熊系男子の特徴とは?芸能人の参考例|魅力や無理な人の違い20選

今ネットでは、「熊系男子って素敵!」との声が多く聞かれるようになっていて、実際に熊系男子に対しての魅力を語る女性は多く存在します。

この記事では実際に、熊系男子の魅力や素晴らしさを語ることで、「どういう部分が女性陣の心を惹きつけるのか?」の答えを導き出します。

はっきり言っておきますが、熊系男子は魅力的な人と受け付けない人に分かれやすい傾向が見られるため、熊系だけど無理な人もいることを理解しておいてください。

熊系男子の由来


熊系男子と呼ばれる由来は、実は「1980年台のアメリカ」まで遡り、当時はゲイに対しての偏見が今以上に酷かったアメリカ合衆国にて、たくさんのゲイが集まるコミュニティーができました。

そしてこうした人たちはゲイに対するイメージを払拭するためにも、親近感を覚えてもらうためにも声を大きくすることで、ゲイに対するイメージを払拭しようと試みたのですが、その方法こそが「ベアクラブ」の起源だったのです。

ベアクラブは世界各国で活動する人が増えることで、日本でも「日本ベアクラブ」が結成されるほど有名なクラブとなった結果、今でもイベントが結成されるほどの歴史を持つクラブとなりました。

この「ベアクラブ」こそが熊系男子の由来であって、熊系男子とはゲイとの関係が深い特徴が多く見られることが分かっています。

 

熊系男子の芸能人


サンドウィッチマン

サンドウィッチマンは熊系男子で最も有名な芸人の一人で、外国人向けに作られたポスターを見た外国人が、「ベア系ゲイカップルの旅行ポスターが駅に氾濫している日本は、なんてオープンな国なんだ」と発言したほど、日本人にも外人にも認められた熊系男子です。

とても仲良しで体が大きいサンドウィッチマンは、熊系男子の中でもとても好印象に思われがちで、女性人気も高い芸能人と言えるでしょう。

 

ケンドーコバヤシ

ケンドーコバヤシさんも熊系男子として有名で、サンドウィッチマンほどの大きな体ではないものの、こちらもゲイの方々から好かれそうな魅力が詰まっていて、女性陣からも高評価を得ているのがケンドーコバヤシさんです。

男性からすれば「小太り」に見えるかもしれませんが、女性からすれば大きな体と評価されますし、何より男らしく見えるケンドーコバヤシさんの魅力は、女心を鷲掴みにします。

 

どぶろっく江口

江口さんとは丸坊主の方でありますが、彼も小柄系の熊系男子として高評価を得ている人物の一人で、「男性が好きだ!」と暴露したとしても、むしろ印象が上がりそうなほどゲイっぽい要素が強い人です。

ネタでは女性に対しての愛情を口にすることが多いですが、こちらも受け入れられるモテる熊系男子として覚えておくといいでしょう。

 

熊系男子の特徴


体毛が濃い

熊系男子は体毛が濃い人に多く見られる特徴があり、どぶろっくの江口さんは体毛が濃い人でありますし、体毛が濃い人ほどゲイに好かれやすいことも関係して、熊系男子として見られやすいです。

体毛が濃いことによるメリットは、「男らしく見られる」ことである一方で、あまりにも剛毛すぎる体型は同性愛を連想させるため、熊系男子と思われる一番の原因です。

体毛が濃い人は男性ホルモンが多いことが原因なので、より男らしい性格に近づくことができたり、どこか男らしい色気がある人も多くなる傾向にあるので、こうした細かな部分も特徴であると覚えておきましょう。

ページ:

1

2 3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP