アンパンマンが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

「アンパンマンって正直嫌いなんだよね…」と思うことは、何も大人だけに限らず、子供であっても苦手意識が強い子もいて、そこには様々な理由が隠れています。

この1ページでは主に、「世界的人気を誇るアンマンマンアンチ」の声にせまっていくことで、苦手意識がついてしまう原因を追求していきます。

圧倒的に好きという声が多いアンパンマンだけに、数少ない共感できる声がたくさん聞けることは、間違いありません。

アンパンマン嫌いな人の意見


ばいきんまんの話を聞かない

アンパンマンといえば、ばいきんまんと遭遇するとすぐに攻撃態勢に入りますが、「とにかくばいきんまんの話を聞こうとしない」ことが、アンパンマンに対して嫌悪感を抱いてしまう理由で、どんどんと苦手になっていく原因です。

例えば、ばいきんまんと遭遇するなり殴ってしまうシーンがあったり、話している途中で攻撃に出てしまうことがありますが、これが親目線からすれば「何この主人公…」と呆れてしまい、どうしてもアンパンマンを好きになることができません。

人の話をきちんと聞くことが大切だと思っている人からすれば、アンパンマンは典型的な悪い例であり、子供に真似してほしくないと思ってしまう瞬間となるため、アンチアンパンマンが絶えることは、これから先も考えられないでしょう。

 

苦手なキャラがいるから

たくさんのキャラが存在するアンパンマンだけに、その中から嫌いなキャラクターが出てくることで、アンパンマンをあまり好きになれない人もいます。

例えば、ホラーマンがどこか不気味で怖い感じがするとか、あかちゃんまんの態度が鼻につくなど、自分が心の中で嫌っている人物像とキャラクターが一致してしまうことで、そのキャラに対して嫌悪感が生まれた結果、アンパンマンという作品全体に苦手意識がついてしまうことも。

もちろんアンパンマンの正義感が嫌いな人もいれば、ばいきんまんの意地悪さが嫌いな人もいるので、こうしたメインキャラクターに対して苦手意識を持っている人は、アンパンマン自体を心の底から楽しむことができないのです。

 

暴力で解決するのが嫌だ

時としてバイキンマンは理由を説明しようとしたり、何かと自分の言い分を伝えようとはするものの、アンパンマンはそれを無視して攻撃に出ることが、とても攻撃的な性格で嫌いだと主張する人もいて、特に平和主義で暴力を好まない女性陣にとっては、この意見が非常に多いようにも思えます。

こうした人の主張としては、「ばいきんまんの主張もしっかりと聞くことができれば、最終的には話し合いでも解決できるのでは?」と疑問視してしまうことにあり、そもそも話し合う気がないアンパンマンに対して、「自分の性格も見直すべきではないだろうか?」と真面目に考えてしまう人は、この先もキャラ設定に不満を覚えることでしょう。

ばいきんまんを攻撃することで撃退するシーンは、毎回お馴染みのパターンでもあるため、嫌でもこのシーンを目にしてしまうことがストレスとなり、子供に見て欲しくない不満を抱える家庭も少なくありません。

 

差別なイメージが抜けない

ばいきんまんが散々悪いことをしてきたことは百も承知ですが、だからと言ってばいきんまんの顔を見るだけでも、町中の人が嫌な顔をし出したり、アンパンマンが戦闘態勢に入ってしまうことに対して、差別的なものを感じてしまう人もいて、幾ら何でもばいきんまんが可哀想だと擁護する人も。

こちらに関しては、「散々悪をしてきたばいきんまんが悪い」との意見と対立しそうなものですが、何をしても悪だと決めつけられるばいきんまんに、同情してしまうことが嫌いになる原因であると考えられます。

また、ばいきん=何をしても汚い扱いされるといったイメージを持つ人もいて、ばいきんという設定自体が子供の差別を助長すると考える人もいるので、こうした人がアンチになってしまうことも当然のことと言えそうです。

 

商品がとにかくダサい

「本当はもっと可愛いデザインが欲しいのに、子供の趣味で自分好みでないアンパンマン商品を買わされてしまう…」という意見も、アンパンマン嫌いな人に案外多く聞かれる意見で、こちらも一応載せておきます。

アンパンマングッズは基本的に落ち着きがない商品が多いので、家のインテリアと合わないから嫌だとか、かっこ良く見えないから嫌だなどの意見を持つ人も、あまりアンパンマンを好きになれず、子供に見て欲しくないと思ってしまう原因となりかねません。

親からすれば、子供が喜ぶ顔が一番なので我慢できる人もいますが、子供であっても譲れないというわがままな親もいるので、グッズが原因で嫌いになってしまう人も、一定層の割合でいると考えるべきでしょう。

 

顔に対する恐怖心が苦手

アンパンマンの最大の特徴は、自分の顔の一部をあげることで相手を助けることにありますが、これは放送開始当時から「残酷なシーンである」という声が一部で上がり、今でもこれが苦手であると答える人も多くいます。

他にも、「顔の一部が無い映像が気持ち悪くて見れない」とか、「顔がなくても動けるのが不気味だ」と感じる人もいて、顔に対する恐怖心を持ってしまうことは、アンパンマンをホラー映画のような感覚にさせてしまいます。

過去の経験から何らかのコンプレックスを抱えている人からすれば、崩れた顔を見ることで当時の映像が蘇ってしまったり、リアルな想像をしてしまうことで、気持ち悪さを覚えてしまうわけですが、確かに視聴者がゾッとしてしまうような映像が、過去に放送されていたことも事実です。

 

他力本願なことがムカつく

アンマンマンがピンチの時に、助けてくれる仲間の存在を他力本願であると捉える人もいて、ばいきんまんが一人でメカを作り努力しているのに対して、「仲間に助けてもらうだけのアンパンマンは卑怯だ!」と主張する人もいるほどです。

こちらに関しては、自分が嫌いな人物像を思い出してしまうからこそ、アンパンマンが仲間に頼ることを快く思えない心理が働いており、嫌いな自分を見ているようだからこそ、アンマンマンの他力本願な行動がムカつくと感じてしまう原因です。

「ヒーローなくせに他力本願!ばいきんまんは自分で何でも努力する!」と捉えてしまう人にとっては、アンパンマンはヒーロというよりかは、一人じゃ何もできないキャラクターと見てしまうのでしょう。

 

子供が真似したから

親にとっては悪影響なアニメは大っ嫌いになりやすく、アンパンマンのアンパンチを子供が真似してきたことなどが原因で、アンパンマンアンチとなってしまう親は、この時に抱いた嫌な気持ちを忘れることができません。

特に女性は嫌な気持ちがふとした瞬間に蘇りやすい性質を持つので、子供がアンパンマンの真似をするたびに嫌な気持ちが蘇ったり、おもちゃを見るだけでも嫌な気持ちになってしまう人も。

暴力で解決するのが嫌だと感じる人にとっては、こうしたリスクがあるからこそ暴力的なシーンを嫌い、自分の理想通りに子供が育っていかないことに、イライラしてしまう人もいることでしょう。

 

単純にキャラが可愛くない

可愛さ重視でアニメを見ている人にとっては、好きになれないのは当然のことですが、アンパンマンは顔にカビが生えるシーンや、先ほど紹介した顔が取れるシーンなどがあるため、こうしたシーンがあることによって、より可愛いという感情が強調されない人もいます。

こちらについては個人の好みが大きく関わってくるので、可愛いと感じることができれば、きっとアンパンマンを好きになっていたことでしょう。

 

アンパンマンが嫌いな人の特徴


繊細な性格の人

繊細な人は周りの気持ちに敏感で、すぐに痛みや悲しみを共感することができる一方で、暴力的なシーンやグロいシーンも同じく敏感に感じてしまうため、アンパンマンでさえも苦手意識を持ってしまいがちです。

このタイプは不安が心の中で絶えないので、心の中の悩みでパンクしそうな状態が続いた結果、効率的に動くことを不可能とするタイプです。

繊細な人はいじめられる側の気持ちにも敏感である一方で、攻撃されるばいきんまんの気持ちにも敏感になってしまうので、なんとも痛々しいアニメとして見てしまうことが、楽しめない自分を作っています。

 

暴力が嫌いな人

何でも暴力で解決する人が嫌いという人も、アンマンマンが嫌いな人の特徴であり、暴力的な父親の元で育った人にとっては、暴力的なシーンを目にするだけでも嫌な気持ちになる人もいますし、アンパンチが父親の暴力シーンと重なってしまうこともあります。

他にも、話し合えば大抵は解決できると思っている人も、いきなりばいきんまんに攻撃するシーンを見て、「どこがヒーローなの?」と疑問に思ってしまうこともあるでしょう。

ヒーロー=暴力的ではないというイメージを持っている人からすれば、まさに反論してくなるようなお手本が、アンパンマンというキャラクターなのです。

 

子供への影響が大きかった人

意見でも述べたように、子供が影響されて急に暴力的になった経験を持つ人も、アンパンマンに対してあまり良いイメージを持てません。

それ以前は大人しかったはずの子供が、「アンパーンチ」といって攻撃してきたのであれば、間違いなくアンパンマンに影響されていますし、全ての原因がアニメにあると考える両親は、アニメに対して不信感を覚えることでしょう。

 

アンパンマンが嫌いになる心理


0か100で物事を捉える

アンパンマンを暴力的に見てしまう人や、グロいアニメであると見てしまう人は、物事を0か100かで判断してしまっている可能性が高く、暴力シーンがあった=子供に悪影響を及ぼすと考えてしまうことは、アンパンマンアンチになる原因そのものです。

グロいアニメと思うことも同じく、首が取れる=グロいアニメだと捉えてしまうことで、物事をいつも白か黒かではっきりさせてしまう性格であると言えます。

このタイプは、男だから女だからと主張を述べることも多く、一人の男性が痴漢をすれば「これだから男は…」と、世の中の全ての男が悪人であるかのように語ってしまう心理傾向が見られやすいです。

 

自分とは違うから嫌だ

自分の育った環境とは大きく違うことも、アンパンマンに対して嫌悪感を抱く原因そのもので、子供の頃から「誰かに頼るのは甘えだ」をモットーに生きてきた人にとっては、すぐに仲間に助けられるアンパンマンを見て、「何がヒーローだ!」などの反発心を抱いてしまいます。

自分が育った環境と大きく違う人に対して、批判的になってしまうのが良い例で、人は自分が育った環境とは違う人を見ると、素直に認めることができなかったり、嫉妬に似たような感情を抱くことが多いです。

「他人に頼るばかりは甘えだ」とか、「自分一人で解決すべきだ」という環境で育った人ほど、こちらの心理からアンチへと変わってしまいやすいのです。

 

脳内で作られる痛み

アンパンマンにリアルな想像をしてしまう人は、顔が変わった時には「脳みそはどうなっているのだろうか?」とか、「記憶が残っているのはなぜ?」などとリアルな想像をすることで、人間と同じような作りと考えてしまうことが、生々しい想像を掻き立ててしまします。

リアルな想像をするということは、顔の一部がかけた時には「うわっ!痛い!」と感じたり、新しい顔がついた時にも「首が取れた!」と捉えてしまうことで、最終的には「生々しさ」と「気持ち悪い」感情が芽生えてきます。

アニメの世界として楽しむことができる人は、アンパンマン独自の世界を楽しむことができる一方で、真面目に考えてしまう人にとっては、少しグロさを感じさせるアニメとなるのがアンパンマンなのです。

 

子供にとっては絶対的ヒーロー


アンパンマンが子供に絶大な人気を誇るのは、やはり子供にとっては絶対的なヒーローで、悪者をやっつけるカッコよさと、周りを助ける優しさを兼ね備えているからこそ、多くの子供が熱狂的ファンとなるわけです。

子供と違って様々な考えのできる大人は、絶対的ヒーローであるという子供の気持ちを理解できず、中にはアニメを見せない選択をしてしまう人もいますが、やはり子供が喜ぶ姿が一番と考えるべきではないでしょうか。

子供から楽しみを奪ってばかりでは、必ずしも理想の子供に育つとも限りませんし、子育てに100%の正解はないということも間違いのない事実です。

本当にアンパンマンに悪影響があるとすれば、日本人の多くはそれに影響を受けているはずなので、あまり真面目に考えすぎるのも、あなた自身を苦しめるだけの結果を招くことになりかねません。

関連記事:コナンが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP