ワンピースが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

「ワンピース嫌いだわぁ。」と、圧倒的人気を誇るワンピースに対して、あまりいい感情を持っていない人がいて、こうした人はワンピースアンチと呼ばれます。

どの世界も人気者にはアンチがつきものですが、「面白いはずのワンピースが嫌いになる理由」を、ここでは全て暴露していきます。

「絶対に嫌われるはずがない」と思う人も、世の中には様々な視点でアニメを見る人が存在することが、理解できるはずです。

ワンピース嫌いな人の意見


ルフィにイライラ

主人公ルフィといえば、思えばすぐ実行するバカな一面を持つキャラでありますが、冷静に考えると子供でも分かりそうなことを、理解できずに失敗を繰り返すルフィに対して、苛立ちを覚えた人は多いはずです。

これはワンピース好きな人の間でも、ルフィは歳をとるごとにバカになっているとの議論がされるほどで、2年以上たっても一向に成長しないルフィに対して、「こいつ痛いキャラだな」と感じてしまう人も。

また、ルフィは空気が読めない性格であるため、真面目にしないといけない場面でもふざけてしまったり、ポジティブな言葉ばかりを並べるので、こうしたルフィに対して苛立ちを覚えた結果、ワンピースはストレスがたまる作品として捉え、嫌いになってしまうことがあります。

 

回想が鬱陶しい

ワンピースといえば、回想が多い漫画でも有名であり、さらに回想シーンが非常に長いことでも度々話題を集めますが、この回想がつまらないとか鬱陶しいと感じる人が増えていて、これが理由でワンピースを嫌いになった人もいます。

過去には、単行本一冊まるまるが回想シーンで終わってしまうこともあるなど、回想が原因でアニメや単行本を購入しなくなった人が増えたことは、間違いのない事実と言えるでしょう。

逆を言えば、回想を少なく短くできれば、今以上に面白くてハマる漫画であった可能性もあるだけに、こうした期待を長年寄せていたファンからすれば、期待を裏切続けられている形となるのが今のワンピースです。

 

お涙頂戴が苦手

お涙頂戴シーンも非常に多いワンピースは、これが原因でつまらないと感じる人もいて、「お涙頂戴シーンはもういいから、さっさとストーリーを進ませろよ!」と主張する人もいるほど、こちらも回想シーンと同じく進まない原因そのものです。

漫画全体の完成度にこだわる人からすれば、「お涙頂戴シーンを書くなら、もっと丁寧に綺麗にかけ!」との意見もあったり、「携帯小説みたいなお涙頂戴はいりません!」なども意見が多く聞かれます。

漫画やアニメに限らず、テレビでもお涙頂戴シーンを強要する番組は嫌われがちですが、あまりにも回数が多すぎるワンピースに嫌気がさし、面白さが分からなくなってしまうことも、ワンピースアンチあるあるの1つです。

 

結局は暴力の解決

暴力が嫌いな人にとって最大の敵となるワンピースは、いつも暴力で解決することで海賊を正当化しようとしていることに、腹を立てたり苛立ちを感じており、シナリオ自体が受け付けない人もいます。

他にも、「自分の兄を助けるために極悪囚人たちを大量解放する」ことが、自己中心的でまさに暴力的な人の考えだと思うなど、どんな時にも悪党をやっつけることで暴力を正当化するワンピースが、酷い漫画ではないのか?と疑問に思う主張は、昔から多い意見です。

ワンピース好きな人からすれば、「漫画の世界の話なのにね…」と呆れを切らせたり、「バトル漫画だから当然だろう」と思うのは当然ですが、様々な部分で悪影響である等の考えを持つ人にとっては、ワンピースは悪影響そのものであるとの考えに至るのかもしれません。

 

納得できない悪魔の実

ワンピースでは悪魔の実の上下関係に関して、今までも様々な議論がされていますが、有名なのはエースがマグマにやられるシーンであり、一部では「火なのにマグマにやられるのはなぜ?」と疑問に思い、これが今だに納得いかない人も。

これは非常にややこしい話で、科学の話や覇気の話などが交わることで、頭がぐちゃぐちゃになる人も多く、「お前はただの火、わしは火を焼き尽くす”マグマ”じゃ。わしと貴様の能力は完全に上下関係にある」という発言が、さらに混乱を引き起こしました。

ルフィに関しても、「ただのゴムならゾロに簡単に切られるのでは?」と単純に考える人もいるので、納得できないことでワンピースを楽しめず、意味不明な漫画だとレッテルを貼ってしまうことが、嫌いになる原因となってしまうことも考えられます。

 

王道パターンに飽きた

実はワンピースは毎回のように同じパターンを繰り返していて、仲間が離脱するシーンに関しても、「やっぱり一味に戻りたい」と涙ながらに訴えかけるのは、今や王道パターンの1つとなりました。

他にも、回想シーンからバトルまでが非常に長いなども毎度お馴染みで、ワンパターンすぎる展開に飽きてしまったり、呆れを切らしてしまうファンが出てくるのも納得です。

ページ:

1

2 3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP