ハーフが美人になる理由|ブスとの違い/特徴-悩み・生きづらさ

日本においてハーフのイメージは、「とても美しい」とか「可愛い子供が生まれてくる」との意見が多いですが、ハーフだからといって必ずしも美人となるわけでもありません。

これは当たり前のことであって、ハーフでもブサイクがいるのは事実ですし、ハーフでもほぼ日本人顔の人もいるからです。

この記事では主に、「ハーフが美人になる科学的根拠」と「ハーフ美人に関する苦労や魅力」を伝えることで、リアルなハーフの世界を伝えていきます。

ハーフが美人になる理由


遺伝子の仕組み

ハーフが美人になる理由は非常に簡単で、遺伝子的には外人との子供である方が、遺伝子が良い方向に向かう傾向にあることが答えであって、逆に日本人のように外人の血が入らないことは、遺伝子的には劣化していく一方です。

皆さんもご存知の通り、遺伝子は近ければ近いほど近親率が上がることで様々な障害を持つ子供が生まれやすく、日本でも親と子供の間に子供を産めない理由は、遺伝子が劣化することで障害の確率が上がるからです。

しかし外国人の遺伝子と日本人の遺伝子ともなれば、遺伝子の重複が減ることで、劣化した遺伝子が子供に引き継がれる際に復活することによって、美形で美しい顔立ちの子供が生まれてきやすいわけです。

簡単にまとめると、親と子供の間に生まれた子供では遺伝子エラーが修復されないことによって、ブサイクであったり左右のバランスが悪い子供が生まれやすく、逆に外国人との間ではエラーが修復されることで、より整った顔つきとなりやすいのです。

これを証明するように、外国ではハーフの子供は当たり前であって、外国でも様々な国との遺伝子が交わる確率が高い国ほど、美人イケメンが多いことが分かっています。

例えばベネズエラは美人大国としても有名ですが、植民地であった時代や貧困による人身売買などが栄えたことで、混血児が増えたことにより様々な遺伝子エラーが修復されたことによって、非常に美しい美貌を持つ女性が増えたことは有名な話です。

 

強さ=魅力的

生物科学的な考えでは、遺伝子は近くなるほど血が濃くなることによって遺伝子の多様性を獲得できずに、非常に体が弱い子供が生まれてきやすくなる一方で、ハーフのような外国人の血が入ることは体を強くする要因です。

つまりハーフの子供は健康的で体が強い子供となりやすいわけですが、心理学的な考えでは健康的で強い人=子孫を残せるとの考えから、より健康的で強い体ほど魅力的な人であると人間は本能で感じやすいのです。

例えば、見たからに病弱で弱そうな体つきの男性なのか、見たからに健康的で筋肉質な体つきの男性なのかでは、ほとんどの場合が後者の方が魅力的であると思われると想定できますが、これも本能が健康的な体=子孫を残せると捉えることにあります。

スポーツ選手やジムのトレーナー、自衛隊などの筋肉質な人々がモテる理由もここにあって、若い人ほどより安全に遺伝子を残せる確率が高いことも、若い人ほど魅力的に思われる理由です。

また、イケメンや美人ほどモテる理由も健康的であると思われることが原因で、左右の顔が対象で綺麗なバランスこそが世界的に見た、イケメン美人の定義であるわけですが、こうした顔立ちの人ほど健康的だと思われやすく、逆にブサイクほど不健康だと思われやすいことも、ハーフ美人が非常に魅力的だと思われる理由です。

 

劣性遺伝の回避

顔は両親の遺伝子が非常に遺伝しやすい部分で、目や鼻といったパーツは両親の顔立ちで決まってしまうと言えるほど、非常に似てくる部分であります。

そんな中でも、ハーフは基本的に優性遺伝が見られやすい子供となりやすく、ヨーロッパやアメリカなどの見たからに外国人顔の両親との子供は、優性遺伝による恩恵をたくさん受けられる子供となります。

優性遺伝とは「優先されやすい遺伝子」のことであって、二重や目の大きさ、鼻の高さや彫りの深さなどは全て優先されやすい優性遺伝であるため、ハーフの子供は彫りが深い美形が生まれやすく、美人が多くなるわけです。

日本人は団子鼻や目が小さい、一重であるなどが特徴的な顔つきとなりますが、外国の血が入ることはこうした日本顔を遠のかせ、外国顔にさせる要因なのです。

逆に劣性遺伝が優先された場合は、ハーフであっても団子鼻であったり一重な子供になることもあるため、一概にハーフは美人しかいないと断言できるわけではありません。

 

ハーフ美人の特徴


ハーフで美人と言われる人の特徴は、両親が美形な東アジア系であったのか、またはそれ以外の国との子供であったのかが重要で、ハーフで美形な子供が生まれてきやすいのは、彫りが深い両親とのハーフである人です。

先ほども紹介した通り、優性遺伝によって骨格等は魅力的な方が優先されやすいので、彫りが深い両親ほど美形が生まれてきやすいのです。

東アジア系の場合は、のっぺり顔で彫りが浅いことが特徴的ですが、東アジア系のハーフであった場合は、美形であることが条件となります。

また、世界的に見た日本と外国のハーフ美人の特徴としては、まず「鼻が高すぎないこと」が条件で、外国人は鼻が高すぎることが逆にコンプレックスとなりがちで、魔女のようだと思い込むことで、鼻を整形する人も珍しくありません。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP