ハーフが美人になる理由|ブスとの違い/特徴-悩み・生きづらさ

日本においてハーフのイメージは、「とても美しい」とか「可愛い子供が生まれてくる」との意見が多いですが、ハーフだからといって必ずしも美人となるわけでもありません。

これは当たり前のことであって、ハーフでもブサイクがいるのは事実ですし、ハーフでもほぼ日本人顔の人もいるからです。

この記事では主に、「ハーフが美人になる科学的根拠」と「ハーフ美人に関する苦労や魅力」を伝えることで、リアルなハーフの世界を伝えていきます。

ハーフが美人になる理由


遺伝子の仕組み

ハーフが美人になる理由は非常に簡単で、遺伝子的には外人との子供である方が、遺伝子が良い方向に向かう傾向にあることが答えであって、逆に日本人のように外人の血が入らないことは、遺伝子的には劣化していく一方です。

皆さんもご存知の通り、遺伝子は近ければ近いほど近親率が上がることで様々な障害を持つ子供が生まれやすく、日本でも親と子供の間に子供を産めない理由は、遺伝子が劣化することで障害の確率が上がるからです。

しかし外国人の遺伝子と日本人の遺伝子ともなれば、遺伝子の重複が減ることで、劣化した遺伝子が子供に引き継がれる際に復活することによって、美形で美しい顔立ちの子供が生まれてきやすいわけです。

簡単にまとめると、親と子供の間に生まれた子供では遺伝子エラーが修復されないことによって、ブサイクであったり左右のバランスが悪い子供が生まれやすく、逆に外国人との間ではエラーが修復されることで、より整った顔つきとなりやすいのです。

これを証明するように、外国ではハーフの子供は当たり前であって、外国でも様々な国との遺伝子が交わる確率が高い国ほど、美人イケメンが多いことが分かっています。

例えばベネズエラは美人大国としても有名ですが、植民地であった時代や貧困による人身売買などが栄えたことで、混血児が増えたことにより様々な遺伝子エラーが修復されたことによって、非常に美しい美貌を持つ女性が増えたことは有名な話です。

 

強さ=魅力的

生物科学的な考えでは、遺伝子は近くなるほど血が濃くなることによって遺伝子の多様性を獲得できずに、非常に体が弱い子供が生まれてきやすくなる一方で、ハーフのような外国人の血が入ることは体を強くする要因です。

つまりハーフの子供は健康的で体が強い子供となりやすいわけですが、心理学的な考えでは健康的で強い人=子孫を残せるとの考えから、より健康的で強い体ほど魅力的な人であると人間は本能で感じやすいのです。

例えば、見たからに病弱で弱そうな体つきの男性なのか、見たからに健康的で筋肉質な体つきの男性なのかでは、ほとんどの場合が後者の方が魅力的であると思われると想定できますが、これも本能が健康的な体=子孫を残せると捉えることにあります。

スポーツ選手やジムのトレーナー、自衛隊などの筋肉質な人々がモテる理由もここにあって、若い人ほどより安全に遺伝子を残せる確率が高いことも、若い人ほど魅力的に思われる理由です。

また、イケメンや美人ほどモテる理由も健康的であると思われることが原因で、左右の顔が対象で綺麗なバランスこそが世界的に見た、イケメン美人の定義であるわけですが、こうした顔立ちの人ほど健康的だと思われやすく、逆にブサイクほど不健康だと思われやすいことも、ハーフ美人が非常に魅力的だと思われる理由です。

 

劣性遺伝の回避

顔は両親の遺伝子が非常に遺伝しやすい部分で、目や鼻といったパーツは両親の顔立ちで決まってしまうと言えるほど、非常に似てくる部分であります。

そんな中でも、ハーフは基本的に優性遺伝が見られやすい子供となりやすく、ヨーロッパやアメリカなどの見たからに外国人顔の両親との子供は、優性遺伝による恩恵をたくさん受けられる子供となります。

優性遺伝とは「優先されやすい遺伝子」のことであって、二重や目の大きさ、鼻の高さや彫りの深さなどは全て優先されやすい優性遺伝であるため、ハーフの子供は彫りが深い美形が生まれやすく、美人が多くなるわけです。

日本人は団子鼻や目が小さい、一重であるなどが特徴的な顔つきとなりますが、外国の血が入ることはこうした日本顔を遠のかせ、外国顔にさせる要因なのです。

逆に劣性遺伝が優先された場合は、ハーフであっても団子鼻であったり一重な子供になることもあるため、一概にハーフは美人しかいないと断言できるわけではありません。

 

ハーフ美人の特徴


ハーフで美人と言われる人の特徴は、両親が美形な東アジア系であったのか、またはそれ以外の国との子供であったのかが重要で、ハーフで美形な子供が生まれてきやすいのは、彫りが深い両親とのハーフである人です。

先ほども紹介した通り、優性遺伝によって骨格等は魅力的な方が優先されやすいので、彫りが深い両親ほど美形が生まれてきやすいのです。

東アジア系の場合は、のっぺり顔で彫りが浅いことが特徴的ですが、東アジア系のハーフであった場合は、美形であることが条件となります。

また、世界的に見た日本と外国のハーフ美人の特徴としては、まず「鼻が高すぎないこと」が条件で、外国人は鼻が高すぎることが逆にコンプレックスとなりがちで、魔女のようだと思い込むことで、鼻を整形する人も珍しくありません。

外人にとって鼻は、「高すぎずにコンパクトであること」が美人の条件であるため、世界的な評価では鼻は高ければいいものでもありません。

もう1つ重要な部分は「骨格」がどうかにあって、外国では骨格は出ている方が美人と評価されやすく、エラが少し張っているくらいの方がより深みが出て、美しく見えやすいのです。

日本でも鼻が高すぎることをコンプレックスに持つ人がいるように、ハーフで彫りが深すぎるからと言って、必ずしも美人と評価されるわけでもありません。

 

ブスとの違いは?


バランスが重要

ブスとの違いはまず、見た目のバランスが悪い人ほどブサイクに見られやすい傾向があって、左右のバランスが悪い人ほど第一印象が低く、魅力的に見えないことが研究結果からもはっきりしています。

東アジア系とのハーフの場合は、つり目が特にブサイクだと言われがちな要素で、日本人はヨーロッパ人の憧れが強くて東アジア顔にコンプレックスを持つ割合が高いので、朝鮮半島遺伝子でもあるつり目は高評価を得ません。

それ以外の国でも同じくバランスが非常に大事で、黄金比に近づくほど美人と評価されやすいです。

日本の場合は彫りが深い人ほど高評価を得やすい傾向にあるため、彫りが深くて黄金比に近い顔つきのハーフほど、絶賛されるほどの高い評価を得ることでしょう。

ちなみにハーフ以外の日本人でも、美人と評価されるのは黄金比に近い人がほとんどで、それ以外はスタイルが日本人離れしている冨永愛さんなどが挙げられます。

 

ハーフ美人が得すること


特別な存在になれる

ハーフ美人は特別な存在になれる確率が高く、街中を歩いていても多くの人から視線を集めるなど、自己顕示欲が強い人にとっては最高の環境を手に入れられます。

今ではSNSが盛んな時代でもありますから、ハーフ美人は顔の写真を出すだけでもたくさんのいいねがもらえたり、コメントがもらえることもメリットで、さらにハーフ美人だからこそ、自撮りが許されるという風潮もあります。

学校生活でも、一目置かれる美人は多くの人から優しくしてもらえるなど、何かと特別扱いされることが多いですが、ハーフであればその中でも特に注目されやすく、ハーフと付き合いたいと思う人にとっては、どストライクの存在にもなれます。

これは美人だからの特権であると言え、逆にハーフでもブサイクな人はそこに対していじられたり、バカにされる経験をすることになりますし、ハーフだからといって特別扱いされることもありません。

もちろんハーフ美人だって、学生時代はそれほど魅力的に思われなかった人は、同じような経験をしますが、学生時代から美人だと評価される人にとっては、まるで天使のような扱いをされることも珍しくありません。

 

何かと高評価を得る

そもそも美人は何かと評価を高く見られる傾向にあって、仕事においても美人の方ができる人だと評価されやすいですし、面接であっても仕事ができそうだと思われやすいので、基本的に美人は高評価を得やすいです。

それに加えてハーフであることは、また違った独特の個性や魅力が加わっているので、カットモデルなどを頼まれやすかったり、ファッションモデルとして起用されやすい一面も見られます。

イギリスのカーディフ大学に所属するルイス博士が行なった実験結果によると、ハーフであった方が魅力的に思われやすい結果が報告されていることから、ハーフ美人は純日本美人よりも魅力的に見られやすいとも考えられます。

その理由は、「血が薄くなることで体が強くなること=美人であることの表徴」であるため、本能的に人はハーフの方が魅力的に思いやすいとも発言しています。

故にハーフ美人は、世界中を基準にしても美しいと思われる遺伝子であるとも言えるのです。

 

モデルになれる確率

女性の多くが一度は憧れるモデルという職業も、ハーフの方が目立ちやすいことに加えて、モデルにスカウトされる確率も高いと考えるが妥当で、外国顔である方が洋服は基本的にかっこよく見えますし、カットモデルだって外国顔の方がしっくりくる髪型が多いからです。

今の芸能界では、「ハーフタレント多すぎ問題」なんて言われるほどハーフが活躍し、多くの場で美人ハーフが起用される社会となっているように、ハーフはモデル業でも優位に立てると言えるでしょう。

また、日本人と違って外人は胴が短く足が長い割合が多いため、そうした遺伝子を受け継いだハーフが日本人離れしたスタイルになることも、憧れのモデルになりやすい理由です。

あくまでモデルはファッションを中心として回るので、スタイルが良いほど商品も売れやすいですし、かっこよく見えるといった理由から、ハーフの方が有利であるとも言えます。

一方でスタイルは育った環境によるものも大きいので、ハーフだから一概に足が長くなるとは言い切れません。

 

とにかく可愛い赤子時代

はっきりいって、日本人の赤ちゃんよりもハーフの赤ちゃんの方が可愛いと言われる確率は高く、心の底から可愛いと思われやすいのがハーフの赤ちゃんです。

これは両親にとってのメリットの部分が大きいですが、赤ちゃんは基本的には可愛いのが当たり前であるものの、その中でも群を抜いて注目されやすいのがハーフの赤ちゃんです。

外国の血が入ることによって、とてもキュートで天使のような可愛さに見えることから、美人ハーフは赤ちゃん時代から注目され続け、可愛いと評価されやすいこともここから見えてきます。

 

ハーフ美人ならではの悩み


劣化が早い

外人遺伝子は劣化しやすいのは有名で、シワの入り方も日本人より目立つことや、外国の食文化が入ることもあって、ハーフ美人はどうしても劣化との戦いを強いられます。

特に日本人は幼顔が多い国ですし、美意識が高い国であることからも、ハーフの劣化は日本で住むにおいてハンデとなることの1つで、20代後半から徐々に実年齢よりも高く見られる人が多くなっていきます。

もちろん逆のメリットもあって、若い頃から大人っぽく見られたりセクシーに見られるのもハーフ美人の特権ですが、逆に歳をとってからの苦労が多いのもハーフ美人なのです。

また、外国では小麦色の肌が健康的で美しいとの考えを示すので、こうした考えを親から伝えられている家庭は、子供の頃からガンガンと日焼けをすることで肌へのダメージを蓄積し、大人になってからシワが深くなる原因ともなるので、価値観の多様性が悩みを深くさせることも。

太る食生活が見られにくい日本なので、まだ外国に住むよりかは劣化スピードはマシになるとも考えられますが、日本人と比べると劣化のスピードは確実に早まります。

 

体型維持が難しい

こちらは家庭で出される料理にもよりますが、日本食よりも外国食を好む家庭であった場合は、大人になってから一気に太ってしまうことが多く、そもそも外国食は太りやすいことで有名です。

実は日本人は世界で二番目に太りやすい遺伝子を持っていて、日本食のヘルシーさによって助けられる部分が大きいため、ハーフであっても日本食を主食とする場合は、それほど太る心配もありません。

ただし、遺伝子によって体型が親に似ることは当然考えられることで、親が30代で一気に太って外人体型になった過去があるとすれば、ハーフ美人も30代から一気に太って外人体型となることもあります。

また、外人は日本人よりかは太りにくいけれども、日本人は逆に外人のような体型になることは不可能で難しいと言われていて、その理由は「日本人ならではの体の弱さ」が原因であります。

遺伝子の重複が多い日本人は外人に比べて体が弱く、その代わりに外人ほどの太り方をする前に生活習慣病に襲われることで、なんとか自分の体を守る民族なので、ハーフは制御が効かない体であることを理解しておきましょう。

 

いじめ問題

ハーフ美人といっても、子供の頃から美人と言われ続ける人もいれば、大人になる段階で徐々に頭角を表す人もいるわけで、大人になってから頭角を現して人にとっては、学生時代はそれほど恩恵を感じれない日々を過ごすことになります。

そもそもハーフは学校で仲間外れにされたり、外国人だといじめにあうことも多いため、美人であってもいじめられる人はいじめられますし、性格によっては女性陣から嫌われる人もいます。

美人であった場合は男性陣からチヤホヤされるでしょうが、それに嫉妬の感情が生まれると女性陣からいじめの対象となりやすく、学校生活が楽しめなかったと語るハーフ芸能人は後を絶ちません。

こちらは性格の問題であったり、地域格差が大きく見られる部分ですが、比較的治安が悪くていじめが多い学校ほど、ハーフはいじめの対象になりやすいと言えるでしょう。

デブが自分たちとは違うからいじめられたり、ブサイクが自分たちとは違うからいじめられるように、ハーフも外国の血が入っていることを理由にいじめることは、世界中どこでも見られることです。

 

不安に思いやすい

ハーフコンプレックスと呼ばれるもので、ハーフはいじめや仲間外れの対象に入らなくても、余計な一言や陰口をきっかけにコンプレックスを抱く人がいて、「自分は外国の血が入っているんだ」と否定的になることも、比較的珍しいことではないです。

例えば、美人であることに嫉妬した人が影で「外国顔のくせに」と発言し、それがたまたま耳に入ってしまえば、自分はハーフであるから陰口を叩かれるなどと、悪いことはとことんハーフであることを理由に繋げてしまうのです。

一度でも自分がハーフであることを否定されてしまえば、そこから何をしても「ハーフだから」が頭をよぎってしまい、積極的になれない学校生活を送ったハーフの方々も多いはずです。

どれだけ美人であってもハーフコンプレックスは抱きますし、日本のイケメンや美人が白人コンプレックスを持っていることと同じです。

これには個人差がありますが、まだ心が幼い学校生活では、多くの人と同じことが正義であるかのような考えをするため、本来はメリットが多い外人の血が頭を悩ます原因となることも。

 

ハーフ美人の生きづらさ


美人だけどもハーフだからこその生きづらさもあるのが現実で、特に学生時代に悩みを抱きやすいハーフの方々は、大人になってハーフコンプレックスを払拭できた人も多いはずです。

美人であろうがハーフは、「英語を喋って!」と軽いノリで要求されたり、「20代までは可愛い」と言われることで傷つくなど、実際の立場でないと分からない悩みを抱えがちです。

もちろん、純日本人ならではの悩みだってたくさんありますし、日本人は白人への憧れが強い国民性を持ちますが、だからこそ多くの人がハーフは羨ましいと思いこみ、自分も同じ立場に立ちたいと思ってしまうのでしょう。

世の中顔が全てと言われるほど顔一つで対応が大きく変わることを考えると、ハーフ美人はとっても羨ましい存在で、同じハーフでもブサイクである人からすると、憧れの存在ともなり得る人がハーフ美人です。

「1日でもいいからハーフ美人になってみたい」と夢見る対象も同じくハーフ美人なので、生きづらさも感じるけれども得することの方が目立ってしまうことが、ある意味こうした人達の悩みとも言えるはずです。

関連記事:ハーフの子供のメリットデメリット|悩み/魅力/相性20選

関連記事:ハーフの可愛い組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP