アニオタの特徴とは?イメージ/苦労/魅力について

「あなたは、アニオの魅力や欠点をご存知でしょうか?」と質問されると、本当にアニオタである自分の本来の姿を完璧に知る人は、少ないと言えます。

実は、アニオタだからこそ面倒だと思われる欠点も存在し、アニオタになることで「面倒な人物だ」と思われる傾向が見られることも間違いありません。

この1ページでは主に、アニオタの魅力や欠点についての特徴を幅広く述べ、アニオタであれば必ず共感できる点をまとめていきます。

アニオタの特徴〜あるあるとは?


カラオケでのアニソン縛り

今ではアニソンが歌われることは普通のことで、アニオタ以外でも自分が好きなアニメの主題歌を歌うものですが、アニオタともなればレベルは段違いで、マニアックな歌から王道の歌まで、全てきちんと歌いこなせる能力を身につけています。

さらに一度火がつくと誰も止めることができないくらいに、アニソン縛りでその場を楽しむことができるのも、アニオタに見られる特徴の1つです。

また、マニアックな曲の場合は周りが冷めてしまうことも多々あるため、本当に楽しみたい時には一人でカラオケに足を運び、それ以外の時にはアニメ以外の曲を歌ってしまうことは、共感できるアニオタあるあるとなります。

誰もが知らない曲を歌えば、「えー?何その曲!?」と聞かれることを、恐れているアニオタもたくさんいるので、このフレーズが嫌いになってしまう人もしばし見られるほどです。

 

声優に強いこだわりを持つ

キャラクターに対して強いこだわりを持つアニオタは、声優にも強いこだわりを持つようになり、キャラクターや声優に対して「さん付けで呼んでしまう」ことは、アニオタあるあるです。

アニオタになると面倒だなと思うことの1つは、「声優が変わるとグチグチと文句を言ってしまう」ことにあり、自分が気に入っていたキャラクターだけに、声優が変わると世界観が全て変わってしまうのです。

その結果、アニオタって面倒だなと思われる原因を作ってしまい、声優へのこだわりを理解できない人にとっては、ストレスそのものとなってしまうことも。

アニオタにとって、声優は自分とキャラクターを繋ぐ役割をする大事な部分なので、声優がダメだと感情移入できなくなったり、アニメそのものを楽しめなくなってしまうため、声優に対して異常なこだわりを抱いてしまうことは、ある意味仕方がないことなのです。

 

純粋な心が好き

人間関係に疲れ果ててしまった人や、人間を信頼できない人がアニメの世界に走ってしまうこともあり、こうした人はアニメキャラクターの純粋な心に惹かれていて、裏切ることのないアニメの世界に没頭できるのも特徴です。

「友達やアイドルは裏切ることはあるが、キャラクターは裏切らない」ことは間違いなく、作られたキャラだからこそアニオタの欲求を満たし、作者もその欲求を読み取る能力が素晴らしいと言えそうですね。

大人になると誰もが心が汚れていくものですが、純粋なアニメキャラクターを見て癒されたり、純粋だった頃の自分を思い出したりできるのも、アニメに没頭することのメリットです。

純粋であるからこそ一途になれると言いますが、アニオタで一人のキャラクターを愛し続けれる人は、実は純粋でピュアな心の持ち主なのかもしれません。

 

グッズ集めが好き

アニオタで気持ち悪いとか、世間から引かれてしまう瞬間がグッズ集めにあり、部屋中少女キャラのグッズで埋め尽くされていたり、大きな抱き枕を持っているなど、こうした趣味はイメージ悪化に繋がり、アニオタ以外にはネガティブな感情を抱かれやすいです。

もちろん本人にとっては大満足なわけですが、グッズ集めに夢中になってしまうアニオタの心理には、「自分の世界観に浸りたい」という強い気持ちが隠れていて、現実世界から部屋に戻ると、自分の世界観に没頭できる部屋作りをすることも、アニオタの特徴です。

他にも、グッズを集めることで達成感に満たされる人や、同じキャラクター好きのライバル達と差をつけたいがためにレアなグッズを集めるなど、グッズを収集する人の心理には様々なものがありますが、どれにしても自己満足に繋がる共通点を持ちます。

故に、アニオタはグッズ集めをすることで自己満足に浸り、これは私生活を楽しく生きることに意味を見出すことに繋がるので、素晴らしい趣味と捉えることができます。

 

グッズがファッションの一部

アニオタを見分ける最も簡単な方法は、グッズをファッションの一部にしているかどうかで、秋葉原や日本橋などのオタクの聖地に行くともなれば、堂々とグッズを身につけて歩くことができます。

そうでなくても、普段からカバンにキャラクターのストラップをつけていたり、凄い人ともなれば車にキャラクターをペイントする人もいるほど、ファッションの一部として楽しむことができるのも特徴です。

どんなファッションであっても、お気に入りのものを身につけると気分が上がるように、アニオタも同じく気分が上がる瞬間であり、彼らにとって重要なのはおしゃれかどうかではありません。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP