黒人ハーフの魅力とは?苦労や悩み|外見の特徴-生きづらさ20選

 

イケメン/美人になれる条件


様々な遺伝子の配合

様々な遺伝子とは、違う国の黒人や白人など様々な国で散らばった子孫のことであって、黒人の両親が様々な国の遺伝子から生まれた子孫であった場合は、イケメンや美人の黒人ハーフの子供が生まれてきやすいです。

例えば、ベネズエラやヨーロッパには非常にも魅力的であると評価される黒人系が多いですが、これは様々な国の遺伝子が交わったことによって、より優秀で魅力的な遺伝子配合となったことが原因です。

遺伝子は重複が多くなるほど遺伝子エラーが起こり、劣化した遺伝子が修復されないことで、左右のバランスが悪いブサイクな子供が生まれてきやすい一方で、逆の場合は左右のバランスが整った子供が生まれてきやすいのです。

様々な国とのハイブリット遺伝子は、遺伝子エラーが少なくて血が濃くなりにくいことから、左右のバランスが整った遺伝子が生まれてきやすく、ベネズエラやヨーロッパに魅力的な黒人が多い理由は、様々な国とのハイブリットの子孫である人が多いからです。

逆に日本人は、小さな島国で国内同士での子孫の繁栄が多くなるため、どうしても遺伝子エラーが修復されないことで、体が弱かったりブサイクな子供が生まれてきやすい環境にあります。

 

黒人ハーフに多い悩み


人種差別やいじめ

人種差別的発言を小さな頃からずっと受け続けたり、見た目が外人っぽいことを理由にいじめにあうことは、黒人ハーフあるあるとも言えますし、学生生活が苦しくて楽しめなかった人もたくさんいます。

今でもこうした差別やいじめは絶えなく続いていて、特に田舎はハーフが珍しいこともあってか、こうした人に対しての偏見が強かったり、悪気のない一言で相手を傷つけることも多いです。

故に黒人白人関係なく、ハーフの子供はインターナショナルスクールに通わせる親が多くて、逆に経済面で行かせることができない家庭の場合は、必ずと言ってもいいほどリスクを背負わないといけません。

もちろん黒人ハーフが全員いじめられることはあり得ませんが、確率で言えば高いことはまぎれも無い事実であるため、これは笑うことのできない日本の現状として、もっと多くのメディアが取り上げるべき問題と言えます。

 

言葉でバカにされがち

黒人ハーフは生まれながらにずっと日本育ちであって、見た目が外国人っぽい要素であることが、「外国語話せないの?」との見下された言葉を投げかけられる原因となり、外国語を話せないことでバカにされがちです。

例えば、普段は見下されるようなことがない相手であっても、何か気に食わない出来事が起こると、「お前でも英語話せないじゃん」とバカにされたり、「お前は所詮外人だろ」と差別されることで、心の底から傷つく瞬間となるのです。

黒人ハーフの気持ちになってみたら、「お前だって英語話せないだろ!」と言い返したかったり、「お前も大概ブサイクだろうが!」と暴言を吐きたいところですが、味方となってくれる人も少ない環境である人は、なかなか怒りをぶつけることもできません。

人は一度こうした嫌な出来事に遭遇すると、悪気がなくても「外国語しゃべってよ!」といじられることで、ネガティブな方向に捉えてしまう心理傾向があるため、悪い方向に捉えていくことで自分を苦しめてしまうのも、黒人ハーフに多い悩みです。

 

相談できる人が少ない

ハーフであることの悩みや、ちょっとした言葉選びの違いに傷つく気持ちは、同じ立場である人しか共感することは難しいですし、何より相談しようと思える気持ちになれる相手とは、やはり同じ立場で同じ気持ちを味わった人なのです。

黒人ハーフであることの辛さや悩みを相談したところで、多くの人が「本当に辛い気持ち」を共感できないことは、やがて黒人ハーフが本音を打ち明けれない環境へと追いやってしまいます。

するとどんな辛いことも心の中で処理するだけで、言葉に出さないことはストレスが溜まっていく一方となり、結果的に不登校やネガティブ思考に繋がってしまうのです。

そうなればちょっとした失言に対しても過剰に反応し、「あの人も周りのクズどもと同じだ!」と凄く悪い方向に捉えてしまうことで、人間関係が一層こじれていく原因を作ってしまう、悪循環となってしまうことも。

 

純血が嫌いになる

純血とは外人の血が入っていないことですが、黒人ハーフが人種差別やいじめにあう相手とは、こうした人であることがほとんどなので、辛い学生時代を経験した黒人ハーフほど純血が嫌いになりやすいです。

いじめられた側の気持ちからすれば、「純血なだけでそんなに偉いのかよ!」とか、「なんで外人の血が入るだけで差別するの?」などの本音を抱くため、どんどんと純血に対して嫌悪感を覚えていきます。

ページ:
1 2

3

4 5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP