ハーフの可愛い組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

「ハーフって可愛いなぁ…」と思うそこのあなたは、ハーフの良い部分しか見えていない人で、世の中にはハーフであることを理由に苦しむ人もいれば、ハーフで可愛いと評価されない人もいます。

そこにはきちんとした科学的理由が存在して、「可愛いハーフの条件」に当てはまらないケースも十分にあり得るのです。

この1ページでは、「どのような人が可愛いハーフに生まれやすいのか?」を追求していくことで、「相性の良い組み合わせ」を出していきます。

ハーフ=可愛いのはなぜ?


ハーフ=可愛い子が多い理由は、「優性遺伝」によるものが大きいと考えられ、優性遺伝とは「優れている遺伝子」という意味ではなく、「優性される確率が高い遺伝子」のことを指します。

例えば、二重と一重では前者が優性遺伝となるため、二重と一重の両親から生まれてくる子供は、二重となる確率が高いことが分かっており、専門家の間ではこれを「メンデルの法則」と呼びます。

もちろんこれは確率の話であるため、劣性遺伝が優先された時には一重まぶたの子供が生まれてくることもありますが、両親ともに二重であった場合は、子供が二重になることはグンと期待できるわけです。

以下に優先遺伝と劣性遺伝の違いを述べていくので、まずはそこをしっかりと頭に入れることで、ハーフで可愛い子が生まれてきやすい理由から覚えていきましょう。

 

優性遺伝と劣性遺伝の違い

まず目は遺伝する確率の高い箇所であり、二重まぶたから目の色に関してまで、細かな部分までもが遺伝子やすい箇所であります。

「目の大きさ、目の濃さ、まつげの長さ、二重」の4つは全て優性遺伝であるため、両親ともにこうした特徴が見られる子供は、美人や可愛い子の条件に当てはまりやすく、魅力的であると外見を評価されることも多いことが想定できます。

次に骨格も遺伝しやすい箇所で、「鼻が高い、彫りが深い、耳が大きい」などは全て優性遺伝であるため、ハーフほど彫りが深くなりやすかったり、鼻筋が通っている人が多いのもここが理由です。

また、身長も確率の高い箇所で、「身長の高さ、腕脚の長さ」も遺伝による部分が大きいですが、身長の場合は生活環境やホルモンバランスも大きく影響されるため、一概には言えないけれども、やはり脚の長さなどは影響されやすい箇所です。

他にも髪の毛は濃いほど優先されやすかったり、髪質はうねるほど優先されやすいため、両親の遺伝が子供の外見に与える影響というのは、非常に大きいことがここからも分かります。

 

相性の良い組み合わせは?


日本とフィリピン

東南アジアの中では最も日本人との組み合わせが良いとの声が多く、芸能界でもラブリさんや高橋メアリージュンさんなど、どこかヨーロッパっぽい要素を掛け持つのがフィリピン人とのハーフです。

フィリピン人といえば、日本の男性が嫁にもらいたいランキングでも上位に入るように、フィリピン人も同じく日本の男性を旦那にしたいと思う人も多いことから、日本国内でも多くのフィリピンハーフが誕生しています。

フィリピン人とヨーロッパ系との大きな違いは、やはり骨格と身長に大きな違いがありますので、足が非常に長くて美しい美人というよりも、全体的に整っていて可愛い雰囲気を出しやすいことが特徴的です。

ちなみにフィリピン人とのハーフは、どう見てもアジア系とのハーフであると思われる確率が高いので、ヨーロッパ系とは雰囲気が違うことも特徴的です。

 

日本とベネズエラ

日本ではあまり馴染みのないベネズエラですが、美人大国として世界中で認められるほどの美人が多く、男性も彫りが深くてキリッとした顔つきが多いことで有名な国です。

世界が誇る三大ミスコンでは、合計の優勝回数が圧倒的に多いほどに絶賛の美人がいる国だと言われており、日本人との組み合わせが良いと判断できる理由は、以下のよな驚きの理由が隠されているからです。

それは、「ベネズエラは植民地であったために混血児が多い」ことにあり、日本人とのハーフが可愛い子になりやすいように、様々な国との組み合わせはより優秀で、整った顔つきになりやすい傾向にあるからです。

一方で、ベネズエラと日本人ハーフを見かないには理由があって、南米でもアジア差別が酷い国であるベネズエラは、日本人を受け入れるような姿勢を取る人が少なかったり、または偏見を持っているので、ベネズエラとの組み合わせは難しいと言えるのが本音です。

 

日本とロシア

ロシア人は美しい美人が多いことで有名ですが、日本とのハーフではお人形さんのような可愛い子になりやすく、鼻筋や目などはくっきりとしているものの、「まるでお人形さんみたいだ!」と絶賛される可愛い子が生まれやすいです。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP