笑ってごまかす人が持つ驚きの秘密|心理に秘めた思いと対処法16個


声が小さく聞こえない

声が小さくて聞こえなかった時に、笑ってその場を過ごそうとした経験は誰にでもあるはずで、滑舌が悪い人や早口で何を言ってるのか分からない人に対して、最も適切な対処法となっています。

よくあるのが、分かったふりをして話が進んでいくうちに、「結局何を言ってるのか分からなかった」ことであって、次に会った際に「前にも言ったでしょ?」と確認されることで、少し困った人も多いかと思います。

特に年上の方に対しては、何度も聞きなおすことは失礼だと思うことからも、聞こえたふりをしてその場をやり過ごすことは、日本の社会において重要なスキルポイントともなります。

 

空気が読めない人

空気が読めない人は、周りを苦笑いさせてしまう爆弾発言を定期的にしてしまうので、こちらも笑ってごまかすことが最適な方法であって、相手を傷つけない優しさにも繋がります。

空気が読めない人に対して、「お前空気読めよ」との本音を伝えてしまうことは、相手が傷ついてしまうことであると理解できている人にとっては、笑ってごまかすことが一番相手にとっても自分たちにとってもベストな方法で、優しさが見られる対処法となるのです。

ちなみに空気が読めない人は無神経な人でもあるので、嫌がる発言に対して注意をしたところ、「冗談じゃんか」と笑ってごまかされることが多くなります。

 

見下されている人

普段から内心バカにされていたり、自分より劣っていると思われている人は、相手にとって「何偉そうに言ってんの?」と思える瞬間なので、鼻で笑ってごまかすような態度を取るのも当然のことです。

完全に見下している人からの注意は、「何だか気にくわないな」と思うことで逆ギレや、ふてくされた態度にも繋がりかねないので、こうした理不尽な態度を取られたあなたは、見下されている可能性を考えてみましょう。

また、こうした態度を見せた瞬間の本音としては、「それくらい分かっていたけどね」とか、「あっそう。どうでもいいわ」など、本人がブチギレてしまいそうな気持ちであることがほとんどなので、こうした人にもできるだけ距離感を置いて、近づかないことを徹底することが重要です。

 

笑ってごまかす人の心理とは?


その場をなんとか凌ぎたい

ミスや悪いことに対してごまかすための心理であり、人には誰しも自分を守るための防衛本能を生まれながらに持ちますが、笑うことで自分自身が傷つかないことを知っている人間は、自分自身を守るためにも笑ってごまかす行為に出ます。

これは主に自分が傷つく場面で見られやすい防衛本能ですから、自分がミスした時に笑ってごまかす人が多いことも、誰もが納得できる理由となるはずです。

例えば、「そのミスはちょっと無いんじゃない?」と指摘されたとして、素直な人はその場ですぐに謝ることができるものの、少しでも自分の責任を軽くしたいと思う人は、笑ってごまかすことで「大したことではない」とのアピールをするわけです。

結果的に、相手の評価は変わらないものの、自分の心の中では「責任が薄れた」と感じることで、大好きな自分を守り抜くことに成功した笑ってごまかす人は、この逃げ道を定期的に使うことも珍しくありません。

 

事の重大さが分かっていない

相手の指摘に対して事の重大さが分かっていない人も、笑ってごまかすことで「何とかなるだろう」と責任を放棄し、その場では反省しているふりだけを見せることがあります。

口では「すいません」と謝っているつもりでも、本心は仕草に出てしまうことが人間の欠点でありますから、多くの人は相手の仕草を見た時に「こいつ笑っているじゃねーか。」と、全く反省の余地がない相手に対して、怒りの感情を抱くわけです。

これは心が幼い人ほど見られやすい心理でもあって、子供は事の重大さが分からないからこそ、多くの失敗を経てやってはいけないことを憶えていきますが、体は大人でも笑ってごまかすことを意図的に見せる人は、心が幼稚のままであるとの捉え方もできます。

このタイプは相手が本気で怒っていても、「それ冗談じゃん…」と全て冗談で済ませてしまうことや、相手が嫌がる発言を平気で口にするなどの、無神経な一面が見られる性格である人も多いことが特徴的です。

 

対処法が分からず笑う

どうすればいいのか分からない時は、「とりあえず笑ってごまかせ!」と思うことはあなたにも必ず見られる行動パターンで、こちらの心理は相手のためを思った行動でもあることが特徴的です。

分かりやすい例は、「話をしっかり聞いていなかった時に笑ってごまかすこと」であって、多くの人は内容も理解しないまま、笑ってその場をごまかすことで話を進める選択をします。

理由は非常に簡単で、「え?」と相手に聞き返すことは失礼とも取れる行為ですし、その場の空気に流されることでとっさに笑ってごまかす仕草を見せることは、何も珍しい現象でもありません。

笑ってごまかすこと全てが悪いことかのように思えがちですが、我々人間は対処法が分からない時の必殺技として、笑ってごまかす選択をしていることを考えると、相手も思いやりがあってこその行為であった可能性もゼロではないことが証明できます。

ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP