ドラゴンボールが嫌い!つまらない人の意見|アンチの心理も

「はぁ?ドラゴンボールが最高のアニメ!?」と疑問に思う人もいれば、「ドラゴンボールなんてつまんないじゃん。」と愚痴る人もいて、世界中で愛されるドラゴンボールにも、一定のアンチは存在します。

熱狂的ファンも多いドラゴンボールだけに、「なぜ嫌われるのか?」の理由を知れば、アンチの気持ちに理解を示すことも可能です。

また、アンチの心理も暴露していくことで、ドラゴンボールアンチが抱える心の闇にも迫っていきましょう。

ドラゴンボールが嫌いな理由


信者がキモい

ドラゴンボールは嫌いな人より信者が多いと言えるほど、信者が多い漫画として有名ですが、こうした大人気漫画が嫌われてしまう原因の1つに、信者が嫌われることが挙げられます。

ドラゴンボール信者あるあるには、「ドラゴンボールのキャラこそ最強」と決めつけたり、「他の漫画は面白くない」とディスる、「〇〇のキャラなんてドラゴンボールの世界では弱小」と言い放つなど、ドラゴンボールが一番であることを相手に押し付けます。

どの漫画でも熱くなる奴は面倒である一方で、ドラゴンボール信者の場合は世界的に人気の漫画であるため、どこか自分の方が上だという見下した態度をとりがちなのも、嫌われる理由と考えられます。

ドラゴンボール自体は認めている人でも、信者のおかげで作品自体が嫌いになったり、鬱陶しい漫画とのイメージがつくことは、何も珍しいことではありません。

 

登場人物が男ばかり

ドラゴンボールは昔の漫画なこともあってか、登場人物に男が非常に多いことも特徴的で、強キャラはほとんど男といっても過言ではないほど、強さ=男というイメージが強い漫画です。

もちろんドラゴンボール世代からすれば、なんら違和感も抱かないキャラ設定となりますが、最近は男女平等の意識が強かったり、そうした意識が反映された漫画も増えてきたことから、若者ほどこうした疑問を持ちがちです。

「つまらない理由だな」と思う人もいるでしょうが、強い女性に憧れを抱く人にとっては、こうした漫画はどこか気にくわない存在となってしまうのです。

こちらに関しては、女主人公が好きな人の意見であると補足しておきます。

 

戦闘ものが苦手

基本的に男性は戦闘ものが好きで、どちらが強いか弱いかをはっきり決めるバトルシーンを好む傾向にありますが、女性や一部の男性には戦闘ものが苦手であるとの意見も聞かれ、ドラゴンボールが嫌いな漫画となることも。

特に女性は平和主義で暴力に意味を見出せない人も多いため、殴り合いの多いドラゴンボールはどうしても受け入れられず、苦手意識がついてしまうことがあります。

こちらに関しては、ドラゴンボールだから嫌いというよりかは、戦闘ものが全般的に苦手で、さらに激しいバトルが多いドラゴンボールが嫌いになった、という感じでしょうか。

 

グロいシーンが嫌い

ドラゴンボールは比較的古い漫画なので、アニメでも生々しく血が出るシーンがたくさんありますし、ダメージを受けてる顔も、凄く痛そうでリアルです。

血が出るシーンや人が亡くなるであろうシーンなど、暴力的+グロいとも取れる描写が嫌いな人もたくさんいて、このタイプも先ほどお伝えしたように、ドラゴンボールだから嫌いというよりは、バトルもので有名なドラゴンボールだからこそ、嫌いになってしまったと言うべきです。

血や痛々しいシーンを見てもなんとも思わない人は理解しづらいでしょうが、こうしたシーンが苦手な人にとっては、漫画やアニメを楽しむことができない原因なのです。

 

人間虐殺漫画

ドラゴンボールは地球を守る為に、孫悟空やその仲間たちが命がけで敵と戦うわけですが、実はその戦闘の中でかなりの人が死んでいると想定でき、悟空が飛ばされるとビルは破壊されますし、逆でも当然ビルは破壊されます。

この意見に関しては、「極端に考えすぎた」との指摘もありそうですが、漫画の世界をリアルな世界として考えることで、作品を楽しめない人もいます。

もちろんごく一部で、0か100かで物事を極端に捉える人に限られる意見です。

 

下ネタが多いこと

ドラゴンボールはストーリーが進むごとに、下ネタ要素は徐々に減っていく傾向にありますが、初期ではかなりの下ネタ要素が入っていて、これが受け付けない人も嫌いな人の意見です。

特に教育熱心な親ともなれば、「こんな下品な漫画は子供に悪影響だ!」との声をあげる人もいますし、「女性をバカにした作品だ!」と、フェミニストのような人が声をあげることもあります。

今では、漫画界の下ネタにもかなり厳しい意見が飛ぶ時代ですから、国民的作品とも言われるドラゴンボールが、批判の対象となることは十分に考えられることです。

 

悟空にイライラ

悟空はとても純粋で良い奴だと評価する人もいれば、悟空が自分のことしか考えていない酷い人だと評価する人もいて、こちらも読者によって様々な性格の捉え方をします。

さらにドラゴンボール超の悟空は、頭の悪い無神経男に成り下がっているとの指摘もあり、まとめサイトなどでも数々の言動を指摘されて話題になるなど、作品が進むごとに悟空の性格が悪くなっていることも、ドラゴンボール嫌いを加速させた原因の1つです。

これは漫画あるあるですが、主人公に対して自分ならこうすると考えた結果、イライラしてしまう人は、何かとその作品自体を苦手になりがちです。

 

ドラゴンボールのつまらない点


バトルがワンパターン

ドラゴンボールはバトルがパターン化しており、強敵に対してボコボコにされて負けそうになったかと思いきや、最後の一撃で相手を仕留めるというのが鉄板パターンです。

このワンパターン化こそが、視聴者が予測できる漫画と言われてしまったり、つまらないと言われる原因そのものです。

一方で当時の漫画では、ストーリーが単純でテンポが良い漫画として高評価を得ていたことも事実で、ドラゴンボールをきっかけにパターン化が定番化した今だからこそ、ドラゴンボールがつまらないと感じてしまう人も増えたとも言えます。

 

すぐに生き返る

ドラゴンボールを7つ揃えると、どんな願いも叶えてくれることは有名ですが、ドラゴンボールはストーリーが進むにつれて、死者を生き返すためのドラゴンボール集めとなっていて、死ぬことが容易い漫画となりました。

その結果、どれだけ激しいバトルを演出したとしても、「ドラゴンボールで生き返せばいいじゃん」との思考に陥り、読者が楽しめない原因となることも、つまらない理由です。

そもそも頭のキレる人からすれば、もっと効率的で利口な使い方もたくさんあるはずですから、そうした人にとってもツッコミどころの多い作品となりがちです。

 

GT-超のがっかり感

ドラゴンボール超は悟空のキャラ設定が不評であったり、バトル1つにおいても緊張感がないなど、ドラゴンボール世代からかなり不評の多いアニメで、子供向けに作られた作品だと言われるほど、ドラゴンボール信者をがっかりさせました。

また、超が出るまではGTが最悪のシリーズだと言われ続けていて、全く面白くなくなったとか、ドラゴンボールの価値自体を落とす作品だと言われ続けたシリーズが、超のおかげで相対的に評価が上がったとも言われています。

故に、この2つのシリーズを見た人はつまらないと思う確率が高い人で、むしろこの2つしか知らないとすれば、なぜ絶賛されるのか分からないと思うことも、仕方がないことかもしれません。

 

ストーリーが進まない

アニメドラゴンボールはとにかく引き伸ばしが酷く、会話のみでワンシーンが終わってしまったり、かめはめ波を撃つだけでワンシーンが終わってしまうなど、アニメ視聴者をイラつかせたことも、つまらないと思われる原因です。

そうでなくとも、前回のおさらいやCMでほとんど進まなかったアニメドラゴンボールだけに、戦闘シーンまで引っ張ってしまうことが、許せないと思うことも分からなくもありません。

「何分間睨み合ってんだよ!?」と突っ込みたくなるほど、睨み合いが始まると長々と睨み合ったり、自分の意見を言い合うアニメドラゴンボールは、確かに少しやりすぎた感があったのかもしれません。

 

フリーザ以降の角落ち感

これはドラゴンボールあるあるで、フリーザが最高に面白かったと主張する人がかなり多く、それ以降は少しずつ冷めていったと主張する人は、あなたの周りにもたくさんいるはずです。

実はジャンプに連載していた当時であっても、フリーザ以降はスラムダンクに抜かれてしまうなどの事件が起こっていて、徐々に信者が消えたいった時代もありました。

フリーザ以降はつまらないと言えば大げさですし、フリーザ以降も面白かったのは間違いのない事実ですが、ドラゴンボール世代にてフリーザ以降飽きてしまったり、つまらないと感じてしまった人は、たくさんいることも事実なのです。

 

戦闘力設定がめちゃくちゃ

ドラゴンボールの戦闘力インフレは当時から言われていたことで、フリーザ最終戦では一気に戦闘力が上がってしまったり、ストーリーが進むとやがて兆や京を飛ばして垓(ガイ)まで行くなど、インフレは止まる事を知りません。

フリーザの名言にて、「私の戦闘能力は53万です」が有名ですが、ドラゴンボール超ともなれば53万なんて、小指で十分なレベルの弱さと言えます。

また、そのフリーザがゴールデンフリーザになった時には、戦闘力が一垓になる(諸説あり)と言われるほど急激に強くなることも、ドラゴンボールファンや信者の熱を冷めさせ、つまらなくしてしまった原因と言えます。

 

アンチの心理


ライバル心を抱いている

他の漫画やアニメが好きだからこそ、大人気作品のドラゴンボールにライバル心むき出しな人は、嫌いであったり苦手になるきっかけを掴みやすく、例えば漫画好き同士で集まった際にも、ドラゴンボールの良い部分をたくさん言われることで、嫉妬してしまうのです。

その他にも、好きなアニメの声優が好きなのにそこをディスられたなど、ドラゴンボール好きの何気ない一言がきっかけで、ドラゴンボールを嫌いになってしまうこともあります。

一番分かりやすい例が、ワンピースとドラゴンボールを比べてしまう人にあり、どちらが面白いかを比べてしまったり、どちらが強いのかを比べてしまうことで、信者は劣等感や嫉妬心が生まれる瞬間となるのです。

 

ニワカやミーハー嫌い

ニワカやミーハーが嫌いな人ほど、ドラゴンボールやワンピースを嫌いになやすく、漫画やアニメに詳しい自分が、ニワカやミーハーと同じように見られることは、自分のプライドが許しません。

どんな世界でも新規と言われる人は叩かれがちで、ニワカを排除しようとする動きが見られますが、漫画やアニメを愛する人からすれば、ドラゴンボールくらいしかろくに知らない人は、気にくわない存在となりやすいのです。

故に、様々な素晴らしい漫画やアニメを知るあなたは、ドラゴンボールではなくニワカが嫌いなのかもしれません。

 

独自性欲求が強い

独自性欲求とは、「自分は他者とは違って特別な存在でいたい」と思う気持ちで、この気持ちが大きければ大きいほど、他人と違う主張や行動をすることで目立ち、「自分は違う視点を持つ特別な人間である」と思い込みます。

よくネットでも、「他人とは違う意見の俺かっこいい」などと煽る人がいますが、まさにこの心理の正体こそがこれであり、目立つことで自分の特別な存在をアピールすることは、自分の評価を高めた気持ちに浸れます。

結果的に、行きすぎた発言や言動が問題視されることも多く、ツイッターで犯罪行為を平気で載せる人は、他人と違うことをすることで注目され、特別な自分を認めて欲しいが故の行動なので、ドラゴンボール嫌いな人の中にも、気をつける必要がある人もいるはずです。

 

世代の代表ドラゴンボール


ドラゴンボール世代の作品はとにかく凄くて、ジャンプのみでもラッキーマンやろくでなしBLUES、幽遊白書やスラムダンクなど、とにかく名作と言われ続ける作品が出ており、その世代の代表作がドラゴンボールなわけです。

これは黄金世代といっても過言ではなく、世界中で信者の多いドラゴンボールは、知名度の割にはアンチが非常に少ないと言えます。

また、平成漫画の王者とも言えるワンピースと比べられることは、昭和漫画の王者と認めているようなもので、それほど魅力的で今でも面白いと感じるドラゴンボールは、やはり名作なことに間違いありません。

ドラゴンボール嫌いな人の中には、「信者や好きな人が多すぎて反対意見が言いづらい…」との悩みも抱えがちですが、それくらいに素晴らしい作品であることも認めることができれば、その苦しさから解放されるのは一瞬であるはずです。

関連記事:ワンピースが嫌いな人の特徴とは?アンチの声|心理も

関連記事:アニオタの特徴とは?イメージ/苦労/魅力について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP