【外人は一重が好き!?】特徴/魅力/二重が多い理由14選

外人と言えば、二重で彫りが深いとのイメージを持つ方も多いでしょうが、実は今「外人は一重が好きだ」との噂が流れていて、日本人はそこそこモテると豪語する人もいます。

この1ページでは主に、「なぜ一重が好きになるのか?」の理由と、外人に二重が多い理由もセットで述べることで、最終的に外人にとっての一重の魅力を導き出していきます。

外人であっても一重が好きな人と嫌いな人がいることを、まずは理解しておきましょう。

一重の評価は上がってる?


近年アジア系の一重イケメンや美人が評価されている流れがあり、これは世界で活躍するアジア系モデルを参考にすると非常に分かりやすいです。

例えば日本とパリで活躍するモデルの冨永愛さんは、切れ目で奥二重であることが特徴的ですが、奥二重の人は一重と間違われることもあるほど、アジア人特有のキツイ目つきになりやすいです。

他にも、韓国のスーパーモデルHyun Ji Shinさんは、見たからに一重でありますが、世界から絶賛されるほどの高い評価を得ていて、こうした一面からもアジア系の一重が再評価されていると考えられ、外人の中には一重がたまらなく好きである人が多いとの声も上がっています。

上記の画像は韓国のスーパーモデルHyun Ji Shinさんですが、彼女はバーバリーの専用モデルを越すなど、一重美人として世界中から注目を浴びるモデルの一人です。

 

そもそも外人に二重が多い理由


そもそも一重はアジア人特有の魅力であるとも言え、日本人は一重である人が非常に多く、また一重であることに頭を悩ませる割合が非常に高い国です。

外人に二重が多くて日本人一重が多い理由は、歴史と遺伝子の仕組みが深く関係していて、まずは遺伝子から分かりやすく簡潔に説明していきましょう。

遺伝子には優性遺伝と劣性遺伝が存在しており、優性であるほど優先されやすい性質を持っているのですが、外人には様々な箇所で優性遺伝が見られやすく、二重も優性遺伝子であることがわかっています。

だからこそ、二重ばかりの外人の子供は二重に生まれてくるわけであって、さらにその二重の子供が将来子供を産むことによって、さらに二重の子供が生まれてきます。

日本人とハーフが良い例で、外人と日本人とのハーフは二重である確率が高く、美形が生まれやすいとも言われますよね。

一方で、「いやいや。そもそも外人は二重ばかりじゃん!」と疑問に思う人もいるでしょうが、そこにもしっかりとした理由があって、そもそも人間には二重しか存在しなかった過去があります。

しかしながら、シベリアに住んでいた人たちは氷河期を迎えることで、寒さから目を守る必要が出てきたため、一重に変化していくことで自分たちの子孫を繁栄させたのです。

そして一重に進化しても自分たちの身に危険を感じた当時のシベリアの人々は、さらに南を目指すことで日本や中国に足を運んだとされています。

こうした歴史が、日本や中韓に一重が多い理由であって、外人が二重ばかりの理由となります。

 

こんな一重が外人好み


切れ目である

切れ目であることは重要なポイントで、ハリウッドスターとして成功を収めた東アジア人や、高級ブランドのモデルとして有名になった東アジア人には、切れ目でキツイ顔に見える共通点があります。

外人にとっては、一重でも切れ目でキツイようにも見える顔立ちを高評価する傾向にあるようで、実際にパリコレなどの世界的に有名なファッションショーでも、東アジア出身の方の多くはより切れ目を強調するメイクを施します。

こちらもHyun Ji Shinさんの写真ですが、切れ目を隠そうとメイクしているというよりは、むしろ切れ目を個性として魅力的に見せようとしているメイクに加えて、キリッとした印象を与えているのがわかりますね。

このように、外人好みで好きだと思われる一重は切れ目であって、もの凄くキツく見えるくらいであった方が、外人からすれば魅力的なアジア人であると思われるのです。

ちなみに一重で切れ目が長ければ長いほど、外国では高評価に思われやすい傾向があって、よりアジア系の個性が出ているとポジティブな評価をされやすいです。

 

黒髮である

黒髮はアジアンビューティーと言われるほど、外国では高い評価を得る女性が特に多く、黒髮サラサラロングヘアーともなれば、多くの外人が魅力的で素敵であると思うことでしょう。

理由は簡単で、白人は髪の毛がうねっている割合が高いことと、やはり黒髮で生まれてくる確率が低いことにあり、男女ともに一重+黒髮を売りにしてる人たちが、外国でも活躍の場を広げています。

冨永愛さんも黒髮ですし、先ほど紹介した韓国のモデルHyun Ji Shinさんも黒髮であることから、外人は黒髮のサラサラヘアーが好きであることもはっきりしています。

外人にとって、黒髮は「セクシー」に見えるようで、色っぽくて女性らしさが強調されたり、キリッとした男らしさが強調される要素こそ、黒髮であると言われるほどです。

また、海外セレブの中にもアジアンビューティーを求めて黒髮に染める人もいるほどで、サラサラヘアーを求めてストレートにする人もいるなど、外人にとって日本人の特徴でもある黒髮は、魅力的で美しく感じさせます。

 

エラが張っている

エラが張っている人に対して、日本では「うわぁ。これは自分の欠点だ」とネガティブに捉える人が多いですが、外国ではむしろエラが張っているくらいの方が、美しく見えると思われやすいです。

冨永愛さんは骨格が張っていることが特徴的ですが、外人はこうした骨格に対して「ビューティー」との感想を持ち、セクシーである条件の1つだと考える人もいるほどです。

実際に白人の方はエラを出したいと思う人が多く、卵型の輪郭をするよりも、骨格が強調されてこそ美しく見えるとの意見が多いため、白人女性は骨格を目立つようにするメイクを施す人もたくさんいます。

その背景には、「西洋人は左右共に潰された様な頭部で前後に長く奥行きがあり、鼻が高いこと」が関係しているようで、エラが張らない人は全体的に長細く見えてしまい、メリハリが無くなるためです。

日本人だって多くの人が彫りが深い方が良いとの考えを示しますが、白人だってエラが張ることでよりメリハリが出ることこそが、イケメンや美人の条件であるとの考えを持ちます。

 

小麦色の肌

日本人の感覚では、「美白の人が綺麗だ」と捉える傾向にありますが、海外ではむしろ「小麦色に焼けているくらいが、健康的で魅力的な条件である」との捉え方をするため、あまりにも色白すぎる肌は「不健康だ」と嫌がられます。

よく白人で美形だと絶賛される人であっても、そばかすができるイメージがあるのは、白人が若い頃から日焼け対策をそれほど取らず、むしろガンガン焼いていこうと思う人が多いことにあります。

また、こうした人がモテる理由は心理学でも証明できて、人は健康的で長生きできそうな体を好む本能が残っていて、こうした人でないと子孫を残すことが難しいことから、より健康的な人ほど魅力的に見えることが、色白すぎる人ほど避けやすくなるとの考えもできます。

日本では、「色白な女性こそアジアンビューティーだ」と思う人も多いですが、外人からすれば色白は体が弱い人に見えやすく、とても強そうな人には見えないのです。

日本の男性が良い例で、色白すぎる男性は体が弱そうなイメージを与えることに加えて、魅力的だとは評価されにくいですよね。

 

華奢な体型

小麦色の肌を好むということは、骨もしっかりとした人が好きだと高評価を得そうなものですが、ここに関しては華奢な体型である方がモテやすく、魅力的に見られやすいことは間違いありません。

アフリカ系は太っている人の方が好まれるとも言われがちですが、そこを除けばほとんどの国が華奢であるほどスタイルが良いと判断するため、モデルや俳優として世界で活躍するアジア人は、華奢で美しいスタイルが魅力的です。

ここに加えて、真っ直ぐで曲がらない脚を持つ人は非常に高評価を得るため、世界で活躍する東アジアの人は必ず真っ直ぐ歩くことを意識するはずです。

一重でエラが張っているとしても、内股や外股で歩く人は外人が心の底からがっかりする瞬間であり、日本人が勘違いしやすい部分なのです。

日本人の場合は、「細くて長い脚こそ魅力的だ」との先入観を持っていますが、ただ痩せて長い脚であれば外人にモテると考っている人は、これは間違った認識であることも覚えておきましょう。

 

可愛いより色気

一重の人は可愛さより色気で勝負することが鉄板で、セクシーで強そうに見える人の方が外人には高い評価を得やすいです。

これは日本でも同じことですが、一重で勝負するのであれば色気や強さを求める必要があって、可愛さをアピールするよりはキリッとしたイメージから、ふとした瞬間に笑うギャップが高評価を得るような人こそ、一重で外人から好かれる人です。

よく日本はロリコン文化なんて口にする人がいますが、日本と違って外国は強い女性こそ美しいとの考えもあってか、一重でキリッとしたイメージは強さを引き立たせるのです。

切れ目でイケてる人といえば、韓流スターに多く見られますが、やはり韓国でも一重で切れ目な人ほど世界的に活躍するモデルが目立ちます。

 

コンパクトな鼻

白人の最大のコンプレックスとも言われる鼻は、高すぎることによって本人の悩みとなることが多く、むしろ外国では高すぎて目立つ鼻はブサイクの象徴であるとも言われるほど、高すぎる鼻は嫌われがちです。

外人にとって魅力的な鼻とはコンパクトな鼻であって、高すぎることはブサイクな要素なのです。

こちらは中国を代表するスーパーモデルのリュウウェンさんですが、一重の方も全く同じようなことが言えて、整形を経て高すぎる鼻にしてしまうよりも、むしろ程よいコンパクトサイズの鼻が外人にはウケが良く、理想的な鼻であると思われることも。

特に一重の場合は、鼻がコンパクトである方が全体的にキリッとした締まった雰囲気を作れるので、一重を売りにする上では欠かせない要素と言えます。

また、外人を褒めるつもりで「鼻が高くて凄いね!」と発言し、嫌われてしまうことが外国の現地で起こりがちですが、程よい高さでコンパクトな鼻を持つあなたは、日本人が理想にしがちな西洋人から逆に、羨ましいと思われる人かもしれません。

 

ボリュームのある髪

外人は黒人であればウネリが強く、白人であればウネリが弱く美しいイメージを持つ人もいるでしょうが、これが本人たちにとってコンプレックスになることもあって、とにかく外人はボリュームのある髪に憧れを抱きます。

そもそも白人系はハゲている人も多いですし、黒人系はボリュームが多すぎることもあって、ボリュームがある人は魅力的だと思われやすく、外人から好きと言われやすいタイプです。

一重で世界的に活躍する東アジアの方々を見ると一目瞭然で、女性はほぼ全員がロングヘアーでボリュームのある髪を演出しています。

男性の場合も同じく、ボリュームのある髪を生かすセッティングをすることで、よりカッコ良さを引き出していることがほとんどです。

一重であって切れ目な条件が整っていても、ハゲていては魅力が半減し、特に隠せない男性はがっかりされる人の特徴となることでしょう。

 

外人が二重にこだわらない原因


重要なのは若さ

外人は基本的に目が大きいのが当たり前ですし、自分が一重であったり目が小さいなどの悩みを持つことも日本人より圧倒的に少ないので、一重であってもそれほど気にしないのが外人の本音で、目の大きさに大きなこだわりを持ちません。

むしろ外人が重視する点は「若く見えるかどうか?」であるため、目が大きすぎることで老け顔に見えるよりかは、若く見られることが何よりも嬉しく、そのために整形手術をする人もたくさんいます。

日本人の場合は、まぶたの二重などの整形手術が多くなりますが、外国だとたるみ等の余分な部分を取り除く手術が多くなることが、どこを重視しているのかを証明しています。

「それは二重で大きな目の人がたくさんだからでは?」との指摘もありそうですが、外人だって二重の形を変えようとする人もいますし、目の大きさを変えようと整形する人もいるわけです。

特に劣化が早いと言われる白人にとっては、老けて見られることが一番のネックとなるポイントなので、一重であっても日本人のように老けて見られにくい遺伝子は、求められる部分であると言えます。

 

希少価値

一重は日本と中韓の特権でもあるため、一重の人にはどうしても希少価値効果がでやすく、外人にとって一重である人はレアな存在となるのです。

もちろん興味がない人にとっては、レアな価値など意味をもたらさないので無意味となりますが、一重が魅力的であると思える人にとっては、一重の人物は非常に価値が高くなります。

だからこそ、一重をコンプレックスに抱きやすい日本人が外人に受け入れられたことは、「外人だって一重が好きだぞ!」との噂が広まった瞬間かもしれません。

どんな世界でもそうですが、数が少ない方がレアな価値はでやすいですし、興味がある人にとっては取り合いになる程魅力的に思えるのが、希少価値が起こすメリットです。

先ほどもお伝えしたように、目の大きさや二重かどうかにほとんどこだわらない外人だけに、一重を受け入れられることは、希少価値が起きる期待が高まります。

 

一重の苦労を知らない

外人が二重にこだわらない一番の原因がこれで、そもそも生まれながらに二重であることが当たり前の外人にとっては、一重である苦労を知ることができませんし、一重であるがゆえの悩みも知ることができません。

もちろん日本であっても二重=イケメン美人でないのも確かですが、一重は基本的に目が小さく見えますし、日本人はヨーロッパ人への憧れが強い国民性があります。

日本では二重なだけでも高評価を得ることができたり、外国ではつり目ポーズで差別用語であると指摘されることもあるので、一重であることは二重であるより苦労が多いのは間違いのない事実なのです。

一方でこのような考え方も可能で、例えば外人が一重の日本人と結婚したとしても、結局は優性遺伝によって二重の子供が生まれてくる確率は高いので、外人にとっては一重の日本人との子孫も、二重であるという考えもできます。

さらに外国の血が入ることは遺伝子的に強くなることが証明されているので、実はハーフの子供を産むことは遺伝子的に考えれば、メリットも多いのです。

 

条件の整った一重が重要


外人は一重が好きなのかどうかの結論は、しっかりとした条件が整っている一重であれば好きとの回答が、最もしっくりくる回答となります。

外人にとって日本人は幼顔に見えることもあって、幼顔の日本人と交際をすることは「ロリコンやショタ」であると批判されることも、何かとセクシーでキリッとした一重をこの理由となることでしょう。

そもそも外人が一重の方が好きなのであれば、一重が多い日本人は外人からモテモテなはずですし、一重に整形する人なども後を絶たないはずです。

これは二重にも言えたことですが、結局はバランスが非常に重要で、一重であろうが二重であろうがイケメンはイケメンですし、美人は美人なのです。

ただ、日本と外国ではこうした基準や好みのタイプも違ってくるため、こんな一重が好みでもしっかりとお伝えしたように、外人はどちらかと言えば日本人がコンプレックスに抱きがちな部分を、高く評価してくれる傾向にあることが、この記事を通してはっきりと分かりました。

国によっては好みの違いも出てきますが、スーパーモデルとして世界から認められる東アジアの人々は、こうした特徴があるくらいで覚えておくのもいいですね。

関連記事:ハーフの子供のメリットデメリット|悩み/魅力/相性20選

関連記事:ハーフの可愛い組み合わせ10選【日本人との相性/違い/魅力】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP