笑いのツボが浅い人や違う時の原因|特徴と心理から導く対処法13選

ただ笑うことでその思いを叶えようとしているだけであって、楽しむための手段がよく笑うことなのです。

欠点としては、いつもヘラヘラしている野郎だと悪く思われたり、時と場合によっては空気を読めと思われることもあるので、自分のための笑顔であるはずが、他人の迷惑となってしまうことも。

 

ここから導き出す2つの対処法


①笑いのツボを治す対処法

笑いのツボを治したいと思う人は、「メリハリ」をつけることが最も有効な対処法となります。

ツボが浅かったり違う人は、笑いのツボを治すというよりかは、笑ってはいけない時に冷静な自分を作る必要があります。

そもそも笑いのツボが浅いことは悪いことではなく、普段の私生活ではニコニコと笑っていた方がメリットも多いですし、愛想が良い人になれることができるため、無理に笑いのツボを変えようなんて思う必要はありません。

メリハリをつけるためには、「時間の区切りをしっかり作る」ことや「ノルマを作る」ことが重要で、授業中の60分間だけは集中するなどの細かな区切りを作ることで、笑うべきではない場面での笑いを回避できます。

もう1つの方法としては、「得意なものだけに集中する」ことから始めるのもよく、人は得意なことに打ち込む場合は集中力が上がったり、モチベーションが上がってしまうことからも、真面目に取り組むことができます。

遊びは遊び、仕事は仕事とはっきりメリハリをつけることは、仕事や勉強ができる人の特徴でもあることから、今からでもメリハリをつける能力を身につけることは、今後の人生においても大いに役立つスキルとなるので、身につけておいての損は一切ありません。

笑いのツボを治したいと思うあなたは、どちらでも良いので今から実行することを心がけ、笑ってはいけない場面のみでの笑顔封印を心がけてください。

 

②笑いのツボが浅い,違う人への対処法

笑いのツボが浅い人への扱いに困ったり、違うことでどこか違和感を覚えている人は、「フィーリングが合わない人だ」と認めることが重要で、笑いのツボが合わない人に対して、「自分の価値観」を押し付けてはいけません。

そうではなく、「相手の視線に合わせてあげる」ことがとても重要で、笑いのツボが浅い人の場合は自分もその場を楽しみ、互いに笑顔でその場を過ごすことを心がければ、二人の間に溝ができることもありません。

笑いのツボが違う人も同じく、違うタイミングで笑った時に自分も楽しくなろうと思うことで、様々な楽しい思い出を作ることができるでしょう。

笑いのツボに関してあなたが不満を抱いていた場合は、その不満を相手に求めて同じレベルに合わせようとさせるのではなく、自分から相手のレベルに合わせることが、二人の関係をより良好に導くことを覚えておいてください。

また、少しでも相手のツボに不快感を覚えた場合は、できるだけ距離感を保つことを重視することで、不満やイラだちを覚えることもなく、無理に付き合いを続けるといった選択肢もなくせます。

こちらに関しても、今すぐ頭にインプットさせることで、すぐにあなたが実行することを心がけておきましょう。

 

「結論」笑いのツボが浅い,違うことは悪いこと?


笑いのツボが浅いことや違うことは、全く悪いことでは無いと断言することができ、むしろ笑いのツボが違うことこそが魅力であって、そうした人が大好きだと答える人もたくさんいます。

笑顔が多い人が好かれることが良い例で、よく笑う人は好意的に思われる確率も高く、「この人は悪い人ではないだろう」と思われやすい人です。

もちろんツボが違うことを嫌う人もいるわけですが、世の中の全ての人に好かれる必要なんて全くありませんし、どれだけ好感度が高い人であっても、アンチは一定数ついてしまうのが世の中というものです。

どれだけ立派な人でも、全員から好かれることなど絶対に不可能なわけですから、笑いのツボが浅いことや違うことを自分の個性と捉え、自分が心地よいタイミングでこれからも笑うことを続ければ、その魅力を認めてくれる人が周りには残っていくはずです。

故に結論としては、笑いのツボが浅いことや違うことは悪いことではなく、むしろ自分が持つ魅力であると捉えるべきだと、この記事ではお伝えしておきます。

【笑う関連で読んでおきたい超おすすめ記事】

・笑ってごまかす人が持つ驚きの秘密|心理に秘めた思いと対処法16個

・誤解されやすい人の性格とは?原因と対処法について

固定ページ:
1 2

3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP