黒人ハーフの魅力とは?苦労や悩み|外見の特徴-生きづらさ20選

近年黒人ハーフが非常に注目を浴びていて、テニスの大坂なおみ選手を筆頭にプロ野球界やサッカー界など、日本人離れした体格や身体能力が注目を浴びています。

一方で黒人ハーフは日本で生活する上では、どうしても頭を悩ます自体に陥ることが多くて、黒人系のハーフならではの悩みが存在するのも現実です。

この1ページを読むことによって、黒人ハーフの子供がどういう悩みを抱きやすいのか?または、外見上の特徴なども知ることができます。

黒人ハーフの魅力とは?


身体能力が高い

黒人が身体能力が高いことは間違いのない事実で、アメリカやヨーロッパでは身体能力の高い黒人を引き抜くことで、陸上やサッカーなどで代表として活躍する人が多くいます。

そもそも黒人は原始的な暮らしをしていたり、身体能力を保つことで今まで生きぬいてきたと考えられているため、黒人ハーフがこの遺伝子を引き継ぐこことは何も不思議ではありません。

遺伝子の研究によると、身体能力は親からの遺伝が強い傾向にあることが分かっていて、運動神経がいい両親からは素晴らしい身体能力を持った子供が生まれやすく、生まれ持った身体能力には大きな差が出ると言われるほどです。

さらに黒人ハーフの場合は、手足が長いなどの外人特有の遺伝子を引き継ぐこともあるため、日本人ではほとんど見られない体系を生かすことは、スポーツ界で注目を浴びるきっかけとなります。

故に、両親がどちらもスポーツが万能であったり、身体能力が高い場合は、スポーツ選手として将来を有望される確率が高いと言えるでしょう。

 

とにかく明るい性格

黒人の性格はとにかく明るい人が多い特徴が見られますが、あまり発達していないアフリカ等では音楽やイベントが唯一の娯楽であったこともあって、黒人は音楽に合わせて踊るなどの明るい性格が多く、その性格も遺伝されやすいと考えられます。

人の性格は育った環境によるものが大きいですが、黒人の親が明るくていつもニコニコしていたり、陽気で音楽に合わせて踊っている環境で育った子供は、同じように明るい性格となりやすく、子供は親の真似をするとも言うほどです。

ラテン系や黒人に多く見られる性格面での特徴となるので、黒人ハーフでも暗い性格の人も当然いるわけですが、それは両親の影響が大きいと言えるでしょう。

また、黒人ハーフは「外国人いじり」をされることも多いため、その場のノリで楽しく返さないといけない環境となりやすいことも、黒人ハーフほど明るい性格が多い要因となり、それが結果的に魅力となるのです。

 

エネルギッシュである

黒人がエネルギッシュなことはなんとなく想像できるかと思いますが、肉体的にも精神的にもエネルギッシュで元気一杯の黒人から生まれるハーフは、同じくエネルギッシュになりやすいです。

理由としては、まず声量が大きくなりやすいことが考えられ、エネルギッシュな人は声量が大きいことで、「この人はパワフルな人だ」と評価されるわけですが、海外でもオペラ歌手には黒人系が多い現状を考えると、黒人ハーフも同じく声量が大きくなりやすいことが想定できます。

さらに上記でもお伝えしたように、黒人はとにかく明るい性格が多いので、こちらもエネルギッシュだと思われる人の特徴に当てはまります。

そもそも日本人は、黒人に対して「強そうだ」とか「パワフルそうだ」などの先入観を持っているので、黒人ハーフほど周りからそうしたイメージで捉えられることで、自ずとそのキャラを演じていきやすくなることも、黒人ハーフに多く見られる理由と同時に、多くの人が認める魅力の1つとなります。

 

純血より体が強い

黒人ハーフはとにかく体が強いことも魅力の1つで、GENERATIONS所属の坂口メンディーさんを見ていると、どう考えても純血の日本人よりも体が強そうで、身体の能力も高いだろうとの判断ができます。

黒人ハーフが体が強くなる理由は簡単で、遺伝子は様々な国との配合である方が体が強い遺伝子が作られやすく、逆に日本のように近い遺伝子との配合は体が弱くなりやすいからです。

これは科学的にも証明されていて、外人は様々な国との国際結婚は当たり前であるため、近い遺伝子を避けることで体の強い子供が生まれてきやすいのです。

故に黒人ハーフのあなたは、遺伝子的な部分を見れば優れた遺伝子であると判断できて、体の強さは子孫を残す上で重要なポイントとなるため、魅力であるとの考え方は正しい考えとなります。

 

黒人ハーフの外見上の特徴


二重が多い

黒人に限った話ではないですが、外人は基本的に二重が普通であるために、日本人と黒人との子供には二重の子供が生まれやすく、これは優先されやすい遺伝子の法則が関係しています。

基本的に遺伝子は、一重よりも二重の方が優先されやすい仕組みとなっているため、二重が多い黒人との子供が二重になりやすい結果を招き、逆に一重同士の日本人からは一重の子供が生まれやすいというわけです。

こうした優先されやすい遺伝を優性遺伝と言いますが、外国人が二重だらけな理由は優性遺伝が働いた結果で、二重同士から生まれる子供は二重となることが、多くの日本人が外人に憧れる理由ともなります。

注意点としては、あくまで両親のどちらかが二重であった場合の話であるため、どちらも一重であった場合は黒人ハーフであっても、一重の子供が生まれてきやすいです。

 

黒目である

日本人も黒目なので普通のことのように思いがちですが、外人といっても白人は青や緑といった眼球が特徴である一方で、黒人は黒目であることが特徴的です。

こちらに関しては、白人黒人に関係なく日本人とのハーフは黒目に生まれてくることがほとんどですが、こちらも優性遺伝の関係が大きく作用しています。

目の色に関しては、色が濃くなるほど優先されやすいとの結果が出ているので、特に黒目が多い黒人と基本的に黒目の日本人との子供は、間違いなく黒目になってしまうことが想定できます。

また、白人とのハーフであっても黒目になってしまうことも、日本人特有の黒目が優先されやすいことが理由とも覚えておきましょう。

 

チリ毛である

黒人はくせ毛と呼ぶよりチリ毛と日本では呼びがちですが、多くの人がイメージする典型的な黒人とのハーフであった場合は、子供は黒人特有のチリ毛が遺伝しやすく、これに対してコンプレックスを抱く子供も少なくありません。

優性遺伝は髪質が曲がっているほど優先されやすいので、黒人系の人々の子供がチリ毛ばかりであったり、日本人とのハーフであってもチリ毛になりやすい理由がこれです。

逆に白人系とのハーフの場合は、緩やかなナチュラルパーマのような髪質となりやすいので、どちらにしても日本人と外国人の子供はくせ毛が見られやすいと言えます。

ナチュラルな髪質であればまだしも、日本ではチリ毛と言われるほどのくせ毛はあまり評価が高くないので、こちらは嬉しい遺伝とは言い切れないのが現実です。

 

肌が黒っぽい

黒人ハーフが日本に多く見られるような黄土色になる確率は低くて、基本的に子供にも黒っぽさが遺伝することも外見上の特徴です。

目と同じく色は基本的に濃い色ほど優先されやすいので、黒人とのハーフは黒っぽい肌となりやすい一方で、白人とのハーフは黄土色っぽくなりやすいです。

日本では黄土色がほとんどなので、黒人ハーフは周りと違うことを理由に頭を悩ませることも多々ありますが、こちらは素晴らしいメリットも存在します。

そのメリットは次でお伝えしていますが、肌はどちらかと言えば白人系の方が世界的に人気であるため、「黄土色が優先されて欲しかった」との悩みを抱える人も、日本国内にはいるかもしれません。

 

老けて見えない

黒人は歳をとるごとに老けて見られにくい特徴がありますが、肌が黒っぽいハーフほど歳をとっても老けて見られない傾向が強くなり、50代でも30代後半に見られるほど若々しく見えることは、黒人ハーフの魅力でもあります。

色は黒っぽくなるほどシワやほうれい線が目立ちにくくなるため、多くの人が実年齢よりも若い年齢であると判断してしまい、驚かれることも珍しくありません。

一方で若い頃には実年齢か、それより少し上の年齢で見られてしまいやすいデメリットもあって、どうしても大人っぽく見えてしまうハーフは、若い頃ほど実年齢より上の年齢で見られてしまいがちです。

はっきり言いますが、年齢を気にするのは30代以降になってからがほとんどであるため、歳を取ってから実年齢より若く見られる方が、嬉しいと答える人は多いはずです。

 

お尻の位置が高い

日本人はお尻の位置が低く、外人はお尻の位置が高い原因は、骨の構造の違いによって外人ほどプリッとした形になりやすく、外人は骨が外に出ているのでお尻が自然とつきあがり、若い頃ほどプリッとしたスタイルに自然となっていきます。

もしも、骨の形が黒人の両親の遺伝子が優先されたいた場合、黒人ハーフの子供はスタイルを維持し続けることで、ジーンズやチノパンをかっこよく着こなせる体型となれますし、日本人が憧れる体型をそもそも持っているとの考えもできます。

日本人はお尻が小さい人が好きな国民性でもありますが、根底には白人至上主義の気持ちが残っているため、白人にも見られる骨の形が遺伝されることは、内心「羨ましい」と思われる瞬間と言えるでしょう。

ただ細いだけなのか、お尻の位置が高くてメリハリがある体なのか、どちらが世界的に評価されるかと言えば、間違いなく後者であることも覚えておいてください。

 

イケメン/美人になれる条件


様々な遺伝子の配合

様々な遺伝子とは、違う国の黒人や白人など様々な国で散らばった子孫のことであって、黒人の両親が様々な国の遺伝子から生まれた子孫であった場合は、イケメンや美人の黒人ハーフの子供が生まれてきやすいです。

例えば、ベネズエラやヨーロッパには非常にも魅力的であると評価される黒人系が多いですが、これは様々な国の遺伝子が交わったことによって、より優秀で魅力的な遺伝子配合となったことが原因です。

遺伝子は重複が多くなるほど遺伝子エラーが起こり、劣化した遺伝子が修復されないことで、左右のバランスが悪いブサイクな子供が生まれてきやすい一方で、逆の場合は左右のバランスが整った子供が生まれてきやすいのです。

様々な国とのハイブリット遺伝子は、遺伝子エラーが少なくて血が濃くなりにくいことから、左右のバランスが整った遺伝子が生まれてきやすく、ベネズエラやヨーロッパに魅力的な黒人が多い理由は、様々な国とのハイブリットの子孫である人が多いからです。

逆に日本人は、小さな島国で国内同士での子孫の繁栄が多くなるため、どうしても遺伝子エラーが修復されないことで、体が弱かったりブサイクな子供が生まれてきやすい環境にあります。

 

黒人ハーフに多い悩み


人種差別やいじめ

人種差別的発言を小さな頃からずっと受け続けたり、見た目が外人っぽいことを理由にいじめにあうことは、黒人ハーフあるあるとも言えますし、学生生活が苦しくて楽しめなかった人もたくさんいます。

今でもこうした差別やいじめは絶えなく続いていて、特に田舎はハーフが珍しいこともあってか、こうした人に対しての偏見が強かったり、悪気のない一言で相手を傷つけることも多いです。

故に黒人白人関係なく、ハーフの子供はインターナショナルスクールに通わせる親が多くて、逆に経済面で行かせることができない家庭の場合は、必ずと言ってもいいほどリスクを背負わないといけません。

もちろん黒人ハーフが全員いじめられることはあり得ませんが、確率で言えば高いことはまぎれも無い事実であるため、これは笑うことのできない日本の現状として、もっと多くのメディアが取り上げるべき問題と言えます。

 

言葉でバカにされがち

黒人ハーフは生まれながらにずっと日本育ちであって、見た目が外国人っぽい要素であることが、「外国語話せないの?」との見下された言葉を投げかけられる原因となり、外国語を話せないことでバカにされがちです。

例えば、普段は見下されるようなことがない相手であっても、何か気に食わない出来事が起こると、「お前でも英語話せないじゃん」とバカにされたり、「お前は所詮外人だろ」と差別されることで、心の底から傷つく瞬間となるのです。

黒人ハーフの気持ちになってみたら、「お前だって英語話せないだろ!」と言い返したかったり、「お前も大概ブサイクだろうが!」と暴言を吐きたいところですが、味方となってくれる人も少ない環境である人は、なかなか怒りをぶつけることもできません。

人は一度こうした嫌な出来事に遭遇すると、悪気がなくても「外国語しゃべってよ!」といじられることで、ネガティブな方向に捉えてしまう心理傾向があるため、悪い方向に捉えていくことで自分を苦しめてしまうのも、黒人ハーフに多い悩みです。

 

相談できる人が少ない

ハーフであることの悩みや、ちょっとした言葉選びの違いに傷つく気持ちは、同じ立場である人しか共感することは難しいですし、何より相談しようと思える気持ちになれる相手とは、やはり同じ立場で同じ気持ちを味わった人なのです。

黒人ハーフであることの辛さや悩みを相談したところで、多くの人が「本当に辛い気持ち」を共感できないことは、やがて黒人ハーフが本音を打ち明けれない環境へと追いやってしまいます。

するとどんな辛いことも心の中で処理するだけで、言葉に出さないことはストレスが溜まっていく一方となり、結果的に不登校やネガティブ思考に繋がってしまうのです。

そうなればちょっとした失言に対しても過剰に反応し、「あの人も周りのクズどもと同じだ!」と凄く悪い方向に捉えてしまうことで、人間関係が一層こじれていく原因を作ってしまう、悪循環となってしまうことも。

 

純血が嫌いになる

純血とは外人の血が入っていないことですが、黒人ハーフが人種差別やいじめにあう相手とは、こうした人であることがほとんどなので、辛い学生時代を経験した黒人ハーフほど純血が嫌いになりやすいです。

いじめられた側の気持ちからすれば、「純血なだけでそんなに偉いのかよ!」とか、「なんで外人の血が入るだけで差別するの?」などの本音を抱くため、どんどんと純血に対して嫌悪感を覚えていきます。

これはインターナショナルスクールに通う子供にも共通することですが、ハーフであることに対して人種差別の経験をしていくごとに、多くのハーフが純血に対して嫌悪感を覚えていきます。

そもそも人種差別やいじめを受けた側が、相手を嫌いになることは普通のことですし、嫌いな気持ちは同じく返ってくるとの法則は心理学でも証明済みなのですから、無理に好きになる理由もありませんよね。

 

自分が嫌いになってしまう

黒人ハーフであるが故に学校生活を楽しめなかったり、周りと仲良くできない自分がいる人は、自分のことを大っ嫌いになってしまう確率が高く、どんなことに対しても自分が悪いと自分を責めてしまいます。

例えば、周りが楽しそうに群れている現場に入り込みたい気持ちはあるけれども、「自分は外国の血が流れているからなぁ」と、自分が純血の人たちとは違う人種であると思い込んでしまうことは、どんどんと自分への嫌悪感を強めていくのです。

この気持ちはハーフである人しか共感できない悩みで、おそらく純血の人の多くは「そんなの気にしなくていいのに」と、もの凄く簡潔に捉えてしまうことでしょう。

こういった心理状況になってしまえば、どんなことに対しても「自分は外国の血が流れている」との思い込みから、消極的で楽しめない環境を自ら作り出してしまいます。

 

明るい反応が必要になる

黒人ハーフでも学校生活を楽しめる人がいたり、学校で人気者となれる人もいるわけですが、こうした人もやはり「おい外人!」などのいじりに対して、面白く楽しく対応する必要が出てくるため、ここは何かと厄介で面倒な瞬間となります。

逆を言えば、こうしたいじりに対してポジティブで楽しい返しができるからこそ、学校でも人気者になれたりするわけですが、これは内心無理をしている状態であることがほとんどです。

中には無神経な人もいるわけで、こうした人は何の悪気もなくハーフいじりをたくさんしてくるために、こちらの嫌な気持ちを理解してくれることもありません。

外人いじりはハーフあるあるでありますが、毎回のように上手に返すことは面倒であって、内心鬱陶しいと思える瞬間なのです。

 

「闇」黒人ハーフの本音


日本最大級の仕事応募サイトランサーズにて、「黒人ハーフの人。純血に対する本音を聞かせてください」との応募をかけることで、どういう本音を持っているのか?を調査しました。

以下に黒人ハーフが心の中で抱える、闇の部分が見えてきます。

純血は苦手さんの意見

私はアフリカ系黒人と日本のハーフで、顔は真っ黒ですし髪の毛だってチリチリな見た目です。

こうした見た目な私は、小学校一年生の頃から徐々に外国人扱いされるようになってきて、三年生くらいでのあだ名は「チリチリ」でした。

めちゃくちゃ嫌でしたし、一重でブサイクな奴にも見下され続け学生生活を送ったことによって、やがて純血に対しての偏見みたいな感情が生まれてきました。

その感情とは、「純血はクズだ」とか「弱そうな奴ばかり」といった気持ちであって、今でもいじめっ子たちを許すことはできません。

日本が嫌いになってしまって外国に住みたい気持ちもありますが、どちらにしても偏見や差別があるのは間違いないようなので、今では黒人ハーフの私を快く受け入れてくれる人たちを限定に、仲良くしてもらっています。

バカにされ続けた人生さん

黒人に対して犯罪者のイメージが強かった当時の学校生活では、「おい犯罪者」と指をさして言われたり、「バイキンだらけじゃん」と顔が黒いことに対して、菌扱いされたこともありました。

悔しくて学校で泣いた経験も全て、今となっては人生を楽しもうと思えるきっかけにすることができましたが、正直当時の差別は酷いものがありましたね。

中学校に上がる時期になると、「ようラッパー。何してんの?」といじられたり、「ちょっとマイケル歌ってよ」といじられることで、本当に嫌な思いをしてきました。

正直あの頃に、「殺したいほど憎い人がいるか?」と質問されたとすれば、間違いなく複数の名前を挙げていたことでしょう。

骨格が太いこともあって力は自分の方がおそらく上でしたが、暴力にも耐えて耐え抜いた自分を褒めてやりたいくらいです。

 

日本は単一民族国家。珍しいだけである


黒人ハーフに関する様々な情報を述べてきましたが、ハーフなんて見方をされるのは島国である日本ならではの見方ですし、外国ではハーフなんて当たり前の存在であるため、珍しい目で見られることもありません。

つまり黒人ハーフが日本でどうしても浮いてしまうのは、珍しいという理由があるだけで、視野を広げるとハーフやクォーターといった混血は普通なのです。

純血であっても、ブサイクなことを理由にいじめられる人もいれば、性格が原因で仲間外れにされる人だっているので、自分らしく個性を生かして人生を楽しめれば、それが一番自分らしい人生となるのではないでしょうか。

特に身体能力に優れている黒人ハーフは、スポーツに携わることで最も力を発揮し、注目されるほどの隠れた能力が引き出されやすいです。

関連記事:ハーフが美人になる理由|ブスとの違い/特徴-悩み・生きづらさ

関連記事:ハーフの子供のメリットデメリット|悩み/魅力/相性20選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP