大物になる人の特徴|なれない人との決定的違い20選

「俺は絶対大物になる!」なんて大口を叩いても、成功者と呼ばれるほどに大物になれる人はごく一部で、こうした人にはある共通点があるとも言われています。

この1ページでは、「実際に大物になれた人」から学ぶ、大物になれなかった人との決定的違いを見ていきます。

大きな功績を残せた実業家やスポーツマンを参考に、20の特徴を知ることができる記事となっています。

大物になる人の特徴/違い


1.失敗を恐れない

大物になる人は失敗を恐れるよりかは、実際に行動してみることで失敗を肌に感じ、様々な失敗から学ぶことができる人です。

料理でもスポーツでも勉強でも同じく、誰でも最初は失敗を経験することで大きく成長を遂げることができるように、大物になれる人は失敗を恐れません。

その証拠に、多くの実業家が過去に大きな借金を背負っていたなど、大きなリスクを抱えた過去を持ち、様々な失敗から多くの成功術を学んでいます。

☑️2.なれない人との違い

失敗を恐れないと言っても、大物になれない人もいるわけですが、こうした人との決定的な違いは、「失敗から学ぶことができるかどうか」であり、同じことを何度繰り返しても、同じ結果を招くだけです。

失敗を恐れないという言葉のみを信じた挙句、融資やカードローン等で大きな借金を抱え、人生の負け組となってしまう人の方が圧倒的に多いことを、きちんと理解しておきましょう。

ただ、失敗を恐れないで突き進むだけの人は、計画性がないのか、または怖いもの知らずなだけであると言えるでしょう。

 

3.モチベーションの維持

大物になる人と小金持ち程度で終わってしまう人の違いを考えてみると、小金持ち程度で終わってしまう人は、はっきりとした小さな目標を持っていた人であって、年収1000万などの大きいようにも見える夢を叶えた結果、燃え尽き症候群になる人です。

大物になれる人は小金持ち志向とは違い、大きな夢を持つことができるため、どれだけ大きな功績を残せたとしても、また新たなモチベーションとなる部分を探すことで、より高みを目指すことができます。

小金持ちやそれ以下の結果しか残せない人は、モチベーションを探すのが下手くそで、少しのことで満足してしまう人なのです。

☑️4.なれない人との違い

モチベーションの維持と一概に言っても、大物になれる人は「現実に求める変化を持つ人」であり、例えば「自分が頑張れる理由は、絶対に人の下に立ちたくないからだ」という気持ちを持つ人は、様々な場面から頑張る理由を探すことができます。

友達の上司の愚痴を聞くことによって、「自分は今のままじゃ将来的にダメになる」と感じることで、また1つ新たなモチベーションを生み出すわけです。

大物になるためには、様々な場面から「原動力」となるパワーの源を探すことが必要で、長年高いモチベーションを維持できる人こそが、小金持ちから大物へと大きく成長することを可能とします。

 

5.自分への投資

大物になる人は自分への投資が可能で、それが10万であろうが20万であろうが、自分の為になると思えることであれば、迷いなく自分に投資することができます。

それ以外にも、時間の投資をすることにも積極的な大物は、好奇心旺盛でどんなことからも学ぶ姿勢を忘れない為、人と会うことで時間の投資をすることと引き換えに、多くのことを学ぶことができる人です。

また他にも、体を動かすことで常にベストパフォーマンスを保つことを心がけるなど、1つ1つの行動に意味を持たせ、自分への投資へと繋げることが出来ることも、大物に見られる特徴となります。

☑️6.なれない人との違い

自分への投資をしても大物になれない人は、「投資をしている気分に浸っているだけ」であり、「勉強したつもり」で満足してしまう人です。

これは学校の勉強でも同じく、ただ読み書きをするだけで勉強した気分に浸る人がいますが、こうした人は結局のところ実力に反映することができないので、テストで大きな点数を出すことには繋がりません。

成功者の話を聞いたり、お金持ちと会うだけで満足してしまう人は、話や会うことで満足しているだけである為、結局のところ自分への投資とは言えず、自己満足で終わっています。

 

7.言い訳をしない

言い訳をする人は、自分を正当化することで過ちを認めない人であるため、こうした人が成長しないことは当然のこと、残念ながら大物になれることは期待できません。

一方で言い訳をしない大物になる人は、「なぜ上手くいかないのか?」をきちんと分析することができ、「次はどうすべきか?」を導き出すことが出来る人です。

失敗を恐れないでも触れましたが、様々な失敗から学ぶことが出来るのは、「自分のミスをきちんと受け止めることが出来る」からであり、いつまでも言い訳ばかりで正当化をする人は、やがて仲間や権力者からも見放されることでしょう。

☑️8.なれない人との違い

言い訳もしないし、きちんと分析できているのに、なぜか上手くいかない人は、分析が正確でない可能性が高いと、かの有名なスティーブ・ジョブズが発言しています。

こうした人に共通することは、「自分の都合のいいように分析している」ことであり、成功するには作業時間が圧倒的に足りないのに対して、「自分には正確さが足りないんだ」と、仕事に対する時間の投資を都合よく考えた結果が、大物どころか結果が伴わない原因かもしれません。

自分に都合よく分析するようでは、いつまでたっても大きな結果を残すことができず、成長することは難しいと言えるでしょう。

 

9.人の関係を大事に

人と人の繋がりのみで大きな権力を手に入れた人もいるほど、人脈は大物になるためには必要不可解なことであり、それがたとえ一般市民だったとしても、その繋がりを大事に出来るのが大物になる人の特徴です。

人との縁を大事に出来る人は、そもそも人を大事にすることができたり、信頼関係を築くことが上手であるわけですが、たくさんの人と接することで、人を見極める力をつけることもできます。

人を見極める力をつけることは、嘘つきやただの見栄っ張りなど、中身がない人間を寄せ付けなかったり、利用されることを防ぐことにも繋がるため、大物ほど人を見る力を養っていて、類は友を呼ぶ環境を作ることを可能とします。

☑️10.なれない人との違い

「リア充」や「意識高い系」と言われる人の特徴には、「広く浅く」の関係を好む傾向が見られますが、こうした人は関係を大事にする一方で、「自分が満足するかどうか」を基準としています。

故に、人との関係を大事にしているように見えるだけであり、相手との信頼関係を築くことができなかったり、そもそも人を見極める力をつけていない人も多いです。

お金持ちはお金持ちと交流すると言われるように、見た目だけのリア充には同じような人が集まりやすく、仲間内のみで満足してしまうことは、大物や成功することには繋がりません。

 

11.継続の力

大物になる人は一定の力を常に出し続けることが出来る人であり、三日坊主のような数日間だけを頑張れる人ではありません。

これも仕事に関係なく、様々な分野で同じことが言えますが、器用貧乏よりも大器晩成型である方が後に大きな実績を残せたり、器用貧乏が結局は中途半端な人で終わってしまうのが良い例です。

継続は力なりと言いますが、大物になる人は一週間ぶっ続けで仕事をするようなことはできなくとも、1年間一定の力で働き続ける力を持っていて、途中で投げ出すようなことをしません。

☑️12.なれない人との違い

継続する力はあっても、大物になれない人も当然いるわけですが、こうした人は同じ失敗を繰り返していることが多く、「言い訳をしない」でも述べたように、自己分析が上手く行っていない人であります。

このタイプは、周りのサポート役が適切な分析ができたり、その指摘を素直に受け入れることができれば、やがて大きく伸びる可能性を秘めたタイプとなります。

問題は、そこに至るまでに継続する力を維持できるかどうかです。

 

13.物事をポジティブに捉える

大物になる人は何事もポジティブに捉えることができ、ネガティブな人を嫌う特徴も見られます。

電車が大幅に遅れたとしても、大物になる人は「ゆっくりする時間ができた」とか、「この時間で仕事の考えをまとめよう」などと、常にポジティブな方向に捉えることで、良い方向に進むことを選択できます。

一方でネガティブな人は、いつまでも小さなこと1つにネチネチしたり、心の中に不安や不満が絶えず溜まっているため、無駄なエネルギーや考える時間を使うこととなった結果、行動力が落ちてしまうのです。

☑️14.なれない人との違い

物事をポジティブに捉える人でも、周りの環境がネガティブな人だらけであれば、それはあなたに与える悪影響は非常に大きなものです。

イギリスの実業家であるリチャード・ブランソンは、「人生に良い変化をもたらしてくれるのは、何があっても立ち止まらない人たちである」と述べていますが、これはあなたの人生を思い返してみても、納得する部分はあるはずです。

ネガティブな人には多くの気を使い、無駄なエネルギーをたくさん使う一方で、ポジティブな人はエネルギーの充電となったり、新たなモチベーションの発見にも繋がります。

 

15.過去は過去と思う

大物になる人は過去にどれだけ輝かしい実績があろうとも、今の現状を受け入れ、現状を変えるためにはどうすればいいのか?を考えることができる人です。

いつの時代も同じ手法で成功するのはあり得ませんし、情報は生物と言われるほどすぐに変わってしまうために、大物になるためには情報をいち早くキャッチし、それに対応する能力が必要となります。

よく大物でも、パワハラや不正金着手等で権力を手放す人がいますが、こうした人が非常に良い例で、時代の変化についていけなかったからこそ、昔のままで良いと判断した結果、 権力を失いかねません。

☑️16.なれない人との違い

大物になれず、むしろ小物のままで人生を終えてしまう人は、過去の栄光をいつまでも他人に自慢したり、モテた過去を自慢する人であり、今の自分にはもやは魅力がないことを受け入れることができない人です。

過去にどれだけすごい実績があろうとも、人は今の実績しか興味がなく、そこにばかり注目する性質を持つため、過去の栄光など何の役にも立ちません。

また、過去の栄光を語る人ほど嫌われ者の特徴に当てはまるため、他人からどんどんと嫌われていき、人との関係を大事にできない人となってしまうことでしょう。

 

17.時間と早さ

大物になる人は時間を厳守する他にも、行動が素早いことが特徴的で、親切にしてもらうと必ずお礼の電話をするなど、思うと即行動できる早さがあります。

こちらは芸能界の大物を例に挙げると分かりやすく、こうした人たちは必ずと言ってもいいほど仕事に真面目で、大物だからと言って仕事をサボるわけでもなく、きちんと時間を守ります。

また、思い立つと即行動できることから、芸能以外のジャンルでも大きな成功を収める人も多く、仕事に対していつまでも謙虚な気持ちでい続けられることは、やがてあなたを大物にさせるコツともなるはずです。

☑️18.なれない人との違い

大物になれない人との違いは、天狗になってしまうかどうかにあり、少しの実績で天狗になってしまう人は、他人を見下したような発言が多く見られたり、仕事に対して丁寧さが欠けるなど、自ら泥沼にハマる選択を選びがちです。

世の中天下を取りたい人はたくさんいるわけですから、少しの結果で天狗になってしまう人は、すぐに干されたり、結果を維持できない人であると言えるでしょう。

故に、いつまでも謙虚な気持ちを忘れない人であるとも言えますし、仕事に真面目でい続ける人とも言えそうです。

 

19.感謝できるかどうか

大物になる人は感謝の気持ちを忘れることなく、過去にお世話になった人に対していつまでも感謝の気持ちを持ち続けています。

また、代表取締役であろうが、従業員に対して「ありがとう」の一言を常に忘れず、どんな時にもきちんと感謝を言葉にすることができます。

先ほどもお伝えしたように、天狗になる人は感謝の気持ちを忘れてしまい、「俺様だから当然のことだ」と思う人であるため、このような人はやがて人望が薄れていき、孤立を招きます。

☑️20.なれない人との違い

「自分は感謝している」と思い込んでいる人と、感謝の気持ちを言葉に出すことは大きな違いを持ち、何より相手に対するイメージや評価が大きく変わります。

ありがとうの一言を口にできない大人も案外多く、きちんとありがとうの一言が言えるだけでも、あなたは仕事ができる人であったり、尊敬できる人として思われることでしょう。

つまりあなたが大物になりたい気持ちがあるとすれば、感謝の気持ちを言葉に出すことを徹底し、恥ずかしがらないことが重要です。

 

大物になるための心得


大物になるための心得で最も大切なのは、「小さな目標を持たない」ことにあり、小さな目標を持ってしまうことは、燃え尽き症候群に悩まされる原因そのものです。

記事中でも述べた通り、小金持ちと大物になれる人の決定的違いとは、「目標をどこに置くのか?」であり、月収100万の年収1200万をゴールにしている人は、そこで情熱が燃え尽きてしまうのです。

これは大げさな話ではなく、夢追い人に見られがちなあるあるの1つであり、燃え尽き症候群に陥れば、そこから抜け出すことは困難を極めます。

あなたが大物になりたいのであれば、どうか夢は大きく持つことを心がけ、小さな夢で心を満たさないことを徹底してください。

関連記事:ライバル視の心理とは?する/されるの違いと対処法

関連記事:えこひいきする人の心理とは?上司ほどしやすい理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP