ポケモンが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

これは基本的に男性に当てはまりやすく、男性は勝ち負けにこだわる性質を持つので、たとえゲームであっても負けることは悔しく、勝ち負けをはっきりつけたがる癖が見られます。

きちんと負けを認めれる人であれば、鍛え直して勝つこともできるかもしれませんが、プライドが高い人ほど負けることを認めれないので、よりポケモン嫌いになりやすいのかもしれません。

 

任天堂アンチ

ネットでは任天堂アンチが暴れまわり、任天堂関連の記事が荒れることを度々目にしますが、ポケモンは任天堂が携わっていることもあり、任天堂アンチにとって気にくわないゲームの1つです。

人気者にはアンチが付きものと言いますが、大人気のポケモンが人気低迷を迎えないことに腹を立てたり、多くの人が楽しむ姿に腹を立てる人は、心の底からポケモンを嫌っていることでしょう。

任天堂アンチはもともと、任天堂が大好きだった人たちの構成であるとも言われているので、期待を裏切られたこと過去などが原因で、今でもアンチ活動を続けている人もいます。

 

世界で愛されるポケモン


ここではアンチの声をまとめてきましたが、ポケモンが世界中で愛されていることは間違いなく、嫌いな人より好きな人が多いことも間違いありません。

世界中で愛されるポケモンだからこそ、一定のアンチが出るのは当たり前で、それでも今尚世界大会等で盛り上がりを見えるポケモンに、今後も目を離せません。

もちろん、厨ポケや廃人等の改善すべき部分もありますが、だからこそ今後も伸び代があるゲームであると言えるのではないでしょうか。

関連記事:サザエさんが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

ページ:
1 2

3

コメント

    • 緋刃刀
    • 2019年 8月 15日

    …これは取るに足らないことかもしれないが、
    私の場合は【メスポケモンが異常に優遇されている】というところだろうか。
    ビークインやエンニュートのこともあるがそれ以上に、
    【全てのポケモンはメスからしか種族が遺伝されない】という点で僭越ながら『待ってくれよ』と思う。
    もちろん、メタモンという救済ポケモンが居てくれることには深く感謝している。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP