ドラえもんが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

国民的アニメのドラえもんですが、世の中には「ドラえもんが嫌いだ!」と主張する人がいて、心の底から楽しんで見ることができない人がいます。

もちろん大人から子供まで、幅広い年齢層に人気のドラえもんが好きである人が、圧倒的に多いことも事実ですが、なぜ一部の人はドラえもんを嫌いになってしまうのでしょうか?

その理由やアンチの声について、幅広い層の声や本音を暴露していきます。

ドラえもんが嫌いな理由/アンチの声


見ていてイライラする

何をしてもダメ男で、だらしない私生活にイライラする感情を覚える人は、ドラえもんを見ていて楽しめない人であり、のび太のダメな部分ばかりが目につくことで、本来のドラえもんの良さを楽しめない人は、ドラえもんを嫌いになります。

のび太といえば、自分一人で乗り越えようとしないことが多く、どんな時でもドラえもんを頼ればいいという考えなので、こうした甘ったれた考えが大っ嫌いな人にとっては、のび太を心の底から嫌いになってしまうことでしょう。

もちろんのび太以外にも、ジャイアンの態度やスネ夫の挑発的な態度にイライラしたり、親の行動にイライラする人もいるので、この理由は様々なものがあります。

「あー、なんでそんなことするかなぁ。」と、アニメのキャラクターに対して真面目に考えてしまう人ほど、ドラえもんという世界観を楽しむことができず、ストレスが溜まってしまうのです。

 

後先考えないバカだから

のび太が後先考えないバカであることは、キャラの設定上仕方のないことですが、毎回同じような失敗やミスを犯すのび太に対して、「いい加減に学べのび太!」と、イライラしてしまう人も、ドラえもんが嫌いになる理由です。

他にも、小学生高学年なら流石にわかるだろう…と思うようなミスの連発に、「なんだこいつ。呆れた」と思ってしまったり、「前回も同じようなミスしてたじゃねーか!」などと思ってしまうことも、ドラえもん嫌いな人が抱く感情あるあるの1つです。

世の中にはバカが嫌いな人がいますが、こうした人にとってはのび太も同じように許すことができず、「怠け者で何もできないくせに、ドラえもんばっかり頼ってんじゃねーよ!」と怒りがこみ上げ、チャンネルを変えてしまった経験がある人も、アンチの中にはいるのではないでしょうか

 

ドラえもんがのび太をダメにしている

ドラえもん嫌いな人の中には、ドラえもんが甘やかすからこそのび太がダメ男になると主張する人もいて、どんな時でもドラえもんに頼るのび太が変われないのは、ドラえもんが全て悪い!と考える人も、ドラえもん嫌いでアンチの声に比較的多いです。

確かになにかあるごとにドラえもんに頼り、泣きつく事ですぐに道具を出してしまうドラえもんは、真面目に生きてきたり、嫌なことから逃げない人生を送ってきた人からすると、「甘やかすな!」と言いたくなる気持ちもわかります。

また、時にドラえもんはのび太に厳しい態度をとることもありますが、結局は「可哀想」や「仕方ない」という気持ちから、助けてしまうドラえもんの優しさに、「その優しさはのび太のためにならないよ。」と、親目線で考えてしまう人も、ドラえもんを嫌いになりやすいです。

 

親のしつけが悪いから

のび太が何もできないダメ人間に育ったのは、親のしつけが問題であると指摘する人もいて、そもそも嫌なことにはチャレンジしようともせず、すぐに諦めてしまうのび太に対して、「親がきちんとしつけしろ!」と主張する人も、ドラえもんを楽しめません。

現実世界で考えると、のび太に必要なのは親のしつけであることは正論でありますが、それでは楽しいアニメを作ることができないにも関わらず、どうしても現実世界の常識と主張してしまう人がいることも、ドラえもん嫌いが減らない原因です。

確かに、親がしっかりとしつけすればドラえもんは不必要ともなりそうですが、それでは国民的アニメのドラえもんが終わってしまうことにもなるので、こうした理由も考えれない人は、クレーマー気質が見られる人であるかもしれません。

 

暴力やいじめの正当化

今でこそジャイアンの暴力的シーンは減りましたが、昔はよくジャイアンがのび太を殴る蹴るのシーンが放送されていて、これが「子供に悪影響だ!」と主張する人も、ドラえもんが嫌いになる理由です。

他にも、「いじめじゃないのこれ?」という理由から、ドラえもんに対して嫌悪感を覚える人もいて、実際に同じように暴力的ないじめにあっていたり、子供がジャイアンに憧れてしまったなどの経験がある人は、ドラえもんが全て悪いと捉えてしまうことも仕方ありません。

これもあくまで一部の声でありますが、のび太がいじめにあうシーンに我慢ならず、悲しい気持ちになったり許せない気持ちになる人もいて、こうした人にとっては、ドラえもん=いじめがあるというイメージが強く残ってしまうのです。

 

声優が変わったから嫌い

アニオタと呼ばれる人の特徴として、声優にこだわることが挙げられますが、ドラえもんが好きだった人もアニオタと同じように、声優にこだわっていたことが理由で、ドラえもん嫌いになってしまうことも。

昔の声の方が良かったと主張する人は実際にいますし、今の声になってから興味がなくなってしまった人もいるので、ここは難しい問題でもあります。

一生声が変わらないなんてことは難しいですし、新しい声優にも良さがあるはずですから、こうした良い部分を見ようと心がけないことには、どのアニメでも突如嫌いになってしまうことになりかねません。

 

行動する気がないクズ

行動する気がないクズとは、ジャイアンにいじめられたのであれば、ドラえもんの道具に頼ることで助けてもらうことを快く思う人はいるでしょうが、しずかちゃんを自分に振り向かせようとすることすら、ドラえもんに頼ってしまうのび太に対して、「こいつクズだな」と思ってしまう人もいます。

そもそものび太には出木杉君というライバルがいて、恋愛は自分の力でなんとかする必要があるはずなのに、ドラえもんの力で恋までもをどうにかしようと考えるクズさに、胸糞悪い感情を覚えてしまうことも、嫌いになる理由です。

これは出木杉君側から見れば、完全に卑怯であると思ってしまうことは当然のことですし、出木杉君が好きな人からすれば「可哀想」という感情を覚えてしまいます。

今の時代は恋をしない人も増えたので、ダメ男でも恋を必ずする必要がない時代だからこそ、「ドラえもんが助ける必要はないのでは?」との疑問を抱き、卑怯者としてのび太を見てしまうのです。

 

ドラえもんを嫌いになる人の特徴


親目線で見てしまう人

親目線で見てしまう人は、自分の子供とのび太を比較してしまったり、自分のしつけとのび太の両親のしつけを比べてしまうことで、「親としてきちんと責任を果たせ!」と感じてしまうことが、イライラしたり好きになれない心理になります。

子供の頃はなんとも思っていなかったけど、自分が人の親になってからドラえもんを嫌いになって、親目線でどうしてもドラえもんを見てしまう人にとっては、「親がジャイアン家に抗議しにいけよ!」など、何かと親の立場としてはツッコミどころの多いアニメなだけに、落ち着いて見ることができません。

こうした心理が見られる人の特徴としては、のび太よりも両親に不満を持ってしまうことに加えて、勉強させたり嫌なことから逃げないためにも、親がもっと子に対して真面目に取り組むべきだと思える人となります。

 

感情移入してしまう人

のび太が悔しそうな思いをした時に、自分も同じくらいに悔しい思いをしてしまったり、殴られた時に同じく心が痛くなる人も、ドラえもんが嫌いなる心理の1つで、アニメの主人公に対して感情移入しやすい人ほど、この心理は当てはまりやすいです。

ドラえもんといえば、道具を手に入れたことで調子に乗ったのび太が、最終的には自分が痛い目にあう構成が多いので、感情移入しやすい人には苦手意識がつきやすいアニメであるとも言えるでしょう。

特に子供の頃に主人公に感情移入してしまうことが多く、こうした感情を大人になっても覚えている人は、どこかドラえもんを好きになれない人となってしまうことも、十分に考えられます。

 

甘えが大っ嫌いな人

どんなことでも、「それは甘えだ」と相手に突きつけてしまう人も、ドラえもんを嫌いになる心理が働きやすく、こうしたタイプの人から見てドラえもんとは、「ヘタレが甘えるだけのアニメである」と捉えてしまいがちです。

このタイプの人は、「他人の痛みに鈍感である」性格傾向が見られる人であり、子供の頃から本当は甘えたかった気持ちを押し殺して大人になったり、自分一人で悩みを抱え込んできた人ほど見られやすい心理です。

のび太の甘えに対して、イライラしたり甘えるなと思ってしまう人は、自分が子供時代に甘えてこなかったからこそ、イラっとしてしまうのでしょう。

 

ドラえもんを嫌いになる心理


嫌いな自分を思い出す

のび太やドラえもんなど、キャラクターに対してイライラする感情がある人は、「嫌いな自分を見ているようだからイライラする」心理が働き、どんどんと嫌悪感を覚えていきます。

人は誰しも自分の嫌いな部分を心の奥底に無理やり閉じ込め、分からないかのようにしようとしますが、これを「抑圧」と言い、自分の嫌いなキャラクターを見てしまうことで、無理やり閉じ込めた感情が反応してしまうのです。

これこそ投影心理であり、「心は自分の嫌いな部分を写す鏡」という有名な言葉こそが、今のあなたに当てはまる心理状態となります。

 

良い部分が見えない心理

のび太やドラえもんなど、とにかく良くない部分が一度見え始めてしまうと人は、良い部分が見えなくなってしまう心理が働き、どんどんと悪い部分だけが強調されていくようになります。

なんか苦手だなと感じた瞬間から、相手の良い部分が全く見えなくなってしまうのが良い例で、自分にとって嫌いだと感じる相手に対して、良い部分が全く見当たらないことは、人が持つ欠点とも言えます。

例えばジャイアンの暴力が不愉快に感じた人は、ジャイアンは自己中心的だし態度もでかいし…などと、仲間思いである良い一面などが見えない心理状態となってしまうのです。

 

現実世界として考えてしまう

アニメを現実の世界として考えてしまう人も、ドラえもんを楽しめないのは当然のことで、非現実的な世界だからこそ多くの人が見入り、楽しめるアニメなだけに、現実世界として考えてしまうことは、イライラしてしまう原因そのものです。

現実世界にドラえもんがいれば、世界中の人々が働く選択などしないでしょうし、ひみつ道具を使って世界征服を企む人だって出てくることでしょう。

アニメの世界だからこそ平和的で、心温まるような世界が描けるわけであるため、現実世界として考えることでイライラする人は、捉え方を変える必要が出てきます。

 

人気者にアンチはつきもの


アンチが多いのは人気者の証であることは間違いなく、世界的にも有名でファンが多いドラえもんには、必ず一定のアンチが付いてしまいます。

なんでもドラえもんは、J-WAVEが3446名の会員を対象に行った調査結果によると、世界に誇れるアニメだと答えた人の割合が37%で一位であったとの報告もされているほど、多くの国民に愛されているアニメであります。

もちろんアンチになることも人の自由ですし、他人に迷惑をかけないのであれば、アンチになることも決して悪いことではないでしょう。

中には、アンチになる気持ちを共感してほしいことから、ネットに書き込んでしまう人もいますが、これこそドラえもんが大人気で愛されている裏返しであると言える、決定的証拠なのです。

関連記事:アイドル嫌いな人の特徴〜理由とそうなる心理について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP