サッカー部が嫌い!うざい理由とアンチの意見20選

「はぁ…サッカー部って嫌いだ。」なんて愚痴る人には、きちんとした理由が存在していて、サッカー部は何かと嫌われやすい部活でもあります。

もちろん、モテやすい部活であることも間違いのない事実ですが、「なぜサッカー部は嫌われてしまうのか?」を知ることで、サッカー部の悪い一面が見えてくることでしょう。

アンチの声も紹介していくことで、嫌いな人には共感できる1ページとなっています。

サッカー部嫌いな人の意見


サッカーが一番だと思ってる

「サッカー部はどの部活よりも一番で、部活に所属しているだけでも偉いんだ」という態度をとりつつあるのが、サッカー部の悪い一面であり、他のクラブを見下してしまうことが多いです。

例えば、「お前は所詮陸上部だろ?」とか、「卓球部が偉そうに」などの態度をとってしまうのは、世界中で大人気であるサッカーをしていることで、自分の方が立場が上であると勘違いさせているのでしょう。

こうしたサッカー部の態度に対して、「はあ?サッカーしてるだけじゃんお前」と反発したり、「下手なくせに勘違いするなよ!」と嫌悪感を覚え、サッカー部が嫌いになる人は後を絶ちません。

 

人気なだけで威張ってる

上記でも少し触れましたが、サッカーは世界中で人気なスポーツであるため、サッカー経験者であるだけで威張った態度をとりやすく、「サッカー部様に逆らうな」と言わんばかりの態度を取るのは、サッカー部あるあるの1つです。

こんな態度を取られてしまえば、誰だって「サッカー部ってうざい印象である」とか、「サッカー部って態度が大きい」などの、ネガティブなイメージを持ってしまいかねません。

威張る人は、自己中心的であったり、誰にも怒られないから威張っている状態であるため、調子に乗っていると表現することが、もっとも正しい言葉となります。

 

群れることが大好き

群れると調子に乗るのはどの部活も同じような気もしますが、「サッカーが一番だと思っている」ことや、「人気なだけで威張っている」人が多いサッカー部は、特に群れることで目立ちやすいです。

調子に乗った集団が群れることは、目立つことは当然のことですし、群れることが嫌いである人にとっては、一番受け付けないタイプがこちらとなります。

一人では何もできないくせに、集団となると急に調子に乗ってしまうサッカー部に対して、嫌悪感を覚える人もたくさんいて、うざい存在が目立つことはストレスの原因そのものです。

 

モテるから嫌い

サッカー部はモテる人がとにかく多くて、女性からすれば「一生懸命な姿がかっこいい」とか、「サッカーっていけてる!」なんて思ってしまうものですが、このモテる事実が嫉妬につながり、サッカー部が嫌いになることがあります。

例えば、サッカー部のA君よりも自分は優れていると思っている人からすれば、サッカーをしてるだけでちやほやされる事実を受け入れることができず、「絶対に自分の方が魅力的なのに…」と、嫉妬してしまうのです。

モテる人に嫉妬することは誰でも同じことなので、モテる部活ほど嫉妬の対象となりやすいのは、サッカー部ならではの苦労となることも。

 

いじめっ子が多い

運動部にいじめっ子が多いのは昔からの共通点ですが、今では野球を抑えて一番人気となったサッカー部は、運動神経抜群でちやほやされる人が多く所属します。

すると、周りからちやほやされて調子に乗ってしまうことや、周りが逆らえない環境を作り出した結果、いじめっ子が多くなってしまうことになり、これが理由でサッカー部全員を大っ嫌いになる人も。

また、サッカーが下手だという理由でサッカー部なのにいじめらた結果、サッカー部を恨むほど嫌いになる人もいるので、何かと運動が苦手な人ほどサッカー部を嫌いになりやすいです。

 

DQNが多い

野球部とサッカー部といえば、DQNと呼ばれる人も多く見られる部活ですが、集団行動やガンを飛ばす、タバコや飲酒の発覚が多いサッカー部は、DQNが嫌いな人にとっては警戒されやすい部活です。

他にも、周りの迷惑を考えない非常識な行動であったり、喋り方が汚い人も比較的多く見られる部活であるため、将来的にロクでもない大人となってしまう割合が高いのは、サッカー部であると言われるほどです。

これは野球部にも共通することで、やはり運動神経抜群で周りがちやほやすることが、将来を狂わせてしまうのでしょう。

 

グランドを占領する

サッカーをするには多くの面積が必要となるため、時としてグランドの大部分を使う必要があることが、サッカー部嫌いやうざい気持ちを加速させます。

嫌いなサッカー部がグランドの大部分を占領したり、それに対して「当たり前だ」と言わんばかりの顔をすることは、アンチサッカー部のイライラを加速させ、愚痴や陰口の対象となることがほとんどです。

また、シュート練習でたくさんボールが飛んでくることが、サッカー部を嫌いになったきっかけであるなど、何かと広い面積とボールを飛ばしてしまうことが多いことは、迷惑だと感じてしまう原因です。

 

素人相手に本気

サッカー部あるあるには、「素人相手に本気を出してしまう」ことも挙げられ、もて遊ばれた相手からすれば「うざい」とか、「手加減くらいしろよ」と内心思うことが、嫌いなきっかけとなることも。

他にも、素人のキーパー相手に本気でシュートを打ってきたり、挑発するようにドリブルを仕掛けてくるなど、素人相手に本気を出してしまうのは、相手を不愉快にさせます。

サッカー部からすれば、かっこいい姿や自分が有能であることをアピールしたいのでしょうが、負けず嫌いでプライドが高い男からすれば、気にくわない行為そのものなので、サッカー部は注意する必要があります。

 

興味がなければインキャ扱い

W杯中にある記事が話題となりましたが、その記事の内容とは、サッカーやW杯に興味がない人は「日本人ではない」と発言したり、「陰キャラだから興味がないんだ」と決めつけられることが、何よりも辛いという記事が話題を集めました。

これは昔からある風潮で、野球やサッカーに興味がない人=陰キャラ扱いされることは、本人にとって嫌な気持ちにさせたり、うざい気持ちにさせる言葉です。

こうした扱いをさせることが、アンチサッカーやサッカー部を嫌いになってしまう理由で、陰キャラという見下したような発言は、誰だっていい気持ちにはなれません。

 

ナルシストで自分に酔ってる

サッカー部はモテる部活で、ちやほやされやすい部活であるため、こうした願望が強い人ほど入部しやすいことは間違いなく、ナルシストが嫌いだからサッカー部も嫌いになる人も。

ナルシストの特徴として、目立つことが大好きである傾向にあるため、ゴールを決めたり注目されやすいサッカーをすることは、自分の欲求を解消するには理想的な部活なわけです。

サッカーをしている自分が大好きで、サッカーをしている自分に酔っている人がいるとすれば、周りから気持ち悪いやうざいと思われるのも仕方ありません。

 

サッカー=チャラい

サッカー部にチャラい人が多いことも有名な話で、ブラジル代表のネイマール選手は、「日本代表は弱いくせに格好つける」とメディアに発言するほど、昔からチャラい人が多いのも、サッカー部の特徴です。

チャラ男が嫌いな人からすれば、「格好だけは一人前だ」とか、「モテるのが気にくわない」など、様々な理由から嫌いになっていくことが多く、サッカー自体を嫌いになってしまう人もいます。

jリーグでは髪型で遊ぶプロ選手も多く、練習着もチャラさが目立つものが多いことが、サッカー部にはチャラい人が多いというイメージを加速させているのでしょう。

 

なぜ嫌いなのか?理由を聞いてみた


15歳マルチさんの意見

サッカー部って頭悪い人が多いし、運動部以外を見下しているからめっちゃ嫌いです。

いつも集団で群れて何かと調子に乗ってるし、帰宅部の自分に対しては、「おい陰キャラ」と言われたこともあるので、そこからさらに嫌いになりました。

確かに、中には勉強もできてスポーツもできる凄い同級生もいますが、そんなのは一部の話であって、サッカーに助けられてる部分は大きいと思います。

だって、サッカーをしていなければ、ただの頭の悪い奴でしかないですし、サッカーをしてるくらいしか取り柄のない調子乗りが心の底から嫌いです。

19歳モーリスさんの意見

大学に入ってから、自分の周りのサッカー部がパリピだらけになってしまって、チャラい言葉や合コンを繰り返す姿に呆れる毎日です。

どうもサッカー部が苦手だなと感じてしまうのは、元々チャラい感じがある人が多いのに、言葉使いまでチャラくなっていることです。

見た目も言葉使いもチャラくなってしまうと、それって凄く下品で調子に乗ってる人ですよね?

せっかくサッカーが上手なんだから、清潔感や誠実さをもっと表に出せば、今以上に評価アップに繋がることは間違いないと思うんですけどね。

15歳うざいんじゃ!さんの意見

サッカー部にうざい奴が多いことが嫌いな理由で、野球部も鬱陶しい奴が多いですが、サッカー部はヤンキーが多く、影でタバコを吸う奴もいればお酒を飲む奴が集まっています。

元々暴力的なヤンキーが好きになれず、他人には暴力で嫌な思いをさせるのに、女性にモテることがなんだか不公平にも感じます。

モテることが羨ましいのもあるかもしれないですが、女性には優しくするくせに、男性にはいじめを繰り返すサッカー部が好きになれません。

僕は被害者ではありませんが、いじめられてる子を見ていると可哀想ですし、不愉快でうざい存在が同じクラスにいることが苦痛です。

10代なんなの?さんの意見

サッカーは楽しいスポーツだと思いますし、サッカーをすること自体は好きなんですが、サッカー部がいることによって、サッカーを楽しむことができません。

仲間内で楽しんでいても、すぐに乱入してくるサッカー部のやつらは、自己中だし邪魔です。

「ウェーイ」とか言いつつボールを取ってきたり、シュートを思いっきりぶつけてきたりと、性格が悪い奴ほどサッカー部に多いのはなぜでしょう?

プロになれるほどの実力もないし、それほど運動神経が良いわけでもないのに、調子に乗ってるサッカー部がマジでムカつくしうざいです。

 

サッカー部が嫌いな人の特徴


サッカーに興味がない人

サッカーに興味がない人は、サッカー部に「人生損しているよ」と、楽しいことを押し付けられたり、「陰キャラ」と決めつけられることが多く、サッカー部に対して恨みを持ちやすいです。

そもそもサッカーに興味がない人からすれば、「放っておいてほしい」が本音であるのに対して、サッカー部は何かと魅力を伝えようと必死になることが、相手にとってはありがた迷惑となるわけです。

また、サッカーに興味がない人を陰キャラと決めつける人は、サッカーをしている人こそ偉くて、自分が偉い人になった気持ちに浸っている証拠と言えるでしょう。

 

自己顕示欲が強い人

自己顕示欲が強い人は、心の底に目立ちたい気持ちが強かったり、特別扱いされたい気持ちが強い人です。

だからこそ、ちやほやされたりモテやすいサッカー部に対して、嫉妬を覚えやすい性格の持ち主となり、サッカーをすることで女性の視線が多く集まることを、快く思ってはいません。

なんだか分からないけど、サッカー部を見るとうざいと思えたり、ライバル心を変に焼いてしまう人は、本当は自分がサッカー部のようになりたい人であり、自分が一番目立たないと気が済まないタイプである可能性が高まります。

 

愛情不足な人

小さな頃から愛情不足で育ってきた人は、いつも心の何処かに「見捨てられる」とか、「愛情に満たされていない」不満を持っていて、注目の的となりやすいサッカー部に嫉妬しやすい人です。

このタイプは、周りからちやほやされたい気持ちが非常に強く、かまってちゃんである性格でもあるため、ちやほやされるサッカー部が羨ましいのでしょう。

子供の頃に長期間入院していたり、片親の元で育ったなど、何かと親が十分な愛情を注いでくれなかった人ほど、ちやほやされたい気持ちは強くなりやすいです。

 

アンチサッカーな人

アンチサッカーな人は、サッカー部に対してもアンチ精神を持っていて、サッカー部が増えることを快く思っていなかったり、サッカー部に不祥事が発覚することを何よりも喜ぶタイプです。

このタイプは、サッカー人気やちやほやされることに腹を立てていて、サッカーサポーターも嫌いであったり、日本代表が勝つことにすら喜びを見出せないので、サッカー部にとっては最大の敵となることも。

サッカー人気に嫉妬している部分も大きいので、人気が低迷していくごとに、嫌いな感情も薄れていくことが想定できます。

 

好かれるサッカー部がほとんど


ここまでサッカー部が嫌いな理由を述べてきましたが、これはあくまで一部のサッカー部が嫌いなだけであって、所属する全ての人がうざい人であるとか、気持ち悪い人であることは間違いです。

視野を広げてみると、好かれているサッカー部がほとんどであることや、礼儀正しく律儀なサッカー部もたくさんいることでしょう。

もちろん、相手に迷惑をかけていないのであれば、サッカー部を好きになろうが嫌いになろうが勝手ではありますが、それを理由にいじめや陰口を告げるのは良くありません。

アンチならアンチらしく、堂々と嫌いな気持ちを持って生活していればそれでいいのであって、相手に迷惑をかけないようにはしたいものです。

関連記事:サッカー好き女子の特徴6つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP