ケロカスとなんj民が煽る理由|意味〜心理・元ネタ-事件まとめ

「ケロカスうぜぇ!」なんて書き込みを見た人は多くいるはずで、なんjまとめサイトでは悪質な人が使う言葉として有名です。

これは本当に最低の蔑称でありますし、こうした言葉に心を痛める広島カープファンや広島市民が多くいることでしょう。

この1ページでは、ケロカスと平気で差別用語を使う人の心理から元ネタ、ドン引き事件に到るまで歴史をまとめていくことで、「なぜ多くの人が使ってしまうのか?」の謎を解明していきます。

ケロカスの元ネタ


ケロカスの元ネタはケロイド+カスが合わさった言葉で、2012年辺りから徐々に使われる言葉となっていき、今では広島カープやファンに対する煽りコメントとして、ケロカスと使う人がほとんどです。

昔は今よりまとめサイトや5chが放置状態であった為、「ケロカス死ね!」なんてスレが普通に成立していました。

今現在はこの煽り自体もかなり使う人が減ってきましたが、今だにこうした蔑称を使う人がいて、心底広島カープが嫌いなアンチなのか、試合内容に腹を立ててる人ほど使いやすいことが想定できます。

ちなみにケロイドとは、簡単に言えば原爆のことを示している為、原爆で被災した広島市民+そのファンのカスという2つの意味が合わさってできた言葉です。

基本的にはなんj以外ではドン引きされる言葉なので、使わないことを心がけてください。

 

今でも絶えないケロカス煽り


ケロカスとの蔑称は今でも「匿名限定」に限っては使われていて、近年でも様々な書き込みが相次いでいるのが現実です。

実際にツイッターで検索をかけてみると、以下のような心無い言葉が並べられています。

上記の画像はツイッター上で「ケロカス」と検索した結果ですが、一日の間にかなり数多くのツイートがされていて、今でもケロカスと暴言を浴びせる人が絶えずいることが確認できます。

ちなみにこれに対する反論もツイッター上では行われていて、広島ファンや広島市民はこうした感情を持っていることが確認できます。

さぞかし心を痛めているのだろうと思いきや、人間はやはり慣れるとダメージも少なくなっていくもので、聞き慣れた人にとってはそれほど傷つくこともなく、なんj民の広島ファンや市民にとってはある程度の耐性ができていることがわかります。

 

なんj民すらドン引きの事件


2018年3月31日のマツダにて、中日と広島カープの試合にて中日ファンが「くたばれ 死んじまえ 原爆落ちろカープ!」と叫んだ動画がユーチューブにアップされると、一気に拡大されてなんjまとめサイトでも取り上げ挙げられる事態となりました。

その時に本人がツイートした内容がまた物議を醸し、ツイッターでは様々な物議を醸しました。

その実際のツイート内容がこちら。

これは本当になんjの黒歴史といってもいい事件で、あの心無い言葉が並べられるなんjであっても、まとめサイトのコメント欄にて批判とも取れるコメントがたくさん見られることになりました。

コメント欄の言葉がなんj民の本音であるとすれば、彼ら言わく「ケロカスと煽るのはネットだけの世界限定」が暗黙のルールだったらしく、「リアルな世界で声をあげるとか頭がおかしい」等のコメントが殺到したことからも、現実の世界では使ってはいけない言葉であるとの認識は、多くのなんj民にもあるようです。

 

ケロカスと煽る心理


匿名性

様々な心理学者が行なった実験結果によると、匿名性が高ければ高いほど「人は攻撃的になりやすい」ことが分かっていて、人は「罰を受けるリスクが低い」との認識になれば、攻撃的で暴力的になりやすいのです。

だからこそなんjやツイッターなど、匿名利用できる場で主に使われる言葉となっていて、原爆落ちろカープ事件のような匿名性が低い状態で発言することは、本来多くの人が避けたがる行為なのです。

ネットの世界では、言わば「インタネットによる防御服」を着ているようなものなので、人は匿名性が高いという防御服を着ることで、普段では声に出さないようなケロカスという言葉を使ってしまうわけです。

当たり前ですが、誰もが広島カープのファンの前ではこんな暴言を吐こうなんて思わないですし、そんなことすると自分と自分が好きなチームに罰が返ってくるため、顔が隠れた状態でのみ使うことが一般的となります。

 

文字が攻撃性を上げる

さらに脳科学や心理学の実験によると、文字のみで相手に言葉を伝えることはさらに攻撃性を高めるとの結果が出ていて、文字のみで相手に何かを伝えようとする時には、どうしても感情よりも説明が優先されてしまいます。

説明とは理論的になることですが、ネット上で言い合いになる際に多くの人が理論を述べることで喧嘩に発展するのは、こうした心理が働いた結果なのです。

ケロカスも同じく、最初は理論で相手を論破しようと試みた結果、近年の広島カープは粗探しできるほどの弱点も見つからないため、追い詰められた挙句感情的にケロカスと発言することで、自分が優位な位置に立とうとしています。

ヤフーコメントや大手新聞社のツイッター、政治家のツイッターなどを見ると一目瞭然ですが、文字のみで相手に何かを伝えようとする時には、常に攻撃的で激しい口調で責めているコメントが目立っています。

 

ストレスの発散

普段からストレスを溜めている人ほどネットで暴言を吐きやすく、声に出して言えない悩みやストレスをケロカスの一言に乗せることで、スカッとした気持ちになりたいと思っています。

例えば強い広島カープに対して、ファンが調子に乗った発言ばかりを目の当たりにした人は、匿名性を利用することで調子に乗ったカープファンへ攻撃することで、ストレスを少しでも解消しようとしています。

ちなみにこうした行動を取る人は、ツイッターでは「知能指数が低い」と指摘されていて、ストレスの発散方法に対する視野が狭いからこそ、そうした対応しかできないんだと持論するツイートが話題を呼びました。

ストレスの発散方法は様々な選択肢がある世の中で、ネットでの暴言にしか頼れないようになってしまうと、エスカレートしていくことで事件沙汰に発展するリスクが上がってしまうだけなので、自分の中でしっかりと制御することが必要です。

 

なんjがケロカスと発言しやすい理由


内集団バイアス

内集団バイアスとは、自分が応援しているチームを応援する際に贔屓目に見てしまうことであって、例えば巨人ファンなら巨人の都合が良い方向に捉えることで、「これは誤診だ!」と微妙な判定に声を上げてしまうわけですが、ここに内集団バイアスが加わっていくことによって、贔屓目に見る人がどんどんと声を上げていきます。

すると逆に相手チームを応援する人からすると、「巨人ファンが嘘を言っている!」と自分のチームを贔屓目で見た結果、ネット特有の喧嘩のような煽り合いが勃発してしまいます。

そして心理でも述べた通り、文字のみの発言は攻撃性を高めてしまうことからも、ついカッとなって優位に立とうとする気持ちが「ケロカス」との言葉に繋がるわけです。

特になんjまとめサイトは男性が見ていることがほとんどであるため、優位に立とうとしたり、上下関係をしっかりと決めたい性質を持つ男性にとっては、ケロカスは相手を負かす最高の言葉ともなります。

 

多数派同調バイアス

こちらは簡単に言えば、「大勢の意見に合わせようとする心理」のことであって、飲み会で体育会系のノリをしだすと周りが釣られて同じノリをするのがこの心理です。

ネットの場合は、一人がケロカスと煽りコメントを入れることで周りが便乗し、「まじでケロカス最悪だわ」などのコメントを残すことで、荒れたコメント欄になってしまうことが非常に多いです。

これは新たな蔑称ができた時に見られやすい現象で、一人がその蔑称を使い出すと大勢が使うようになった結果、ケロカスのような新たな蔑称として認定されることも珍しくありません。

今では広島アンチも普通な世の中となりましたから、アンチセリーグ5球団が一団となって広島を叩く際に、一人の過激な内容に続けと叩き出す人が増えていくことが想定できます。

 

アンチはなぜ煽るのか?


気に食わないから

記事中にも何度か述べましたが、近年広島カープの黄金期を迎えると共にファンの数も急上昇中である広島カープは、どうしても他球団ファンからのターゲットとなりやすく、人気球団にはいつの時代もアンチがつきものです。

さらに広島カープは、相手が心底悔しがるような勝ち方ばかりするチームなので、8回に同点に追いつき9回にサヨナラ勝ちを収めるなど、他球団のファンからすれば非常にストレスの溜まる負け方をするのが、広島戦というものです。

巨人であれば犯罪球団とか、阪神であれば珍カスなどと煽られるのと同じように、人気球団になればなるほど蔑称の声も大きくなっていく傾向があるため、広島カープも強い時代が続けば続くほど、ケロカス煽りも酷くなっていくことでしょう。

広島ファンとすれば「強くなった証」や「人気球団の証」とポジティブに捉えることで、ケロカス煽りに対する捉え方も変わってくること間違いなしです。

 

ファンがうざい

広島ファンによるマナーの悪さが近年目立つようになってきて、ホームチームの外野席でも平気で広島カープを応援する人もいれば、ホームでビジター席を買うことで広島カープを応援する人もいるなど、特になんjではこうしたマナー違反は嫌われやすいです。

有名なのは、マツダのコンコースを使うことでビシター席を買った広島ファンが、立ち見で応援するシーンが非常に目立ってしまったことにあり、これは他球団ファンからすれば許せないことの1つです。

そんなことをしてしまえば、球場全てが広島ファンで覆い尽くされてしまいますし、ビジターファンにとっても失礼なことをしているため、怒りがこみ上げた他球団のファンは「これだからケロカスは…」と、ネットで怒りを爆発させてしまいます。

また、こうした行動はストレス解消を試みるなんj民にとっては良い餌なので、「広島の民度が…」などと別の方向で煽りを入れてくることも多くなってしまいます。

 

ストレス解消の一環

心理でもお伝えしたように、ストレス解消の一環として球団関係なしに煽る人もいて、こうした人はただの野球アンチで野球嫌いな人であるため、どんな球団においても煽ることを優先します。

「そんな人本当にいるの?」と思うかもしれませんが、W杯でサッカーが注目されるとアンチが大量発生したのと同じように、野球に注目される時期が来れば煽りカスと呼ばれる人が湧き始め、やがてケロカスとの言葉を使い出します。

もちろん野球が大好きなファンだって多くの人が使っているのも事実ですし、とにかくストレス解消のための言葉として使うことで、日頃の鬱憤を晴らしているわけです。

また、相手の心を痛めることは精神的にも優越感に浸れた気持ちになれることが、煽る側の最大のメリットといえるでしょう。

 

成りすましたい

成りすましとは、本当は心の底から嫌いな球団のファンに成りすますことで、広島ファンともう1つのファンにダメージを与える作戦であって、こんなことを考える大人は非常につまらないと言えるかもしれません。

例えば、阪神アンチな人が阪神ファンに成りきり「ケロカス!」とコメントを残すことは、やがて多くの目につくことによって、「うわぁ。阪神ファンって最低だな」と思わす印象操作ができますし、同時に広島ファンにダメージを与え、阪神ファンとの抗争に持ち込めることも期待できます。

他にもツイッターで阪神のアイコンを使うことで、他球団に対して暴言を吐きまくっている人もいますし、逆に広島のアイコンを使うことで暴言を吐きまくる人もいます。

どちらにしても、こうした贔屓球団を隠そうとしない人は成りすましの可能性が非常に高く、匿名性の心理でも紹介したように、人は罪の意識から遠のくほど攻撃的になりやすいので、普通であれば応援する球団を隠し通したいと思うのが普通なのです。

 

ネット煽りへの対処


①ポジティブに捉える

気に食わないでも少し触れましたが、ネットの煽りや蔑称に対してはポジティブに捉えるのが一番で、人生は何事もポジティブに捉えることができれば、幸せな人生を送れたり毎日が楽しくなるとも言われるほど、これは重要なことでもあります。

例えばケロカスとの書き込みにイラっとしたあなたは、「カープってそれだけ魅力的なんだな」とか「可哀想な人もいるもんだ」と、自分にとってポジティブに捉えることで、様々な誹謗中傷に耐える精神を身につけることができます。

もう1つ提案するとすれば、「嫌な言葉が書いてあったし、ネットを閉じることで時間を有効に使える」と捉えることであって、より優雅で有効な時間を過ごせるかもしれません。

あなたなりのポジティブな捉え方でいいので、ネットで嫌な思いをしたり運がない出来事と遭遇した時などにも、できるだけポジティブな方向に捉えることを心がけていきましょう。

 

②スルースキルをつける

ネットを利用するにおいて最も重要と言われるのがスルースキルであって、簡単に言えば「バカは相手にしない」ことを徹底することで、あなたは幸せな時間を送れることができます。

スルースキルを身につけることは非常に簡単であって、意識を変えてしまえば大抵の大人はすぐに実行できて、「バカが騒いでいる」と思うと同時にそのページから離れることで、バカを引き寄せるリスクもなくなってしまいます。

ケロカスと発言している側からすれば、一人でも多くの広島ファンや広島市民にダメージがいけばいいと思っているので、あえて無視し続けることは相手にダメージを与えることにも繋がります。

また、今時の野球まとめサイトの多くは、こうした発言に対してすぐにコメント禁止といった対処を取ってくれるので、一人で暴れて煽れない結果を招いてしまうことは、相手にとってストレスを溜め込む形となるため、あなたにとって最高の結果となるのはないでしょうか。

 

真に受けてはいけない


ここまでケロカスの歴史や事件、心理や対処に触れてきましたが、ケロカスという言葉を真に受けることさえなくせば、このような言葉は空気のような存在へと変わってしまい、心を痛める人も減っていくはずです。

一番やってはいけないことは、ケロカスなどの蔑称を覚えることで自分も煽る側に参加することであって、ネット上で相手を攻撃し続けることを長年実行したとしても、あなた自身が幸せになれるわけではありません。

ネットへの誹謗中傷は一度覚えると病みつきになるほどの快感となり、依存症といっても過言では無いほど日常化してしまう、恐ろしい一面があることを覚えておいてください。

もしもあなたの家族や恋人がネット上で、ケロカスなんて言葉を使ってストレス解消をしているとすれば、それはどう考えても評価が下がってしまうように、ネットでの暴言などメリットは少ないことは間違いありません。

関連記事:広島カープが嫌いな人の特徴|女子の賛否両論とアンチの心理12選

関連記事:野球嫌いな人の心理〜つまらない理由/アンチの本音とは?

関連記事:なんj民の特徴や共通点14選【ンゴや草はもう古い!?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP