【テレビはいらない】嫌いになる心理や怒りの声について

「よくよく考えてみると昔からつまらなかったのかも…」と思う人もいるでしょうが、自分が気に入らないことが目の前で起きると、すぐに何グセをつけるかのように怒り、テレビ業界全体を大人しくしてしまったことも、テレビはいらないと思う人を増えさせた原因であります。

 

アイドルはもうお腹いっぱい

アイドル好きが多くなったことによって、アイドルがメディアで取り上げられることが多くなったことは、興味がない人からすれば「もうお腹いっぱいです…」と思う瞬間ですし、何より「どこが面白いの?」と疑問に思う瞬間ともなります。

特に歌番組の特番ともなれば、「結局アイドルばっかりじゃん…」と肩を落とし、テレビはいらないと心から痛感してしまうことも。

朝の報道番組などを目にしても、アイドルの活躍の場が広まっているなと感じる一方で、本当にプロフェッショナルな仕事ができる人の活躍の場が減ることで、「テレビの質がどんどん落ちている」と感じることは、多くの人が共感できる事実です。

視聴率やコネの関係もあるでしょうが、パフォーマンスが高いとは言えないアイドルをテレビで積極起用することは、テレビ嫌いを加速させています。

 

同じような番組が多すぎる

クレーマーなどの影響もあり、同じようなテレビ番組がかなり多くなっており、旅番組が少し流行ればすぐに他の局ものっかりますし、ハプニング映像系の番組に至っては、同じ映像を各局で使い回し状態であるため、はっきり言って全く新鮮味もありません。

もちろん、テレビが全てつまらないと否定するわけではありませんが、同じような番組を見たところで、視聴者は飽きてしまっているのです。

そんな状況の中でも、なかなか打開策を打ち出せないテレビ局に対して、いらないと思う人が増えるのは当然のことであり、ネットや多様な趣味が増えた現代では、無理にテレビを見る必要もありません。

「あ〜あ。またこの系統の番組かぁ…」とガッカリしてテレビを消す経験がある人は、多いのではないでしょうか。

 

面白い人<話題性での起用

視聴者にとって面白いと思う人よりも、話題性で起用することが多いテレビに対して、「もうこの人お腹いっぱいです。」と感じることや、「もう飽きた」と感じることは、本当によくあることです。

酷いケースともなれば、一発屋で視聴者からは多くの嫌いの声が挙げられているのに対して、その声を無視して出演オファーを出しまくることであり、テレビをつけるとうざい人物が現れるともなれば、テレビがいらないと思う気持ちを強くさせてしまいます。

また、他にも芸能人二世というだけで出演オファーを出したり、世間が嫌っているのにテレビ局が面白がって起用するなど、視聴者の気持ちを無視した起用を続けることは、テレビを嫌いになってくださいと言っているようなものです。

実際に私自身も、嫌いな人物が出ればテレビを即消しますし、「ネットでこれだけ嫌いの声があるのに、なぜ起用するんだろう?」と不思議に思うほど、視聴者の気持ちを無視し続ける悪い一面がテレビ局には残っています。

 

ドラマがつまらない

ドラマ好きな人にとっては、ドラマこそテレビを見る価値があると答える人もいますが、最近のドラマはマンネリ化していることもあり、ドラマさえもつまらなくなってしまったことで、テレビはいらない派がますます増えることが予想できます。

昔であれば高視聴率を稼げたドラマも、今や視聴率が一桁であるのは当たり前であり、ドラマのためにわざわざ家に帰宅する人も、昔に比べてグンと減りました。

ノンフィクション作家の田崎健太さんによると、日本のドラマは難しいドラマを嫌う傾向にあり、見てもらえないという概念からずっと単純なドラマを続けてきた結果、視聴者が飽きてしまったそうです。

また、海外ドラマが身近に見れることも日本ドラマを見ない人が増えた原因で、かける金額も時間も違う海外ドラマの方が熱中できたり、スマホで見れるからテレビはいらないことも、テレビ離れを加速させているのでしょう。

 

安上がりな番組が増えた

昔であれば演出に多くの金額をかけれたり、出演料も昔は高かったと答えた芸能人も数多くいますが、テレビ局が昔よりもお金かけれなくなったことによって、安上がりな番組ができ、視聴者の関心が薄れてしまったことも、テレビはいらない派が増えた理由です。

テレビをつけて安上がりな番組を目にすると、「見たからにつまらなさそうだ」と先入観を持ってしまったり、「やる気のない番組だな」などと思ってしまうことで、よりテレビはつまらないという感情を強くさせます。

「これならユーチューバーの方がまだマシだわ…」と言われるほど、安上がりでつまらない番組が存在することは、ネットで十分だと思わせる決定打となってしまうことも。

 

②テレビが嫌いな人の声/怒りの本音

偏見報道にうんざり

ネットが発達したことによって、今では多くの偏見報道が見破られる時代となりましたが、これはまさに若者を中心にテレビ嫌いを加速させた原因で、偏見報道に対して心の底から怒りを覚え、もう政治関連のニュースを見ること自体に拒否反応を起こしてしまうことも、珍しくない世の中となりました。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP