熊系男子の特徴とは?芸能人の参考例|魅力や無理な人の違い20選

熊系男子で最も評価されやすいのがこのタイプで、男女ともに「抱かれたい」と感じてしまったり、一度でいいからエロスを体験したいと思えるほど、セクシーでエロさを連想できる人物となります。

色気がある男の中でも、比較的緩くてナルシストっぽさが見られないタイプである熊系男子は、下ネタな話題も比較的許されやすいメリットが見られます。

こちらのタイプは、どこかゲイっぽいと思われるというよりかは、多くのゲイから好みのタイプであると好かれやすく、抱かれたいと思われる側の人物であることも特徴です。

 

熊系男子の魅力


中性的な要素が薄い

熊系男子は上記の特徴でも述べたとおり、中性的な要素が薄い男性であるため、女性陣からすれば「中性的で女々しい一面が見られない」と高評価を得たり、男性陣でも「強そう」などの評価を得ます。

見たからに男らしい人が好きであったり、中性的な男性が魅力的に思えない女性からすれば、とにかくどストライクであるのが熊系男子の魅力と言えます。

よく熊系男子が好きだと口にする女性が、「男性ホルモンの塊だ!」なんて評価をしますが、男らしさや強さを外見上の見た目に求めている人からすれば、熊系男子は魅力的であると思われやすく、太っているなどのネガティブ要素もポジティブ要素に捉えられる傾向が強くなります。

 

熊っぽくて可愛い

熊っぽくて可愛いことは熊系男子の一番の魅力であって、普段は強面な顔でも時に見せる笑顔がとても可愛かったり、実は優しそうに思えることはギャップ効果が良い方向に働いた結果です。

人は第一印象が大事であるのは有名ですが、第一印象では「大きな人だ」とか「ぽっちゃり体型だ」「怖そうな人だ」などの評価を得やすい熊系男子は、初めに抱いた印象とは大きく違う笑顔を見せることで、多くの人の期待を裏切るわけです。

すると相手側の気持ちが「実は優しい人」との評価に変わりやすく、ヤンキーが大人になって真面目に働く姿を見た人が、「実は真面目でいい奴だ」と絶賛する心理と同じように、見た目とのギャップが熊系男子をより魅力的に思わせます。

 

おおらかで優しそう

上記で述べたギャップ効果に加えて、大きな体の人ほど「おおらかで優しそうだ」と思われやすく、どんな出来事に対しても体と同じくおおらかに対応できるだろうと思うことは、熊系男子ならではの魅力です。

これは動物でも同じことが言えて、小型犬ほど気が強くて吠える回数が多いことに対して、大型犬はどっしり構えて威嚇することも少なく、体が大きいほど犬は温厚で優しいと言われます。

実際に熊系男子だからといって必ず優しいわけではありませんが、人はこうした動物の傾向もあってか、どうしても体が大きな人ほど優しそうと思い込んだり、おおらかな人であるとの評価に繋がりやすいのです。

 

隣にいると安心できる

隣にいるとなぜか安心できるのも熊系男子の魅力で、大きな体に身を任せて寄り添えることは、女性にとっての大きな安心材料となりますし、おおらかで優しい雰囲気を持つ熊系男子は、女性にとって弱みや相談相手として選びやすいです。

また、熊の可愛いぬいぐるみが隣にあると落ち着く人がいるように、熊系男子が隣にいるだけでも落ち着くことができることも、恋人に安心感を求める女性にとっては、放っておけないほどの魅力となるはずです。

男らしさで安心できることに加えて、見た目やおおらかな雰囲気でも安心感を与える熊系男子が、女性の間での評価がうなぎのぼりな理由も納得できます。

 

無理な人との違い


顔が平均以下

残念ながら世の中は顔がとても重要で、顔が平均以下のブサイクな人は「ただのデブ」と思われたり、「気持ち悪い人」との評価となるため、顔が平均以上であることが無理な人との違いになります。

癖のある顔やぽっちゃり美人とも言いますが、こうした人たちも顔が整っているからこそポジティブに評価されるのであって、ブサイクな人は悪い部分ばかりが目立つことでネガティブな評価をされます。

「可愛いは正義だ」とか「イケメンは正義だ」と言われるように、顔が残念な人は熊系男子とは評価されません。

 

不潔感が凄い

不潔感が凄いことは熊系男子にとって最悪の相性で、ぽっちゃりや大柄な体の人に清潔感が見られないことは、「くさそう」「汚そう」などのネガティブなイメージを連想させます。

ページ:
1 2

3

4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP