【いじってくる人の本音】男性に多い理由〜対処法17選|好き嫌いの判別も

故に特徴として、「憎まれにくい」「人気者である」などの羨ましい一面が見られ、決して意地悪でいじっているわけではないことが、こちらの心理となります。

 

注目されたい気持ちが強い

注目されたい気持ちが強い人は、自己顕示欲が強い人であるとも言い換えることができて、上記で紹介したように他人をいじることで笑いを取り、自分に注目される環境を作り出すことが得意です。

上記のタイプとの大きな違いは、「自分が注目されればそれでいい」と思い込んでいることであって、自己顕示欲が強い人は自己中心的な性格が特徴的です。

さらに注目を浴びることが快感であったり、特別扱いされたい気持ちが強い人でもありますから、他人をいじることで自分に注目を浴びた結果、優越感に浸ったり一人で気持ち良くなっているのが、上記のタイプとの大きな違いです。

自己中心的と述べましたが、自分が注目を浴びるためには周りの気持ちを考えない人なので、自分さえ良ければそれで良しとの本音を持っていて、腹黒い一面を隠し持っている危険人物である確率も高い人であると言えます。

 

仲良くするための手段である

いじることは時としてグループに馴染める瞬間であって、いじることで面白い反応を見せたことがグループの仲間入りを果たしたり、お気に入りの存在として認められることも珍しくありません。

愛のあるいじりと愛のないいじりがあると言いますが、仲良くするための手段であるとすれば、間違いなく愛のあるいじりであることは明白であって、あなたを想ってのいじりだと捉えるのが妥当です。

一方で、あなたのためを想ったいじりが迷惑となることもあるわけですが、こちらに当てはまる場合は「ありがた迷惑」そのもので、あなたにとってベストな対応とならなかった結果なのでしょう。

こちらに関しては、「あなたに対して思いやりを持った結果」であるため、思いやりの心理とも捉えることができますし、決して悪い意味で捉えてはいけない心理となります。

 

✅いじる側は軽い気持ちである

いじってくる人はいつでも軽い気持ちで行為に出ているため、いじられることが嫌な気持ちや鬱陶しい気持ちに対して、どうしても鈍感になりがちです。

いじられキャラを卒業したかったり、鬱陶しい相手を黙らせたいのであれば、後に紹介する対処法をじっくりと読み進めるようにしてください。

 

なぜ男性に多いのか?


プライドが高い男

まず考えられるのが、男のプライドを満たすための方法の1つであることであって、男性はプライドが高いことから優位な位置に立つことで、優越感に浸ったり自分が有能であることを証明したい気持ちが強い性質を持ちます。

小さなことでも勝ち負けにこだわり続けたり、女性には理解できないプライドを持っているのが良い例で、いじることで自分が優位な位置に立つ男性は、とてもプライドが高い人だと言えます。

また、男性は強さに強いこだわりを持ち続ける性質を持つことからも、いじる側は常に優位でい続けれる=自分が負けることはないとの解釈をすることも、男性ほどいじってくる人が多い理由です。

女性の場合、いじるよりマウンティングを取ることを優先するため、直接的に優位に立とうとする手段は取らない傾向にあるものの、男性はきちんと勝敗をつけるためにも、直接的に優位に立つ手段を取る傾向が見られるのです。

 

面白い=モテる男

他人をいじったり自虐ネタを口にすることで、その場を盛り上げようとする男性も非常に多いですが、男性の場合は面白い人=モテる人であったり支持される人となることも、男性に多い理由です。

逆を考えると一目瞭然で、女性は面白さをあまり重視しない傾向にあって、面白さよりも可愛さやノリの良さを重視する傾向がありますが、男性は面白さに重きを置くことで、異性からモテることを理解しています。

大昔からずっと同じで、女性は男性に「面白さ」を求めていて、モテる男ランキングでも常に上位にランクインするほど、昔から男性は面白さが大事なことは証明されています。

カッコ良さや雰囲気なども重要な点ではありますが、言ってしまえば男性は、顔が悪くても口さえ上手ければ異性に好かれる確率が高く、見た目以上にモテる人になり得ることができます。

 

相手の反応を知るための手段

相手の反応を知るためには、遠回しに相手の本音を聞くなどの方法も存在しますが、男性にとっていじることも相手の反応を知る方法であって、いじることが好きな男性は異性に同じことをしたとしても、それほど疑われることもありません。

例えば、いじった後に相手の仕草や表情をチェックすることで、自分が嫌われていないのかどうか?の基準にできますし、笑顔であれば自分自身もホッと出来るわけです。

固定ページ:
1

2

3 4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP