ポケモンが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

子供から絶大な人気を誇るポケモンですが、中には子供であってもポケモン嫌いな人がいたり、大人になってからポケモンが嫌いになった人もいます。

一見愛らしくて可愛いポケモンに対して、嫌いになる感情は考えにくいとも思いがちですが、ポケモンアンチが増え続ける理由の中には、驚くべき理由でポケモン嫌いとなってしまった人もいます。

ここではポケモンアンチの主張を述べることで、嫌いになる心理に迫っていきます。

アニメ嫌いな人の意見


サトシが嫌い

サトシが嫌いという人の意見の多くは、のび太が嫌いだとの意見と被ることが多く、サトシは新しい地方に行くとすぐに調子に乗ることに加えて、毎回のように同じ失敗を繰り返しては、仲間やポケモンに助けられることを繰り返しています。

これに対して「いい加減学べよばか!」とイラつきを隠せない人がいて、空気の読めない言動やポケモンの知識が深まらないことに対して、不信感を抱く人が後を絶ちません。

他にも、ロケット団の罠をいつまでも見破ることができないとか、ピカチュウだけを溺愛して差別しているなど、サトシの純粋すぎるとも取れる言動の1つ1つが、ポケモンに対して嫌いな感情を植え付け、イライラさせる原因となっています。

 

マンネリ化とネタ切れ

アニメポケモンは1997年から放送が始まり、通算放送1000回を超えた長寿アニメとして有名ですが、いつまでも終わらず毎回のように同じ展開が続くことで、視聴者は飽きがきてしまい、見ていても楽しいとは思えません。

マンネリ化してしまうと、「もうどうでもいいや」と思ってしまうのは当然のことですが、自分の「早く終わって欲しい」という本音とは裏腹に、いつまでも人気を誇るポケモンに対して、イラつきを覚えてしまうのです。

すると結果的に、大好きだったポケモンが気づけばアンチに変わっていて、「さっさと終われよ!」という要望が叶わない限りは、いつまでもポケモンの情報を仕入れることで、イライラしっぱな時の状態となってしまうことが、ポケモン嫌いを加速させてしまいます。

 

人気ポケモンが優遇されがち

ポケモンは昔から人気ポケモンが優遇されがちで、ゴーストタイプや見た目がイカツイポケモンは、常に悪者としてサトシ達にやっつけられるシーンが多くありました。

こうしたシーンを見てきた人からすれば、「なんでゴーストタイプは悪者なんだよ!」と不満を抱いたり、「人気ポケモンだけ可愛がられるのかよ!」などと、どんどんと不満が積もっていきます。

一度こうした感情を持つと人は、同じようなシーンでは過去のように楽しくアニメを見ることができず、何が楽しいのか分からない状態となってしまうため、ポケモンをつまらなく感じてしまったり、不満から嫌いな感情が強くなってしまうのです。

 

手当が遅いのが可哀想

アニメポケモンはバトルシーンもリアルに再現しているため、ポケモンがボロボロになるまで戦わせたり、大きな傷を負っても頑張らせるトレーナーに対して、「可哀想だろ!」との意見を持つ人もいれば、「さっさと治療してあげろよ!」と主張する人もいます。

アニメでは多くの場合、すぐにポケモンセンターに連れて行くことはなく、むしろ連れて行かないでも自然と回復していることがほとんどであるため、「はぁ?意味不明だわ」と呆れてしまったり、「傷ついたままで放置なんて冷たいトレーナーだ」と思うことで、ポケモンのイメージがネガティブなものへと変わってしまいます。

確かにアニメポケモンでは、いい勝負を演出するためにも一方的にやられるシーンが多々ありますが、ボロボロになってまで戦うことに対して、感謝の気持ちを持っていないトレーナーは、大人が見るとイラっとしてしまったり、なんだこいつと不信感を覚えてしまう瞬間でしょう。

 

戦わせる目的が不明

子供向けのアニメであれば、悪者を倒すのが王道なのに対して、ポケモンは正義同士でも戦わせることがどうも納得できず、大人からすれば「なんの目的で戦っているの?」と疑問に思うことがあります。

ポケモンは本来、ポケモンマスターになることが目的であるのに対して、何年経ってもマスターになれないどころか、ポケモンが初期化してしまう謎の現象に、「戦わせる意味ないじゃん」と、大人ならではのツッコミを入れてしまう人も。

ポケモンマスターになりたいからといって、ポケモンを道具のように戦わせる姿には、理解を示せない一定の人がいるのも確かで、こうした人にとっては戦闘物のアニメ自体が苦手であったり、暴力シーン自体が苦手である人も多いです。

 

ゲームが嫌いな人の意見


廃人が多すぎる

ゲーム対戦でおなじみのポケモン廃人は、初心者では全くといっても歯が立たないどころか、手加減なしで本気で勝ちに来る人が非常に多いため、ただ楽しみたいだけの人からすれば、勝てないだけのゲームであると感じたり、勝てないからつまらないと感じるのも当然です。

廃人と呼ばれる人は、性格等の様々な組み合わせを駆使してポケモンを作り上げていくわけですが、子供にはこうした細かな計算は難しく、伝説のポケモンが大人に敗れる姿は、ユーチューブでも度々話題となります。

もちろん廃人だって楽しみながらゲームを進めていることは間違いありませんが、あまりにも強すぎる廃人に対して、「うざい」という感情を覚える人もいるほど、初心者は勝つことが難しいゲームこそがポケモンなのです。

 

房ポケが嫌い

房ポケとは、頭を使わなくてもゴリ押しで勝てるポケモンのことであり、強いポケモンばかりを使う人が多くなればなるほど、対戦であっても同じポケモンとばかりの対戦となるため、マンネリ化や飽きがくるのも早くなります。

これは昔からポケモンに対して指摘されていることであり、一定の強いポケモンばかりを大勢が使うということは、いわば限られたポケモン以外は不必要となってしまうわけですから、ここを改善して欲しいと長年願っている人がいるとすれば、この期待を裏切られている形となるわけです。

ポケモンガチ勢にとっては、勝つことこそが全てであるという考えであるため、勝てばなんでもいいという考えの人が嫌いで、ポケモン嫌いになってしまう人もいます。

 

ポケモンGOが原因

大人から子供までが夢中になったポケモンGOは、今でもマナーが指摘されるなど、何かとニュースで取り上げられることも多いですが、ポケモンGOが鬱陶しくて邪魔だと感じる人も、同じくポケモン自体を嫌いになってしまいます。

歩きスマホをする人もいれば、運転中にポケモンGOをする人もいるので、こうした一部のマナー違反が原因でポケモン自体を嫌いになり、鬱陶しい存在だと捉えてしまうことも。

また、マナーがいい人であっても立ち止まることで、ポケモンを捕まえる行為が必要となるため、道でこうした行為をされることが鬱陶しいと感じる人もいることでしょう。

 

大人が必死だから嫌い

廃人でもお伝えした通り、ポケモンはかなり複雑な構成の元で強さが変わってくるので、大人でものめり込むほど楽しめるゲームであるのはいいですが、逆に大人が必死になっている姿が気持ち悪くて、どうも好きになれない人もいます。

全国大会ともなれば、上位にくるのはほとんどが大人でありますし、ポケモンという一見子供向けにも見えるゲームだからこそ、「なんで大人が必死になってんだよ…」と、冷静にツッコミを入れてしまうのは、ある意味仕方がありません。

世の中の全ての人がポケモンの奥深さを知るわけでもないですし、実はもの凄く頭を使うポケモンだけに、大人が必死になってしまうことがアダとなり、嫌いであるというイメージ悪化に繋がることも。

 

子供がゲームをやめない

親の立場からすれば、ポケモンにどハマりした子供がゲームをやめないから、ポケモン自体が嫌いになってしまうこともあり、これは責任を全てゲームに押し付けてしまう親も悪いと言えそうです。

自分がきちんと躾できないことを、ポケモンに押し付けてしまうことは、ポケモンは被害者であるとも考えることができます。

アニメでもそうですが、子供がマネをしたから嫌いだという親は、子供の楽しみを平気で奪ってしまう親に多く見れる特徴が存在します。

 

ポケモン嫌いな人の特徴/心理


過去にポケモンが好きだった

ポケモン嫌いだと主張する人のほどんどは、ポケモンを好きだったという過去を持つ人であり、そもそもポケモンに興味がなければ、嫌いという感情を覚えることもありません。

意見を見ても分かるように、ポケモンが嫌いだと主張する人は、ポケモンに対して一定以上の知識を持っていて、良い部分も悪い部分も知っているからこそ、嫌いになる原因を見つけてしまうわけです。

ポケモンのゲームが好きであった人も、アニメ版が好きであった人も、悪い部分が目立つようになれば誰でもネガティブ思考になりますし、悪い部分が目立つことは良い部分が見えなくなり、どんどんと欠点ばかりが見えてしまうものです。

 

感受性が高い

感受性が高い人は、痛みや苦しみに敏感な人でありますから、アニメポケモンでボロボロになってまで戦う姿に対して、「きっと体も痛いのだろう…」とリアルな想像をしたり、苦しみを想像してしまいます。

するとポケモンを楽しむどころか、痛々しいアニメだと感じてしまうようになり、感受性が高い人は繊細で傷つきやすい一面を持つので、心が傷ついてしまう人もいます。

さらに喜怒哀楽が激しい特徴が見られるこの性格は、バトルシーンを見ることで大きなストレスを溜めてしまい、落ち込んでしまうなどの症状も見られることがるので、このタイプには戦闘シーンはおすすめできません。

 

勝ち負けにこだわる人

ゲームを楽しむというよりも、勝ち負けのみにこだわる人もポケモンを嫌いになる人の特徴で、廃人相手に何度挑んでも勝てない事実を突きつけられると、やがて自分ではなくポケモンが悪いと責任転嫁することで、ポケモン嫌いになってしまいます。

これは基本的に男性に当てはまりやすく、男性は勝ち負けにこだわる性質を持つので、たとえゲームであっても負けることは悔しく、勝ち負けをはっきりつけたがる癖が見られます。

きちんと負けを認めれる人であれば、鍛え直して勝つこともできるかもしれませんが、プライドが高い人ほど負けることを認めれないので、よりポケモン嫌いになりやすいのかもしれません。

 

任天堂アンチ

ネットでは任天堂アンチが暴れまわり、任天堂関連の記事が荒れることを度々目にしますが、ポケモンは任天堂が携わっていることもあり、任天堂アンチにとって気にくわないゲームの1つです。

人気者にはアンチが付きものと言いますが、大人気のポケモンが人気低迷を迎えないことに腹を立てたり、多くの人が楽しむ姿に腹を立てる人は、心の底からポケモンを嫌っていることでしょう。

任天堂アンチはもともと、任天堂が大好きだった人たちの構成であるとも言われているので、期待を裏切られたこと過去などが原因で、今でもアンチ活動を続けている人もいます。

 

世界で愛されるポケモン


ここではアンチの声をまとめてきましたが、ポケモンが世界中で愛されていることは間違いなく、嫌いな人より好きな人が多いことも間違いありません。

世界中で愛されるポケモンだからこそ、一定のアンチが出るのは当たり前で、それでも今尚世界大会等で盛り上がりを見えるポケモンに、今後も目を離せません。

もちろん、房ポケや廃人等の改善すべき部分もありますが、だからこそ今後も伸び代があるゲームであると言えるのではないでしょうか。

関連記事:サザエさんが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP