【外人は一重が好き!?】特徴/魅力/二重が多い理由14選

外人と言えば、二重で彫りが深いとのイメージを持つ方も多いでしょうが、実は今「外人は一重が好きだ」との噂が流れていて、日本人はそこそこモテると豪語する人もいます。

この1ページでは主に、「なぜ一重が好きになるのか?」の理由と、外人に二重が多い理由もセットで述べることで、最終的に外人にとっての一重の魅力を導き出していきます。

外人であっても一重が好きな人と嫌いな人がいることを、まずは理解しておきましょう。

一重の評価は上がってる?


近年アジア系の一重イケメンや美人が評価されている流れがあり、これは世界で活躍するアジア系モデルを参考にすると非常に分かりやすいです。

例えば日本とパリで活躍するモデルの冨永愛さんは、切れ目で奥二重であることが特徴的ですが、奥二重の人は一重と間違われることもあるほど、アジア人特有のキツイ目つきになりやすいです。

他にも、韓国のスーパーモデルHyun Ji Shinさんは、見たからに一重でありますが、世界から絶賛されるほどの高い評価を得ていて、こうした一面からもアジア系の一重が再評価されていると考えられ、外人の中には一重がたまらなく好きである人が多いとの声も上がっています。

上記の画像は韓国のスーパーモデルHyun Ji Shinさんですが、彼女はバーバリーの専用モデルを越すなど、一重美人として世界中から注目を浴びるモデルの一人です。

 

そもそも外人に二重が多い理由


そもそも一重はアジア人特有の魅力であるとも言え、日本人は一重である人が非常に多く、また一重であることに頭を悩ませる割合が非常に高い国です。

外人に二重が多くて日本人一重が多い理由は、歴史と遺伝子の仕組みが深く関係していて、まずは遺伝子から分かりやすく簡潔に説明していきましょう。

遺伝子には優性遺伝と劣性遺伝が存在しており、優性であるほど優先されやすい性質を持っているのですが、外人には様々な箇所で優性遺伝が見られやすく、二重も優性遺伝子であることがわかっています。

だからこそ、二重ばかりの外人の子供は二重に生まれてくるわけであって、さらにその二重の子供が将来子供を産むことによって、さらに二重の子供が生まれてきます。

日本人とハーフが良い例で、外人と日本人とのハーフは二重である確率が高く、美形が生まれやすいとも言われますよね。

一方で、「いやいや。そもそも外人は二重ばかりじゃん!」と疑問に思う人もいるでしょうが、そこにもしっかりとした理由があって、そもそも人間には二重しか存在しなかった過去があります。

しかしながら、シベリアに住んでいた人たちは氷河期を迎えることで、寒さから目を守る必要が出てきたため、一重に変化していくことで自分たちの子孫を繁栄させたのです。

そして一重に進化しても自分たちの身に危険を感じた当時のシベリアの人々は、さらに南を目指すことで日本や中国に足を運んだとされています。

こうした歴史が、日本や中韓に一重が多い理由であって、外人が二重ばかりの理由となります。

 

こんな一重が外人好み


切れ目である

切れ目であることは重要なポイントで、ハリウッドスターとして成功を収めた東アジア人や、高級ブランドのモデルとして有名になった東アジア人には、切れ目でキツイ顔に見える共通点があります。

外人にとっては、一重でも切れ目でキツイようにも見える顔立ちを高評価する傾向にあるようで、実際にパリコレなどの世界的に有名なファッションショーでも、東アジア出身の方の多くはより切れ目を強調するメイクを施します。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP