サザエさんが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

「サザエさんが苦手だ!」と主張する人は、日本国民にも案外多く、国民的アニメと言われるサザエさんには、常に一定のアンチが存在しています。

実はサザエさんには、他人をイラつかせてしまう設定がいくつも存在し、嫌われてしまう原因は、結構単純な理由であったりもします。

そんなサザエさんについて、この1ページでは心理から特徴に関してまで、幅広く専門的な知識を持って解説していきます。

サザエさんが嫌いな人の意見


サザエが嫌い

サザエといえば、マスオさんの妻であり子育てを頑張る主婦キャラでありますが、サザエが嫌いになりやすいのは女性であり、特に結婚後に様々な苦労を乗り越えてきた女性ほど、サザエが嫌いになりやすいです。

理由は簡単で、「専業主婦が羨ましい」とか「自己中心的なバカなのに、家庭が円満だ」などの、主に主婦目線で見たサザエが嫌いであるという意見であり、今や日本は専業主婦が難しい時代だからこそ、こうしたキャラクターは好かれないのでしょう。

他にも、「マスオのおかげで家庭が円満なのに気づけていない」とか、「家事育児もそれほどこなしていない」など、主婦としてのレベルは全く大したことがないのに対して、家で偉そうにしているサザエが鼻につき、嫌いになってしまう人は非常に多いです。

 

マスオが痛々しくて嫌い

マスオに対する扱いが酷すぎるからこそ嫌いになる人もいて、マスオは妻のサザエに頭が上がらないキャラ設定であるため、これが世の男性陣の心を痛める結果を招いたり、旦那を愛する妻の気分を悪くする原因となることも。

普段から優しくてサザエに怒ることすら珍しいマスオに対して、「サザエは雑に扱いすぎている!」という意見や、「もう少し感謝すべきではないか?」という意見は、基本的に男性陣から多く聞かれる声であるため、痛々しくて見ていられないアニメだという認識が、サザエさん嫌いを加速させています。

また、マスオは家事育児をあまり手伝わないことから、女性目線から見れば「もっと家事育児に協力的でもいいのでは?」という不満が、どんどんと嫌いな感情を加速させてしまうこともあります。

 

子供達が嫌い

カツオ、ワカメ、タラちゃんが嫌いという人もいて、まずカツオについては「計算高いから嫌いだ」という意見が圧倒的に多く、現実の世界では嫌われる性格の代表でもある打算的な一面が、自分の身近に存在する打算的な人物と重なることで、イライラしてしまうのでしょう。

ワカメについては、「優柔不断な性格」と「すぐにチクる性格が嫌いだ」との意見が多く、どんな時にも悩む姿がぶりっ子に見えてしまったり、チクる姿が卑怯者そのものだと感じる人は、ワカメに対して嫌悪感を抱いてしまうののです。

タラちゃんについては、もの凄く純粋で可愛いと思われがちですが、「甘やかされて育っているのがムカつく」と答える人もいて、甘やかすからこそあんな性格になるんだ!と考える人にとっては、タラちゃんが調子に乗っている性格に見えることから、どうしても好きになることができません。

 

波平/フネが嫌い

波平とフネであれば、波平が嫌いだという意見の方が多く聞かれることは当然で、波平は昔の日本人男性を描いてようなキャラなので、現代人にとっては「理不尽な人物」そのものであり、すぐにキレたり説教をする姿が「老害だ」と感じてしまう人も。

いつも威厳を保つように堂々とした態度が、現代人にとっては偉そうな態度そのもので、いつも自分の意見を押し付けるように説教を始める波平は、もはや時代遅れのおじいちゃんであることは間違いありません。

また、少数ですがフネが嫌いという人もいて、「波平に対してヤキモチを焼く姿が苦手だ」とか、「波平が偉そうなのはフネのせいだ」と考える人もいるので、波平とセットでフネが嫌いになってしまう人も、中にはいることでしょう。

 

その他が嫌い

サザエ一家以外での嫌われ者といえば、ノリスケであると考える人は多いことでしょう。

図々しいことで有名なノリスケは、マスオの帰りを駅で待つことで酒代を奢ってもらおうと試みたり、他人の家に勝手に上がり込んで好き放題するなど、性格が悪いキャラであることに間違いなく、自分にとって利益になることばかりを考えています。

だからこそ、真面目な人からすれば「こいつは許せない!」とか、「見ていてイライラする!」との感情を覚え、単なる自己中で自分のことしか考えないノリスケに対して、「もう出てくるな!」との声を上げる人もいるほど、クズキャラであるノリスケを嫌う人は珍しくありません。

 

サザエさんを嫌いになったシーン


サザエのムカつく言い訳

過去の放送にて、サザエがスーパーでアルバイトを始める放送があり、これをきっかけにサザエアンチが一気に増加し、実際にヤフニュースで取り上げられるなどと、何かと話題を集めました。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP