黒人ハーフの魅力とは?苦労や悩み|外見の特徴-生きづらさ20選

近年黒人ハーフが非常に注目を浴びていて、テニスの大坂なおみ選手を筆頭にプロ野球界やサッカー界など、日本人離れした体格や身体能力が注目を浴びています。

一方で黒人ハーフは日本で生活する上では、どうしても頭を悩ます自体に陥ることが多くて、黒人系のハーフならではの悩みが存在するのも現実です。

この1ページを読むことによって、黒人ハーフの子供がどういう悩みを抱きやすいのか?または、外見上の特徴なども知ることができます。

黒人ハーフの魅力とは?


身体能力が高い

黒人が身体能力が高いことは間違いのない事実で、アメリカやヨーロッパでは身体能力の高い黒人を引き抜くことで、陸上やサッカーなどで代表として活躍する人が多くいます。

そもそも黒人は原始的な暮らしをしていたり、身体能力を保つことで今まで生きぬいてきたと考えられているため、黒人ハーフがこの遺伝子を引き継ぐこことは何も不思議ではありません。

遺伝子の研究によると、身体能力は親からの遺伝が強い傾向にあることが分かっていて、運動神経がいい両親からは素晴らしい身体能力を持った子供が生まれやすく、生まれ持った身体能力には大きな差が出ると言われるほどです。

さらに黒人ハーフの場合は、手足が長いなどの外人特有の遺伝子を引き継ぐこともあるため、日本人ではほとんど見られない体系を生かすことは、スポーツ界で注目を浴びるきっかけとなります。

故に、両親がどちらもスポーツが万能であったり、身体能力が高い場合は、スポーツ選手として将来を有望される確率が高いと言えるでしょう。

 

とにかく明るい性格

黒人の性格はとにかく明るい人が多い特徴が見られますが、あまり発達していないアフリカ等では音楽やイベントが唯一の娯楽であったこともあって、黒人は音楽に合わせて踊るなどの明るい性格が多く、その性格も遺伝されやすいと考えられます。

人の性格は育った環境によるものが大きいですが、黒人の親が明るくていつもニコニコしていたり、陽気で音楽に合わせて踊っている環境で育った子供は、同じように明るい性格となりやすく、子供は親の真似をするとも言うほどです。

ラテン系や黒人に多く見られる性格面での特徴となるので、黒人ハーフでも暗い性格の人も当然いるわけですが、それは両親の影響が大きいと言えるでしょう。

また、黒人ハーフは「外国人いじり」をされることも多いため、その場のノリで楽しく返さないといけない環境となりやすいことも、黒人ハーフほど明るい性格が多い要因となり、それが結果的に魅力となるのです。

 

エネルギッシュである

黒人がエネルギッシュなことはなんとなく想像できるかと思いますが、肉体的にも精神的にもエネルギッシュで元気一杯の黒人から生まれるハーフは、同じくエネルギッシュになりやすいです。

理由としては、まず声量が大きくなりやすいことが考えられ、エネルギッシュな人は声量が大きいことで、「この人はパワフルな人だ」と評価されるわけですが、海外でもオペラ歌手には黒人系が多い現状を考えると、黒人ハーフも同じく声量が大きくなりやすいことが想定できます。

さらに上記でもお伝えしたように、黒人はとにかく明るい性格が多いので、こちらもエネルギッシュだと思われる人の特徴に当てはまります。

そもそも日本人は、黒人に対して「強そうだ」とか「パワフルそうだ」などの先入観を持っているので、黒人ハーフほど周りからそうしたイメージで捉えられることで、自ずとそのキャラを演じていきやすくなることも、黒人ハーフに多く見られる理由と同時に、多くの人が認める魅力の1つとなります。

 

純血より体が強い

黒人ハーフはとにかく体が強いことも魅力の1つで、GENERATIONS所属の坂口メンディーさんを見ていると、どう考えても純血の日本人よりも体が強そうで、身体の能力も高いだろうとの判断ができます。

黒人ハーフが体が強くなる理由は簡単で、遺伝子は様々な国との配合である方が体が強い遺伝子が作られやすく、逆に日本のように近い遺伝子との配合は体が弱くなりやすいからです。

これは科学的にも証明されていて、外人は様々な国との国際結婚は当たり前であるため、近い遺伝子を避けることで体の強い子供が生まれてきやすいのです。

故に黒人ハーフのあなたは、遺伝子的な部分を見れば優れた遺伝子であると判断できて、体の強さは子孫を残す上で重要なポイントとなるため、魅力であるとの考え方は正しい考えとなります。

 

黒人ハーフの外見上の特徴


二重が多い

黒人に限った話ではないですが、外人は基本的に二重が普通であるために、日本人と黒人との子供には二重の子供が生まれやすく、これは優先されやすい遺伝子の法則が関係しています。

ページ:

1

2 3 4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP