熊系男子の特徴とは?芸能人の参考例|魅力や無理な人の違い20選

今ネットでは、「熊系男子って素敵!」との声が多く聞かれるようになっていて、実際に熊系男子に対しての魅力を語る女性は多く存在します。

この記事では実際に、熊系男子の魅力や素晴らしさを語ることで、「どういう部分が女性陣の心を惹きつけるのか?」の答えを導き出します。

はっきり言っておきますが、熊系男子は魅力的な人と受け付けない人に分かれやすい傾向が見られるため、熊系だけど無理な人もいることを理解しておいてください。

熊系男子の由来


熊系男子と呼ばれる由来は、実は「1980年台のアメリカ」まで遡り、当時はゲイに対しての偏見が今以上に酷かったアメリカ合衆国にて、たくさんのゲイが集まるコミュニティーができました。

そしてこうした人たちはゲイに対するイメージを払拭するためにも、親近感を覚えてもらうためにも声を大きくすることで、ゲイに対するイメージを払拭しようと試みたのですが、その方法こそが「ベアクラブ」の起源だったのです。

ベアクラブは世界各国で活動する人が増えることで、日本でも「日本ベアクラブ」が結成されるほど有名なクラブとなった結果、今でもイベントが結成されるほどの歴史を持つクラブとなりました。

この「ベアクラブ」こそが熊系男子の由来であって、熊系男子とはゲイとの関係が深い特徴が多く見られることが分かっています。

 

熊系男子の芸能人


サンドウィッチマン

サンドウィッチマンは熊系男子で最も有名な芸人の一人で、外国人向けに作られたポスターを見た外国人が、「ベア系ゲイカップルの旅行ポスターが駅に氾濫している日本は、なんてオープンな国なんだ」と発言したほど、日本人にも外人にも認められた熊系男子です。

とても仲良しで体が大きいサンドウィッチマンは、熊系男子の中でもとても好印象に思われがちで、女性人気も高い芸能人と言えるでしょう。

 

ケンドーコバヤシ

ケンドーコバヤシさんも熊系男子として有名で、サンドウィッチマンほどの大きな体ではないものの、こちらもゲイの方々から好かれそうな魅力が詰まっていて、女性陣からも高評価を得ているのがケンドーコバヤシさんです。

男性からすれば「小太り」に見えるかもしれませんが、女性からすれば大きな体と評価されますし、何より男らしく見えるケンドーコバヤシさんの魅力は、女心を鷲掴みにします。

 

どぶろっく江口

江口さんとは丸坊主の方でありますが、彼も小柄系の熊系男子として高評価を得ている人物の一人で、「男性が好きだ!」と暴露したとしても、むしろ印象が上がりそうなほどゲイっぽい要素が強い人です。

ネタでは女性に対しての愛情を口にすることが多いですが、こちらも受け入れられるモテる熊系男子として覚えておくといいでしょう。

 

熊系男子の特徴


体毛が濃い

熊系男子は体毛が濃い人に多く見られる特徴があり、どぶろっくの江口さんは体毛が濃い人でありますし、体毛が濃い人ほどゲイに好かれやすいことも関係して、熊系男子として見られやすいです。

体毛が濃いことによるメリットは、「男らしく見られる」ことである一方で、あまりにも剛毛すぎる体型は同性愛を連想させるため、熊系男子と思われる一番の原因です。

体毛が濃い人は男性ホルモンが多いことが原因なので、より男らしい性格に近づくことができたり、どこか男らしい色気がある人も多くなる傾向にあるので、こうした細かな部分も特徴であると覚えておきましょう。

ちなみに体毛が濃い人は、空間認知能力が高いなどの男性特有の長所が高いことからも、見た目も性格も男らしい人こそが熊系男子であって、女性に人気な秘訣であるとも言えます。

 

大柄な体

大柄な人とは身長が高い人を指すこともありますが、ここで述べる大柄とは細身でないことに加えて、ずっしりとした体型である人のことであり、お相撲さんやプロレスラーのような人のことを指します。

こうした体型の人は、見た目からして熊っぽいことから熊系男子であると評価されやすく、女性を軽々しくお姫様抱っこできるイメージができたり、守ってくれるような男らしさを連想できることから、熊のように強いイメージが熊系男子と繋がることも。

細かな特徴としては、骨が太いことや脂肪ばかりではないこと、女性を持ち上げれるような力を持っていることなどが挙げられますが、ただのデブとは違うことは一目瞭然です。

大柄な体系で熊系男子と呼ばれる人の場合、ただのデブのような醜すぎる体系なわけではなくて、ある程度力があったり男らしさが加わっているため、大柄な熊系男子は女々しい要素が見られにくいです。

 

低身長小太り体型

低身長小太り体系も熊系男子の特徴で、ケンドーコバヤシさんやサンドウィッチさんもこちらの体系に近くて、女性が「ぽっちゃりで可愛い」と評価するような体型の人です。

これに加えて体毛が濃いなどの条件が整うと、熊系男子となる一方で、女々しさが目立つ低身長小太り体系は「キモい男だ」と評価されやすいので、こちらも大きな違いが見られます。

低身長小太り体系で熊系男子と評価されるためは、まず男らしさが必要であることは当然ですが、清潔感やデブ特有の気持ち悪さから遠のく見た目である人が、熊系男子として高評価を得やすいです。

芸能人の参考例でも挙げた芸人に共通することは、汚いイメージや女々しいイメージが全くないことであって、きちんとした身なりをしていることがわかるかと思います。

 

筋肉質で男らしい

筋肉質で男らしい人といっても、小柄で細マッチョな人は例外であって、ラグビー選手のような体も大きくて太い筋肉がついている人こそが、熊系男子と評価されやすい人です。

有名人で例えると五郎丸選手は熊系男子の典型例であって、ラグビーで鍛え上げた太い筋肉がトレードマークで、一時期五郎丸ブームが訪れた時には同性愛をカミングアウトした人々から、「理想的な男性像だ」と評価されたほどです。

筋肉質で熊系男子の人はどこかゲイっぽさを連想させることで、同性愛の人々から性的魅力を最も感じられやすいタイプであることから、人生において多くのゲイの方々からデートや夜のお誘いをされやすいとも言えます。

また、筋肉質な人は女性にとっては子孫を残す上で健康的で強い遺伝子と判断されるわけですから、このタイプの熊系男子が男女ともにモテる理由は、こうした本能的な背景が隠れています。

 

ヒゲが似合う

ヒゲが似合う人といえば、主に西洋人であるとのイメージが強い日本人ですが、アメリカではヒゲを生やさないことはゲイの象徴だと言われる一方で、日本ではヒゲこそがゲイの象徴であるとの風潮も存在します。

ヒゲが似合うことに加えて、大柄や低身長小太り体系、筋肉質で男らしい人の2つの条件が整うだけでも、かなり熊系男子に近づきやすい見た目となりやすく、ゲイに好かれる人にも近づきやすくなります。

例えばあなたの隣に、低身長小太り体系でヒゲが似合う人がいるとすれば、おそらく多くの人は「どこかゲイっぽい雰囲気がある」と思い、少しの警戒心を抱く人も出てくるかと思います。

また、熊系男子として魅力的に思われる人の条件は、ヒゲが似合っていて清潔感もしっかりと保っている人であるため、ただ小太りでヒゲを生やしているだけの人は、小汚いデブとして扱われるので注意が必要です。

 

短髪が似合う

熊系男子は何と言っても短髪が似合うことが必須条件で、多くの人から高評価を得ている熊系男子というのは、必ず短髪であることが確認できます。

短髪=男らしさや強さの象徴でもあるため、短髪が似合う人は基本的に男っぽい雰囲気や見た目の人が多く、いかつい顔の人やキリッとした顔の人ほど似合う髪型です。

熊系男子の由来はゲイが始まりであると述べましたが、ゲイの方々は男性に対して性的興奮を覚えるわけですから、男の象徴でもある短髪は多くのゲイの性的興奮を覚えさせ、激しく反応してしまうような魅力が詰まっています。

ゲイが反応する男の性的魅力と、女性が反応する性的魅力は基本的には別物であるため、熊系男子ほどゲイからモテやすいのも納得です。

 

エロスを持つ

エロスを持つ人とは、ケンドーコバヤシさんやどぶろっくの江口さんなどを見れば一目瞭然で、このタイプは下ネタが異性に許されやすかったり、夜の営みがエロそうであると思われやすい人です。

熊系男子で最も評価されやすいのがこのタイプで、男女ともに「抱かれたい」と感じてしまったり、一度でいいからエロスを体験したいと思えるほど、セクシーでエロさを連想できる人物となります。

色気がある男の中でも、比較的緩くてナルシストっぽさが見られないタイプである熊系男子は、下ネタな話題も比較的許されやすいメリットが見られます。

こちらのタイプは、どこかゲイっぽいと思われるというよりかは、多くのゲイから好みのタイプであると好かれやすく、抱かれたいと思われる側の人物であることも特徴です。

 

熊系男子の魅力


中性的な要素が薄い

熊系男子は上記の特徴でも述べたとおり、中性的な要素が薄い男性であるため、女性陣からすれば「中性的で女々しい一面が見られない」と高評価を得たり、男性陣でも「強そう」などの評価を得ます。

見たからに男らしい人が好きであったり、中性的な男性が魅力的に思えない女性からすれば、とにかくどストライクであるのが熊系男子の魅力と言えます。

よく熊系男子が好きだと口にする女性が、「男性ホルモンの塊だ!」なんて評価をしますが、男らしさや強さを外見上の見た目に求めている人からすれば、熊系男子は魅力的であると思われやすく、太っているなどのネガティブ要素もポジティブ要素に捉えられる傾向が強くなります。

 

熊っぽくて可愛い

熊っぽくて可愛いことは熊系男子の一番の魅力であって、普段は強面な顔でも時に見せる笑顔がとても可愛かったり、実は優しそうに思えることはギャップ効果が良い方向に働いた結果です。

人は第一印象が大事であるのは有名ですが、第一印象では「大きな人だ」とか「ぽっちゃり体型だ」「怖そうな人だ」などの評価を得やすい熊系男子は、初めに抱いた印象とは大きく違う笑顔を見せることで、多くの人の期待を裏切るわけです。

すると相手側の気持ちが「実は優しい人」との評価に変わりやすく、ヤンキーが大人になって真面目に働く姿を見た人が、「実は真面目でいい奴だ」と絶賛する心理と同じように、見た目とのギャップが熊系男子をより魅力的に思わせます。

 

おおらかで優しそう

上記で述べたギャップ効果に加えて、大きな体の人ほど「おおらかで優しそうだ」と思われやすく、どんな出来事に対しても体と同じくおおらかに対応できるだろうと思うことは、熊系男子ならではの魅力です。

これは動物でも同じことが言えて、小型犬ほど気が強くて吠える回数が多いことに対して、大型犬はどっしり構えて威嚇することも少なく、体が大きいほど犬は温厚で優しいと言われます。

実際に熊系男子だからといって必ず優しいわけではありませんが、人はこうした動物の傾向もあってか、どうしても体が大きな人ほど優しそうと思い込んだり、おおらかな人であるとの評価に繋がりやすいのです。

 

隣にいると安心できる

隣にいるとなぜか安心できるのも熊系男子の魅力で、大きな体に身を任せて寄り添えることは、女性にとっての大きな安心材料となりますし、おおらかで優しい雰囲気を持つ熊系男子は、女性にとって弱みや相談相手として選びやすいです。

また、熊の可愛いぬいぐるみが隣にあると落ち着く人がいるように、熊系男子が隣にいるだけでも落ち着くことができることも、恋人に安心感を求める女性にとっては、放っておけないほどの魅力となるはずです。

男らしさで安心できることに加えて、見た目やおおらかな雰囲気でも安心感を与える熊系男子が、女性の間での評価がうなぎのぼりな理由も納得できます。

 

無理な人との違い


顔が平均以下

残念ながら世の中は顔がとても重要で、顔が平均以下のブサイクな人は「ただのデブ」と思われたり、「気持ち悪い人」との評価となるため、顔が平均以上であることが無理な人との違いになります。

癖のある顔やぽっちゃり美人とも言いますが、こうした人たちも顔が整っているからこそポジティブに評価されるのであって、ブサイクな人は悪い部分ばかりが目立つことでネガティブな評価をされます。

「可愛いは正義だ」とか「イケメンは正義だ」と言われるように、顔が残念な人は熊系男子とは評価されません。

 

不潔感が凄い

不潔感が凄いことは熊系男子にとって最悪の相性で、ぽっちゃりや大柄な体の人に清潔感が見られないことは、「くさそう」「汚そう」などのネガティブなイメージを連想させます。

実際に太っている人ほど汗っかきであったり、匂いがきつい人も多いのは事実なので、清潔感を意識していない熊系男子ほど、「勘違いデブだ」なんて陰口を言われるリスクも上がります。

熊系男子に短髪が多い理由も、清潔感を意識したが故の短髪であって、周りの視線や評価を過剰に気にする必要があることは、熊系男子ならではの苦労とも言えそうです。

 

女々しい言動が目立つ

熊のように大きくて強そうなのに女々しい言動が目立つことは、「見た目だけの弱虫だ」と思われる瞬間であって、そもそも熊系男子と呼ばれる人は小心者ではありません。

小心者とは、見た目の割には気が弱い人のことですが、大きな体で気が強い人は自分の弱さを隠し通すための行動であるため、熊系男子のような可愛い雰囲気やおおらかな雰囲気が見られません。

こうした人に対して他人がどう評価するのかを考えると、「体がでかいだけのヘタレ男だ」と評価するのが妥当で、実際に多くの人がそうした評価をつけることになります。

 

肥満が酷い

体が大きいといっても限度があって、あまりにも肥満が酷い人は「デブで見苦しい」と言われるほど、清潔感より見苦しさが目立ってしまう人です。

熊系男子として魅力的に評価される人は、どれだけ大きくてもしっかり首がしっかり確認できる人や、顔の輪郭がしっかりと確認できる人であるため、それ以上に脂肪がつくことはデメリットが増えていく一方です。

あまりにも肥満が酷い場合、ふてぶてしい顔に見えてしまったり、一つ一つの動作が大きいことで鬱陶しい人物だと思われやすくなるため、こうしたデメリットの1つ1つが重なることにより、大きな負のイメージになっていくことが最大のデメリットです。

 

デブと熊系は別物


デブと言われる人と熊系と高く評価される人は別物で、体が大きい=熊系男子にはなれないことがはっきり分かったかと思います。

くまのプーさんのような雰囲気を持つ人こそが熊系男子であって、不愉快で目障りな雰囲気を持つ人こそが嫌われ者のデブであると述べると、どれだけ後者と前者が違うのかが分かりますね。

熊系男子が好きだと周りに言えば「デブのどこがいいの?」と疑問に思う人がいますが、熊系男子好きはデブだから好きなわけではないことを、しっかりと頭に入れておく必要があります。

これは男性にも同じことが言えて、太っていることをポジティブに捉えすぎて、「自分は熊系男子だから問題ないんだ」と勘違いしてしまうことは、後に自分を苦しめるリスクを上げてしまうだけなのです。

関連記事:残念な顔の特徴とは?各パーツを細かく分析した結果

関連記事:【世の中顔が全て】それらを証明する16の現実

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP