくされる原因が自分自身にある可能性もあるので、頭ごなしに相手がおかしいとか、相手が悪いと決めつけないことが大切です。

対処法でもしっかり述べているように、相手のことをきちんと知らなければ、意見の食い違いによって嫌悪感を抱いたり、それがふてくされることに繋がることもあるわけです。

最も、世の中には性格に難がある人もたくさんいて、指摘されることや怒られることに慣れていない人もいるので、こうした人は出来るだけ関わらずに、距離感を置くことが賢い対処法となることでしょう。

特に今の若い世代は、怒られることに慣れていない世代であるとも言われているため、少しの指摘でふてくされることもある世代であると考えると、これからはふてくされる人が多くなっていく傾向にあると言えるかもしれません。

また、「誤解されやすい人の性格とは?原因と対処法について」もセットで読んでみませんか?

あなたがふてくされたと感じるのは、誤解されやすい相手の性格が関係しているかもしれません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP