ハーフの可愛い組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

以下の画像はロシア出身のアナちゃんことAnastasia Knyazevaちゃんで、世界中から「まるでお人形さんのようで可愛い!」と話題になったことで、一気に知名度が上がった6歳児です。

ロシアと言えば美人のイメージを持つ人も多いかと思いますが、日本人のような幼顔との遺伝子が組み合わさることは、より幼さと可愛さの融合によって、抱きしめたいほどの可愛い子供が生まれやすいです。

一方でロシア人の場合、日光に弱いためにそばかすやシミができやすいことが、日本とロシアのハーフの子供では悩みとなりやすく、日差しが強い夏は天敵となる人が非常に多いです。

 

日本とウクライナ

「ウクライナはモデル業が国策だ!」なんて言われるほど、モデルとして大金を稼ぎ出すことも多い国であり、「ロシアといい勝負をするであろう」と評価されるほど、女性の評価が高いのがウクライナですが、男性陣も「品があるイケメンが多い」と評価されます。

ウクライナ人に美人や上品なイケメンが多い理由としては、中世の魔女狩りに合わなかったことや、スラブ人と多民家との遺伝子が残されていることなどが理由に挙げられますが、他民族との遺伝子が残るウクライナと日本人の組み合わせも、間違いなく相性は良いと言えるでしょう。

ちなみに芸能界では、滝沢カレンさんが父親ウクライナ人の母親日本人として有名ですが、男性には上品なイケメンが多いと述べたように、美しくて上品な雰囲気を残す魅力が滝沢カレンさんにも存在します。

ちなみにウクライナ国内でのアジア人といえば、中国人が非常に多いために、ウクライナの恋人を探しに上陸するのであれば、まずは中国人と間違われることを覚悟しておきましょう。

 

日本とイギリス

イギリスといえば王道のイメージも強いですが、日本とイギリスのハーフはそのイメージ通りに可愛い子が生まれやすく、比較的馴染みのある美人やイケメンの子供が生まれやすいです。

芸能界では、ベッキーさんや木村カエラさん、JOYさんや栗原類さんなどが活躍していて、日本人が憧れる典型的な見た目となりやすいのがイギリスとのハーフです。

ちなみにイギリスのような発展した国では、「アジア人の血が流れていることが恥ずかしい」なんて悩みを持つ人も多くいて、やはり学生時代にいじめられる原因となることも多いようです。

もちろん日本国内でも同じことが言えますが、ハーフで可愛いからといって学生時代を楽しめるわけではなく、どちらの国にしてもいじめの対象となりやすいのがハーフなのです。

 

日本とレバノン

レバノンといえば、中東では最もイケメン美人が多いと言われる国で、ヨーロッパ系や中東系との混血が多いことが、バランスの良いイケメン美人を生み出すとされています。

レバノン出身で世界的に有名なのはキアヌリーヴスさんであり、彼もまた様々な国の血を引いている一人で、間違いなく世界的に見てもイケメンの部類です。

ちなみにレバノンは、中東でもイスラムが少ない傾向にあり、キリスト教も多い国であるため、比較的自由で水着姿ではしゃぎ回る人もいるなど、中東系では文化の違いに困惑しにくい分類に入るはずです。

中東とのハーフを望むのであれば、様々な血筋が混ざるレバノンは日本人とも組み合わせが良いはずで、男女ともにハズレが少ない国とも言われています。

 

日本とフランス

日本とフランスのハーフといえば、沢尻エリカさんや梨花さんが非常に有名ですが、フランス人とのハーフは上品な顔立ちになる人が多く、どちらかといえばのっぺりしたタイプが多くなります。

理由は簡単で、フランス人にそうした顔立ちが多いからであり、フランス人はイギリス人と比べるとあっさりしている顔が多いので、沢尻エリカさんのようにのっぺりした感じの子供が生まれてきやすいです。

また、フランス人の片親に似てしまった場合はかなり彫りが深くなり、見たからに外国人みたいな顔つきとなることから、半分づつ遺伝子を受け継いだようなバランスの方が、より日本人好みの顔となりやすいです。

ちなみにフランス人はハゲている人が多い国であり、一方で日本人は髪の毛がフサフサである割合が高い国なので、ハーフの子供がフランス気質の髪質となった場合は、若ハゲ等で悩みを持つ確率も高くなります。

 

日本とスウェーデン

スウェーデン人は手足が長いことに加えて、目が大きくて鼻が高い人が多い特徴を持つため、日本人とのハーフでは日本人離れした体格になれたり、スポーツ面では手足が長いことを長所として、スポーツ界でもプロを目指せるかもしれません。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP