香水臭い男女の心理〜なぜ周りの迷惑に気づけないのか?

「うわぁ〜クセェ!!」と、香水臭い人に対して嫌な気持ちを抱いたり、中には「オヴェ〜」と、吐き気を経験した人も少なくないでしょう。

ネットが発達した今でも、「香水臭い人は迷惑である」ことを理解できずに、きつい香水をつけしまう理由とは、どこに隠れているのでしょうか?

ここでは主に、こうした人の心理と性格傾向について触れていくことで、香水臭い男女が抱く内面的問題をも取り上げていきます。

香水臭い男女の心理


自分がどうかで判断している

香水臭い人の主な原因は、「香水のふる量を間違えている」ことが大きな割合を占めており、こうした人の心理には、「自分が匂いがするかどうか」で判断しているので、ついつい多くの量をふってしまうことで、香水臭い人となってしまうわけです。

これは香水初心者にありがちな行為で、「香水のいい匂いが全然臭わないぞ?」と疑問に感じた初心者は、自分にとって匂いがするかどうかで判断することで、いい匂いのはずがキツくて臭い匂いへと変わってしまいます。

簡単に言い換えると、周りに迷惑をかける人と同じようなもので、子供は周りに迷惑がかかっている事実に気づけず、自分勝手な主張をしがちですが、様々な経験をすることでどんどんと心が大人になっていきますよね。

香水臭い人も同じく、周りに指摘されたり、周りの反応を見て徐々に学んでいくもので、周りに注意する立場の人がいない限りは、なかなか香水が臭いことに気づくこともできません。

こちらに関しては、「適切な量を理解していない」ことが原因で、香水臭い自分を理解できていない人であると覚えておくといいでしょう。

 

臭いにコンプレックスがある

自分の臭いにコンプレックスがある人も、香水をたくさんつけたがる気持ちになりやすく、考え方1つでたくさんの香水をつけてしまうことになりかねません。

例えば、自分の脇の臭いがコンプレックスな人の場合は、脇をケアするアイテムを使えば問題は解決するものの、香水に頼るという選択肢をすることによって、より多くの香水で誤魔化そうとしてしまうのです。

心理で例えると、地味な女性が急にギャルメイクに目覚めることがありますが、こうした人は自分の顔にコンプレックスを抱いていて、「手軽に変わりたい」という変身願望を簡単に叶えてくれる方法こそが、ギャルメイクとなります。

臭いの場合も同じく、「手軽に臭いを消したい」という強い気持ちを叶える方法が、香水に頼ることであり、不安な気持ちが大きすぎることから、香水の量も多くなってしまうと考えられます。

過去に臭いが原因で惨めな目にあったり、いじめにあったなどの過去を持つ人は、香水によってその不安を解消しようとするはずが、逆に迷惑がられる原因を自ら作ってしまうことも、十分に考えられるということになります。

 

香水の仕組みor国民性が問題なことも

日本人はよく、「外人の香水が臭い…」という不満を抱えがちですが、実は香水自体の仕組みに問題があるとも考えられ、海外の香水はその土地柄にあった香水をつけてきた場合は、少量であっても臭いがきつくなってしまうことも。

簡単に説明すると、日本は湿気が多くてジメジメとした気候が特徴的ですが、湿気が高ければ発情しにくくなるため、海外の人はこうした気候を理解できずに、すぐに発情するものだと勘違いした結果、香水を多めにつけてしまったのかもしれません。

また、すぐに発情するようなカラッとした気候の国の人は、そうした気候にあった香水が販売されているため、日本では匂いのきつい香水へと変わってしまうこともあります。

もし、「海外旅行のお土産で香水をもらった!」という人がつけていた場合は、こうしたことが原因で、香水臭い人になってしまった可能性が考えられます。

あともう1つ、日本人は体臭などの匂いにとても敏感な国民性を持ち、非常に匂いにうるさいと言われる国でもあります。

だからこそ、外国人からすれば適量であると思い込んでいても、日本人にとってはとても臭いと感じてしまう可能性も、十分に考えられますよね。

 

☑️香水臭い人に隠れた裏の顔

「自分がどうかで判断している」と述べましたが、いい大人になっても香水臭い人の場合は、「自分の立場ばかりで物事を考える人」である可能性が高まり、「自分が匂いを感じるかどうか」で物事を判断しているため、「相手が迷惑かどうか」という部分に配慮ができない人であると言えます。

本来であれば、社会を経験することで香水臭い人が迷惑なことに気づける大人は、「大量の香水はダメなことだ」と理解できるものですが、こうした人は自分の立場で物事を考えるので、周りの迷惑を考えない、自己中心的な性格と言えます。

性格でいえば、相手の感情に鈍感な無神経な人であったり、空気が読めない言動が多い、失言で周りを凍らしてしまうなどが特徴的で、「なぜ相手は怒っているのだろうか?」と、自分が怒らせた原因さえ分からないことも、しばし見られる性格が多くなります。

もちろん大人であっても、香水初心者である人がいるので、全ての大人に当てはまるとは断言できにくい部分がありますが、注意されたり、長年香水をつけていても香水臭い人は、無神経な一面がある人物であると捉えておくことは、あながち間違いではありません。

自分が良ければそれで良しといった風に、相手を傷つける言葉を冗談交じりにチョイスしやすいタイプであるため、神経質な人とは全く合わないことも特徴的です。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP