ハーフの可愛い組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

「ハーフって可愛いなぁ…」と思うそこのあなたは、ハーフの良い部分しか見えていない人で、世の中にはハーフであることを理由に苦しむ人もいれば、ハーフで可愛いと評価されない人もいます。

そこにはきちんとした科学的理由が存在して、「可愛いハーフの条件」に当てはまらないケースも十分にあり得るのです。

この1ページでは、「どのような人が可愛いハーフに生まれやすいのか?」を追求していくことで、「相性の良い組み合わせ」を出していきます。

ハーフ=可愛いのはなぜ?


ハーフ=可愛い子が多い理由は、「優性遺伝」によるものが大きいと考えられ、優性遺伝とは「優れている遺伝子」という意味ではなく、「優性される確率が高い遺伝子」のことを指します。

例えば、二重と一重では前者が優性遺伝となるため、二重と一重の両親から生まれてくる子供は、二重となる確率が高いことが分かっており、専門家の間ではこれを「メンデルの法則」と呼びます。

もちろんこれは確率の話であるため、劣性遺伝が優先された時には一重まぶたの子供が生まれてくることもありますが、両親ともに二重であった場合は、子供が二重になることはグンと期待できるわけです。

以下に優先遺伝と劣性遺伝の違いを述べていくので、まずはそこをしっかりと頭に入れることで、ハーフで可愛い子が生まれてきやすい理由から覚えていきましょう。

 

優性遺伝と劣性遺伝の違い

まず目は遺伝する確率の高い箇所であり、二重まぶたから目の色に関してまで、細かな部分までもが遺伝子やすい箇所であります。

「目の大きさ、目の濃さ、まつげの長さ、二重」の4つは全て優性遺伝であるため、両親ともにこうした特徴が見られる子供は、美人や可愛い子の条件に当てはまりやすく、魅力的であると外見を評価されることも多いことが想定できます。

次に骨格も遺伝しやすい箇所で、「鼻が高い、彫りが深い、耳が大きい」などは全て優性遺伝であるため、ハーフほど彫りが深くなりやすかったり、鼻筋が通っている人が多いのもここが理由です。

また、身長も確率の高い箇所で、「身長の高さ、腕脚の長さ」も遺伝による部分が大きいですが、身長の場合は生活環境やホルモンバランスも大きく影響されるため、一概には言えないけれども、やはり脚の長さなどは影響されやすい箇所です。

他にも髪の毛は濃いほど優先されやすかったり、髪質はうねるほど優先されやすいため、両親の遺伝が子供の外見に与える影響というのは、非常に大きいことがここからも分かります。

 

相性の良い組み合わせは?


日本とフィリピン

東南アジアの中では最も日本人との組み合わせが良いとの声が多く、芸能界でもラブリさんや高橋メアリージュンさんなど、どこかヨーロッパっぽい要素を掛け持つのがフィリピン人とのハーフです。

フィリピン人といえば、日本の男性が嫁にもらいたいランキングでも上位に入るように、フィリピン人も同じく日本の男性を旦那にしたいと思う人も多いことから、日本国内でも多くのフィリピンハーフが誕生しています。

フィリピン人とヨーロッパ系との大きな違いは、やはり骨格と身長に大きな違いがありますので、足が非常に長くて美しい美人というよりも、全体的に整っていて可愛い雰囲気を出しやすいことが特徴的です。

ちなみにフィリピン人とのハーフは、どう見てもアジア系とのハーフであると思われる確率が高いので、ヨーロッパ系とは雰囲気が違うことも特徴的です。

 

日本とベネズエラ

日本ではあまり馴染みのないベネズエラですが、美人大国として世界中で認められるほどの美人が多く、男性も彫りが深くてキリッとした顔つきが多いことで有名な国です。

世界が誇る三大ミスコンでは、合計の優勝回数が圧倒的に多いほどに絶賛の美人がいる国だと言われており、日本人との組み合わせが良いと判断できる理由は、以下のよな驚きの理由が隠されているからです。

それは、「ベネズエラは植民地であったために混血児が多い」ことにあり、日本人とのハーフが可愛い子になりやすいように、様々な国との組み合わせはより優秀で、整った顔つきになりやすい傾向にあるからです。

一方で、ベネズエラと日本人ハーフを見かないには理由があって、南米でもアジア差別が酷い国であるベネズエラは、日本人を受け入れるような姿勢を取る人が少なかったり、または偏見を持っているので、ベネズエラとの組み合わせは難しいと言えるのが本音です。

 

日本とロシア

ロシア人は美しい美人が多いことで有名ですが、日本とのハーフではお人形さんのような可愛い子になりやすく、鼻筋や目などはくっきりとしているものの、「まるでお人形さんみたいだ!」と絶賛される可愛い子が生まれやすいです。

以下の画像はロシア出身のアナちゃんことAnastasia Knyazevaちゃんで、世界中から「まるでお人形さんのようで可愛い!」と話題になったことで、一気に知名度が上がった6歳児です。

ロシアと言えば美人のイメージを持つ人も多いかと思いますが、日本人のような幼顔との遺伝子が組み合わさることは、より幼さと可愛さの融合によって、抱きしめたいほどの可愛い子供が生まれやすいです。

一方でロシア人の場合、日光に弱いためにそばかすやシミができやすいことが、日本とロシアのハーフの子供では悩みとなりやすく、日差しが強い夏は天敵となる人が非常に多いです。

 

日本とウクライナ

「ウクライナはモデル業が国策だ!」なんて言われるほど、モデルとして大金を稼ぎ出すことも多い国であり、「ロシアといい勝負をするであろう」と評価されるほど、女性の評価が高いのがウクライナですが、男性陣も「品があるイケメンが多い」と評価されます。

ウクライナ人に美人や上品なイケメンが多い理由としては、中世の魔女狩りに合わなかったことや、スラブ人と多民家との遺伝子が残されていることなどが理由に挙げられますが、他民族との遺伝子が残るウクライナと日本人の組み合わせも、間違いなく相性は良いと言えるでしょう。

ちなみに芸能界では、滝沢カレンさんが父親ウクライナ人の母親日本人として有名ですが、男性には上品なイケメンが多いと述べたように、美しくて上品な雰囲気を残す魅力が滝沢カレンさんにも存在します。

ちなみにウクライナ国内でのアジア人といえば、中国人が非常に多いために、ウクライナの恋人を探しに上陸するのであれば、まずは中国人と間違われることを覚悟しておきましょう。

 

日本とイギリス

イギリスといえば王道のイメージも強いですが、日本とイギリスのハーフはそのイメージ通りに可愛い子が生まれやすく、比較的馴染みのある美人やイケメンの子供が生まれやすいです。

芸能界では、ベッキーさんや木村カエラさん、JOYさんや栗原類さんなどが活躍していて、日本人が憧れる典型的な見た目となりやすいのがイギリスとのハーフです。

ちなみにイギリスのような発展した国では、「アジア人の血が流れていることが恥ずかしい」なんて悩みを持つ人も多くいて、やはり学生時代にいじめられる原因となることも多いようです。

もちろん日本国内でも同じことが言えますが、ハーフで可愛いからといって学生時代を楽しめるわけではなく、どちらの国にしてもいじめの対象となりやすいのがハーフなのです。

 

日本とレバノン

レバノンといえば、中東では最もイケメン美人が多いと言われる国で、ヨーロッパ系や中東系との混血が多いことが、バランスの良いイケメン美人を生み出すとされています。

レバノン出身で世界的に有名なのはキアヌリーヴスさんであり、彼もまた様々な国の血を引いている一人で、間違いなく世界的に見てもイケメンの部類です。

ちなみにレバノンは、中東でもイスラムが少ない傾向にあり、キリスト教も多い国であるため、比較的自由で水着姿ではしゃぎ回る人もいるなど、中東系では文化の違いに困惑しにくい分類に入るはずです。

中東とのハーフを望むのであれば、様々な血筋が混ざるレバノンは日本人とも組み合わせが良いはずで、男女ともにハズレが少ない国とも言われています。

 

日本とフランス

日本とフランスのハーフといえば、沢尻エリカさんや梨花さんが非常に有名ですが、フランス人とのハーフは上品な顔立ちになる人が多く、どちらかといえばのっぺりしたタイプが多くなります。

理由は簡単で、フランス人にそうした顔立ちが多いからであり、フランス人はイギリス人と比べるとあっさりしている顔が多いので、沢尻エリカさんのようにのっぺりした感じの子供が生まれてきやすいです。

また、フランス人の片親に似てしまった場合はかなり彫りが深くなり、見たからに外国人みたいな顔つきとなることから、半分づつ遺伝子を受け継いだようなバランスの方が、より日本人好みの顔となりやすいです。

ちなみにフランス人はハゲている人が多い国であり、一方で日本人は髪の毛がフサフサである割合が高い国なので、ハーフの子供がフランス気質の髪質となった場合は、若ハゲ等で悩みを持つ確率も高くなります。

 

日本とスウェーデン

スウェーデン人は手足が長いことに加えて、目が大きくて鼻が高い人が多い特徴を持つため、日本人とのハーフでは日本人離れした体格になれたり、スポーツ面では手足が長いことを長所として、スポーツ界でもプロを目指せるかもしれません。

手足は育つ環境によるものも大きいですが、スウェーデンは女性であっても身長180cmを越す人が非常に多いため、日本人の片親も高身長であった場合は、より恵まれた体格が期待できるはずです。

また、健康意識や美意識も高い国民性があると言われるほどなので、日本人との相性も良いと考えるのが妥当で、性格面では両親の組み合わせは良さそうとも考えられます。

日本人といえば、団子鼻と胴長短足であることが特徴的ですが、そうした特徴とは真逆の見た目であるスウェーデン人は、日本人の短所とも取れる部分を補うことができる、素晴らしい魅力を掛け持ちます。

 

日本とアラブ首長国連邦(UAE)

どちらかといえば男性にイケメンが多いイメージですが、女性も彫りが深くて上品なイメージが強いUAEは、「濃い顔が好きだ!」という人におすすめな国で、特に男性は日本人女性が理想に思う濃い顔イケメンが勢ぞろいです。

UAEにイケメンが多いイメージが強い理由は、過去にサウジアラビアにて「イケメンすぎて捕まってしまった」人が、UAEの人であったことが原因であると考えられます。

上記がそのイケメンすぎて捕まってしまった人で、これはUAEでも絶賛されるほどのイケメンであるため、これがスタンダートなわけではありませんが、基本的にこうした濃い顔立ちの人が多いのがUAEです。

ちなみにこの方は、イケメンすぎて女性陣が発狂することを理由に国内待機を強いられたため、ここまでのイケメンを期待するのは間違いです。

 

日本とラトビア

金髪美女率世界NO.1と言われるほど、特に女性の評価が高いラトビアですが、ハーフの子供が欲しい日本男子にとってはとても朗報な情報があります。

それは、ラトビアは世界で最も結婚しにくい国だと言われており、その原因が「国に男性が少なすぎること」であるため、一目見て美しいと思える女性であっても、未婚である可能性が高い国となります。

ちなみに人口差は、女性100人につき男性84人と公表されており、ラトビア男性全てが結婚したとしても、女性は10パーセント以上も残ってしまう割合であるほど、女性は男性を取り合う必要がある国としても有名です。

またラトビア男性は、鼻筋が高いことに加えて彫りも深いため、日本人とのハーフである場合は程よい彫りの深さで、バランスよくなることも考えられます。

 

ハーフであるデメリット


いじめと差別の対象

今では絶賛されるほどのイケメンや美人でも、ハーフタレントで過去にいじめにあっていた人も多く、マギーさんや藤田ニコルさん、ダレノガレ明美さんやローラさんでさえいじめに遭い、学校に行くのが辛かった過去を持ちます。

そもそもハーフで可愛い子供が欲しいと思う人は、大半が彫りが深い等の魅力を求めているわけですから、いじめと差別の対象となりやすい子供であることを理解しなければなりません。

今ではハーフタレントの活躍があったり、ハーフ自体が日本国内に増えていることによって、いじめや差別がかなりマシになっているのも事実ですが、今でも差別の対象となりやすいのがハーフなのです。

故にハーフの両親は、いじめや差別を恐れてインターナショナルスクールに通わす人もいて、一筋縄ではいきづらいのがハーフならではの苦しみです。

 

理想と現実の差

ハーフ=可愛い子が生まれてくるとの勝手な思い込みから、自分が求めていた可愛さでなかった時には、やはり両親は可愛くないと思ってしまいかねず、中には「子供が邪魔だ」なんて思う人もいます。

もちろん一部の少数ではありますが、可愛い子供が欲しいとハーフになれる両親を選んだ人は、「必ずどういう見た目の子供が欲しいのか?」という理想があるはずです。

ハーフといっても、必ずしも可愛い子になるわけではありませんし、あまりにも高望みしすぎた親の中には内心、「もっと可愛い子が生まれてくる予定だった」との思いを抱え、子供を愛せない人もいます。

こちらに関していえば、ハーフだけに限った問題でもなく、望んでいない子供を出産したケースでも多々見られる問題です。

 

コンプレックス

ハーフであることをコンプレックスに思う人もいて、周りから可愛いや羨ましいとちやほやされていても、影では同性から嫉妬されたり嫌われやすいのもハーフのデメリットです。

もちろん可愛いは正義でありますし、周りからすれば悩みもなさそうに思えがちですが、純日本人でない自分を嫌いになってしまうハーフは非常に多いのです。

こうした悩みを抱える人は、ハーフあるあるでもある外国人いじりなども心から楽しむことができず、心をより閉ざしてしまう経験を持つ人も珍しくありません。

ハーフ顔が羨ましいのは他人目線であって、本人目線になるとコンプレックスとなることもあるため、ハーフが必ずしも楽しい人生を送れるとも限りません。

 

結論/共通点とは?


元々レベルが高い

可愛い組み合わせとなる可能性が高い国は、元々のレベルが高い国であり、やはり世界的にも評価される人が多い国との遺伝子は、可愛い子が生まれてきやすいです。

当たり前といえば当たり前のことですが、日本人とのハーフで可愛い子を期待するのであれば、やはり王道を選択することが何よりでしょう。

一方で、こうした国々の方はよその国であっても目をつけられることがあったり、日本国内でも争奪戦になることが想定できるので、ライバルのいない時期にしっかりと勝負できるかどうかが、交際成功の鍵となりそうです。

 

彫りが深い

彫りが深いことも共通点で、中国や台湾とのハーフでも可愛い子はたくさんいますが、確率で考えるとやはり彫りが深い人である方が可愛い子は生まれやすく、日本人はのっぺりとした顔が特徴的なので、日本国内では彫りが深いだけでも希少価値効果が生まれます。

すると結果的に、周りからすれば彫りが深い子供が非常に可愛く見えたり、希少価値でどんどんと評価は上がりやすいため、周囲から可愛いと評価される子供になりやすいのです。

また、彫りが深い子供が生む子供(クォーター)にも、優性遺伝の関係でイケメン美人が生まれやすいことからも、彫りが浅い日本では彫りが深い子供の方が可愛いと評価されやすく、憧れの的となりやすいのです。

 

多種の遺伝子配合

様々な国との遺伝子である方がイケメン美人になりやすいことは、レバノンやウクライナが証明しており、世界的にも美人やイケメンが多いと言われる国の多くは、様々な人種の血が結合している割合が高いです。

これは日本で例えると非常に分かりやすく、日本人全員が様々な国の外国人との子孫を残すとすれば、間違いなくその子供たちは可愛い子になりやすく、これが中東やヨーロッパ系ばかりとなれば、彫りが深い子が多くなるのも当然想定できます。

日本でも、優木まおみさんは日本 ✖ 中国 ✖ ロシア人のクォーターであったり、大島優子さんは日本 ✖ アメリカ ✖ 日系韓国人のクォーターであるように、様々な国の血が混ざり合うことは、より優秀な遺伝子になれるきっかけとなります。

関連記事:ハーフのイケメンはなぜ多い?理由と条件|損得について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP